薬剤師と就職・転職活動

【注意点あり!】お祝い金のある薬剤師転職サービスを有効に利用しよう!

薬剤師の転職支援サービスって本当にたくさんありますよね。

中でも「転職お祝い金」のある、会社はしっかりと覚えておきたいところ。いろんな特色があるサイトが多いですから。

数社あるものの、結論としては、お仕事ラボ(外部サイト)が一番メリットが大きいです。なぜなら、大手チェーンに転職できる&年収交渉可だから。

さて、転職を考える薬剤師が活用したい転職サイトはだいたい以下の3つのケースに分かれます。

  1. サポートの手厚い転職支援
  2. お祝い金のある薬剤師転職サイト
  3. 地域密着型の転職会社

それぞれ特徴があるんですが、同じところに勤めるならばお祝い金があると無いとでは大違いです!

一部の記事では「転職お祝い金のある会社はよくない」みたいな記載をしてる事もありますが、そんな事はないんです。

その根拠とされるのが「ネットや紙面に載せる広告費用をけちってお祝い金にしている」というもの。関係ないですよね・・。

ただ注意点があるので、そこをしっかり理解して利用すれば大丈夫です!

正社員であると、転職したばかりだとボーナス(賞与)が1回ぶんほとんど無しというのは当然です。それを補ってくれるのはとてもありがたいですよね。

正しい活用の仕方、そして、薬剤師としてのよりよい転職の方法をお伝えします。

いきなり結論【お祝い金のある薬剤師転職会社は、積極的に使おう】

少し繰り返しなんですが、結局同じ薬局やドラッグストアに勤める事になった場合、お祝い金がある方が圧倒的にお得ですよね。正社員だと数十万円というケースも。

ただ、パートだとせいぜい5万円程度、という薬剤師転職支援会社が多いんですけどね。それでも大きな違いです。

一番理解しておきたい事

お祝い金のある薬剤師転職会社はメリットが大きいんですが、やっぱり「そこにお金を掛けている」というのは少し“からくり”があるんです。

それは多くの薬剤師を集めるために、「お祝い金」という制度をうたっているという事。

もともとサポートが手厚かったり、求人が閲覧しやすいサイトを自社でもっていたり、薬剤師が何もしなくても集まる会社なら「お祝い金」なんて必要ないですからね。

実際、薬剤師の「転職後の利用者満足度」という観点だと、他社に軍配があがるので、そうした評判のいい会社と併用した方が失敗なく転職活動が出来ます!

サポートが手厚い会社、満足度が高い薬剤師転職サイトと併用した方がいい

【参考】
近年の薬剤師転職における満足度調査リサーチについては、以下の通り。ただあくまで2019年時点の情報です。

マイナビ薬剤師
(楽天リサーチ:利用者満足度No.1

ファルマスタッフ
(日本マーケティングリサーチ機構:薬剤師に選ばれる転職サイトNo.1

単純にいい転職先を探したいっていうのであれば、2社を利用すればいいものの、上記を利用しつつ、「お祝い金のあるサイト」で転職が決まればラッキーですよね。

お祝い金のあるサイトも何社もあるんですが、注意しないといけないのは、「高ければ高い方がいい」というものでは無いという事!

これは税金の関係なんですね。

ざっくり言うと、こうした転職祝い金っていうのは一時所得にあたるんですが、年間で50万円を越えると確定申告などで結構面倒なんです・・・。

「30万円よりも60万円の方が良い!」ような気もするんですが、実は50万円の壁が存在していて、そのギリギリのラインの会社がベスト。

【参考】お祝い金がある薬剤師転職サイト

そもそもそんなには無いんですが、50万円を越えないというラインで探すと以下の通りです。

まれに、もっと高い転職お祝い金を出してくれる薬剤師転職サイト(50万円以上)もあるんですが、日経DIなどの広告に載っている程度なのでチェックしてみるのもいいかもしれませんね。

ただこれ以上高いとデメリットの方が強くなりますが・・。

という事で、お祝い金のある薬剤師転職サイトとしては以下の通りです。

1.お仕事ラボ

転職のお祝い金をもらいたいのなら、基本的にはここ1択で考えてもらって大丈夫。

2位、3位より少し金額は落ちるんですが、何より転職サポート・転職時の給与交渉など含めると圧倒的におすすめです。

お仕事ラボ(公式サイト)

