薬剤師と就職・転職活動

マイナビ薬剤師の評判と上手な利用方法をゼロから解説!

薬剤師が転職を考える時、利用をまず考えるマイナビ薬剤師。いくつも転職支援会社はあるけど、評判とかどうなの?って気になるはず。

そういった薬剤師に向け、私のマイナビ薬剤師利用体験、また現在薬局での薬剤師採用担当としての経験、そして多くの評判・口コミ

そして、マイナビ薬剤師を利用するメリットは何なのか、またどう活用していくのがいいか説明していきます。

<POINT!>

私自身がマイナビ薬剤師を利用した体験談、そして今の薬剤師採用担当者という2つの目線を中心にお伝えしていきます!

なお結論として、正社員・パートに限らず、数ある「薬剤師転職サイト」の中からマイナビ薬剤師を選択する事は、よりよい転職・就職活動ができる可能性が高まると言えます。

<マイナビ薬剤師は転職が心配な方にも利用しやすい情報が充実>

ちなみにマイナビ薬剤師は、こんな薬剤師が利用するのに向いています。

  1. いつかは転職しようかなと考えている、今いる職場に不満を抱えている方
  2. 多くの求人を選べるため、すぐに転職・就職したい正社員・パート
  3. 薬局・DSから病院、企業まで、幅広い視点で求人を探したい方

そんなわけで本記事では、数多くの薬剤師転職サイトの中で利用者満足度が高い、マイナビ薬剤師について解説していきます。

解説なんか不要だよと言う方はまず、マイナビ薬剤師のサイトからご自身の目で確認するのももちろんOKです。

【マイナビ薬剤師公式サイト】
https://pharma.mynavi.jp/

マイナビ薬剤師は会社側からみて評判はどうなの?

よく「マイナビ薬剤師利用者の口コミ・評判」などが書いてあるサイトを目にする事はありますが、あくまで利用者の話。

私は調剤薬局で薬剤師採用をしていますが、まずはそこでの実際の様子をお伝えします。

相手を知る事は就職・転職活動をする上でとっても大切な事ですから、まずそこから説明していきます。

マイナビ薬剤師は紹介者数が多い

誰もが入社したがる薬剤師にとってあこがれの会社・・なんていうものは無い中、やはり薬剤師採用というのはどの会社にとっても頭が痛いものです。

「薬剤師は過剰になるぞ」という現実がどこで起きているんだろうか・・というくらい人手不足は相変わらずです(2020年1月現在)。

中小規模で新卒採用が難しい薬局もそうなんですが、新卒が多く入社するような大手チェーン薬局・ドラッグストアでも、M&Aで新規出店をおしすすめる為に人手不足が発生しやすいのです。

私の働いているチェーン薬局だって例外ではありません。いくら大手チェーンであっても、ホームページ経由で「入社したい」と言ってくる薬剤師はほとんどいません。

そんな中で頼りにするのが薬剤師人材紹介会社です。薬局からドラッグストア、病院、企業まで対応しているマイナビ薬剤師は、たくさんの非公開求人が集まります。

薬剤師専用の人材紹介会社は全国約150社。中には北海道に強みを持つ、沖縄に強みを持つなど小さな会社もあります。

そんな中で、全国展開しているチェーン薬局・ドラッグストアに対応してくれ、かつ正社員・パート薬剤師を多く紹介してくれるのは2社。

その2社が、今回の記事で紹介しているマイナビ薬剤師と、メディカルリソース(※転職者には「ファルマスタッフ」という呼称の方が一般的)です。

2社とも会員限定の、非公開求人が多いのが特長ですね。詳細はリンク先を確認してください。

マイナビ薬剤師が多くの人材を紹介してくれる理由

薬剤師を採用している企業にとって、多くの薬剤師を紹介してくれる事はとてもありがたいことです。

多くの薬剤師を紹介しれくれると言う事は、裏を返すと1人の薬剤師に多くの求人を紹介してくれると言う事。これは転職活動で最も大切な部分です。

<求人の多さだけではなく提案力も>

上記のように、薬局・病院・ドラッグストア・企業。特筆すべきは、「平均ご紹介求人数」の23.0件という数字です。他社の約1.5倍ほど。

これを見ると薬局に強そうなイメージですが、基本的に求人数の多さと比例するので「この分野に強い」という訳ではなく、大手薬剤師転職サイトだけあり、幅広い薬剤師求人を紹介してくれます。

