薬剤師と就職・転職活動

薬剤師が辞めて自分の負担が増えたのに薬剤師を増やしてくれない!?

人件費をコストと思っているような経営者のもとで働くと、薬剤師が辞めて人手不足なのに薬剤師を補充してくれない、といった事が運が悪いと起こります。

自分だけ忙しく働いているのに、負担ばかり掛かって肉体的にも精神的にも負担があるのは疲れてしまいますよね。

あなたが働く職場が赤字経営なら話は別ですが、なんとなく「これからも診療報酬改定が厳しいから」くらいでそんな対応されてはたまったものじゃありません。

これって逆にいえば、あなた自身がいつコストカット目的で雇用が厳しくなるか不安要素ですらあるわけです。

薬剤師が減った分、それを他の薬剤師などの人件費に回してるならまだマシですが、恐らくは自分が大変なだけで、単に人手不足状況かと思います。

【薬剤師が辞める→人を新たに雇わない→既存のスタッフが疲弊】

そんな悪循環では、将来考えるとあまり長居しない方がいい職場かもしれません。

あなたが「それでも何だかんだ働きやすい」なら、少しは我慢すべきです。逆に「定年までいるかそもそも不明」なら、新たな仕事を探す機会にしてもよいかもしれませんね。

なぜ薬剤師が減っても補充しないか?

薬剤師をとりまく環境が厳しくなっているのは、誰しも感じていること。でもそれは全体としての話で、忙しい所は忙しいです。人も足りていません。

薬剤師が辞めて人が減ったのに補充人員を入れないとい理由は、恐らくはそもそも経営側として「人を減らしたいと思っていた」という可能性が高いです。

誰かが辞めたののをいい機会にして、新たに雇わず人件費を減らしていくケースですね。

調剤薬局のケース

調剤薬局の場合、中小規模の薬局の場合はもしかすると本当に経営が厳しいケースもあります。あなたが働く薬局は忙しくても、全体としては赤字というケースですね。

この場合、本来すべきは暇になっている他の店舗の人件費削減、店舗閉鎖です。でもなかなか経営判断を付けられず、「利益の出てる店舗」も含めて適当な人件費削減対策をします。

こういう状況が疑われると、結構早めに転職した方がよいですね。時間をかけても改善する見込みはありません。調剤薬局はほぼ立地勝負ですからね。

忙しい薬剤師と暇な薬剤師が存在してるのに、お給料も同じで不満も募る状況。まだ今のような転職出来るうちに仕事はしっかり探すべきです。

マイナビ薬剤師などのサイトをしっかりチェックしておくこと。

大手チェーンの場合は経営が厳しいという事はないでしょうが、店舗レベルでそうした不満が生じてしまうと言うことは、これもなかなかまずい状況です。

大手ほど人件費に厳しかったりしますから、無意味な指標を用いて薬剤師数を減らそうとします。ひどい所だと、人手不足ならばと事務を雇用する会社もあります。

病院のケース

私は病院薬剤師として働いた事がないのでよく分かりませんが、基本的には経営状況に帰結することがほとんどです。

調剤薬局以上に、病院は経営が厳しいところが多いですよね。

この場合は、「薬剤師雇用の優先度は低い」と言うことで、せめて医師や看護師など他職種の待遇を暑くしたいケースもありえます(それはそれでいい病院ですが)

これからも病院で長く働きたいのであれば、上司に人員充足を訴えましょう。ただ劇的に経営が改善する事は病院は難しいので、期待できない可能性も高いです。

良い機会と捉えて調剤薬局で働くか、急性期・慢性期など何か希望があれば、その働き方を実現させてくれる職場探しをするのもいいかもしれませんね。

「薬剤師が辞めたので代わりに事務を採用」は最悪

0402通知により、それを良いように捉え、薬剤師の代わりに人件費の安い事務を採用するような薬局も存在します。

いわゆる調剤補助として、いままで薬剤師がやっていた仕事を事務にも任せようという話かと思いますが、どうしても薬剤師の代わりは無理が出てきます。薬剤師にしかできない仕事が多いですからね。

