転職

社会福祉士転職サイトおすすめはここ!MSW(医療ソーシャルワーカー)から相談員まで

社会福祉士として働いていて転職を考えている、そんな時に利用したいのが社会福祉士・社会福祉主事任用向けの転職サイト

ソーシャルワーカーの転職はこちらの記事も
精神保健福祉士(PSW)転職エージェント活用術!

いい職場探しには、しっかり転職エージェントが対応してくれる事が大切なポイントなんです。転職には失敗がつきものです。

だってネットで求人を見ていても、どうもピンとこない社会福祉士求人ばかりだと思いませんか?探し方にはコツがあるんです。

社会福祉士という国家資格を生かした仕事って、あるようで少ないし、年収面でもかなり厳しい!・・と思ってる人が多い。でもこれって探し方の問題もあるんですね。

例えば、介護職をしていた経験のある社会福祉士なら分かると思うんですが、特養などで夜勤ありで働いていた方がずっと年収がいいですよね。

そういった事情から、あなた自身の「希望」に沿って求人紹介、相談が出来る事。それが大切になってくるのです。

例えば以下の転職サイトだと資格に合わせた求人探しが可能。

すまいるサポート(広く探しやすい!)

マイナビ(まず「相談したい」人に最適!)

ただ、独占業務ではない社会福祉士業務とは言え、貴重な資格を生かして就職したいものですし、夜勤なし&デスクワークの仕事もあるなど、メリットも多い資格。

医療ソーシャルワーカー(MSW)として転職するか、自立支援施設で働くか、あるいは社会福祉士相談員として転職するか、ほんと様々な活躍の場があるんです。

同じ資格でも全然やってる事が違うので面白いですよね!

そこで「社会福祉士」の資格を生かした転職を考えているあなたに、おすすめできる社会福祉士向け転職サイトをしっかり紹介していきます。

またそれを見ていけば、社会福祉士としてどんな仕事があるのかもとっても良く分かりますよ!

転職先として、介護施設(特養や老健、障がい者施設など)を含めるかどうかでは求人数にとっても大きな差が出てきます。

とは言え、あなたにも譲れない「こんな仕事がいいな」という希望があるはずですよね。

はじめに社会福祉士として広く求人を探せる転職サイト、そして介護施設を含めて探せるサイトを分けて紹介していきます!

もし介護施設を考えていなくても、求人確認&転職エージェントに相談は無料。将来の選択肢を広げるため、少しは探してみる事をおすすめします。

社会福祉士の転職サイトを利用すれば、スキルアップを目指しつつ厚待遇の転職先を探してみるか、働きやすい仕事を探す。

あるいはしっかり年収重視で探すなど、どんな探し方も大丈夫です。

そもそも論なんですが、「年収を上げたい」「いい求人に巡り合える」ためには、1年後に転職希望などだとあまり意味が無いんです。

なぜなら高待遇の求人は、6ヶ月以内に転職可など、ある程度人員として目途が立つ社会福祉士に流れてしまうため。

あなたが転職に失敗しないためには、ある程度転職時期をはっきりさせておく事が大切なポイントです。

さて、先に結論から言うと、社会福祉士におすすめの転職サイトは以下の通りです。

【はじめの一歩として、しっかり会員登録したい】
すまいるサポート
(病院・社会福祉施設、ひろく探せる転職サイトで、まず会員登録しておきたい)
半年後などに転職したい場合には、欠かせないサイトです!

【病院含めて様々な仕事から探してみたい】
マイナビ介護職
(病院求人多数。すまいるサポートに合わせて利用必須の、社会福祉士転職サイト)

上記だけでも大丈夫ですが、しっかりと転職活動していきたい社会福祉士なら、上記2社に合わせ、以下も利用すると良いかもしれません。

他にもおすすめの社会福祉士向けのサイトは以下!

リクルートエージェント(20代など、他業界も含め、相談・収入を上げたい)

ジョブメドレー(自分で探したい人向け)

【介護施設の求人を探してみたい】

しろくま介護ナビ(ホワイト求人厳選!)