薬局、ドラッグストア、病院、企業・・・それぞれの会社、職場規模によって採用ニーズは大きく変わってきます。

また薬局だけに限らず、採用側も時期によって「採用したい薬剤師像」が変化するので、多くの薬剤師と面談する事は欠かせない事なのです。

私が考えている薬局での「採用したい薬剤師像」も時期によって変化します。「抜けた穴」を埋めるための採用ですから、例えば以下ですね。

例えば正社員

多くの薬剤師と面談出来る事で、その人それぞれ希望条件等、色々な事が分かります。

  • 経験が浅くても伸びしろのある若手の人材
  • 即戦力が欲しければ、多少希望年収が高くても経験のある薬剤師
  • 在宅業務の薬局が人手不足であれば、在宅希望の薬剤師
  • ある程度すぐに管理薬剤師を任せられる人
  • 未経験であっても熱意のある人材

例えばパート

調剤経験者が豊富ですし、ピンポイントで働いてくれる人材を採用したい場合には正社員よりも積極的に採用したいケースも増えてきます。

  • 週に2日だけ勤務希望の薬剤師
  • シフトの柔軟性が高い人
  • 土曜日出勤が可能なパート薬剤師
  • 午前中が混むので14時までなどで働いてくれる人材
  • 夕方以降に働いてくれるパート

つまり「転職活動している薬剤師」といってもいろんな背景があり、実際のマイナビ薬剤師のアドバイザーを含めた3者での面談を通じ、「企業側のニーズ」をマッチさせる事ができる。

それが、採用側にとって大きなメリットなのです。

採用側にとって、そして転職者側にとっても、お互いのニーズを満たしやすい環境を整えている

このように紹介が多い=転職者と企業との相性が合い易く、転職後も働きやすい職場となる可能性が高い、と言う事になります。

これは電話一本で、薬剤師転職希望者を紹介するような転職サイトでは、とても難しいところかもしれませんね。

ちなみに紹介者が多いのはなぜかと言うと利用者が多いからであって、なぜ利用者が多いかと言うと、利用者満足度が高いからです。それは次から説明していきたいと思います。

マイナビ薬剤師 無料会員登録

マイナビ薬剤師の評判が利用者に高い理由は?

薬剤師転職支援サービス5年連続ご利用者満足度No.1」と言われても、どうして評判がいいのか分かっておかないと、マイナビ薬剤師をしっかり利用する事もできませんよね。

他社と比べて何がいいのか、それを把握しておく事は大切。

そこで私自身の体験も交え、転職を考えている薬剤師が、マイナビ薬剤師を利用するメリットについて解説していきますね。

①アドバイザーのサポート

中には「電話対応だけがいい」という薬剤師もいるかもしれませんが、それは最初だけ。実際職場見学をしたりする事は一人では難しいですよね。

希望者にはしっかり初回面談を行ってくれます。細かい希望条件など、電話だと忘れがちになってしまうもの。

ちなみにわたしは利用当時、すぐ転職したかったので、初回面談する事を選択しました。新宿にあるオフィスで初回面談を行い、自分の希望年収や働き方などをしっかり伝えました。

そんな面談を通じ、その場ですぐ、3社ほど希望条件に近いものをまず紹介してくれたので、さすがに求人数が多いなという印象でした。もちろんその場では即決せずに、じっくりと相談しながら進めていきました。

