転職

製薬企業のMR手当っていくら位なの?

立場がらよく「MR手当って平均いくらぐらいなんですか?」と聞かれる事が多かったので、ひとつの話題としてとりあげてみます。

MRを目指そうとする薬学部生は、特に男性で多いと思います。
「男性で」と記載したのは、MRの約85%が男性であるためです。

一方で、MRの中に占める薬剤師の割合は約15%です。薬学部に女性が多い事を考えると、薬剤師MRの男女比は、同じくらいかもしれませんね。
という事で、いきなりですが、上記「特に男性で多い」という発言は、撤回しお詫び致します。申し訳ありませんでした。

そもそも薬剤師はMRに向いているのか?

MRの約15%が薬剤師。この数字をみて「多いな」と思った方は、いないと思います。えっ、そんな少ないの。
というところが本音かなと。ザ・営業、的な文系のMRが多い印象とは言え、少ないですね。

ただ薬局で働いていると、ほんと薬剤師のMR少ないな~と思うので、営業の上手さを抜きはにできませんが、薬剤師MRであるとちょっと肩入れしちゃおうかな、なんて思うのが薬局で働く者の心理です。

それにしても、MRの方は薬剤師アピールする事を控えているのかな、とすら思うくらい自分から言わない方が多いですね。
さりげなくでも薬剤師なんです、という事を上手に伝えるとメリット大きいと思うんですが。
そんなわけで、声を大にして言いたいのは、薬剤師はMRにきっと向いているぞ!という事です。
入り口はひろいMRの世界。当然薬剤師手当なんてものは存在しません。あるのはMR手当です。

MR手当はいくらぐらい?

製薬企業の年収は、ばらつきがとっても大きいです。
特にMRは個人の営業成績によって賞与の額が大きく変わる会社も(全てでも無いのです)多く、また会社規模が大きいほど年収は高いと考える事は、あながち間違いではありません。

また、それ以外の様々な手当や、福利厚生の部分によってもかなりの差が存在します。
それゆえ、MR手当はいくらか、を検証しても大して意味がないのかもしれません。
ただ若年層においては基本給に単純にプラスされる手当でもあるので大切な要素となります。それで、ずばり約5万円というところがMR手当の平均的な相場です。
MR手当というのは、様々な名称で支給されています。

  • みなし手当
  • 営業手当
  • 外勤手当
  • MR手当

注意が必要なのは、3点です。

  1. この手当は役職によって増額してゆく会社が多い(~10万円)
  2. 残業代の一部として支払っている会社がある(残業が多い時は応じて増額される)※事業場外みなし労働制
  3. 入社3年目くらいまでは低めに設定している会社が多い

ということです。
そして重要な事なんですが、やむを得ず残業が多くなった場合に営業職でも残業代を支払っている会社と、そうでない会社がある、ということです。

申請できる雰囲気かどうかは社内次第だと思います。製薬企業も環境が厳しくなっています
MR手当という薄い話題に触れたはずですが、だんだんと深い話になってきてしましました。この話題の着地点がどんどん難しくなってきたので、話を元にもどします。

MR手当はあまり気にする必要なし

すみません。二度目の謝罪です。MR手当なんぞ気にしないでください。
自分で話題振っておいてそりゃ何だと。MR手当は名称こそ様々ですが、営業手当とほぼ同じ意味と思ってください。

冒頭の「MR手当って平均いくらぐらいなんですか?」という問いに対する回答は一つ。
「平均5万円くらいだけど、就活はそれ以外の部分で判断した方がいいよ」です。
〝それ以外の部分″についても大切な事が多いので、また整理しながら、別の側面もお伝えできればなと思います。

薬剤師採用担当のおすすめ
【2020年3月27日追記】
以下、のんびりと「おすすめ求人サイト」なんて紹介していたんですが、この状況下、かなり薬剤師求人が減少してしまいました。

なぜなら、薬局の経営が患者数減によって一時的に極めて悪化しているため。

目安として9月末まで位に転職を考えている薬剤師なら、「おすすめ」なんて関係なく、複数の求人サイトに登録しておかないと「就職先が見つかりづらい」なんて事も。

損は無いので3~5社程度には登録し、会員にしか紹介されない非公開求人から、あなたに合った求人探しをしてもらいましょう。

https://pharma.mynavi.jp/
(マイナビ薬剤師)

https://www.38-8931.com/
(ファルマスタッフ)

https://rikunabi-yakuzaishi.jp/
(リクナビ薬剤師)

https://pharmacareer.jp/
(ファーマキャリア)

https://pcareer.m3.com/
(薬キャリ)

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師は、薬剤師が転職を考える上では切っても切れない会社。
調剤薬局や、調剤併設ドラッグストア求人に強く、働きやすい職場探しが出来ます。もちろん、担当者さんのサポートも抜群。
◆厳しい基準をクリア◆
人材紹介会社全国約2万社のうち、40数社しか認定されていない「厚生労働省委託事業 職業紹介優良事業者」に認定されています。
総合評価
どんな求人?薬局、調剤併設Dgsなら利用必須。正社員・パートとも厚待遇。
強みいつか転職を考えてる初心者にも対応◎
弱み病院の求人は少なく、派遣も取り扱いなし

公式ページ

ファルマスタッフ
ファルマスタッフは、親会社を日本調剤に持つ、薬局求人に非常に強い、薬剤師転職サイトです。
派遣薬剤師としても働けることから、全国的に薬局求人には大変強く、そして年収を上げるための転職にはぜひ利用したいんです。
◆厳しい基準をクリア◆
マイナビ薬剤師と同じく「職業紹介優良事業者」に認定されています。この認定を受けているのは、薬剤師転職サイトでは、この2社のみ!
総合評価
どんな求人?薬局への転職で年収を上げたい人に。
強み親身なサポートが親切。派遣で働くにも◎
弱み病院、企業の求人に弱い

公式ページ

リクナビ薬剤師
リクルート社が運営する、薬剤師の転職サイトで、薬局から企業まで幅広く探せるのが魅力。
比較的「自分でも求人情報を探しやすい」という事もあるので、マイナビ薬剤師かファルマスタッフ、いずれかと併用する形がベスト。
◆リクルートならではの求人◆
企業からの知名度は、リクルートはNo.1。つまり、リクナビ薬剤師にしか無い非公開求人を見つけられる可能性が高いんです。
総合評価
どんな求人薬局、Dgsはもちろん、企業まで幅広い
強みリクルートならではの転職ノウハウが◎
弱みサポートは弱いが、逆に30~40代向き

公式ページ

RELATED POST