転職

薬局距離制限事件

薬事法、今は名前が変わり薬機法(医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律)となっています。

普段わたしたち薬剤師はこの法律に則り仕事を行っています。万が一、これに反するような事があれば、当然のことながら法を犯しているという事になりますよね。

薬局距離制限事件|広島地裁から裁判が始まる

年配の方はご存知だと思いますし、薬学部でも少し触れた場面があったかもしれませんが、過去薬事法が違憲であるという判決が出たことがあります。

極めて特殊である、法令が違憲であるという判決。

広島地裁からの訴訟は最終的に最高裁の判断を仰ぐ事となり、違憲と判断されました。昭和50年の出来事です。

このような最高裁での法令違憲判決(法令自体が憲法に違反していると判断される)が出たことは過去10件(2018年8月現在)しかなく、そして、そのうちの2番目の出来事だったのです。

詳細は後述しますが判決から思う事

過去存在した薬局距離制限規定

違憲となった規定についてだけ少し。

過去、薬事法では、薬局開設にあたり適正な配置を許可基準として定めていました。薬事法自体にその「適正な配置」の具体的な基準はありませんでしたが、運用にあたり、その判断は都道府県で制定される条例に委ねていました。

広島県における条例は、「既存の薬局から100メートルの距離制限規定」を設けていました。つまり薬局と薬局の間を100メートルあけなくてはならなかったという事になります。

もしもこの法律が存在し続けていたら・・・

昭和50年に出た違憲判決。

もしも訴える人がいなかったら。もしもこの距離制限が残っていたら!

「病院の前の風景を変える」と言っていた、元塩崎厚労大臣の言葉が出てくる事もなく、病院の前には薬局が乱立するどころか、医薬分業は全く進むはずもなく、いったいどんな現在だったのだろうか。かなり興味深く感じられます、面白いですね。

昭和50年の薬局・薬剤師数は?

もっとも「もしも」の話をするにしても、時代背景も十分考慮した上で考えなくては意味がありません。

平成30年8月時点での薬局数は、約58,000軒。薬剤師数は、30万人を超えています。
昭和50年はどうだったかというと、薬剤師数は約95,000人、なんと今の1/3です。そして気になる薬局数ですが、約27,000軒です。・・意外と多いですね。

もっとも、取扱い処方箋枚数は、現在の1/10程度です。

つまり今でも昔からある薬局を外からみると分かると思うのですが、今ある数多のチェーン薬局のように「調剤専門」という訳では無く、いわゆるパパママ薬局のような形で、地域に根差して日用品の販売であったり、市販薬の販売をしたりしていたわけです。

むかしのパパママ薬局ってつまり

ここからまた考えさせられる事は、むかしの所謂パパママ薬局はミニマム版とはなるものの、今でいう調剤併設ドラッグストア、ってなわけだったのです。

「いまのドラッグストアは調剤も併設して利便性が良くなった!先鋭的!」と思いますが、形態としては、むかしに戻っただけかなとすら思うのです。

パパママ薬局がほぼ壊滅してしまったのは、調剤は調剤専門薬局、日用品は安売り小売業、OTCはドラッグストアと、それぞれ顧客を奪われてしまった事が最大の要因です。

今の調剤併設ドラッグストアに近いとは書いたものの、やはり規模という面を考えると、大手にはかなわなかったのです。(でもそれも規模的な問題だけであって、経営的な方針としては良いものであったはずであることは、間違いなさそうです)

  • 薬局距離制限規定が引き続き存在していたら、今現在どうなっているのか
  • むかしのパパママ薬局(個人経営店)は今の調剤併設ドラッグストアに通じる

薬局距離制限事件詳細

ここからは、参考まで当該事件について簡単に(法律家ではないので簡単にしか書けないだけです)概略を説明します。

まずもって、違憲判決が出たのは昭和50年ですが、係争がはじまたのは昭和39年です。いやぁ、むかしは本当に裁判に時間が掛かっていましたね・・。

この事件における原告は、広島県で展開していた医薬品・化粧品販売業者であり、昭和38年6月25日、あらたに薬局を設置するにあたり許可申請をしました。ところが、昭和39年1月27日、県からNGをくらってしまった事に端を発します。

「法令で決まっているのなら当時であれば仕方ないのでは」と思うかもしれませんが、この問題の複雑なところは、薬局の開設許可の申請中に薬事法が改正され、「薬局距離制限規定」が制定されてしまったです。