ただ個人的に、本当の強みは初回の面談などでは無いとも思っていて、その後のサポート、つまり、しっかりアドバイザーが職場見学同行などをしてくれる事だと感じています。

私が採用担当している弊社でも、マイナビ薬剤師のアドバイザーと転職希望者様が、「一緒に薬局見学よろしいですか?」とアポをとり、一緒に見学に来てくれます。

少し積極的な質問が苦手な方でも、その薬局ごとにアドバイザーの方からしてくれる事が多いので、口数が少ない方でも心強いはず。

<マイナビ薬剤師利用の流れ>

実際マイナビ薬剤師とは違い、電話一本、メール一本で「こちらどうですか」と職場の状況など分からずに求人紹介するサイトもあるので注意が必要です。

日ごろ薬局で採用活動をしていると、日程調整だけ転職サイトの方でしてくれ、お一人で職場見学・ご質問にこられる薬剤師もいます。

当然あまり細かい質問などできないですし、アドバイザー同行でないと質問も少し的を得ないものになります。転職サイト選びはつくづく大切な事だなと感じます。

ただもちろん、無料会員登録するだけで、会員限定の非公開求人を紹介してもらえる事もできます。まず登録し電話で簡単に今の状況を伝えるだけでもOKです。

「いつかは転職」で考えている方にも便利な求人探し

「もしいい求人があれば転職検討しようかな」「いつかは転職も考えておきたいな」という薬剤師に、優しいサポート体制です。

電話でしか「〇〇という求人案件どうですか?」という対応だと、働きながら転職活動をしている薬剤師には少し難しいものです。

自分のタイミングで、自分のペースで利用できるのは大きなメリットの一つですね。

そして、マイナビ薬剤師のサイトも見やすいので就職希望者にとって使いやすい薬剤師転職サイトと言えます。その点、とても利用しやすくなっていますよね。

ただし、めったにでないような厚待遇の求人、つまり募集を掛けると何人も殺到してしまうようなものは、まずは希望条件の近い方に電話で直接伝えられます。

これはマイナビ薬剤師だけに限った事ではありませんが、あまりに人気がでるような求人は、「わざわざネットに掲載する作業」をする必要が無いからです。

ですからやはり、登録者にしか紹介されない、非公開求人というものはとっても大切なのです。

②条件交渉をお任せできる

条件交渉、つまり福利厚生であったり、年収、休暇の取得しやすさ(有休消化率)など、このあたりの部分は聞きにくいもの。

マイナビ薬剤師のアドバイザーは、しっかりこのあたりの話を、あなたに代わって話し合ってくれます。

やはり安定して長く働ける職場、そういったところを見つけるには、まずは休みの環境であったり、福利厚生、そしてある程度の年収は大切な事。

いくらやりがいがあっても、市場からかけ離れた年収では長く働けないものです。

ただし無理な交渉はしないマイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師の個人的な印象としては、薬剤師の利用者が非常に多く、市場を熟知しているため、あなた自身の市場価値を客観的に把握する事ができます。

そのため、まだ経験3年程度であるのに「年収1,000万希望」などあまり無理な要求に対しては、はっきり「それは無理ですよ」と言ってくれます。

これを交渉力がまだまだと捉えるか、あなた自身の働きやすい職場を選んでくれるかという視点で考えるか、それはあなた次第です。

やはり薬局をはじめ、どの会社・職場にもそれぞれ就業規則・給与規定があるので、それを無視した交渉まではしてくれません。ルールの中でしっかり交渉してくれるのです。だから長く働きやすい職場探しにつなげる事ができます。

ただし、求人数自体が多いので、「非公開求人の中からもともと厚待遇の求人を見つけやすい」という面はあります。やはり求人数の多さ、これは最大のメリットです。

③多くの拠点と転職後のサポートも

比較的大手の薬剤師転職サイトであっても、拠点が東京・名古屋・大阪のみ、というケースが多いもの。薬剤師は都心部に集中してしまうので、仕方が無い事かもしれません。

マイナビ薬剤師は全国15拠点。

マイナビは医師や看護師などの医療系資格の転職に非常に強いので、そのような広域のサポート体制を敷く事ができています。

転職後のアフターフォローって何?

