薬剤師と就職・転職活動

病院薬剤師だけど年収が低くてつらい・生活出来ない|手取り20万!?

病院薬剤師年収低くつらい

ひとくちに「病院薬剤師」と言っても様々。特に新卒で入社したなら、急性期病棟をはじめとして様々な選択をして働き始めたはずです。

勉強になるから、そう周りに勧められて働き始めても、やっぱり年収が低く生活が苦しいとつらくて馬鹿らしくなってくるもの。

だってストレートで薬剤師免許とったって、6年間勉強したわけです。それなのに、手取りの月給が20万円以下のような職場なら続けられるはずもありませんよね。

確かに薬剤師にとって勉強は大事です。そして、病院でしか経験出来ないこともあります。

ただ多くの薬剤師が、就職先に調剤薬局やドラッグストアを選択していく傾向が高まる中、「勉強になるから」だけ病院薬剤師を勤め上げるのは厳しいです。

薬剤師って、結構親が金持ちの人が多いので、そういう薬剤師には病院薬剤師もいいかもしれません。

でも、そうじゃない大多数の人、まして奨学金を抱えてるなら「良い働き方」と言えるでしょうか?まず言えないはずです。むしろ今後の生活の事を考えれば選択肢として悪いです。

病院薬剤師が辞める理由って、ほとんどが「人間関係」「年収の不満」この2つです。

どちらも簡単には解決出来ませんよね。はっきり言って、早めに転職しか選択肢はありません。
※「早めに」という理由は、数年後には薬剤師が過剰となる可能性があるため

とは言え、いくら薬剤師は転職で年収が上がるとは言っても、転職先がブラック企業だったじゃ話になりません。常に募集してる薬局とかいくらでもあります……。

  • しっかりとした年収
  • 働きやすい職場
  • 継続的に勉強も出来る
  • 将来性も高い薬局
  • 通勤距離が負担にならない

そういった様々な条件って、自分だけでは見落としてしまう事も結構あります。病院薬剤師で転職経験が無いならなおさらです。

また「今より年収が50万上がらなかったら転職しない」というような取捨選択も大事です(あまりそういうケースはありませんが)

年収の低さを解消する、かつ働きやすい職場探しならまずは大手の求人サイトでヒアリングしてもらえばなんの心配もないのです。

例えば「マイナビ薬剤師」では、特に20代、30代の薬剤師の転職支援に力を入れているので、転職に不安あるケースにはピッタリです。

同じ大手の「薬キャリ」は近場の求人探しに強いですし、「ファルマスタッフ」は薬局求人に強みがあります。

まぁ一番は「マイナビ薬剤師」ですから、そこを中心に気になるサイトがあれば利用していけば必ず希望通りの転職活動が出来ます。まずは一歩踏み出して見ることが大事ですね。

薬剤師として、社会人として、人生をよりよい方向に変えるのはあなた自身。不満を抱えたまま、何年も働き続けるのは無理なんですから。

マイナビ薬剤師
(求人が多く働きやすい職場多数)

ファルマスタッフ
(特に調剤薬局向け)

薬キャリ
(年収など条件重視に)

理想だけでは生活出来ません。しっかり働いて、それに見合ったお給料をもらう。勉強になるだけじゃ、生きていけません。

せっかく薬剤師になったんだから「病院薬剤師はお給料が低くてつらい」なんて思わず、ゆとりある生活する方が人生充実します。

病院薬剤師、年収の低さのつらさ

病院薬剤師で年収が低くてつらいのは、私も同じ薬剤師として(言い方は悪いですが)同情してしまうところがあります。

だって病院薬剤師を志すって、やっぱり調剤薬局やドラッグストアに就職した薬剤師からすると「すごい!」と思ってしまうんですよね。

私だったら「年収低いからつらい・嫌だ」という理由一点だけで、病院に就職するという選択肢は選べませんでした……(情けない)

