転職

セルフメディケーション税制と製薬企業の憂鬱

平成29年1月1日からスタートした、セルフメディケーション税制。平成30年6月30日で、1年半が経過しました。

多くのドラッグストアで、陳列棚の値札に“セルフメディケーション税制対象品目”のマークが表示され、レジの横にも税制の説明POPを表示し、薬剤師や登録販売者を中心に患者さんに制度を理解してもらう取り組みもだいぶ進んできました。

セルフメディケーション税制には温度差が

しかしながら、そうした取り組みに熱心でないドラッグストアもあり、かなりの差が生じているなと感じます。

また、薬局においてはなおさらで、OTCをあまり取り扱っていない多くの薬局で、取り組みとしてほとんどと言っていいほど、進んでいないという事が実感されます。

ドラッグストアも例外では無いのですが、個人的な印象としては、そもそも薬局・薬店に勤めているどれだけの薬剤師・登録販売者がこの制度を理解しているのか?という事すら考えさせられます。

確定申告をしなければ税制優遇されないという患者さんの立場にたって考えても、今の所、この税制優遇がどうもイマイチな状況になってしまっている状態です。

この「セルフメディケーション税制」ですが、平成33年12月31日までの時限立法(法令の有効期間を定めない恒久法に対し、有効期間を定めて立法された法令)で、それ以後継続して制度として続くのかは、この5年間での実効性があったかどうかによって決まってきます。

セルフメディケーション税制に対する製薬企業の思い

このセルフメディケーション税制、もちろん根本には医療費削減をすすめるという国の方針がありますが、一番取り組みを進めたいのがOTCを扱う製薬企業です。これは商機なのです。税制優遇という武器を活かし、OTC販売の売り上げを大きく伸ばす事ができる、悲願の制度です。

なんでも税制優遇されるようなものは、それが一時的なものである程、一大商機となります。ここ数年の間でも、税制では無いものの環境省による家電エコポイント制度(2009年5月15日~2011年3月31日)、エコカー減税、住宅ローン減税などが景気刺激策として導入されてきました。

この恩恵を受ける消費者とそれを提供する企業側双方にメリットがあります。企業側の取り組みとしては、例えばエコカー減税の時は「こども店長」などのアピールもあったことは記憶に残るところです。

さて、しかしながらこのセルフメディケーション減税、制度導入時に比べると、企業自体もその取り組みにやや熱心さが失われつつように感じています。そもそも、CM等で大々的に訴求しているかというと、制度自体の分かりにくさからか周知しきれていません。

いまではいささかドラッグストア頼みになっている感すらあります。税制の分かりづらさという部分、これは製薬企業としては最も頭の痛いところで、現状ではいかに薬局・薬店に頑張ってもらうかというところに依存せざるをえない状況となっています。

5年間の時限立法、つまり試験導入されているセルフメディケーション税制、今後につなげられるかどうか試されている最中です。

薬剤師が後発品の推進により医療費削減に取り組む事と同じ意味として、OTC販売にも注力(ドラッグストアは言うまでも無いのですが)する必要があります。

企業としては、税制理解の問題だけではなく、現状では対象品目の少なさゆえ利用率が低いという障壁もあり、今後スイッチOTCがいかに進められるかというところ。

また制度の対処品目を拡大できるかという所が焦点であり、またそこに企業としても身をゆだねざるを得ない状況です。

関連記事:アポプラス登録販売者(登販ナビ)の評判や使い方を分かりやすく解説!

転職するか悩んだら

「今の仕事に不満が多い」「将来を考えると転職した方がいいかも」そう感じても、実際どう行動すればいいか悩む薬剤師はとても多い。

・つらい環境を変えたい
・収入を大きく増やしたい
・パートで働き方を変えたい
・働きやすい所で落ち着きたい
・将来性がある会社で成長したい

そんな悩みを解決するには、自分に合った転職サイトに登録し「相談」する事。それが将来に備えるはじめの一歩です。

働きやすさ重視なら

転職に不安があっても、あなたの希望を元に働きやすい職場探しをしてくれます。もちろん年収・時給がアップする求人が多いのが特徴。

職場環境や設備、ワークライフバランス、職場の雰囲気。長く安定して働ける事は大切。転職に不安があるなら、マイナビ薬剤師をまず利用したい所。

総合評価
求人「会員限定」の求人で自分に合った働き方探しに
サイトhttps://pharma.mynavi.jp/
強み正社員からパートまで多くの働きやすい求人
弱み派遣薬剤師求人の取り扱いが無い

マイナビを見てみる

 

条件重視なら

年収など「自分の希望条件で転職したい」という薬剤師なら、CME薬剤師がおすすめ。手厚いサポートで、20~40代の調剤経験がある薬剤師向けです。

特に薬局・Dgsが比較的多い地域の求人探しで迷ってしまいそうな場合、しっかりコンサルタントに任せる事で自分に合った求人紹介をしてくれます。

総合評価
求人薬局・調剤併設Dgsが中心
サイトhttps://www.cme-pharmacist.jp
強み転職後のサポートも手厚い
弱み企業系の求人は期待出来ない

CMEを見てみる

 

キャリアアップしたい

これから先、正社員として自分がキャリアアップ出来る環境に身を置きたいならファルマスタッフを利用したいところ。転職エージェントが親身に相談に乗ってくれます。

「出来れば早めに転職したいな」と思っている場合などでも、すばやい対応してくれるので安心して求人探しが可能です。

総合評価
求人求人数が多く、チェーンを中心に幅広く探せる
サイトhttps://www.38-8931.com
強み正社員求人に強く、キャリア志向の薬剤師向け
弱み企業の求人には弱い傾向があり

ファルマスタッフを見てみる

転職で一番大切なのは、早めの行動。「もう限界」と思ってから求人探しをすると、判断が鈍ってしまうから。

「転職で失敗する事」なんか無いように、ゆとりをもって行動するのが大切ですね。

マイナビ薬剤師
(働きやすい職場探し)

CME薬剤師
(年収・時給重視)

ファルマスタッフ
(キャリアアップ求人)

リクナビ薬剤師
(人材紹介大手リクルート)

上記:ファルマスタッフ