管理薬剤師の仕事

薬局でお薬を代理の方へお渡しする問題

薬局で働いていると、代理の方がお薬を取りに来られる場合がしばしばあります。

小児科であれば親の場合がほとんどですからそれは抜きにしても、精神科であればご家族という事が多いですし、血圧の薬であっても(薬局で待つのが嫌なのか)ご主人の薬を奥様が取りに来られる事はよくあります。そんな時に困ってしまうのです。

ちなみに代理の方が薬を取りにこられる事はドラッグストアにおいて別の問題(過去記事)もはらんでいます。

薬歴はあきらめざるを得ない事も

一番困るのは薬歴であることは間違いありません。

少しは家族の健康考えようよ!と思ってしまうほどに「薬貰ってきてと言われただけだから全然分かりません」という対応をされてしまう事もしばしばです。
薬歴何を書けばいいんだよという感じですが、仕方ありません。

精神科はご家族が結構話してくれたり相談してくれたりすることが多いので、かえって患者さん本人よりも状況が分かりやすくなることもあるので薬歴は書きやすいかもしれません。

しかしながら、神経質な私が気になってしまうのは、投薬が終わったあとなのです。

困ってしまう、最後の声掛け

見てきた薬剤師、投薬後にためらいもなくその患者さん本人ではないご家族に対して「お大事に」と言うのです。えっ、その人は大事には至っていない家族だぞ?病気ではないんだぞ?と思うんですが、お大事に。

その違和感が、私は昔っから気になって仕方がないので「お気をつけてお帰りください」と申し上げるようになったのですが、いくら私がお気をつけて~と言っても、他の薬剤師、事務スタッフ、みなさんお大事にと言うのです。

これは私が今働いている薬局だからという訳ではなく、どこの薬局を訪問してもほとんどそうなのです。

自分がその家族の立場だとしましょう。皆さんも自分を想像してみてください。

自分の母の薬を代理で薬局にとりに言ったとします。少々説明を受けてこちらも簡単に状況を伝え、お薬をもらい、会計を済ませ、さあ帰ろうと言うとき「お大事に~」なんて言われたら「俺じゃねえし!うちの母ちゃんの薬だし!」って思うんじゃないかと思うわけです。

やっぱり変じゃないかな、と思うのですが何も気にしない方が多いのです。

でもいいセリフも浮かばず

そこでひとまずは、私が使っている「お気をつけてお帰りくださいね」だとすんなりいくと思うわけです。

まぁ明らかに薬局の数件隣にお住まいで、気をつけて帰る必要性などほとんど無い、もう目隠ししても帰れそうな、歩いて30秒のところに住んでいる方にもそう言ってしまいますが、そこは勘弁して頂きたいところです。

他にも何かいいセリフないかなと思うのですが、なかなか見つからないのです。まさか「ありがとうございます。またのご来店を心よりお待ちしております」ってわけにもいきませんからね。

ずーっと悩んでいるわけなのです。

心の小さな私にはそれからもう一点、面識のある医師が処方箋を持ってきてお薬お渡しする時は、患者さんとしてとは言えども「お大事に」も「お気をつけてお帰りください」も、何だかおこがましい気がしてしまうのです。

ましてや「お疲れ様です」なんて社外で年配の目上の人に使ったら社会人失格です。

あぁなんて、神経質なんだろう。自分が嫌になります。

何が何だか分からず、結局そんなわけで医師に対しては日頃の挨拶の意味あいも込めて、「いつもありがとうございます、お気をつけて」と、却ってヘンな挨拶で締めくくってしまう、結局は人の批判なんぞできる資格もない、小心者の私なのです。困った。

薬剤師採用担当のおすすめ
【2020年3月27日追記】
以下、のんびりと「おすすめ求人サイト」なんて紹介していたんですが、この状況下、かなり薬剤師求人が減少してしまいました。

なぜなら、薬局の経営が患者数減によって一時的に極めて悪化しているため。

目安として9月末まで位に転職を考えている薬剤師なら、「おすすめ」なんて関係なく、複数の求人サイトに登録しておかないと「就職先が見つかりづらい」なんて事も。

損は無いので3~5社程度には登録し、会員にしか紹介されない非公開求人から、あなたに合った求人探しをしてもらいましょう。

https://pharma.mynavi.jp/
(マイナビ薬剤師)

https://www.38-8931.com/
(ファルマスタッフ)

https://rikunabi-yakuzaishi.jp/
(リクナビ薬剤師)

https://pharmacareer.jp/
(ファーマキャリア)

https://pcareer.m3.com/
(薬キャリ)

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師は、薬剤師が転職を考える上では切っても切れない会社。
調剤薬局や、調剤併設ドラッグストア求人に強く、働きやすい職場探しが出来ます。もちろん、担当者さんのサポートも抜群。
◆厳しい基準をクリア◆
人材紹介会社全国約2万社のうち、40数社しか認定されていない「厚生労働省委託事業 職業紹介優良事業者」に認定されています。
総合評価
どんな求人?薬局、調剤併設Dgsなら利用必須。正社員・パートとも厚待遇。
強みいつか転職を考えてる初心者にも対応◎
弱み病院の求人は少なく、派遣も取り扱いなし

公式ページ

ファルマスタッフ
ファルマスタッフは、親会社を日本調剤に持つ、薬局求人に非常に強い、薬剤師転職サイトです。
派遣薬剤師としても働けることから、全国的に薬局求人には大変強く、そして年収を上げるための転職にはぜひ利用したいんです。
◆厳しい基準をクリア◆
マイナビ薬剤師と同じく「職業紹介優良事業者」に認定されています。この認定を受けているのは、薬剤師転職サイトでは、この2社のみ!
総合評価
どんな求人?薬局への転職で年収を上げたい人に。
強み親身なサポートが親切。派遣で働くにも◎
弱み病院、企業の求人に弱い

公式ページ

リクナビ薬剤師
リクルート社が運営する、薬剤師の転職サイトで、薬局から企業まで幅広く探せるのが魅力。
比較的「自分でも求人情報を探しやすい」という事もあるので、マイナビ薬剤師かファルマスタッフ、いずれかと併用する形がベスト。
◆リクルートならではの求人◆
企業からの知名度は、リクルートはNo.1。つまり、リクナビ薬剤師にしか無い非公開求人を見つけられる可能性が高いんです。
総合評価
どんな求人薬局、Dgsはもちろん、企業まで幅広い
強みリクルートならではの転職ノウハウが◎
弱みサポートは弱いが、逆に30~40代向き

公式ページ

RELATED POST