薬剤師と就職・転職活動

40代薬剤師の年収はどれくらい?正社員・エリアマネージャー

40代っていうのは、人生で一番お金が掛かるとき、一般的にはそう言われています。薬剤師もまた同じで、気になるのは年収。

今は働き方、生活スタイルも様々ですが、結婚して、子供がいてとなると何かと物入りとなるのがこの年代。家のローンもあるかもしれないですよね。

30代、40代なのに年収が500万円台、残業含めても600万円台、そういったケースは良くある事。

自分の年収はどうなのか?あるいは、将来薬剤師として40代ではこれくらいの年収が欲しい!っていう希望もあるかもしれませんし、まだ20代の薬剤師や学生であれば、特に気になるところ。

お金の話題を避けず、将来設計する事は大事です!

結論から言うと、厚生労働省の統計を見ても母数が少なすぎて、年収が統計上はっきりしません。唯一明確なのは公務員薬剤師くらいなんです。

大手チェーン調剤が発表している数字も事務スタッフが入っているので、参考にならず。

とは言え、それが結論では身もふたもないので、私自身の経験に沿ってお伝えしていきます。ちなみに私は40代でチェーン薬局エリアマネージャーです。

40代薬剤師の年収は格差が大きい

薬学部にいると、就職活動で製薬企業に行きMRになる薬剤師も比較的多そうなイメージですが、割合としては薬剤師MRは少数派。

MRだと30歳で年収1,000万円!高年収=製薬企業、というイメージは相変わらず強いもの。しかし、大手でも中小製薬でも、40代後半からの退職希望(リストラ)がきつくなっている状況。安定な仕事とは言えなくなっています。

またそもそも仕事の大変さから、30代に差し掛かる頃にMRからは退き、社内の別部署に移る薬剤師も多いのが特徴です。そうなると年収はガクッと落ちます。

薬局・ドラッグストアでの40代薬剤師年収は?

病院勤務だと言うまでも無く、年収は厳しい。役職にもよりますが、年収600万円に届いていれば御の字と言えます。500万に届いてない方も。

それでは、割と就職者の多い、薬局ドラッグストアの場合だとどうでしょう?

そもそも論ですが、薬剤師の年収は地域によって大きく異なります。地方に行けば行くほど、高年収。

同じチェーン薬局でも、東京・大阪などの都市部での勤務と、地方勤務では、手当で最大年100万円程の差がつきます。

ひとまずそういった「地域手当」は考慮しませんが、地方勤務ならさらに手当が大きく上乗せされると考えてください。

薬剤師は転職で年収が上がっていく傾向が非常に強い仕事。そのため、一番年収が低いのは大手チェーン薬局に新卒で入社し、管理薬剤師にならず、「一般スタッフ薬剤師」として働いているケース。

真面目な人が損をするというのは、いびつなこの業界ならではかもしれません。

役職のない、この場合だと(残業によって年収は軽く100万円以上前後しますが)、年収500~550万というところ。

先ほど「薬剤師は転職で年収が上がる」と言ったものの、最大手のチェーン調剤に転職しても年収は上がりません。給与体系がしっかりしており、転職時の年収は450万+残業代、といったところ。

その給与体系、つまり就業規則自体は、他の社員との差別化を防ぐためには欠かせないものですが、ただ転職で年収を上げたいという薬剤師には少々厳しいですね。

30代・40代で年収がいまいちだから転職しようという薬剤師でも、超大手よりは、中小規模(地域に根差した5~30薬局前後のチェーン調剤)、あるいは調剤併設ドラッグストアあたりが、一番働きやすく、年収も安定しています。

おおまかに先に解説しましたが、詳細な年収を、ケース別にみていきましょう!!

なお、残業は本来は年収には含めるのはどうかと思うのですが、医療機関の都合上ゼロというのは難しい業界。月15時間換算として、ざっくり計算しました。

役職なし薬剤師

30代後半から40代で年収500万円を残業無しで得ているとして、残業単価を2,500円として計算。

月15時間の残業として、500万+45万=545万円。他、各種手当で500万円台後半。

まぁだいたい、大手チェーンだとこのような感じだと考えてもらって大丈夫。何かと物入りの時期にはかなり厳しめの年収と言えそうですね。

もちろん人事評価などで個人差が出てくるわけですが、その場合は役職がついてくるわけで、あくまで一般スタッフだとどうしてもこの程度になります。

感覚として、だいたいこれくらいの年収の薬剤師は「他社の薬局と比べて年収が低くて不満」と訴えるケースが非常に多いです。

管理薬剤師(薬局店長)

