薬剤師と就職・転職活動

薬剤師の仕事がつまらないし疲れたら?嫌になる原因は単純

「薬剤師の仕事なんかもう疲れたし嫌だ」「つまらないし、いっそのこと他の仕事したい」そう思うことはありませんか?

やりがいとかって何?という感覚。「飽き」にも近い。

私は何度も、経験があります。忙しくて疲れたっていうよりも、嫌気が差してくる感じというか。「もっと面白く思える仕事をしたいな」って。

でもこんな事、あまり現実で口にする事なんて出来ない。だって「理想とされる薬剤師」って、患者さんや地域ののために貢献とか、勉強を続けなきゃいけないとか、ちょっと重い。

仕事でのストレスに加えて、甘い事は言ってられないような重さも加わってくるだけに、なおさら嫌になるんです。

薬剤師として仕事が増える=つまらない/疲れるとは違う

薬剤師として経験を積んでくると、任せられる仕事が増えてだんだん負担になります。それは肉体的にというよりは、精神的に疲れてくる。

仕事の負担が多くたって初めのうちはいいんです。責任が重くても、信頼されてやりがいをもって取り組んで仕事を取り組んでいるうちは、それほど苦にならない。

でも慣れてくると、ただの駒として働いてるんじゃないか、、、疲れるだけだし、つまらない、そう思ってしまう薬剤師が多い。

仕事って人生の中心じゃないかもしれないけど、やるからにはやっぱりそれなりに楽しくやりたい、それが本音ですよね。

お金のために働くのは疲れる

基本、みんな生活のために働いています。

それは自分で薬局を開業したり、起業したりするような人でも同じ。よほど成功・安定すれば「お金のために」とはならないけど、貧すれば鈍するもの。

生活のために収入が欠かせない限り、薬剤師が嫌になったって、つまらないからって辞める事は難しい。他の業種に飛び込む勇気も正直、無い。

月に40万円のお給料をもらって、ボーナスは80万もらってとかだと、仕事を辞めると収入も途絶えます。だから生活のためには仕事をせざるを得ない。

薬剤師の仕事に疲れても、どんな形であれ働かないと行けない。

しかしこれはあくまで個人的な意見なんですが、年収・時給が大幅に上がってもあまり「薬剤師の仕事疲れた、嫌になった」という悩みって解決出来ないと思っています。

もちろん同じ仕事ならお給料は良いに越した事はないのは事実ですが、、、

「いやいや、年収で700万,800万もらえるなら、それに引き換えに我慢して働ける」というなら、転職をすすめます。実際そういう考えの人も結構います。

ただ、薬剤師の仕事が疲れて嫌になるって「働き甲斐」の部分かなと思ったりしています。

少し「お金」について触れたんですが、お金、つまり年収アップする事で不満が解決出来そうなら、まだ悩みとしては小さいかなと思っています。すぐ解決出来るので。

「仕事を頑張ったらから自分にご褒美を」と思えるタイプは、たぶんこれに当てはまります。自分のストレス解消法が消費に向かえるので対処しやすい。

※収入が上がる求人を探してみたいなら、求人が多い「マイナビ薬剤師」で探してみましょう。

かくいう私は「年収はかなり高いけど、なんとなくもう薬剤師の仕事は疲れたし、辞めたいな」というなかなか難しい感じです。

しかし年収が高いだけに、おいそれと転職も出来ないジレンマを抱え、働いています。さすがに転職して年収が600万に落ちるとかだと、家族の理解も得づらい。

私のように40代も半ばで家族があるとなると、身動きが取りづらいですね、、、。やはり転職するのならば、出来れば30代のうちには済ませて置きたいところです。

薬剤師として仕事がつまらなくて嫌になる原因

薬剤師としての仕事が疲れて嫌になる、あるいはつまらないっていうことは、やりがいを持って働けていないという事とほとんど同じです。

仕事って本来はある程度、頑張ったなとか、自分よくやってるなとか、患者さんに喜んで貰って嬉しいなとか、そういう要素が欠かせないもの。だって毎日、何十年も働くわけですから。

ただこの「やりがい」というものも、あまり収入が低いと”やりがい搾取状態”になるので好きじゃないんですよね。

とは言え、そんな私のように「あーだこーだ」ネガティブな事を言ってると、いつの間にか年齢を重ね、気づいたときには「もうこの会社に身を置くしか無いか」という状態になるので注意してください。

