転職

ブラウン管越しに見ない方がいいオンライン服薬指導

ブラウン管テレビを地デジチューナーを使って見ているご家庭もまだ少数いらっしゃると思いますが、タイトルの「ブラウン管越し」という表現、一定の年齢以上の方はしっくりくると思うのですが、いつしかこの表現も消え去ってしまうのでしょう。

2011年に完全地デジ化移行ですので、まだ少なくともこの記事をご覧の方は「ブラウン管越しに見る」が「他人事に物事を見る」という意味で使っているという事は理解して頂けると思っています。

もっともニュースをテレビで見るという方の割合も減っていて、大半の人はスマホやPCで見てるでしょうし「Yahoo!ニュース越しに」とでもなってしまいますか、味気ないですね。

誰が変えたか「オンライン服薬指導」という名称

さて、医療技術というよりも通信技術の目覚ましい発展の中で、オンライン服薬指導という名称がいつの間にか使われるようになってきたような流れになっていますが、私はかなりの違和感を感じています。

なぜならこの行為(診療から投薬までをテレビ電話等を使って行う)は、そもそも離島やへき地などで十分な診療が受けられない方に対する「遠隔服薬指導」という名称でずっと呼ばれていたからです。

「遠隔服薬指導」という名前がいつの間にか「オンライン服薬指導」という名称に変わってゆき、それに伴い、それまで対象と考えられていた患者さんの範囲いつの間にか広がっているように感じるのです。

いつの間にか得てして一番の支障となる心理的な部分においても、規制改革が進んでいるのです。

日本では2014年からOTC医薬品の第1~3類のネット販売を解禁しました。また、要指導薬も安全性に問題がなければ一定期間後、ネットでの販売が許可されています。

もちろん、アメリカとは異なり、医療用医薬品のネット販売は認められていません。

このあたりは全医療業界が反発しているかというと、セルフメディケーション税制についての記事(リンク)で記載しましたが、医薬品業界の中であっても、それぞれの立場で思惑が異なる事となります。

日本では、“服薬指導後に”処方された薬を配送することを厚労省が容認していますが、これは経産省のグレーゾーン解消制度に基づくものです。

経済産業省の「グレーゾーン解消制度」

企業が、現行の規制の適用範囲が不明確な分野においても、安心して新分野進出等の取組を行えるよう、具体的な事業計画に即して、あらかじめ、規制の適用の有無を確認できる制度を創設します。企業が躊躇なく新事業に挑戦できるように後押しすることを目指します。

政府の中でも立場によって主張や方針が異なり、例えば規制改革実施計画ではオンライン服薬指導の2019年度上期の実施が地域を限定せずに明記されましたが、厚労省は上述のように、いわゆる離島やへき地などの医療資源の乏しい地域に限定するという方針をもっています。

オンライン服薬指導は他人事で済ませられるが

保険薬局は厳しい環境といえども、制度として強く守られた業界です。保険薬局は物を売っているのではなく技術を売っているので、ある業界が衰退する大きな要因である値下げ競争という概念は存在しません。

また薬剤師という職種も求人や年収面でまだまだ売り手市場でとても有利に働いています。

今はまだブラウン管越しの「ニュース」でいいのかもしれませんが、オンライン服薬指導を対岸のものとして考えるか、今の内から準備をしておくかで、将来の「いざという時」のスタートで大きな埋められない差が出てしまうのです。

もちろん準備と言っても、個人の薬剤師としてできる事は限られてしまいます。基本的には企業としての対応となるでしょう。

しかし企業としても個人としても、そのような事に精通している人材がまだほとんどいない状況において、今からそのシステムに通じておく事は、今後くるかもしれない薬剤師過剰時代への備えとして極めて重要なことだと感じます。

またそのいざという時に備えている事のできている企業というのが、医療業界外のIT企業であるという事も想像に難くありませんし、このことはさらなる規制緩和を招く事に直接的に繋がる事は憂慮すべきことです。

とはいえ、この記事を書くにあたり、今後はそういった情報もしっかり提供していこうと考えていますし、それが個人個人の薬剤師としての雇用を守る事につながっていくと強く感じています。

転職するか悩んだら

「今の仕事に不満が多い」「将来を考えると転職した方がいいかも」そう感じても、実際どう行動すればいいか悩む薬剤師はとても多い。

・つらい環境を変えたい
・収入を大きく増やしたい
・パートで働き方を変えたい
・働きやすい所で落ち着きたい
・将来性がある会社で成長したい

そんな悩みを解決するには、自分に合った転職サイトに登録し「相談」する事。それが将来に備えるはじめの一歩です。

働きやすさ重視なら

転職に不安があっても、あなたの希望を元に働きやすい職場探しをしてくれます。もちろん年収・時給がアップする求人が多いのが特徴。

職場環境や設備、ワークライフバランス、職場の雰囲気。長く安定して働ける事は大切。転職に不安があるなら、マイナビ薬剤師をまず利用したい所。

総合評価
どんな求人?「会員限定」の求人で自分に合った働き方探しに
サイトhttps://pharma.mynavi.jp/
強み正社員からパートまで多くの働きやすい求人
弱み派遣薬剤師求人の取り扱いが無い

マイナビを見てみる

 

キャリアアップしたい

これから先、正社員として研修を積み、キャリアアップ出来る環境に身を置きたいならファルマスタッフを利用したいところ。転職エージェントも親身に相談に乗ってくれます。

また「出来れば早めに転職したいな」と思っている場合などでも、丁寧に対応してくれるので安心して求人探しが可能です。

総合評価
どんな求人?求人数が多く、チェーンを中心に幅広く探せる
サイトhttps://www.38-8931.com/
強み正社員求人に強く、キャリア志向の薬剤師向け
弱み企業の求人には弱い傾向があり

ファルマスタッフを見てみる

 

年収重視で幅広く探したい

「年収重視でいろんな求人探しをしたい!」という薬剤師なら、リクルート運営のリクナビ薬剤師がおすすめ。自分でも探しやすいのが、特長です。

業界大手で、広く人材サービスを手掛けるリクルートならではの求人が揃っています。

総合評価
どんな求人求人数が多く、企業なども自分で探したい人に便利
サイトhttps://rikunabi-yakuzaishi.jp
強みリクルートという知名度による、求人の幅広さ
弱み担当者のサポートは控えめ

リクナビを見てみる

 

転職で一番大切なのは、早めの行動。「もう限界」と思ってから求人探しをすると、判断が鈍ってしまうから。

「転職で失敗する事」なんか無いように、ゆとりをもって行動するのが大切ですね。

マイナビ薬剤師
(働きやすい職場探し)

ファルマスタッフ
(キャリアアップ求人)

リクナビ薬剤師
(リクルート運営の情報力)

上記:ファルマスタッフ