管理薬剤師、ほとんどのケースがいわゆる「店長」「薬局長」というような呼称となりますが、多くの場合で役職無しの薬剤師と基本給テーブルは同じ。

つまり、店長としての役割手当がここにのってきます。

手当の名は、店長手当だったり、管理薬剤師手当だったり様々ですが、おおむね5万円程度と仮定。(これも3万円~10万円など差があります)

薬局の店長などとなった場合、役職無しの薬剤師にさらに上乗せして5×12=60万円程度、年収が上がる事になります。

さらに残業代の単価も上がる訳ですが、そこは誤差として、役職無し薬剤師に60万円上乗せされて、605万円。さらに各種手当などで、年収650万円が目安。

残業が多いと一番年収として恵まれるのは、この役職の薬剤師。月40時間残業し、残業手当を15万円~得ていたら、年収は800万円以上になります。

ただそんな働き方は、時代にそぐいません。70歳まで働く時代が来るわけで、身体を大切にするため、ワークライフバランスは大切。

また、年収には通勤手当が入っていないか気を付けましょう、意外と、見落としがちなんです。

ちなみに通勤手当は非課税ですから所得税等、税金は掛からないものの、社会保険の算定には入るので、高いと少し保険料が上がります。

薬局店長で残業代不払いは、人事権(採用権限など)が無いならアウトです。さっさと転職しましょう。いわゆる名ばかり管理職。残業代は2年までさかのぼって請求できます。

注)役職ありの薬剤師は評価が良好なケースが多い

上記の計算では、単に手当分の60万円を載せて、「だいたい年収605万円」という、なんともざっくりとした計算です。

ただ、管理薬剤師を任される薬剤師は、評価が良好なケースも多くなりますよね(例外あり)。そのためベースとなる賃金がこれよりも高かったり、賞与が多かったりなど割と幅があります。

エリアマネージャー(ブロック長)薬剤師

多くの薬剤師がこの役職の壁で悩み、断る人が多いのもエリアマネージャーという役職。それまで残業が多かった薬剤師ほど、管理監督者となり、年収の下がり幅は大きくなります。

ざっくりいうと、年収600~700万円というのが、この役職。年齢によって、30代中盤なのか、50代なのかでも変わってきます。

あとは別に各種手当など付与されていれば、年収800万円に届くかな、といった想定年収です。

ちなみに私自身、どんぴしゃです。40代のエリアマネージャー。関東圏(都内や千葉県)で働いていますが、年収は各種手当込で、850万円と言ったところ。

正直・・・店長で残業たくさんしてる方が、年収は良いですね。ただもう残業代で稼ぐ、そういう時代じゃないです。会社も労基法違反のリスクを抱えています。

エリアマネージャーとなれば業務負担も増えますが、なかなか声の掛からない役職。10年後、20年後を見据えるのであれば、引き受けたい役職ですよね。

40代薬剤師が年収を上げる方法

何かとお金がかかる、30~40代。そうでなくたって、自分の人生を振り返り、薬剤師として安定した収入、仕事を得る事は大事ですよね。

何より将来、社会保障制度がどうなるか分からない世の中。今のうちに対策を練っておく事を必ずしておきましょう。

副業で年収を上げる

結論から言うと、結構無理です。働き方改革によって、副業も推進されるようになりました。とは言え、休みの日に派遣薬剤師として働くなんていうのは、とてもじゃないけど現実的じゃないですよね。

そもそも管理薬剤師だと法的に他薬局で働けないですし、就業規則上、まだ同業他社で働くなんていう働き方は難しいもの。

かといって、疲れた体に鞭打って、時給900円で日曜日にアルバイトする・・というのも割に合わない。身体を壊したら元も子もないですしね。

なんだかんだ「副業を推進」と言われてますが、実際は難しい。法整備どころか、会社の対応が一般的には追いついてないからです。

趣味の範囲内で、ネットオークションを利用して不用品を売ったり、実際はその程度でも出来れば御の字なのかもしれません。

まずは本業=薬剤師の仕事で最大限の収入アップを目指す事、それが近道です。そして家庭の収支を見直す事も、必ず合わせて行いましょう。

その上でもなお、薬剤師として副業したい方は、会社に必ず相談する事です。

転職によって年収を上げる(のは可能か?)