この記事を読んでもらってる薬剤師が、私よりも若いまだ20代,30代だとして、その頃の自分に「メッセージを伝えるとしたら何が良いか」が少しヒントになりそうなので、少し記したいと思います。

やりがいと年収のバランス

ここからは少し過去の自分に向けてのメッセージ。40代なかば、大手チェーンでエリマネしてるけど、仕事がつらい、つまらないと感じている薬剤師です。

幸いな事に、自分はいろいろな経験をさせてもらえました。転職を何回もしたし、色んな仕事もある程度は分かってるつもりです。

ただやっぱり後悔としては「年収が下がりそうだから転職しない」という選択を、かなり優先させてしまったこと。つまり、やりたいことを最優先させてきたとは言えないんです。

年収が500万の薬剤師にとっては700万って凄いと思うし、900万とか「え、何それ次元が違いすぎる」とか思ってたんです。

実際私が30歳くらいの時、年収が600万ほどだったんですが、知り合いのMRが年収800万と聞いて「どうしてここまで差がついてしまうんだ・・」と、羨ましすぎて妬んだ記憶が、はっきり残っています。

でも今となっては、500万も800万も大して生活レベル変わらないな、と感じています。

ただやっぱり当時は「年収で200万も差がつく」って大きな大きな事だと思ってたんですよね。

もちろんこれはポジショントークというか、年収が低いなと感じてる薬剤師にとってはそれだけ貰えるならそっちに転職するよ!と思うのも、当然だと思います。

病院で働いた事がないんで薬局に限った事になってしまうんですが、「調剤薬局」の仕事なんてそんなに大きく仕事内容って変わらないですからね。

とは言え自分に限って言えば、「あまりお金にこだわらず、面白そうな、興味がありそうな仕事を選んだ方がいいよ、やりがいを大切にした方がいいよ」と断言出来ます。

薬剤師として面白いと思える仕事で、それなりには収入も悪くは無い。そういった求人を探せば良かったなと強く感じますね。

つまらなくなさそうな薬剤師の仕事

うーん、やはり自分の仕事を「つまらない」と表現してしまうのは微妙ですが、自分の正直な気持ちなのでよいかな。チェーンのエリマネってつまらないですね。おすすめしません。

さて以下、参考まで「あ、この薬剤師求人面白そうだな」と思うものを列挙していきます。

「いやいや、だったら自分がそこに応募して転職活動すれば」とツッコミを受けそうですが、結構年齢制限があるんです。

30歳までとか、35歳までとか。

「50歳まで可」とかが無い。だから10年前の自分に向けて

ドラッグストア

年齢制限という部分は比較的ゆるいんですが、調剤併設ドラッグストアは結構おすすめです。ベタかもしれないけど、働いてる人が結構若いのが最大の特長です(職場にもよるけどそれは面接見学で見れば大丈夫)。

薬剤師だけじゃなくて学生のアルバイトもいるし、雰囲気が明るい。働くスペースも広い。

働いた事が無い人は知らないと思うんですが、やっぱり若い人と働けるって良いんですよね。いいとこ見せようとか思ったりするし、自然とやりがいが出てきます。※案外人間なんて単純なものです。

私が転職するなら結構迷わずドラッグストアなんですが、いくら年収が高めだと言われてるドラッグストアでさえ、転職したら100万以上下がってしまい、家族の理解は得づらいです、、、

もちろん私だって、転職そのものを家族に否定される事などありません。

しかし、理由が「薬局のエリマネつまらなくって嫌になった。若い人が多くて楽しそうなドラッグストアに転職する」などと言ったら、恐らく家庭に危機が訪れます、、、

病院

働いたこと無いので知らないですが、アンサングシンデレラを見て「憧れる、、!!」と思ったなら飛び込んでみましょう。

ただ実情として、「病院から薬局に転職」する薬剤師は非常に多いものの「薬局から病院に転職」する薬剤師は、極めてレアです。いない事はないんですが。

企業

企業の薬剤師求人は、ほんとうに様々です。そして「募集1人」とかでパッと出るので、運の要素も高い。求人が出たらある程度すぐに転職出来る(半年以内など)ことも必要ですね。

とは言え「企業の薬剤師求人」と言ってもざっくりし過ぎなんですが、例えば以下。

  • 管理薬剤師(医薬品・化粧品など)
  • 医療系Webメディア
  • 企業向けサービス
  • アプリ開発・営業
  • DI業務

一概に「こういう求人が多い」などは言えないし、これは本当に運ですね。私が転職活動していた時も、外資系超大手製薬企業の求人から、誰もが知る化粧品メーカーまで様々ありました。ちなみに年収はピンからキリまでという感じです。