係争の内容

【主張】
<原告(株式会社角吉)の主張>薬局開設の距離制限規定は、営業の自由を侵害するものである。
<被告(広島県知事)の主張>すでに申請地域には薬局が複数あり、また当規制は、薬局の濫立を防止し、医薬品の適正な供給に必要な規制である。

①広島地方裁判所において

・第一審事件番号:昭和39年(行ウ)第7号
・控訴審事件番号:昭和42年(行コ)第10号

第一審判決は原告勝訴となったものの、控訴審判決の結果(昭和42年4月17日判決)では、県の主張を認める事となり、原告は敗訴、最高裁判所へ上告する事となりました。

②最高裁において

・事件番号:昭和43年(行ツ)第120号

昭和50年に判決が出るまで、実に7年間を要しているというところに注目されます。昭和39年というと相当前のような気がしてしまいますが、距離制限規定の違憲判決が出たのは、それほど大昔というわけでも無いのです。

最高裁判所大法廷(昭和50年4月30日判決)では、下記の通り示されています。

無薬局地域又は過少薬局地域における医薬品供給の確保のためには他にもその方策があると考えられるから、無薬局地域等の解消を促進する目的のために設置場所の地域的制限のような強力な職業の自由の制限措置をとることは、目的と手段の均衡を著しく失するものであつて、とうていその合理性を認めることができない。

上記に記載の通り、そもそも薬局距離制限規定というものは、薬局が少ない地域を考慮して制定された法律であったとよみとれます(それでどうして100メートル規制なのか不明ですが、結局その意味の無さを判断したという事になります)

被告は広島県であったものの、最高裁判決では県の法令自体を問題視するものとはならず、上記判決の通り、薬事法における「薬局距離制限規定」自体が違憲と判断されることとなりました。

それゆえこの判決により、違憲判断の2か月半後には、「薬事法の一部を改正する法律」が公布・施行され、薬事法第6条のうち距離制限を規定していた部分が削除される事となりました。

つまり、薬局開設の許可の要件は、薬局の構造設備ならびに薬局開設の申請者に関する要件のみとなったのです。

そんなわけで、法律に関する部分は記事を書いていて頭が痛くなってきましたが、かつて存在していたこの法律、そしてその違憲判決は、今の薬局のあり方に大きく影響を及ぼすような、とても大きな出来事だったのです。

いまだ10件しかない、法令違憲判決。薬剤師として知っておけば、ちょっと賢くみられるかも?しれませんね。

薬事法違憲判決(pdf.ファイルが開きます)

 

働き方を変えてみたい
働きやすい職場探しに

あなたの希望を元に、働きやすい職場探しをしてくれます。もちろん収入アップも可能。

職場環境や設備、ワークライフバランス、職場の雰囲気。長く安定して働ける事は大切。そういった観点で求人探しをしたいなら、マイナビ薬剤師が一番です。

総合評価
どんな求人?薬局、調剤併設Dgsなら、利用は必ずしたい求人数。
サイトhttps://pharma.mynavi.jp/
強み「どんな求人があるかな?」という相談からでOK
弱み派遣薬剤師求人の取り扱いが無い

≫マイナビ薬剤師

 

チェーンで働きたい
これから先、安定して働きたい、教育体制や福利厚生のいいチェーン薬局・Dgsに転職したいならファルマスタッフがおすすめ。
また「出来れば早めに転職したいな」と思っている場合などでも、丁寧に対応してくれるので安心して求人探しが出来ます。
総合評価
どんな求人?求人数が多く、チェーンを中心に幅広く探せる
サイトhttps://www.38-8931.com/
強み親身なサポートが親切。派遣で働くにも◎
弱み企業の求人には弱い

≫ファルマスタッフ

 

広く求人探しをしたい
「いろんな求人探しをしたい!」という薬剤師なら、リクルート運営のリクナビ薬剤師がおすすめ。自分でも探しやすいのが、特長ですね。
業界大手で、求人数という部分では利用をおすすめ出来る会社。広く人材サービスを手掛けるリクルートならではの求人が揃っています。
総合評価
どんな求人薬局・Dgsはもちろん、自分でも探したい人に
サイトhttps://rikunabi-yakuzaishi.jp
強みリクルートが運営する知名度による求人の幅広さ
弱み派遣薬剤師求人の取り扱いなし

≫リクナビ薬剤師

RELATED POST