薬剤師と就職・転職活動

自分の子供を薬剤師にさせたいか問題

薬学部6年制で親の負担増!奨学金で通うにしても、もちろんその後の返済は大変。

うちには、まだ小学校にあがる前の娘がいます。小さい時は大丈夫かもしれません。

「ねぇ、〇〇(娘の名)、将来何になりたいの?」
「ケーキ屋さん!」

時は過ぎ、中学校に進学し、高校に行き、将来の事も真剣に考えなくてはならなくなった時です。

「ねぇ、〇〇(娘の名)、将来何になりたいの?」

「薬剤師!」

「まじか…」とならないか、いまから心配でたまりません。(ちなみに、子供の就きたい仕事についての記事も参考にしてみて下さい)

「ねぇ、〇〇(娘の名)、将来何になりたいの?」

「ユーチューバ―」

よりはまだ親としてはいいのかもしれませんが(トップレベルのユーチューバ―は尊敬していますよ)、これからの薬剤師を取り巻く環境を考えると、おすすめできる職業とは思えないからです。

まだ4年制だったら違うとも思うんですが、最低6年間莫大なお金を払い、さらにまぁどこかで浪人やら、留年やら、国試落ちたり、あるかもしれないとすると、ちょっと庶民が自分の子供を薬学部に入れるという投資をするというのは、ハイリスク ローリターンでしかないと思ってしまうのです。

ただのサラリーマンの私の父が、私を浪人してまで薬学部を卒業させてくれた事は、本当に頭がさがります。

今後薬剤師が増え続け、いつかはやっぱり過剰な時代がやってくるでしょう。(なかなかきませんが・・)

そして、2018年5月に政府が発表した「2040年を見据えた社会保障の将来見通し」では、社会保障費は1.6倍にまで膨れ上がるんだと。(国民の所得を考慮に入れていないので信頼性、つまり今の1.6倍という表現が、どの程度適切なものかは不明です)

社会保障費の中で伸びが大きいのは介護なんですが、薬局と介護は在宅分野においては特に密接に結びついてもいるわけで、そうなってくると懸念として挙げられること。

  • ますますの薬価引き下げ(製薬企業、卸売業)
  • 調剤報酬等、医療報酬の引き下げ(医療機関)
  • 公的年金の受給開始年齢の後ろ倒し(受診抑制)

すでに薬価が大幅に引き下げられたり、調剤報酬カットされたりしている現状なのに、なんだか、娘の将来を抜きにしても、暗~い気持ちになっちゃいます。

私は、私がどう働いてきたか自信を持っていますし、薬剤師という職業に誇りを持っています。

それなのに、それなのに、娘には「薬剤師には、ならない方がいいよ」と言わざるを得ないような状況に刻々と変わっていっている、今の状況って悲しいなとおもっちゃいます。

別にペシミストじゃないんですけどね。

お年寄りが増えれば患者さんも増えるから大丈夫!(脳内天使)労働者の人口は減るから年収がふえる!(脳内天使)

この〝外部環境依存型″の脳内天使さんに救って頂けることを信じ、せめて娘には「お父さんのような薬剤師になりたい!」と思ってくれるような働き方はしていかないといけませんね!

頑張ります。う~ん、でも家のローンもあるしなぁ。厳しいなぁ。

薬剤師採用担当のおすすめ
【2020年3月27日追記】
以下、のんびりと「おすすめ求人サイト」なんて紹介していたんですが、この状況下、かなり薬剤師求人が減少してしまいました。

なぜなら、薬局の経営が患者数減によって一時的に極めて悪化しているため。

目安として9月末まで位に転職を考えている薬剤師なら、「おすすめ」なんて関係なく、複数の求人サイトに登録しておかないと「就職先が見つかりづらい」なんて事も。

損は無いので3~5社程度には登録し、会員にしか紹介されない非公開求人から、あなたに合った求人探しをしてもらいましょう。

https://pharma.mynavi.jp/
(マイナビ薬剤師)

https://www.38-8931.com/
(ファルマスタッフ)

https://rikunabi-yakuzaishi.jp/
(リクナビ薬剤師)

https://pharmacareer.jp/
(ファーマキャリア)

https://pcareer.m3.com/
(薬キャリ)

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師は、薬剤師が転職を考える上では切っても切れない会社。
調剤薬局や、調剤併設ドラッグストア求人に強く、働きやすい職場探しが出来ます。もちろん、担当者さんのサポートも抜群。
◆厳しい基準をクリア◆
人材紹介会社全国約2万社のうち、40数社しか認定されていない「厚生労働省委託事業 職業紹介優良事業者」に認定されています。
総合評価
どんな求人?薬局、調剤併設Dgsなら利用必須。正社員・パートとも厚待遇。
強みいつか転職を考えてる初心者にも対応◎
弱み病院の求人は少なく、派遣も取り扱いなし

公式ページ

ファルマスタッフ
ファルマスタッフは、親会社を日本調剤に持つ、薬局求人に非常に強い、薬剤師転職サイトです。
派遣薬剤師としても働けることから、全国的に薬局求人には大変強く、そして年収を上げるための転職にはぜひ利用したいんです。
◆厳しい基準をクリア◆
マイナビ薬剤師と同じく「職業紹介優良事業者」に認定されています。この認定を受けているのは、薬剤師転職サイトでは、この2社のみ!
総合評価
どんな求人?薬局への転職で年収を上げたい人に。
強み親身なサポートが親切。派遣で働くにも◎
弱み病院、企業の求人に弱い

公式ページ

リクナビ薬剤師
リクルート社が運営する、薬剤師の転職サイトで、薬局から企業まで幅広く探せるのが魅力。
比較的「自分でも求人情報を探しやすい」という事もあるので、マイナビ薬剤師かファルマスタッフ、いずれかと併用する形がベスト。
◆リクルートならではの求人◆
企業からの知名度は、リクルートはNo.1。つまり、リクナビ薬剤師にしか無い非公開求人を見つけられる可能性が高いんです。
総合評価
どんな求人薬局、Dgsはもちろん、企業まで幅広い
強みリクルートならではの転職ノウハウが◎
弱みサポートは弱いが、逆に30~40代向き

公式ページ

RELATED POST