転職してしまった後であれば、それほどその後のフォローなど要らないような気がしますし、実際「必要ない」と思えればそれに越した事はありません。

しかしごくまれに、「はじめに提示されていた条件と違った!」というような場合も存在するのです。そういう悪い会社は社会の風潮で減ってきたので、昔よりは心配する必要はないのですが。

しかし万が一、そんな場合はすぐにマイナビ薬剤師に相談・連絡しましょう。しっかり対応してくれますし、そんな募集先は2度とマイナビ薬剤師を利用しての採用活動はできなくなります。

なにより変な職場を紹介しては、マイナビ薬剤師の評判が落ちてしまいますよね。その点で「アフターフォローがある」というところが、いまの利用者満足度の高さに繋がっているのではないでしょうか。

④求人数の多さ

マイナビ薬剤師は求人数が多い、その事は繰り返しお伝えしました。ただその中でもとても重要なのが非公開求人です。

非公開求人情報をおさえないと、確かな求人には巡り合えないと言っても過言ではありません。なぜ非公開求人が大切なのでしょう。

非公開求人が大切な理由

「求人情報」というのは、みなさんが思っているよりもデリケートなものです。経験ありませんか?あの薬局の求人、いつも新聞に出ているな・・など。

大手チェーンならまだしも、例えば中小規模の薬局・病院ではなかなか新入社員が入ってこない状況は、何十年も続いています。あまり人手不足感を表に出したくないのです。

薬剤師一人採用したいだけなのに、「この薬局すぐ辞める人多いのかな?」と思われては嫌ですからね。そういった会社は働く人にやさしい会社と言えます。

また、既存の社員を大切にしている会社ほど、非公開求人にする傾向は強くなりますし、非公開求人ほど厚待遇の求人が多くなってきます。

それはなぜかと言うと、あなたが年収500万円で働いている、時給2,000円で働いているのに、自分の会社が「年収700万可!」「時給2,500円!」などの求人を表に出したら既存社員からの反発がひどい事になってしまうからです。

あなただって「それなら一回辞めて、転職して入りなおすよ!」とすら思ってしまうはず。

もちろん細かい理由は各社それぞれであるものの、非公開求人にこそ厚待遇の情報、そして社員を大切にする会社の情報が集まってくる事は間違いないのです。

⑤研修認定薬剤師から学生にも

マイナビ薬剤師の登録フォームでは、上記のように研修認定薬剤師や、学生、登録販売者が入力できる項目があります。

かかりつけ薬剤師制度、地域支援体制加算、健康サポート薬局、そういったものが社会的に求められる中で、「研修認定薬剤師」は転職活動の武器の一つです。そういったものも、きちんと評価し、企業のニーズとマッチさせることが出来ます。

研修認定薬剤師自体はそれほど取得が難しいものではないので、これによって大きな年収の上積みは期待できないかもしれません。

しかし人気の求人に対してアプローチが強くなるのは確か。そういった評価をしっかり反映させてくれるのもマイナビ薬剤師の強みの一つです。

転職者のマイナビ薬剤師の口コミや評判は?

ネットを開くといろんな口コミサイトがあふれる世の中。マイナビ薬剤師だって、他の転職サイトだって、口コミや評判?だらけです。

そんなわけで、この記事は私が実際に利用した経験(転職者として、そして採用者として)を中心に記載しています。

私はあまり口コミサイトは信じないのですが、マイナビ薬剤師のホームページには実際の利用者の声も掲載されています。

ただ基本的に、そんなに悪い事が書いてあるはずもないですよね。これはどの口コミサイトでも同じです。

一口に「薬剤師転職サイト」の評判と言っても、どの会社かどうかは最も大きな要素ですが、担当するアドバイザー(転職エージェントなどとも言う)次第の側面があります。

これは医療を含めて、サービス業ではみな同じ事。そこに携わる人の評価なんです。

同じ病院であっても評判の良い医師もいれば、そういでない医師もいます。同じ薬局だって、しっかり仕事が出来る薬剤師もいれば、そうでない薬剤師も当然います。ピンキリレベルと言っても、決して言い過ぎじゃないですよね。