社会福祉士おすすめ転職サイトはじめの一歩

社会福祉士転職サイト選びで大切なのは、まずはあなたのスタンス。ゆっくり自分のペースで探したい、軽い相談がしたい、そんな社会福祉士も多いですよね。

転職って温度差があります。ちょっと面倒だなとか、そう思う人もいれば、積極的に行動する人もいる。と言う事で、はじめの一歩としては、すまいるサポートがおすすめ。

すまいるサポート

まずは自分のペースでっていうのであば、すまいるサポートだけで大丈夫です。社会福祉士転職サイト、何社も登録する必要は無いですね。

▼細かく求人対応、自分でも探す事ができて、とっても楽です。下のような登録フォームで、「社会福祉士」で選択すればいいんですが、ケアマネなど持ってる社会福祉士は合わせて登録を。

病院や社会福祉施設など、しっかり社会福祉士の資格を生かしながらも、多少相談、自分で探してもみたいそんな社会福祉士に優しい転職サイトです。

すまいるサポート(公式サイト)

まず何が社会福祉士向けにいいかっていうと、ひろく求人を探せる事と、しっかり資格を生かせる事なんです。

すまいるサポートだけでも転職活動のスタートは大丈夫ですが、繰り返しですが温度差があるのが転職というもの。

いい職場があったら転職を検討したい!1年以内には転職したい!そんな社会福祉士だったら、以下のサイトをしっかり利用していきましょう。

上記スマイルサポートに、プラスして使いたい転職サイトを以下に紹介していきますね!まず「すまいるサポート」には会員登録しておく前提です。

社会福祉士のおすすめ転職サイト【広く探したい】

医療ソーシャルワーカーの病院求人を中心として、社会福祉士としてレアな一般企業の求人なども探せるのが大きなメリットの転職サイト3選。

3選というか、他にはあまり使いやすい社会福祉士転職サイトがないんです。

社会福祉士としての年収に悩んでいたり、今後のキャリア形成に不安がある場合にも、使いやすいメリットの大きいサイトを厳選しました。

病院の求人はもちろん、年収アップを狙って一般企業の求人も探せるようなおすすめサイト3選。

おすすめランキング順で紹介していきます!

1.マイナビ介護職

マイナビ介護職

すでに登録してる社会福祉士が多いと思うんですが、マイナビ介護職は社会福祉士の転職では外せないサイトです。

介護の仕事だけでなく、しっかりと病院求人が多いのは、大手の転職サイトならでは。

ちなみに社会福祉士で検索してみると、2020年1月時点で約3,500件以上の求人。

相談ができるキャリアコンサルタントがいるので、仕事に悩んでるっていう人におすすめと言えますね。

結局転職なんて、結果としてするかどうかは分からない。だからこそ、すまいるサポートやマイナビなど、しっかり相談できる転職サイトがおすすめなんです。

基本的に、ここまで紹介した2社だけ会員登録しておけば大丈夫!(説明が長くなるのでいったん区切ります)

すまいるサポート

マイナビ介護職

ただもし、社会福祉士以外の求人も含めて探したい20代の方など、以下の転職サイト選びもぜひ参考にしてみてください。

同率1.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントも、マイナビエージェントと同じく専門のコンサルタントのサポートによって、あなたの転職をしっかり支援してくれます。

おすすめポイントとしては、「社会福祉士以外にも何か違う仕事をしてみたい!」という方にはぜひ一度利用してみたい転職サイト。(医療ソーシャルワーカなどの求人を探したい場合はパスでOK)

特に、20代、30代で、将来不安だなという社会福祉士には相性のいいサイトですね。

介護職と近い現場で働いている社会福祉士であるからこそ、介護職の人手不足の深刻さは身に染みて理解しているところ。

ただ、介護職だけじゃなく、世の中全体、人手不足なんです。まだまだ違う業界だとしてもこれから一生懸命働いてしっかり稼いでみたい!という場合にはぜひ一度相談をしてみてください。

