薬剤師と就職・転職活動

新卒薬剤師で上司ガチャ・薬局配属ガチャで運が悪かった時の話

私自身振り返ってみると、よくこんな上司のもとで働いていたなーとか、結構つらい環境で働いていたなと思うことが結構あります。

新卒薬剤師の「上司ガチャ・配属ガチャ」そんな言葉、昔はなかったなぁ(おそらく)

たぶん、そんな概念みたいなものも無かった。嫌な上司とか、あの薬局に配属されたく無い、みたいなのはありましたけどね。

少し思うこともあるので、本記事で何か参考にしてもらえればなと思います。

上司・配属ガチャで割と人生変わった

これは薬剤師としての私の体験談ていう事なんですが、やっぱり働き始めてからの上司、薬局、それで相当人生が変わりました。これは間違い無いです。

そもそも会社辞めた時点で、人生大きく変わりました。

一番思うことは、社会人になりたてって「社会の常識」って持ち合わせてない。

だから、今思えば変な上司・環境であっても「これが普通なのかな」「社会人ってきついな」くらいにしか思っていませんでした。

新卒で働いた調剤併設ドラッグストア、度がすぎるレベルでよく怒鳴られてた。特定の人っていうより、色んな人から。

自分自身その時は「あー、自分で使えないのかな」なんて思ったりもしたけど、今思い返すと相当理不尽。

今も昔もだけど、入社する前は「是非うちの会社に」なんて具合だけど、実際入社すると違う。採用の言ってることと、実際働いてる人は違いますから多少は仕方ない。

そういったギャップもあり、仕事が嫌になり、辞めた。

その時はもう「転職していい職場に」とかじゃなくて、嫌でただ逃げただけ。でも逃げて正解だった。

自分の感覚っていうのは割と大事にした方がいい。

もっとも大して就職活動してなかったので辞める事に躊躇は無かった。

一般的な企業のように何社も何社も面接し、必死に必死に就活する事は今の学生もどうやら少ない。

いい悪いじゃなく、仕事から逃げやすい事、これは薬剤師であることのメリットかもしれませんね。

仕事は人生のあくまで一部分、だけど非常に大きな要素。

上司ガチャ・配属ガチャで、薬剤師としての人生は大きく変わります。

こんな上司・配属ガチャはハズレ

「ハズレ」って言っても、薬剤師としてどう働きたいかという根幹部分に関わってくるので、ちゃんとした物差しなんか無いです。

自分がハズレと思ったらハズレ。たぶんきっと、それだけ。

なぜなら「評判がいい人」でも、別の人からは酷評されてたりするのが世の中。

上司だって、とても優しいと評判がいい人かもしれないけど、別の人から見たら「頼りがいが無い」「しっかり注意を出来ない」そう思われてる事もしばしば。

自分の上司は100%信頼出来る!って言い切れる薬剤師もいるかもしれないけど、案外そうでも無い、これは間違いない。

これはもう薬剤師としてというよりも、人と人との相性に近い。

ただ、ざっくり考えてみると、「このひとの下で働くと成長が全く出来ない」とかだと、特に20代のうちは少々厳しいなとは思います。

薬剤師としての知識的な部分は本やネットの情報だったりでカバー出来るけど、社会人としての成長はやっぱり日々働く中で身につける。

社会人として一番身に付けないといけない事が多い時期に、何も学べないと30代、40代になってから大きなしわ寄せがくるんです。

また、そもそも一緒に働くのが苦痛。そういう状態だとかなりきつい。

それだと社会人として成長うんぬんじゃなくて、働く事自体が苦痛になってきますよね。

上司・配属ガチャでハズレ・・どうする?

薬剤師の新卒での上司・配属ガチャの話で、もし悲惨な状況(ハズレ)となってしまったらどうすればいいのか?この辺は難しいところです。

究極的には「耐える」か「転職か」の2択で、異動したいと思っても、新卒で異動希望はちょっと叶えずらいです。

なぜなら、あなたが「新卒薬剤師の中でエース!期待のホープ!」であるなら話は別ですが、会社がチェーンで多くの新卒薬剤師がいるなら、ただ1人のワガママとも捉えられる。

あるいは数名しか新卒が入社しない会社なら、上司があれで~・・で異動希望なんか出せる訳もない。色々と人間関係がごちゃごちゃして働きづらくなりますからね。

まぁ!勉強なら、自分でも出来ます。読書読書で、薬剤師としての知識はもちろん、社会人のマナーだってある程度は学べる。

ただ、仕事がつらい、楽しくない。

そうであれば、少し人生の問題と捉え、違う会社で働くという選択肢を持つ事も考えたほうがいいかもしれませんね。

長い人生なのですから。

転職するか悩んだら

将来を考えると今のままでは不安」そう感じても、実際どうすればいいか分からない薬剤師がとても多い。

◎スキルを習得しておきたい
◎年収など条件面を重視したい
◎将来性がある会社で成長したい
◎つらい人間関係を早く解消したい
◎ワークライフバランスを重視したい

そんな悩みを解決するために必要なのは、相談して客観的なアドバイスを受ける事。

「転職するかしないか」は、転職活動を始めた後に決めれば問題ないからです。

利用者満足度No.1

正社員としての転職に不安があっても、あなたの希望を元に働きやすい職場探しをしてくれます。「始めての転職で一番利用されてる」のがマイナビ。

職場環境や設備、ワークライフバランス、職場の雰囲気。長く安定して働ける事は大切。転職に不安があるなら、マイナビ薬剤師をまず利用したいですね。

総合評価
求人20~40代の正社員求人に強く、初めての転職で最も利用されている安心感が◎
サイトhttps://pharma.mynavi.jp/
強み利用者満足度No.1で、情報がタイムリーで新鮮
弱みパートだと求人が少ない場合も

マイナビを見てみる

 

薬剤師の登録者数No.1

やっぱり「大手の転職サイトが安心」なら、薬キャリがおすすめ。みんなが使ってる薬キャリだからこそ、素早い求人紹介が可能な体制が整っています。

あなたの希望条件に合った求人をコンサルタントが探してくれるので、転職活動で少しでもいい条件を探したい薬剤師に向いていますね。

総合評価
求人正社員からパートまで多くの求人
サイトhttps://agent.m3career.com/
強みスムーズな転職先探しに◎
弱み面接サポートが弱い

薬キャリを見てみる

 

調剤薬局への転職に

正社員・パートとして多くの薬局求人から探したいならファルマスタッフを利用したいところ。都市部から地方まで、全国対応してるのが強み。

「出来れば早めに転職したいな」と思っている場合などでも、すばやい対応してくれるので安心して求人探しが可能です。

総合評価
求人都心部から地方まで網羅
サイトhttps://www.38-8931.com
強み薬局・Dgs求人に強く、キャリアアップにも
弱み企業の求人には弱い傾向があり

ファルマスタッフを見てみる

転職で一番大切なのは、早めの行動。「急いて転職先を探さないと……」と思ってから求人探しをすると、判断が鈍ってしまうからなんです。

「転職で失敗する事」が無いよう、少しゆとりをもって行動するのが大切ですね。

マイナビ薬剤師
(正社員転職の満足度No.1)

薬キャリ
(薬剤師登録者数がNo.1の安心感)

ファルマスタッフ
(保険薬局の求人取り扱いが多い)

リクナビ薬剤師
(人材紹介大手リクルートの安心感)