「マイナビ薬剤師」という薬剤師転職サイトは、はっきり「おすすめ」できますが、もし利用してみて、あなたを担当したアドバイザーがいまいちだな、と思う可能性はあるはずです。

そんな場合は遠慮なく利用をやめれば良いのです。多くの薬剤師転職サイトがありますし、あなたを待っているいる職場もまた、とてもたくさんあります。焦る必要は全くないのです。

マイナビ薬剤師ではこんな募集を探す事ができる

これまでお伝えした通り、企業の採用側としても、転職者としても、利用者の満足度が高いマイナビ薬剤師。

そんなマイナビ薬剤師を通して「どういった視点で求人を探せばいいか」最後にポイントを絞ってお伝えします。

なお当然ですが、年収・時給は高ければ高いに越したことがないので、それ以外で説明しますね。少しでも年収・時給の交渉は基本です(あくまで私の考えですが)

以下は、マイナビ薬剤師の特集ページに組まれているもので、数多くある求人の中からあなたの働き方・希望に応じた、職場選びのヒントともなってくれますよね。

ワークライフバランス重視

薬剤師を募集しているという事は、当然ですが薬剤師が不足しているので募集しています。やはり退職者が多い業界なので、どの会社も多かれ少なかれ、新卒採用だけでは人材が不足してしまうのです。

ですから、あまりに極端な人手不足で休みもないような職場だとお休みを取りづらい可能性に注意が必要です。

マイナビ薬剤師ではワークライフバランスを重視した求人情報という形も扱っているので、そういった視点は少し持ち合わせた方が、安心して働ける職場に巡り会えますよね。

ただ、求人自体もワークライフバランス重視、という形ではあるものの、なにより実際職場見学などを通じてそこで働くスタッフの雰囲気を知る事が出来る、これが何より大きいのは言うまでもありません。

そもそも経営者がワークライフバランス重視なんて当たり前、という薬局・ドラッグストア・企業などであれば、それをあえて前面に打ち出さなくても働きやすい職場ですよね。

休みもいとわずバリバリ働いてたくさん稼ぎたい!という方はこの限りではありませんが、長く落ち着いて働く事ができるという事、それは長い社会人生活においてはとても大切です。

企業求人

基本的に薬剤師は、薬局ドラッグストア病院など、患者さんと接する仕事です。ドラッグストアでは接客も出てきます。

接客が苦手・・という人はいるもの。そういった薬剤師は企業の求人を探してみるのもアリです。

もちろん会社という中でのコミュニケーションは必要ですが、理不尽な接客に疲れてしまった方は企業求人に的を絞る事も検討してみましょう。

大手企業の求人は小さな規模の薬剤師転職サイトにはほとんど出ず、マイナビ薬剤師などのように最大手の会社に集まります。

製薬企業や医薬品卸に転職したい、どんな募集が出ているか内容次第で検討してみたい方には、マイナビ薬剤師は欠かせない転職サイトです。

ママ薬剤師求人

入社していきなり時短で働く事は難しい会社は多いですが、残業がほとんどない、自宅から近い、そんな職場探しも的を絞って行う事ができます。

また、意外と多いのが結婚を機に転職をするケース。配偶者の方の勤務地の関係などで転居をする必要が出てきてしまい、そのために新たな職場探しをする薬剤師は多いのです。

やはり大手の会社であれば福利厚生が充実していたり、病院であれば保育施設を抱えていたりするケースも多く、そういった視点で転職先を探すニーズは潜在的に多いのです。

あるいは、薬剤師はパート時給がよいので、9〜16時までのパート求人などに的を絞って探してみるのも働きやすい職場探しにつながっていきますね。

病院・クリニック求人

決して年収が高いとは言えない病院に正社員の転職で病院を希望する薬剤師は多くないものの、「お金よりも病院で」と考える薬剤師は多く、新卒でも人気の職種は今も昔も変わりません。

また、パート勤務などで働きたいと考えている方は多いです。それまで培った経験を、生かしていけるのが大きな強みですね。

マイナビ薬剤師「職場カルテ」から様々な職場を探せる!