あなたが思っている以上に、厚待遇の仕事はたくさんあるんです。

【リクルートエージェント】
https://www.r-agent.com/

2.ジョブメドレー

社会福祉士求人をまずは自分で色々さがしてみたいなら、ジョブメドレー。基本的には「介護求人」を扱う会社なんですが、病院の求人もしっかりあり、その使い勝手は抜群です。

ジョブメドレ―でもしっかり相談ができますが、何よりも「自分でも求人探しが出来る」という事が大きなメリットのひとつ。

あなたのお住まいの地域ごとの検索はもちろん、医療ソーシャルワーカーの求人や、相談員の求人を検索する事ができるんです。

つまり今の仕事との比較や、どんな求人があるか、そういった事も分かりやすく、「少し転職を考えてるけどいい求人ないかな」という方向け。

まずは会員登録後に希望(あなたの希望の働き方や年収など)を伝え、あとはしっかりとジョブメドレ―の求人検索から、あなたに合った、そして興味のある仕事探しをしていく事ができますね。

【ジョブメドレー】
https://job-medley.com/

3.マイナビエージェント

マイナビエージェントは、「自分でインターネットで求人を探して見つける」とは違う、エージェント型の転職サイトです。

つまり、転職した方がいいかどうかを含め、しっかり相談が出来るという事につきます。

それゆえ「社会福祉士の仕事先ってどんなところがあるんだろう、そもそも良く分からないな」という場合にこそ、利用したい会社。

20代で年収300万円代、30代だけど年収400万円代でこの先厳しいな、など年収をアップさせたい社会福祉士にこそ、利用してもらいたい転職サイトですね。

【マイナビエージェント】
https://mynavi-agent.jp/

社会福祉士の転職サイト【介護施設】

社会福祉士の転職サイトを利用して、今はあまり介護施設を考えていなくても、少しの求人探しは必須。選択肢は多く持っておいた方がいいんです。

特養などを中心とした介護施設といえども、社会福祉士という資格前提とすると、おのずと相談員を中心とした職種が多くなってきますよね。

老健や、障がい者支援などの施設でも、基本的には相談業務をつかさどるという意味では、近い職種かも。

もちろんケアマネジャーを中心とした多職種の中、その調整役の仕事となるわけで、いわゆる介護職とはちょっと違うかもしれませんよね。

正直イメージの中だけで「介護施設はちょっと」と避けている社会福祉士が多いのも事実。ただ案外病院と比べて大手企業が運営しているのも多いのもまた、事実です。

そうであれば、収入面も決して悪くない(どころか良い)ですし、福利厚生なども非常に整っているケースが多いんです。

介護施設を探してみようかなという、社会福祉士向けの転職サイトは以下。

1.しろくま介護ナビ

しろくま介護ナビ

基本的に介護施設の求人を探してみたい場合は、しろくま介護ナビの利用のみで大丈夫です。しろくま介護ナビは拠点が多く、本当にたくさんの社会福祉士の仕事を紹介してもらえる事ができるんです。

一番のメリットは、ホワイト求人を探してくれる事

やっぱりイメージだけで、福祉施設はブラックそうとか、そう思ってしまう社会福祉士が多いんです。多くの社会福祉士が、相談員として活躍してるんですけどね。

もちろんしっかり相談員としてどういった働き方ができるのか、1から相談できるのも安心なポイントです。

例えばこれまで病院で医療ソーシャルワーカー(MSW)として働いていたけど、未経験の介護施設大丈夫かな・・。そんな相談もちろんOK。

年収面でもうちょっと上げたいな、という場合は、積極的な年収交渉をしてくれる事も可能です。

しろくま介護ナビは、介護施設への営業力がとても強いので、「こんな求人あったんだ」っていうような求人もばっちり探す事ができます。

社会福祉士の仕事は、業種によっても本当に違う事ばかりだからこそ、相談できる事ってとっても大切なんです。

【しろくま介護ナビ】
https://www.h-career-support.com/kaigo

2.きらケア介護(紹介予定派遣)