調剤薬局で働いていると、病院から転職してくる薬剤師ってとても多いです。そして、結構みんな優秀な薬剤師であるケースが多い。意識が高いんですよね、病院経験(というか、病院で働く選択をした人)がある薬剤師って。

ただそれでも、転職理由としてはやっぱり年収の低さの問題と、人間関係というところがとても多いです。ほぼそれですね。

これは、男性女性は関係ないです。

「男だと家庭を支えないといけないから、病院から調剤薬局に転職する」みたいなのは意外となくて、むしろ女性の方が多いように思います。

ただこれは現実主義的な面があるのかもしれませんが、単にやっぱり女性の方が始めは病院勤務を選択する比率が多いからかなとも感じています。

薬学部、6年間通って病院に就職。それで手取りのお給料が20万円とかだとさすがに男女関係なく厳しいです。

もちろん病院勤務だって何年も働けば年収が上がる薬剤師もいるでしょうけれど、それが40代、50代になってからでははっきり言って手遅れ。年収上がるかも分かりませんしね。

それに、5年後、10年後、薬剤師の需給状態がどうなってるかは分かりません。ただすくなくとも今より改善している可能性はほとんど無いと言えます。

だからこそ、理想と現実にギャップがあったのなら、病院から調剤薬局やドラッグストアに転職するというのは、かなり合理性が高い行動と言えますね。

新卒で数十人採用するような都内の有名大病院だって、新卒入社で20年後に残ってる人なんて1人か2人とかです。

そこから「パート薬剤師に転職しよう」とか「薬局に転職しよう」とか思っても、すでに年齢的に手遅れなんですよね。

病院薬剤師として働く人がいるからこそ、病院での医療も守られています。ただやっぱり、それと個人の生活とは区別しないとやっていけないですよね。

それならば、30代までのうちに自分に合う職場、長く働ける職場を探しておく事が、長い人生設計に置いて大切なのではないかなと思います。

なので「マイナビ薬剤師」などで少しでも求人探しをし、転職活動する準備をはじめてみる事が長い目で見るとプラスに作用する薬剤師がほとんどなんじゃないかなと感じます。

病院薬剤師年収の低さから脱却出来るか?

そもそもの問題として、病院薬剤師の年収はなぜあんなに低いんでしょう。確かに今では少し年収の高い病院もありますが、基本的には相当低いです。

病院経営自体が過渡期というか芳しくないというのもありますし、やはり病院の利益の厳選は医師が大部分を握っているというのも事実だから仕方ないのかもしれませんね。

ただ薬剤師であれば新卒でも500万、地方だと600万年収出す薬局もあるのに、いかんせん病院は低すぎます。

他人と比べるのは良くないけども、同じ大学の同期と再開して持ち物が違うとか、食事に掛けられるお金に戸惑うとか、ちょっと厳しいものがあります。

決して調剤薬局の仕事だって楽ではないです。ただ(私は病院で働いた事ないですが)病院薬剤師ってとても勉強熱心だし、そもそも勉強しないとついていけないですよね。

そうした苦労が多いのに年収でつらい思いをしているなら、本当にやりがいどころか、働いている意味さえ疑問に思ってしまうのも自然です。

独身の時はまだ我慢出来るかもしれません。

でも結婚して家庭を持つとなると、やはり大切なのはお金です。

今はいろんな家庭のあり方があるとは言え、結婚して子供を持てば大きなお金が掛かってきます。

もちろん、片方が働いてゆとりある生活が出来ればいいです。でもそんな人はごくわずか。せっかく薬剤師免許を苦労して取得したのに、調剤薬局で働けば年収500,600目指せるのに、共働きで節約生活してたんじゃ、薬剤師免許がもったいないです。