そしてそういう薬局に限って、本来事務に任せてはいけないような部分まで事務に仕事を任せてしまうケースもあります……

どうしたって仕事の本当に大変な部分って、薬剤師しかできない事なんですよね。薬歴を書いたり、在宅したり、一包化や粉砕の調剤など。

鑑査機器も昔からすると劇的によくなったものですが、薬剤師がいなければ成り立たない環境なのが薬局。事務では代わりにならないのです。

あくまで事務は事務としての仕事があり、手が空けば薬剤師の手伝いをするというスタイルじゃないとうまく仕事が回るわけもありません。

薬剤師が辞めても薬剤師を補充してくれない職場、もしあなたがそれに疲れを感じてしまっているのなら、そこに未来はありません

転職するか悩んだら

将来を考えると不安・環境を変えたい」そう感じていても、実際どうすればいいか分からない薬剤師は意外と多いもの。

仕事にやり甲斐を感じない・つまらない、そんな思いを抱えているなら危険信号。仕事が充実すれば人生全体も充実するのに、そんな生活では悲しいですよね。

◎今の職場はつらく逃げたい
◎年収など条件面を重視したい
◎成長できる環境に身を置きたい
◎つらい人間関係を早く解消したい
◎ワークライフバランスを重視したい

そんな悩みを解決するために必要なのは、相談して客観的なアドバイスを受ける事。そうすれば、新たな一歩を踏み出すことが出来ます。

今のまま5年、10年働けますか?漠然と不安を抱えたままの人生なんて嫌ですよね。

初めての転職なら

正社員としての転職に不安があっても、あなたの希望を元に働きやすい職場探しをしてくれます。「初めての転職で一番利用されてる」のがマイナビ。

職場環境や設備、ワークライフバランス、職場の雰囲気。長く安定して働ける事は大切。転職に不安があるなら、マイナビ薬剤師をまず利用したいですね。

総合評価
求人20~40代の正社員求人に強く、初めての転職で最も利用されている安心感が◎
サイトhttps://pharma.mynavi.jp/
強み利用者満足度No.1で、情報がタイムリーで新鮮
弱みパートだと求人が少ない場合も

マイナビを見てみる

 

薬剤師の登録者数No.1

「やっぱり最大手の転職サイトが安心」なら、薬キャリがおすすめ。みんなが使ってる薬キャリだからこそ、素早い求人紹介が可能な体制が整っています。

あなたの希望条件に合った求人をコンサルタントが探してくれるので、転職活動で少しでもいい条件を探したい薬剤師に向いていますね。

総合評価
求人正社員からパートまで多くの求人
サイトhttps://agent.m3career.com/
強みスムーズな転職先探しに◎
弱み面接サポートが弱い

薬キャリを見てみる

 

収入upを目指すなら

年収など待遇面を重視して多くの薬局・Dgs求人から探したいならファルマスタッフを利用したいところ。都市部から地方まで、全国対応してるのが強み。

「出来れば早めに転職したいな」と思っている場合などでも、条件の良い求人をすばやく対応してくれるので安心して求人探しが可能です。

総合評価
求人都心部から地方まで網羅
サイトhttps://www.38-8931.com
強み薬局・Dgs求人に強く、収入upにも
弱み企業の求人には弱い傾向があり

ファルマスタッフを見てみる

転職で一番大切なのは、早めの行動。「急いて転職先を探さないと……」と思ってから求人探しをすると、判断が鈍ってしまうからなんです。

「転職で失敗する事」が無いよう、少しゆとりをもって行動するのが大切ですね。

マイナビ薬剤師
(正社員転職の満足度No.1)

薬キャリ
(薬剤師登録者数がNo.1の安心感)

ファルマスタッフ
(保険薬局の求人取り扱いが多い)