・きらケア介護

きらケア介護は、「介護職の派遣」で有名な転職サイトなんですが、私がおすすめしたいのは、紹介予定派遣なんです。

社会福祉士という資格はあっても、介護施設は未経験の業種だ、あるいはこれまでも介護施設だったけど、他の施設に転職を考えている。

やっぱり不安は大きいですよね。(介護施設だけじゃなくて、転職ってやっぱり不安はつきもの)そこで利用したいのが、紹介予定派遣です。

紹介予定派遣は、いわゆる【派遣】とは性質が違います。

ある一定期間(3ヶ月など)は派遣で働いて、それで「その職場がよさそうだな」とあなたが納得できれば、正社員として働く形になります。

お試し・・・と言ったら言い方が悪いかもですが、あくまで最初は正社員じゃなく働けるので、不安が多めの人にはおすすめです!

マイナビ介護職ではこの紹介予定派遣という扱いがない(会社として許可が無い)んですが、きらケア介護であれば大丈夫。

もうある程度、「介護施設で働いてみようかな」と思っている場合は、きらケアの紹介予定派遣を利用してみてください。

【きらケア介護派遣】
・https://job.kiracare.jp/

【番外編】かいご畑

・かいご畑

あえて紹介しますが、かいご畑という転職サイト。基本的には、介護職が利用する転職サイトです。社会福祉士向けというわけじゃありません。

ただもし、「介護施設で働きたい&介護福祉士の資格も合わせて取得」を考えているのなら、かいご畑を利用しての転職がおすすめです。

【注意】介護福祉士の受験資格は3年の実務経験が必要ですが、相談員などは対象外です

介護福祉士は、社会福祉士と比べるとかなり取得しやすい資格。それは言うまでも無いんですが、とは言えある程度しっかり勉強が必要。

もし社会福祉士であっても、3年の介護職経験があり、かつ介護福祉士を取得しようとしているなら、知っておきたい転職サイトです。

また、医療ソーシャルワーカーの求人は少ないんです。一番多い東京でも100件が無い程度。いい求人を探しつつ介護職の経験を積む事は、将来必ずMSWとして役にたちます。

「こういう転職サイトがあるよ」って、転職を考えている介護スタッフに紹介するのもいいかもしれませんね。介護スタッフには、かなり人気の転職サイトです。

【かいご畑】
・https://kaigobatake.jp/

【介護施設まとめ】社会福祉士転職サイト

介護施設で働いた事がないし、まず相談からしたいなという場合は、マイナビ介護職が一番おすすめの社会福祉士転職サイト。

もう介護施設を中心に働いてみようかなと決めている場合は、きらケアの紹介予定派遣がおすすめです。

・マイナビ介護職

・きらケア介護

もちろん「マイナビ介護職で相談しつつ、きらケアでも求人探し」両方併用しても大丈夫。むしろその方が安心かもしれませんね。

参考:社会福祉士の現状等(厚生労働省)

転職サイトからみる医療ソーシャルワーカー(MSW)の年収は?