そしてまた、マイナビ薬剤師では、「薬剤師の職場カルテ」と呼ばれる、その会社の情報、職場での生の声(インタビュー)を集めた情報にアクセスする事ができます。

<利用者に人気の高い薬剤師の職場カルテ>

求人情報というのは、例えば薬局だけで見るとあまり大差がないものです。ついつい年収や時給に目がいくしか無くなってしまうのです。

▼薬剤師募集:年収550万、年間休日125日、働きやすい職場です!

こんな情報だけでは選びようがありませんよね・・。

どんな会社なのか、それぞれマイナビ薬剤師独自の「カルテ」にして、転職希望者がより自分のイメージに近い職場探しをすることが可能なんです。

案外入社してから「イメージと違った」という薬剤師は多く、これは転職者だけではなく、新卒薬剤師も同じなんです。

そんな全く肌に合わない職場で「最低3年は働かないと」では、疲れて終わりです。ミスマッチを防ぐ、就職探しには助かるアイテムと言えますよね。

個人的に、この「職場カルテ」はかなり大切だと思っています。

いくら「求人数No.1」と言ったって、裏を返せばピンからキリまで求人情報があるという事なんです。

単に厚待遇(=高年収)というだけでなく、実際の職場の雰囲気、会社風土、そこで働く人がどういう思いで働いているか

そういった事が案外、一番大事なのです。

マイナビ薬剤師の使い方

まず登録方法ですが、これは簡単。マイナビ薬剤師にアクセスしてみると、簡単な登録画面になります。以下のような画面ですね。

会員限定コンテンツの閲覧のためには、登録時のメールアドレス(フリーメールで大丈夫です)と、送られてくるパスワードが必要になるのでご注意を。

ここからの登録方法は説明不要レベルで、1~2分で終わってしまうんですが、「3か月後に転職したい」「いい求人があったら」など、あなたの転職したい目安だけはしっかり入力しておきましょう。

マイナビ薬剤師にログインする方法

登録後に送られてくるメール、これにしたがってパスワードの設定を行っていきましょう。「めんどくさいな」という人は、転職相談はもちろん電話対応で大丈夫です。

あくまで転職「サイト」としてもマイナビ薬剤師を利用したい方は、ぜひ会員限定コンテンツをしっかり使うのが、転職失敗を防ぐコツです。

特にコンテンツの一つには、調剤などでブランクのある薬剤師向けのコンテンツも充実しています。必要に応じて、しっかり利用するのがスムーズな転職のコツです。

求人情報を探す方法

あなた自身の細かい要望、それにこたえてくれるのがマイナビ薬剤師のアドバイザーです。「少し求人だけ見たいな・・」という薬剤師は、ホームページから閲覧すれば大丈夫です。

ただ注意点として、会員登録しておかないと、厚待遇である非公開求人にはたどり着けないので注意が必要です。しっかり担当者さんに要望を伝え、紹介してもらいましょう。「良い求人があったら」で対応してくれる転職サイトは少ないからです。

転職サイトとしてのマイナビ薬剤師の使い方は簡単です。色々探すの面倒だなぁ、という人にピッタリと言えますね。担当者さんにお任せしてしまえば大丈夫ですね。

マイナビ薬剤師での転職活動まとめ

マイナビ薬剤師は正社員からパートまで、アドバイザーによるサポート体制が手厚く、薬剤師が転職するには、おすすめの転職サイトと言えます。

いつかは転職したい、積極的に転職したい、いずれのケースでも対応をしっかりしてくれるのが特長です。

また会員限定サイトなど、求人探しだけではなく、薬剤師として活用したいサイトとも言えるでしょう。これはマイナビが医療系の人材紹介支援に強い会社であるからこそです。

「少し転職しようか悩んでる」という状況で、なかなか薬剤師転職サイトへの登録はためらってしまうもの。そういった薬剤師にこそ心強い、就職支援会社、それがマイナビ薬剤師の強みです。

