薬剤師と就職・転職活動

薬剤師免許の他に持っておいた方がいい資格は何?

履歴書を作成する際に、資格を記載する欄があるかと思います。私も立場上、たくさんの履歴書を見てきましたが、男女問わずもっとも多いのが、「普通自動車免許」です。

なんというか、ありきたりですよね。とは言え、少なくとも調剤薬局への転職においてはかなり有利です。

たまにですが、ペーパードライバーなのに履歴書に書いて来る方もいますが、「ペーパードライバー」である事はしっかり伝えてください。

薬局在宅業務ではもはや必須?の自動車免許

自動車免許のあるなし、これは大きな差として評価されます。イマドキの若いものは、自動車免許を持っていないケースが結構あります。

一番貴重な事は自動車の運転ができること

というのも、今は在宅や施設に力を入れている薬局が多く、そうすると必然的に車での移動が必要になってきます。

「いや、ペーパー免許だから、俺は自転車で頑張ろうかな」なんてのんきな事を言えません。

在宅・施設では、口から栄養を摂る事ができない方も多いので、経腸栄養剤を使用する機会がとても多いのです。

1箱5キロほどもある栄養剤を10箱自転車で運べるわけありません。車を使えないと業務にならない事もあるのです。

逆に在宅大変だからやりたくないよ~っていう方は、履歴書には自動車免許の記載はしておかない方がいいかもしれませんね。

嘘を書いたらいけませんが、黙っておく分には問題ないですからね。

やけに多い薬剤師のペーパードライバー

自動車免許を持ってるけど「ペーパーで運転できません」っていう人は、非常に多いです。面接すると、がっくりきます。

しかし考えてみたら当然で、新卒の薬剤師でも、基本的に大学1年の時に免許をとるとすれば、薬学部卒業までに5年間以上のブランクが空きます。

つまり大半がペーパードライバーで大学出てくる訳です。これは結構な問題、いや学生にとってはちと可哀相だなと思っています。

大学生だとすれば親元から通学していれば実家の車を運転する機会もあると思いますが、そうでない限り学生の一人暮らしでは車も買えないですよね。仕方ないと言えば仕方ないのです。

社会人になったら、薬剤師であればそこそこの給料をとるわけで、車を買う事を目標に貯蓄に励むのもいいと思います。(考えが古いかもしれませんね)

英語はあまり需要はない

履歴書で資格として何かしら記載(英検とか、漢検とか、○○3段とか)してくる方がいますが、ほぼ見ていないです。会話のとっかかりレベルですね。

英語についても、ネイティブレベル(そもそもそういう方は資格欄に記載しない傾向があります)ならともかく、日常会話レベルでは医療用語はなかなか難しいです。

説明に誤解が生じる可能性、つまりリスクがある事は覚えておいてください。英語を使用する場面が訪れるか否かは、勤める勤務地にも左右されますが、意外と少ないでしょう。

もう「薬剤師」という資格、これをもとに転職活動しているわけですから、これ以上もこれ以下も、無いのです。

しかし、「研修認定薬剤師」は書くべきです。これは転職に強い武器です。

これはeラーニング等で転職前に取得しておきたいところ。

むしろ、あまりレアな「○○専門薬剤師」ですと言われても、それが生かせない転職先であれば、全く意味のない事ですね。

自動車免許と研修認定薬剤師の2つ

付加価値のあるような資格として、普通自動車免許、研修認定薬剤師、この2つで十分。

研修認定薬剤師については、薬局へ転職されるのであれば、あらかじめ取得しておきたい所ですね。それ以外の方であれば気にしなくても大丈夫です。

補足:職務経歴書はしっかり書こう

私も薬局の採用担当として、転職の際の履歴書によく目を通しますが、薬剤師の方大半は適当過ぎると感じています。

引く手あまたなのは分かりますが、もし2人から1人を企業が選ばないといけない場合、まず何を参考にするかは明らかです。

1枚の履歴書だけでは無く、最低限、職務経歴書くらいは書きましょう。薬剤師は学生時代にアルバイトをしない方も多いし、社会常識がどこか欠けているのです。

人手不足でどんな薬剤師でも採用する時代、それはもう終わったのです。

転職するか悩んだら

将来を考えると転職した方がいいかな、そう感じていても、実際どう行動すればいいか悩む薬剤師がとても多い。

・人間関係がつらすぎる
・ボーナスが減らされ年収に不満
・働きやすい職場で落ち着いて働きたい
・将来性のある会社がいい
・パートで働き方を柔軟にしたい

そうした悩みを解決するには、自分に合った転職サイトに登録し相談する事。それが将来に備えるはじめの一歩となるのです。

働きやすさ重視なら

転職に不安があっても、あなたの希望を元に働きやすい職場探しをしてくれます。もちろん年収・時給がアップする求人も多いんです。

職場環境や設備、ワークライフバランス、職場の雰囲気。長く安定して働ける事は大切。転職に不安があるなら、マイナビ薬剤師をまず利用したい所。

総合評価
どんな求人?「会員限定」の求人で自分に合った働き方探しに
サイトhttps://pharma.mynavi.jp/
強み正社員からパートまで多くの働きやすい求人
弱み派遣薬剤師求人の取り扱いが無い

マイナビを見てみる

 

チェーン薬局で働きたい

これから先、正社員として将来の安定性や福利厚生のいいチェーン薬局・Dgsに転職したいならファルマスタッフを利用したいところ。

また「出来れば早めに転職したいな」と思っている場合などでも、丁寧に対応してくれるので安心して求人探しが出来ます。

総合評価
どんな求人?求人数が多く、チェーンを中心に幅広く探せる
サイトhttps://www.38-8931.com/
強み正社員求人に強く、年収を上げる事もできる
弱み企業の求人には弱い傾向があり

ファルマスタッフを見てみる

 

年収重視で幅広く探したい

「年収重視でいろんな求人探しをしたい!」という薬剤師なら、リクルート運営のリクナビ薬剤師がおすすめ。自分でも探しやすいのが、特長ですね。

業界大手で、広く人材サービスを手掛けるリクルートならではの求人が揃っています。

総合評価
どんな求人求人数が多く、企業なども自分で探したい人に便利
サイトhttps://rikunabi-yakuzaishi.jp
強みリクルートという知名度による、求人の幅広さ
弱み担当者のサポートは控えめ

リクナビを見てみる

 

転職で一番大切なのは、早めの行動。「もう限界」と思ってから求人探しをすると、判断が鈍ってしまうから。

「転職で失敗する事」なんか無いように、ゆとりをもって行動するのが大切ですね。

上記では紹介しませんでしたが、ファーマキャリアは、すでに転職活動してるけどいい求人が無い、特に年収重視で転職先を探したい場合にはおすすめです。

マイナビ薬剤師
(働きやすい職場探し)

ファルマスタッフ
(チェーン店で安定して働きたい)

リクナビ薬剤師
(業界大手の求人数で企業求人も)

上記:ファルマスタッフ