結局「お祝い金」をもらっても、転職先のお給料が安かったら意味がないですからね(笑)

大手チェーンに転職したい薬剤師には特におすすめです。

2.ジョブデポ薬剤師

あまりサポート的には微妙ですが、「転職お祝い金のある薬剤師転職サイトを利用したい」というなら利用検討していいかもしれませんね。

40万円というのは最大なので、パートだと5万円だったり、正社員でも年収400万円程度だと少し下がったり。ただとてもお祝い金が手厚いのが特色です。

ジョブデポ薬剤師(公式サイト)

肝心の薬剤師求人はどうなのか??という所なんですが、基本的に電話対応で非公開求人を探してくれるので心配なし。

ただデメリットとして「サイト」自体がいまいちなので、自分でも求人を探したいっていう人には不向きなんです。

つまり「サイト」にお金を掛けてないからこそ、お祝い金のような形で拠出できるので、サポートの厚い会社と併用しつつ、いい求人を紹介してくれたら利用するのがベスト!

電話対応が主になるので、その点だけは注意が必要。平日にお休みが無い薬局に勤めている薬剤師なんかだと、少し厳しめかもしれませんね。

3.ファゲット

こちらも少し金額は落ちるものの、比較的お祝い金の高い薬剤師転職サイトです。

特色としては、「聞いた事ない」と思う薬剤師も多いかと思うんですが、割と老舗の薬剤師転職支援会社。つまり割とサポートもしっかりしています。

ファゲット(公式サイト)

「お祝金の多さだけにフォーカス!」するなら、最初に紹介したジョブデポなんです。つまり、マイナビ薬剤師や、ファルマスタッフと併用するならジョブデポだけでOK。

ただ、マイナビ薬剤師やファルマスタッフはひとまず使いたく無いな(?)という薬剤師がもしいれば、ファゲットを利用するのがおすすめ。

ジョブデポとファゲット、2社お祝い金のある薬剤師転職支援のサポート会社を利用するのも、もちろん有りです。

ただやっぱり「転職」っていう一大事ですから、出来ればサポートの手厚い会社はいずれにせよ1社でも利用した方が良いとは思います・・。これは本音です。

お祝い金のある薬剤師転職会社の注意点

注意点といってもそんなに大きな事じゃないんですが、2点。

それはお祝い金の額をあらかじめ聞いておく事、そして数か月の勤務後にお祝い金を貰えるという事。

注意点だけは留意しておこう!

1つ目の注意点、お祝い金は、「最大でいくら」という注釈がつきます。それは当然の事で、正社員やパート、年収によって、薬剤師転職を支援してくれる会社の利益が変わるから。

つまり週2日しか働けないパート薬剤師を薬局やドラッグストアに紹介しても、その会社が得られる紹介手数料収入が少ないんです。

それゆえ、しっかりと「自分の場合だったらいくらもらえるか」を確認しながら転職活動、求人探しをしていく事が大事。

また、2つめの注意点ですが、転職後3ヶ月後に支給などルールがある事です。

当たり前ですが、転職して1ヶ月で辞めちゃう薬剤師にお祝い金を40万円も出せませんからね・・。

よくない職場を紹介される事は無いものの、やっぱり仕事は人間関係。実際に働いてみて、合う・合わないはありますよね。

そういった理由で冒頭に、マイナビ薬剤師や、ファルマスタッフなどサポートの手厚い会社も利用した方がいいって書いたんです。

それで結果として、お祝い金のある会社でいい求人が見つかればラッキーくらいでいいかと。一番はお祝い金なんかじゃなく、いい職場探し、待遇のアップですからね。

まとめ

薬剤師の転職お祝い金のある会社は積極的に利用してみたいところ。いい求人があれば、転職によるボーナス減に備える事ができます!

ただ、しっかりとサポートを受けつつ転職活動をすることが前提条件。

マイナビ薬剤師や、ファルマスタッフなどのサポートが手厚く満足度が高い会社を利用する。薬局などの職場見学などはとっても大事ですよね。

②それらを利用しつつ、ジョブデポ薬剤師などの大きなお祝い金のある会社で自分に合ういい求人があれば利用すればOK!