マイナビ薬剤師 無料会員登録

悩んでいたら、まず一歩踏み出し、違う世界がどうなっているかアドバイスを受けてみるだけでもきっと違うはずですよ。

マイナビ薬剤師【会社情報】

以下、転職を検討している人には意味が無い事かもしれないんですが、会社情報としてさらっとマイナビ薬剤師の会社情報をお伝えします。

どれくらいの規模など、大手である事が良く分かりますね。

マイナビ薬剤師会社概要

まず会社としては、株式会社マイナビを差すものとします。概要を列記するので参照して頂ければなと思います。(2020年1月時点におけるデータ)

  • 株式会社マイナビ
  • 設立:昭和48年8月15日
  • 資本金:21億210万円
  • 従業員:9800名(マイナビグループ全体)
  • 本社所在地:東京都千代田区一ツ橋一丁目1番1号

大きな会社ですよね。薬剤師として新卒でマイナビみたいな会社に入りたかったものでした・・・。

今の仕事に悩んだら

「将来を考えると違う職場を」そう感じても、実際どう行動すればいいか悩む薬剤師はとても多い。

・いまの環境を変えたい
・年収を大きく増やしたい
・パートで働き方を変えたい
・働きやすい所で落ち着きたい
・将来性がある会社で成長したい

そんな悩みを解決するには、自分に合った転職サイトに登録し「相談」する事。それが将来に備えるはじめの一歩です。

「転職するかしないか」は、転職活動を始めた後に決めれば問題ないからです。

利用者満足度No.1

正社員としての転職に不安があっても、あなたの希望を元に働きやすい職場探しをしてくれます。もちろん年収がアップする求人が多いのが特徴。

職場環境や設備、ワークライフバランス、職場の雰囲気。長く安定して働ける事は大切。転職に不安があるなら、マイナビ薬剤師をまず利用したい所。

総合評価
求人「会員限定」の求人で自分に合った働き方探しに
サイトhttps://pharma.mynavi.jp/
強み20~40代の正社員転職に強く、利用者満足度が高い
弱みパートだと求人が少ない場合も

マイナビを見てみる

 

年収重視なら

収入面など「自分の希望条件で転職したい」という薬剤師なら、ファーマキャリアがおすすめ。手厚いサポートで、求人探しを手伝ってくれます。

すでに転職活動していて良い求人がなかなか見つからない場合でも、コンサルタントに任せる事であなたの条件に合う求人紹介をしてくれます。

総合評価
求人特に正社員で年収を上げたい場合に
サイトhttps://pharmacareer.jp/
強み転職後のサポートも手厚い
弱み企業系の求人は期待出来ない

ファーマキャリアを見てみる

 

大手チェーンで働きたい

正社員・パートとして大手チェーンで働きたいならファルマスタッフを利用したいところ。転職エージェントが親身に相談に乗ってくれます。

「出来れば早めに転職したいな」と思っている場合などでも、すばやい対応してくれるので安心して求人探しが可能です。

総合評価
求人正社員からパートまで多くの求人
サイトhttps://www.38-8931.com
強み薬局・Dgs求人に強く、キャリアアップにも
弱み企業の求人には弱い傾向があり

ファルマスタッフを見てみる

転職で一番大切なのは、早めの行動。「もう限界」と思ってから求人探しをすると、判断が鈍ってしまうから。

「転職で失敗する事」なんか無いように、ゆとりをもって行動するのが大切ですね。

マイナビ薬剤師
(正社員転職の満足度No.1)

ファーマキャリア
(特に年収重視の正社員向け)

ファルマスタッフ
(正社員からパートまで薬局求人多い)

リクナビ薬剤師
(人材紹介大手リクルートの安心感)

上記:ファルマスタッフ