薬剤師と就職・転職活動

薬剤師が転職で年収750万円に近づける方法と注意点

薬剤師は転職すると年収は上がる。そう思ってる人も多いし、求人探しを間違わなければ、実際事実。上がります。

私の薬局に入社希望で面接・見学にくる薬剤師にも、「前の会社より上がる」形で基本的には年収提示しています。

今の年収が500万円であれば550万円にするのは簡単だし、年収750万円も経験・地域次第では十分可能。

しかし!

「目先の年収だけに気を取られないようにした方がいい」という事について、注意点やポイントを簡単に解説。

転職で年収を上げたいと思っている薬剤師なら、この記事を参考にしてもらって、失敗しないよう求人探しをしてくださいね。

この記事で分かる事

・薬剤師が転職で年収を上げる安全な方法

・年収だけに限らず、注意点がある事

この記事では薬剤師の転職後の年収について焦点を当てていますが、「もう求人探してみたい、年収も上がればな」という薬剤師なら、以下の記事を参考にしてください。

関連記事:薬剤師転職サイトの仕組みと利用前に注意したい事(とっても重要)

年収を上げつつ、働きやすい薬局やドラッグストア探しをして、薬剤師資格をしっかり生かしていきたいですね。

薬剤師は多くの場合で転職で年収が上がる

さて、病院で働いている、あるいは大手チェーンに入社して働いている薬剤師など、ほとんどのケースで年収は上がります。

チェーン薬局同士での転職でも年収は上がる

例えば、某大手チェーンの薬剤師年収が「30歳で500万円」だった場合、転職したら600万円になる、そんなケースはザラです。

それは、求人情報サイト(外部リンク)を見てもすぐに分かりますよね。

これはもちろん、(病院含め)調剤経験があるっていう事が理由の一つにあるけれど、何よりも薬剤師不足が続いているから。

【転職先の年収例】具体的にはこんなケース

大手チェーン薬局経験3年→別のチェーン薬局に転職する場合、年収として以下のような感じが一般的。

これまで:月26万+賞与+残業代=480万

転職先:月収32万+賞与+残業代=560万

もちろん、ドラッグストアに転職したり、病院から薬局に転職したりの場合だともっと、年収の上り幅は大きいです。

でもなぜ上記、”大手チェーン薬局同士で転職”を具体例に挙げたかというと、それですら年収が上がるから。

つまり、薬剤師の場合、新卒で大手チェーンで真面目にずっと働き続けるっていうのが一番年収的には損です。(働く環境がいいなら、転職しない方がいいですが)

※年収もそうですが、大手チェーンの場合新卒で入社すると勤務店舗が勝手に決めれれてしまいます。しかし、転職だと「○○店」に転職出来るので、働きやすい職場探しが可能。

ドラッグストア系が一番年収は高い?

イメージの問題として、調剤併設ドラッグストアは年収が高いですよね。新卒で年収重視で就職すると自然とそうなります。

でも調剤薬局が低いかというと、転職で入ると結構高くなります(確かに入社時は低い)。

もし今あなたが「調剤併設ドラッグストアで働いていて、多少年収に恵まれてるから転職はしづらいな」と思っていても、相談してみる事が大切。

案外、調剤薬局でも年収弾んでくれるところは多いですからね。

転職で今よりずっと働きやすく、年収も少し上がった、なんていう事は十分可能。

薬剤師の転職!年収体験談=私の場合

ちなみに私の体験談ですが、新卒で調剤併設ドラッグストア入社。その後いろいろ転職を繰り返し、今は調剤薬局。30代半ばでは年収800~900万円という感じでした。

40半ばになって少し薬剤師採用やエリマネのような仕事が中心となり、仕事量が減っていまは年収が少し下がりました。

年収1,000万も目指せると思うけど、お金より働きやすさをとりました。

やりたい事があって「年収が400万円以下に下がる転職」も経験しましが、今は自分を高く雇用してくれて、かつ働きやすい会社に身を置いています。

これは別に地方の話ではなく、全部勤務地は東京です。

なんとなく・・転職は悪い事とされてるせいで、企業から搾取されてる薬剤師も多いなぁと思っているのが正直な所ですね。

転職で年収が下がる薬剤師って??

それは、年収よりも「働きやすさ」を最重要視して転職するケースかつ、今の年収が低いとは言えない場合。

今の年収が高いと下がる・・・

もし今年収800万円を貰っているけど、残業なし、自宅から近い職場、大手チェーン、など絞ってしまうとどうしても厳しくなります。

お金と働き方のバランスって大切なのはみんな分かってる事。でも「これでいいか」って案外分かりづらいものですよね。

ただ、今の年収が高い=仕事の負担が重くて残業時間が多いっていう薬剤師が多いのも事実。一人薬剤師で負荷が大きい場合もこれに含まれます。

年収重視か働きやすさ重視か

あなたは転職するにあたり、年収と働きやすさ、どちらを重視しますか?