一番大切なのはお祝い金じゃなく、相談にしっかりのってくれる事、サポートが手厚い事、年収交渉をしてくれる事。

しっかりとした薬剤師求人情報を提供してくれる事こそが一番。

それだけは、間違えないようにしたいですね。

こうした「お得な」薬剤師の転職支援会社を利用して、損のない転職活動をしていきたいですね。

やっぱり正社員であれば、ボーナス分の年収減は痛いですよね。年収交渉もサポートの厚い会社でしつつ、よりよい求人探しをしていきましょう!

転職で困っているなら

将来を考えると転職した方がいい、そう感じていても、実際どう行動していいか悩む薬剤師がとても多いと感じています。

・人間関係がつらい
・ボーナスが減らされ年収に不満
・薬剤師としてのキャリアに不安
・パートで働きやすい職場に
・将来性のある業績のいい会社がいい

薬剤師として働いていれば、年齢に応じてそれぞれ色んな悩みを抱えてしまうもの。

転職しようかなと感じていているなら、今すぐの行動が大切。

なぜなら転職サイトの求人は、登録した順に紹介してくれるから。「早いもの勝ち」なんです。

転職が頭をよぎったら、すぐに登録しておく事が欠かせません。

以下に紹介する求人サイトは、無料で利用出来ることはもちろん、優良な求人があつまるのでおすすめ。

今の悩みを解決するため自分に合った求人サイトに、まず登録する事。それが将来に備えるはじめの一歩となるのです。

求人探しに困ったなら

「すでに少し求人探ししてみたけど、あまり希望の求人が見つからない」という薬剤師なら、ファーマキャリアを利用するのがベスト。

他のサイトの求人がいまいちだった、条件面を重視したい。特にそんな場合、コンサルタントの質に強みを持つメリットを生かせます。

総合評価
どんな求人あなたの希望に沿ったオーダーメイド求人
サイトhttps://pharmacareer.jp
強み正社員で年収重視の薬剤師におすすめ
弱み企業への転職は不向き

ファーマキャリアを見てみる

20代・30代の薬剤師に

転職に不安があっても、あなたの希望を元に働きやすい職場探しをしてくれます。もちろん収入アップも可能。

職場環境や設備、ワークライフバランス、職場の雰囲気。長く安定して働ける事は大切。転職に不安があるなら、マイナビ薬剤師が一番です。

総合評価
どんな求人?「会員限定」の求人で自分に合った働き方探しに
サイトhttps://pharma.mynavi.jp/
強み正社員からパートまで多くの求人を紹介してくれる
弱み派遣薬剤師求人の取り扱いが無い

マイナビを見てみる

 

チェーンで働きたい

これから先、年収を上げたい、将来の安定性や福利厚生のいいチェーン薬局・Dgsに転職したいならファルマスタッフを利用したいところ。

また「出来れば早めに転職したいな」と思っている場合などでも、丁寧に対応してくれるので安心して求人探しが出来ます。

総合評価
どんな求人?求人数が多く、チェーンを中心に幅広く探せる
サイトhttps://www.38-8931.com/
強み正社員求人に強く、年収を上げる事もできる
弱み企業の求人には弱い傾向があり

ファルマスタッフを見てみる

 

幅広く求人を探したい

「いろんな求人探しをしたい!」という薬剤師なら、リクルート運営のリクナビ薬剤師がおすすめ。自分でも探しやすいのが、特長ですね。

業界大手で、広く人材サービスを手掛けるリクルートならではの求人が揃っています。

総合評価
どんな求人求人数が多く、自分でも探したい人に便利
サイトhttps://rikunabi-yakuzaishi.jp
強みリクルートという知名度による、求人の幅広さ
弱み担当者さんのサポートは控えめ

リクナビを見てみる

 

転職で一番大切なのは、早めの行動。

それは「もう限界」と思ってから求人探しをすると、判断が鈍ってしまうから。

「転職で失敗する事」なんか無いように、ゆとりをもって行動するのが大切ですね。

ファーマキャリア
(いい求人に出会えないなら)

マイナビ薬剤師
(20代、30代の薬剤師に)

ファルマスタッフ
(チェーン店で安定して働きたい)

リクナビ薬剤師
(業界大手の求人数)

RELATED POST