社会福祉士として働いているなら、医療ソーシャルワーカーの年収と言うのは気になる部分。若手だったら就職先の選択肢としていれておきたいですよね。

何より魅力なのが、福祉を通じて医療に携われること。福祉と医療の架け橋になるのが医療ソーシャルワーカーです。

まず、医療ソーシャルワーカーの年収は正直なところ高くはありません。先日ツイッターで気になるツイートを見つけました。

なかなか厳しめ。もちろん地域によって異なりますし、公立病院かどうかでも変わりますし、そしてボーナスでも大きく変わってくる部分。

ただ現実問題として年収は高くは望めないのが医療ソーシャルワーカーとして働くデメリットかもしれません。

しかし、やはり肉体労働では無いという事、他職種と連携して仕事が出来るやりがいといった長く安定して働ける環境が整っています。

そのため年収は低いものの、いわゆる「退職者」が少なく、結果として求人も少ない傾向にあるんです。求人が少ないというのは、働きやすい裏返しですよね。

年収では300万円前後~という医療ソーシャルワーカーが多いものの、「憧れの仕事」としてる人が多いんです。

ただ病院の場合、どんな職種でもでも、年収ははじめ低く、経験・年齢を経るにしたがってしっかり上がっていきます。若いうちにお金使いたいですけどね。

なので、しっかりと先ほど紹介した、きらケアや、ジョブメドレ―などで求人を探しつつ(2社登録がおすすめ)仕事探しをしていきたい所。

もちろん新卒で医療ソーシャルワーカーとして就職できなかったというケースもありますが、2,3年掛けてでも、すぐに良い求人があったら応募できるようにしておきたいですね。

社会福祉士転職サイトの上手な使い方

上手な社会福祉士転職サイトの使い方を知る事は、しっかりとした転職先を見つけるためには欠かせないことですよね。

いままで紹介した転職サイトは、いずれも大手の会社で信頼のおける会社ばかり。あなたに合った、職場探しに大きな力になる事は間違いありません。

ただ一点覚えておいてほしい事があります。

それは転職エージェントにも質があるという事。

つまり、おすすめの社会福祉士転職サイト、状況に合わせていくつか紹介しましたが、あなたを担当してくれるエージェント(担当者)がいまいちな場合があるという事なです。

「それじゃ信頼のおける会社と言えないなぁ」

と思われるかもしれないんですが、社会福祉士にも力量に差がとっても大きくあるように、やっぱり転職エージェントの力量にも差があるんです。そして相性もありますね。「なんとなくこの人嫌かな?」みたいな。

これは正直、運です。たまたま微妙な担当者が当たってしまうケースがあります。

その場合は、すぐにその転職サイトの利用はやめてOKですし、利用はやめましょう。

複数の社会福祉士向けの転職サイトをおすすめしたのは、そういう理由もあるんです。

あなたが気持ちよく仕事探し、社会福祉士の資格を生かした職種を見つける、そう思えてこそ、しっかりとした転職活動をすることが出来ます。

同様の不満として、「いまいち自分に合った求人が無いな」と感じる場合もあります。それは求人情報はとても流動的だから。

人材が足りている職場は募集してないですし、応募があった時点で社会福祉士求人も無くなってしまいますからね。

その場合でも、違うサイトを利用してみた方が前向きに転職活動をする事ができ、変えてみる事をおすすめします。

(注)同時に数社登録していればそんな事にはなりにくいですが

社会福祉士転職サイト利用で働きやすい職場探しを

ソーシャルワーカーとして多職種と働いていると、やりがいを大きく感じられる事が多いですよね。もちろん大変な事もたくさんありますが・・。

やりがいっていうのは、かなり大事です。いくら年収がよくたって、やりがいが無いと少しむなしくなるもの。

とは言え、隣の芝生は青く見えるもので、年収がほんとに厳しい場合(特に残業が全くないならかなりきついはず)、いくら時間にゆとりがあってもOKとはならないんです。

年収で400万円代前半程度だと、あまり昇給率も高くないなか、将来の事も見据えて仕事探しをしていく事は欠かせません。

あくまでバランスが大切。

これまで転職サイトの選び方で「相談が大事」だと繰り返してきたのは、社会福祉士としての誇りの部分と、収入の部分はしっかり区別し、働いていく必要があるからなんです。

働きやすさは残業の少なさ、人間関係だけじゃない

「働きやすさ」と言うのは、あくまで仕事と生活のバランスがしっかりとれているという状態。仕事と休日とも言いかえられますよね。

そして仕事=収入を得るための手段ですから、その部分は決しておろそかにはできないんです。

あくまで自分自身で納得できるだけの収入、そしてしっかりと休日を取れる事、これがつまり、働きやすい職場という事なんです。

社会福祉士の悩みは転職エージェントに相談

社会福祉士だけじゃなく、悩みは人それぞれ。特に「転職」っていう大きな決断をするからには、しっかり相談することが大切です。

あなたにとって何が一番大切か、何が現状不満が一番大きいか。そういった部分をしっかりと転職サイトのエージェントと話し合いながら、社会福祉士の資格を生かしていく方向をしっかりと決めていく事、それを大事にしましょう。