もっとも近道なのが転職で収入を上げる事。本業の収入をしっかり確保しておかないと、副業どころじゃないですよね。

薬剤師以外の業界に飛び込むのは、何か特別なスキルの持ち主じゃない限り、ちょっと年齢的には厳しい状況。

30代、40代で、あなた自身の年収に不満がある場合は、他社よりも低いケースがほとんど。同じ仕事なのに、貰っている年収が低いのは何としても避けたいもの。

まず大きな誤解として、「転職すると賞与1回分転職先の会社で貰い損ねる」という事が想定されますが、大きな杞憂です。目先の利益を優先し、損をしてしまう心配。

というのも、割と転職者に対して「転職一時金」のような形で支給するケースが大手チェーン薬局でもありますし、そもそも転職で年収が上がるのです。

転職した年は一時的に年収が下がる可能性も否定できないものの、1年もあれば問題なくなるケースがほとんどですね。

あなたが30代、40代だとして、いまの年収に不満がある・・つまり他社よりも安いと実感しているようであれば、転職して年収を上られる可能性はぐんと高くなります。

今すぐに転職するような意志はなくても、薬剤師会員サイトに登録確認し、表に出てないような非公開求人があるかチェックだけは必ずしましょう

無料なのに使わないと損してるのです。電話で相談を1回してみるだけもいいですし、ネットでもチェックできるので楽です。

ただ、もしすでに十分な年収をもらっているのであれば、「年収を上げるための転職」は厳しいところ。すでに年収800万円を越えているのであれば、転職で年収を上げるのは難しいと考えた方がいいですね。

まとめ

40代薬剤師の年収は、地域差を抜きにすれば、500~700万円と言ったところ。役職の有り無しで大きく変わってきます。

ただし、エリアマネージャーなどの役職につくと、年収が減るケースがほとんどなので、注意が必要です。将来的には経験したいポストですけどね。

医療系の職種はどれもそうですが、薬剤師も例外ではなく、転職で年収が上がる職種。将来はみんな不安。まずはチェックから初めてみるところから、始めてみましょう。

薬剤師採用担当のおすすめ
【2020年3月27日追記】
以下、のんびりと「おすすめ求人サイト」なんて紹介していたんですが、この状況下、かなり薬剤師求人が減少してしまいました。

なぜなら、薬局の経営が患者数減によって一時的に極めて悪化しているため。

目安として9月末まで位に転職を考えている薬剤師なら、「おすすめ」なんて関係なく、複数の求人サイトに登録しておかないと「就職先が見つかりづらい」なんて事も。

損は無いので3~5社程度には登録し、会員にしか紹介されない非公開求人から、あなたに合った求人探しをしてもらいましょう。

https://pharma.mynavi.jp/
(マイナビ薬剤師)

https://www.38-8931.com/
(ファルマスタッフ)

https://rikunabi-yakuzaishi.jp/
(リクナビ薬剤師)

https://pharmacareer.jp/
(ファーマキャリア)

https://pcareer.m3.com/
(薬キャリ)

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師は、薬剤師が転職を考える上では切っても切れない会社。
調剤薬局や、調剤併設ドラッグストア求人に強く、働きやすい職場探しが出来ます。もちろん、担当者さんのサポートも抜群。
◆厳しい基準をクリア◆
人材紹介会社全国約2万社のうち、40数社しか認定されていない「厚生労働省委託事業 職業紹介優良事業者」に認定されています。
総合評価
どんな求人?薬局、調剤併設Dgsなら利用必須。正社員・パートとも厚待遇。
強みいつか転職を考えてる初心者にも対応◎
弱み病院の求人は少なく、派遣も取り扱いなし

公式ページ

ファルマスタッフ
ファルマスタッフは、親会社を日本調剤に持つ、薬局求人に非常に強い、薬剤師転職サイトです。
派遣薬剤師としても働けることから、全国的に薬局求人には大変強く、そして年収を上げるための転職にはぜひ利用したいんです。
◆厳しい基準をクリア◆
マイナビ薬剤師と同じく「職業紹介優良事業者」に認定されています。この認定を受けているのは、薬剤師転職サイトでは、この2社のみ!
総合評価
どんな求人?薬局への転職で年収を上げたい人に。
強み親身なサポートが親切。派遣で働くにも◎
弱み病院、企業の求人に弱い

公式ページ

リクナビ薬剤師
リクルート社が運営する、薬剤師の転職サイトで、薬局から企業まで幅広く探せるのが魅力。
比較的「自分でも求人情報を探しやすい」という事もあるので、マイナビ薬剤師かファルマスタッフ、いずれかと併用する形がベスト。
◆リクルートならではの求人◆
企業からの知名度は、リクルートはNo.1。つまり、リクナビ薬剤師にしか無い非公開求人を見つけられる可能性が高いんです。
総合評価
どんな求人薬局、Dgsはもちろん、企業まで幅広い
強みリクルートならではの転職ノウハウが◎
弱みサポートは弱いが、逆に30~40代向き

公式ページ

RELATED POST