もしかすると、転職活動する際には、こういった単純な質問に「う~ん、どっちかな」と悩んでしまう事があるかもしれません。

私自身20年以上薬剤師として働いてきて、これには明確な答えがあってそれは以下。

仕事探しをする上では、働きやすさが最優先。

その上で、転職エージェントに交渉してもらい、年収を上げてもらう事が大切。

働きやすい=年収が低い、という事では無いんです。

そこを誤解してしまうと、年収が高い薬剤師求人だけどブラック!なんていう事になるので注意が必要ですね。

年収と働きやすさのバランスが大切

今の年収がどうも低いと感じていて、薬剤師求人をみるとどうも今より年収が上がりそうだぞという場合でも安易な転職は禁物。

つまりネットで「薬剤師急募年収750万!」っていう情報を、鵜呑みにしてしまうのはちょっと待って欲しいという事。

もしかしたら、慢性的に薬剤師不足(薬剤師がすぐ辞めてしまう)がゆえに、年収を高くして募集してるかもしれないからです。

ワークライフバランスもしっかり考えないと、1年働いてきついからもう辞める、なんて事になりかねません。

そうした面を考えると、マイナビ薬剤師ファルマスタッフなどのエージェントにきちんと相談しつつ年収の高い求人を探すっていう事がとっても大切になってくることが分かるはず。

年収を上げる事は簡単だけど、ホワイト求人?とでも言えばいいのでしょうか。働き方を考えるっていう事がとても大切なんです。

注意!年収が低すぎる薬局もブラック!

年収を理由に転職活動をする薬剤師は多く、転職理由の約2割といった所。

「お金のために転職」っていうのは、自分の薬剤師としての価値を考えた場合、とっても大切な要素ですよね。

薬剤師として低い年収過ぎてはいないか?

そもそもね、私思うんです、年収を理由に転職する薬剤師、少なすぎじゃないかと。お金大事ですよ・・。

転職すれば、年収100万、200万あがるケースもあるのに、「新卒で働き続けた方が美徳」「転職を繰り返すのは悪」みたいな風潮。

これって6年間薬学部で勉強してきた学生を、安く雇用し続ける会社側の論理なんですよね。やりがい搾取に近い。

「今の仕事、薬剤師としてやりがいも無い」っていう薬剤師も多いかもしれないけど、それならば転職のいい機会かもしれませんね。

仕事というものに向かいあって、働きやすい、キャリア形成を考えつつ、基本的には自然年収も上がる。一石三鳥くらいは目指せるのが新卒で勤めた企業からの転職です。

まとめ

あなたの薬剤師年収がすでに700万、800万などでなければ、転職でまずは年収が上がります。まず最低、600万円は目指したい所。

ただ、しっかりとワークライフバランスも考えず目先の「年収」だけで転職すると痛い目にあう可能性がある事に注意。

そのため、しっかりと会社情報(マイナビ薬剤師で言うと「職場カルテ」という情報集がある)を持っている、そして実際に職場見学をしてくれる薬剤師求人紹介会社を利用する事が欠かせません。

働きやすさもしっかり考慮に入れつつ転職相談する事。

しっかりヒアリングしてくれる、マイナビ薬剤師ファルマスタッフを利用して、年収アップを図っていきましょう!

転職するか悩んだら

将来を考えると不安・環境を変えたい」そう感じていても、実際どうすればいいか分からない薬剤師は意外と多いもの。

仕事にやり甲斐を感じない・つまらない、そんな思いを抱えているなら危険信号。仕事が充実すれば人生全体も充実するのに、そんな生活では悲しいですよね。

◎今の職場はつらく逃げたい
◎年収など条件面を重視したい
◎成長できる環境に身を置きたい
◎つらい人間関係を早く解消したい
◎ワークライフバランスを重視したい

そんな悩みを解決するために必要なのは、相談して客観的なアドバイスを受ける事。そうすれば、新たな一歩を踏み出すことが出来ます。

今のまま5年、10年働けますか?漠然と不安を抱えたままの人生なんて嫌ですよね。

初めての転職なら

正社員としての転職に不安があっても、あなたの希望を元に働きやすい職場探しをしてくれます。「初めての転職で一番利用されてる」のがマイナビ。

職場環境や設備、ワークライフバランス、職場の雰囲気。長く安定して働ける事は大切。転職に不安があるなら、マイナビ薬剤師をまず利用したいですね。

総合評価
求人20~40代の正社員求人に強く、初めての転職で最も利用されている安心感が◎
サイトhttps://pharma.mynavi.jp/
強み利用者満足度No.1で、情報がタイムリーで新鮮
弱みパートだと求人が少ない場合も

マイナビを見てみる

 

薬剤師の登録者数No.1

やっぱり「大手の転職サイトが安心」なら、薬キャリがおすすめ。みんなが使ってる薬キャリだからこそ、素早い求人紹介が可能な体制が整っています。

あなたの希望条件に合った求人をコンサルタントが探してくれるので、転職活動で少しでもいい条件を探したい薬剤師に向いていますね。

総合評価
求人正社員からパートまで多くの求人
サイトhttps://agent.m3career.com/
強みスムーズな転職先探しに◎
弱み面接サポートが弱い

薬キャリを見てみる

 

収入upを目指すなら

条件を重視して多くの薬局・Dgs求人から探したいならファルマスタッフを利用したいところ。都市部から地方まで、全国対応してるのが強み。

「出来れば早めに転職したいな」と思っている場合などでも、条件の良い求人をすばやく対応してくれるので安心して求人探しが可能です。

総合評価
求人都心部から地方まで網羅
サイトhttps://www.38-8931.com
強み薬局・Dgs求人に強く、収入upにも
弱み企業の求人には弱い傾向があり

ファルマスタッフを見てみる

転職で一番大切なのは、早めの行動。「急いて転職先を探さないと……」と思ってから求人探しをすると、判断が鈍ってしまうからなんです。

「転職で失敗する事」が無いよう、少しゆとりをもって行動するのが大切ですね。

マイナビ薬剤師
(正社員転職の満足度No.1)

薬キャリ
(薬剤師登録者数がNo.1の安心感)

ファルマスタッフ
(保険薬局の求人取り扱いが多い)