中には英語スキルを求められるものがあったり、品質管理業務に携わった経験が必要なものもあります。

企業の薬剤師求人は、大手求人サイト経由で紹介があるケースがメインとなるので、マイナビ薬剤師を中心に、リクナビ薬剤師を併用利用して探してみましょう。

※企業の人事などは、正直なところ、マイナビとかリクルートしか知らない。

まとめ

薬剤師として働いていると、性格的な要素も強いものの「つまらなくて嫌になる」場面が訪れます。その職場で今後数十年働く事が出来るか考えてみてください。

年収が上がれば我慢出来るのならば、解決は簡単です。

ただ「お金じゃない」と感じてしまっている薬剤師であれば、仕事に面白さを求めてみるのは絶対に欠かせない事です。

あなたがもう50代以降なら諦めも必要かもしれませんが、新しい業界にチャレンジしてみるのも手です。

もちろん企業などだと「これだ!という面白うそうな求人」に巡り合うためには数ヶ月掛かるかもしれませんが、それは仕方の無いこと。ただ「運さえよければ」人生変わります。

人生って少し行動するかしないか。10年前の自分に伝えたい事です。

転職するか悩んだら

将来を考えると不安・環境を変えたい」そう感じていても、実際どうすればいいか分からない薬剤師は意外と多いもの。

仕事にやり甲斐を感じない・つまらない、そんな思いを抱えているなら危険信号。仕事が充実すれば人生全体も充実するのに、そんな生活では悲しいですよね。

◎今の職場はつらく逃げたい
◎年収など条件面を重視したい
◎成長できる環境に身を置きたい
◎つらい人間関係を早く解消したい
◎ワークライフバランスを重視したい

そんな悩みを解決するために必要なのは、相談して客観的なアドバイスを受ける事。そうすれば、新たな一歩を踏み出すことが出来ます。

今のまま5年、10年働けますか?漠然と不安を抱えたままの人生なんて嫌ですよね。

初めての転職なら

正社員としての転職に不安があっても、あなたの希望を元に働きやすい職場探しをしてくれます。「初めての転職で一番利用されてる」のがマイナビ。

職場環境や設備、ワークライフバランス、職場の雰囲気。長く安定して働ける事は大切。転職に不安があるなら、マイナビ薬剤師をまず利用したいですね。

総合評価
求人20~40代の正社員求人に強く、初めての転職で最も利用されている安心感が◎
サイトhttps://pharma.mynavi.jp/
強み利用者満足度No.1で、情報がタイムリーで新鮮
弱みパートだと求人が少ない場合も

マイナビを見てみる

 

薬剤師の登録者数No.1

やっぱり「大手の転職サイトが安心」なら、薬キャリがおすすめ。みんなが使ってる薬キャリだからこそ、素早い求人紹介が可能な体制が整っています。

あなたの希望条件に合った求人をコンサルタントが探してくれるので、転職活動で少しでもいい条件を探したい薬剤師に向いていますね。

総合評価
求人正社員からパートまで多くの求人
サイトhttps://agent.m3career.com/
強みスムーズな転職先探しに◎
弱み面接サポートが弱い

薬キャリを見てみる

 

収入upを目指すなら

条件を重視して多くの薬局・Dgs求人から探したいならファルマスタッフを利用したいところ。都市部から地方まで、全国対応してるのが強み。

「出来れば早めに転職したいな」と思っている場合などでも、条件の良い求人をすばやく対応してくれるので安心して求人探しが可能です。

総合評価
求人都心部から地方まで網羅
サイトhttps://www.38-8931.com
強み薬局・Dgs求人に強く、収入upにも
弱み企業の求人には弱い傾向があり

ファルマスタッフを見てみる

転職で一番大切なのは、早めの行動。「急いて転職先を探さないと……」と思ってから求人探しをすると、判断が鈍ってしまうからなんです。

「転職で失敗する事」が無いよう、少しゆとりをもって行動するのが大切ですね。

マイナビ薬剤師
(正社員転職の満足度No.1)

薬キャリ
(薬剤師登録者数がNo.1の安心感)

ファルマスタッフ
(保険薬局の求人取り扱いが多い)