管理薬剤師の仕事

ドラッグストアの薬剤師求人力を生む調剤伸び率の立役者

調剤にポイント付与の有効性
保険調剤のポイント付与についてはここ何年も議論があるところですが、薬担規則(保険薬局及び保険薬剤師療養担当規則)を一部改正する省令が2012年10月1日から施工された時点では、ポイント付与が原則禁止されました。

なんとなくのルールがある

しかしそこから紆余曲折を得て、今どういった状況にあるかというと、厚生労働省としては「まぁ1%超えていなければ黙認」といったようなところに落ち着いているというのが現状です。
それゆえドラッグストアにおいて調剤部門が大きく伸びる要因の1つとなり、そして薬剤師はドラッグストアにこぞって就職し、恵まれた年収も手にしているという好循環です。

ただ上記記載の通り、1%を超えるポイントを付与している場合であれば、個別に指導が入るという事も考えられます。
保険調剤という制度の中で、保険料・社会保障費から医療費が支払われている事を考えれば、ポイント還元という“サービス”を不適切なものと感じない薬剤師がいたら、それは企業の論理に染まってしまっているだけであって、考えを改めた方がいいかもしれません。
もっとも、私が患者の立場でも電子マネー支払いでポイント貯まるようにしていますが、疑問は感じてますよ、ほんとに。いや、ほんとに。

キャッシュレスの時代に

上記のように過去より問題視されているポイントカードは、いわゆるドラッグストアにおけるその店独自のポイントカードという事になります。
しかしますます電子マネーが普及してきている中で、「独自のポイントカード」だけ槍玉にあげられるのは少々違和感を感じてしまいます。

お薬代というそれなりに金額の掛かる支払いをするにあたり、クレジットカードを使用する方もかなり増えていますし、それだってポイント、しっかり貯まります。電子マネーも然りです。

ドラッグストアにおける処方箋傾向

ドラッグストアの最大のサービスは、ポイントではなく、その広大な売り場面積とそれに伴う商品の品ぞろえです。日用品は言うまでもなく、食品というカテゴリーでもその幅(昔は日持ちするような食品しか置いていなかった)は増え、本当に便利だなと感じています。

処方箋を持ってきて、待ち時間は買い物、呼ばれたら調剤室へ、飽きないですしとても利便性に優れています。ただ気になるのが、その処方箋が「本人のものでは無い」という場面が割合としてはかなり多いという事なのです。
つまり患者さん自らが処方箋を持ち利便性ゆえドラッグストアを利用しているかというと、案外そうでもなく、「ポイントを貯めている家族の誰か」が処方箋を持ってきているのです。

DS併設ではない、いわゆる保険調剤薬局であれば、代理の方が処方箋を持ってくる(リンク)という場面はそれほど多くはありません。
ところがドラッグストアでは、ご主人の処方箋を奥様が持っていらっしゃるという事ならまだしも、子供が持ってくるというパターンがかなりあります。

もちろん調剤薬局でもありますが、子供が親の処方箋を持ってくるなんていうパターンはほとんど見掛けません。
ドラッグストアで子供が親の処方箋を持ってくるだた一つの理由は、ポイント目当てです。
服薬指導できっこないです。そういう場合は管理料取るべきではないですね。
いずれメスが入りそうです。

規制も大事だが、時代も変わる

さて、ドラッグストアにおけるポイント集めにいそしむ子供はさておき、世界から大きく取り残されている日本の電子マネーの現状を考えると、今後のますますのキャッシュレス化と、調剤でのポイント付与は切っても切れない関係です。

ソフトバンクオンラインショッププ

デンマークでは2016年をもって中央銀行が紙幣と貨幣を作るのをやめてしまいましたし、それは一部諸国だけではなく、お隣の中国では露店や屋台まで老若男女問わず、キャッシュレス化が進んでいます。

薬局においても、様々なデバイスへの対応が求められます。
それに対応できない、つまり手数料を鑑みて導入に踏み切れない薬局は淘汰されていく事でしょう。そうなると小さな個人経営の薬局はなかなか厳しい環境となってきます。クレジットカードひとつにしたって、何%利益がとられる事か。

結局大手チェーン薬局、大手ドラッグストアといった「企業」しか生き残るすべはないのでしょうか。
いや、いっその事そうなってしまうのであれば、個人薬局レベルでも独自のポイントカードを手作りし、来局者にはスタンプを押し、10ポイントで500円還元でいいのではないでしょうか。
そして、それぐらいしなければならない程、すでに薬局間で投資による差別化が進んでしまっているのでは無いかと感じる事がとても多くなってきているのです。

転職するか悩んだら

「今の仕事に不満が多い」「将来を考えると転職した方がいいかも」そう感じても、実際どう行動すればいいか悩む薬剤師はとても多い。

・つらい環境を変えたい
・収入を大きく増やしたい
・パートで働き方を変えたい
・働きやすい所で落ち着きたい
・将来性がある会社で成長したい

そんな悩みを解決するには、自分に合った転職サイトに登録し「相談」する事。それが将来に備えるはじめの一歩です。

働きやすさ重視なら

転職に不安があっても、あなたの希望を元に働きやすい職場探しをしてくれます。もちろん年収・時給がアップする求人が多いのが特徴。

職場環境や設備、ワークライフバランス、職場の雰囲気。長く安定して働ける事は大切。転職に不安があるなら、マイナビ薬剤師をまず利用したい所。

 

総合評価
求人「会員限定」の求人で自分に合った働き方探しに
サイトhttps://pharma.mynavi.jp/
強み正社員からパートまで多くの働きやすい求人
弱み派遣薬剤師求人の取り扱いが無い

マイナビを見てみる

 

条件重視なら

年収など「自分の希望条件で転職したい」という薬剤師なら、CME薬剤師がおすすめ。手厚いサポートで、20~40代の調剤経験がある薬剤師向けです。

特に薬局・Dgsが比較的多い地域の求人探しで迷ってしまいそうな場合、しっかりコンサルタントに任せる事で自分に合った求人紹介をしてくれます。

総合評価
求人薬局・調剤併設Dgsが中心
サイトhttps://www.cme-pharmacist.jp
強み転職後のサポートも手厚い
弱み企業系の求人は期待出来ない

CMEを見てみる

 

キャリアアップしたい

これから先、正社員として自分がキャリアアップ出来る環境に身を置きたいならファルマスタッフを利用したいところ。転職エージェントが親身に相談に乗ってくれます。

「出来れば早めに転職したいな」と思っている場合などでも、すばやい対応してくれるので安心して求人探しが可能です。

総合評価
求人求人数が多く、チェーンを中心に幅広く探せる
サイトhttps://www.38-8931.com
強み正社員求人に強く、キャリア志向の薬剤師向け
弱み企業の求人には弱い傾向があり

ファルマスタッフを見てみる

転職で一番大切なのは、早めの行動。「もう限界」と思ってから求人探しをすると、判断が鈍ってしまうから。

「転職で失敗する事」なんか無いように、ゆとりをもって行動するのが大切ですね。

マイナビ薬剤師
(働きやすい職場探し)

CME薬剤師
(年収・時給重視)

ファルマスタッフ
(キャリアアップ求人)

リクナビ薬剤師
(人材紹介大手リクルート)

上記:ファルマスタッフ