インターネット、スマホを開いて「何かいい求人ないかな?」というのも大事ですが、そこから一歩進むためには、まずはしっかりエージェントに相談するという事が必要なんです。

たぶんスマートフォンを開いて求人だけ見ていても、一歩も進んでいないんです。

社会福祉士転職サイトで年収アップできる?

こうした社会福祉士転職サイト、転職エージェントの役割は、年収アップをさせてくれるような転職をさせてくれるのが使命と言っても過言じゃありません。

結論から言うと、年収アップさせてくれます!(あなたが余程恵まれた収入をすでに得ていると、難しいかもしれません)

社会福祉士年収アップの秘密

変な話ですが、どうしてこうした転職サイトの利用や、社会福祉士のキャリア相談に無料でのってくれるか知っていますか?

それはあなたが無事、転職した場合、その転職先の年収の20%程度が転職サイトに手数料として入るからなんです。

つまり、「今は社会福祉士として年収が低い」として、次の転職先で少しでも年収をアップさせることが、こうした転職サイトの利益につながるんです。

あなたの年収が上がるほど、転職サイトとしてもメリットがある

これはつまり、あなたが年収アップの希望を出す事は、決して遠慮する必要が無いという事ですし、あなたも年収アップは望むべきです。

・・・むしろ「年収300万円でもOKです」という社会福祉士だと困るかもしれません。

「最低でも年収400万円は希望!」としてくれた方が、しっかりと仕事探しをしてくれますし、あなたにとっても、転職サイト側にとっても、双方メリットなんです。

もっとも「そこまで高年収希望じゃないかな、働きやすい方がいい」という人も中にはいるはず。

ただ、同じ仕事内容なのに、収入がアップする、そうした交渉を(ある程度お任せで)してくれるのが、こうした社会福祉士向けの転職エージェントを利用するメリットなんです。

同じ仕事なら、お給料が高いに越したことはないですからね。

という事で、あまりガツガツしていないとしても、十分、年収アップは狙えると思ってもらって大丈夫です。

【まとめ】おすすめ社会福祉士転職サイト

社会福祉士が利用できる転職サイトは、たくさんあるとは言い難いものの、しっかりあります。その中からランキング形式のような形で紹介しました。

あえて社会福祉士、ソーシャルワーカーの枠を越えて求人を探してみるという事も、まだ20代、30代だったらいい経験になるはず。

もちろんしっかりと、社会福祉士の資格を生かしての転職ができる転職サイトを紹介しましたが、まずは相談から一歩スタートです。

「まだ転職は先かな」「1年後くらいでいいかな」と思っているのであればこそ、まずは登録しておく事。

将来の働く事のできる選択の幅を広げる事は、今からアンテナを張り、求人を把握しておく事によって可能になるんです。いざと言う時、ではいい求人にも巡り会えません。

まずは無料会員登録し、今の事、将来の事、相談してみるところから初めてみましょう!

【まずは利用したい、転職が不安な人に】

すまいるサポート

【広く求人を探したい社会福祉士向け転職サイト】

まずはキャリア相談リクルートエージェント
安心◎ひろく探せる・ジョブメドレー
色んな仕事も・マイナビエージェント

※介護施設にはあまり興味がなくても、どんな傾向化は把握しておく方が望ましい

【介護施設に絞って求人を探す社会福祉士向け転職サイト】

ゼロから相談しろくま介護ナビ
紹介予定派遣に・きらケア派遣(紹介予定派遣)
介護職未経験なら・かいご畑

参考:今後需要が増していく社会福祉士とは