10年前であれば、いつかは薬局に転職して年収600万みたいなのは十分可能でした。パートだっていくらでも求人はありました。

でも今は薬剤師が毎年どんどん供給されている時代です。40歳になって転職しても、おそらくは初任給スタートとなる時代も近いです。

それならば、例えば30歳で転職して年収500万でも、40歳の時点で600万稼げる方が生活の基盤がしっかりしますよね。

もちろん若ければ若いほうが、転職市場では需要が高いです。

病院薬剤師として働いているけど年収が少なくてつらい・寂しい思いをしているくらいなら、まだ薬剤師不足の時代に転職する方が圧倒的に有利。

そうすればいつかパートで働きたいと思っても、その会社(薬局)でパートとして働く事が可能です。

なにしろすでに9時~16時みたいなパート求人は激減してます。正社員として働ける特権は若いうちに生かして、そこで長く働くという選択がベストだとも言えますよね。

【まとめ】

病院薬剤師として働いていてお給料の少なさにつらさを感じるなら、10年後をイメージしてみてること。働き続けているでしょうか?

そしてその10年後に仕事を変えるのでは「転職先が無い」というような状況が数年以内にくるはずです。

せっかく薬剤師として働くんです。仕事のやりがいも大事ですし、年収も大事。

今後の生活を考えながら、まずは転職活動の一歩を踏み出してみること。それが将来に対する大きな備えになるんです。

まずは「マイナビ薬剤師」や「ファルマスタッフ」を中心に、年収重視なら「薬キャリ」も利用し、あなたに合った求人があるか探してみる事が大切ですね。

転職するか悩んだら

将来を考えると今のままでは不安・環境を変えたい」そう感じても、実際どうすればいいか分からない薬剤師はとても多いです。

◎今の職場はつらく逃げたい
◎年収など条件面を重視したい
◎将来性がある会社で成長したい
◎つらい人間関係を早く解消したい
◎ワークライフバランスを重視したい

そんな悩みを解決するために必要なのは、相談して客観的なアドバイスを受ける事。そうすれば一歩踏み出すことが出来ます。

今のまま5年、10年働けますか?漠然と不安を抱えたままの人生なんて嫌ですよね。

初めての転職なら

正社員としての転職に不安があっても、あなたの希望を元に働きやすい職場探しをしてくれます。「初めての転職で一番利用されてる」のがマイナビ。

職場環境や設備、ワークライフバランス、職場の雰囲気。長く安定して働ける事は大切。転職に不安があるなら、マイナビ薬剤師をまず利用したいですね。

総合評価
求人20~40代の正社員求人に強く、初めての転職で最も利用されている安心感が◎
サイトhttps://pharma.mynavi.jp/
強み利用者満足度No.1で、情報がタイムリーで新鮮
弱みパートだと求人が少ない場合も

マイナビを見てみる

 

薬剤師の登録者数No.1

やっぱり「大手の転職サイトが安心」なら、薬キャリがおすすめ。みんなが使ってる薬キャリだからこそ、素早い求人紹介が可能な体制が整っています。

あなたの希望条件に合った求人をコンサルタントが探してくれるので、転職活動で少しでもいい条件を探したい薬剤師に向いていますね。

総合評価
求人正社員からパートまで多くの求人
サイトhttps://agent.m3career.com/
強みスムーズな転職先探しに◎
弱み面接サポートが弱い

薬キャリを見てみる

 

調剤薬局への転職に

正社員・パートとして多くの薬局求人から探したいならファルマスタッフを利用したいところ。都市部から地方まで、全国対応してるのが強み。

「出来れば早めに転職したいな」と思っている場合などでも、すばやい対応してくれるので安心して求人探しが可能です。

総合評価
求人都心部から地方まで網羅
サイトhttps://www.38-8931.com
強み薬局・Dgs求人に強く、キャリアアップにも
弱み企業の求人には弱い傾向があり

ファルマスタッフを見てみる

転職で一番大切なのは、早めの行動。「急いて転職先を探さないと……」と思ってから求人探しをすると、判断が鈍ってしまうからなんです。

「転職で失敗する事」が無いよう、少しゆとりをもって行動するのが大切ですね。

マイナビ薬剤師
(正社員転職の満足度No.1)

薬キャリ
(薬剤師登録者数がNo.1の安心感)

ファルマスタッフ
(保険薬局の求人取り扱いが多い)