薬剤師と就職・転職活動

薬剤師求人の年収比較の注意点!同じ年収でもこれだけ違う手取り額

見掛けの年収で比べないようにしよう。求人広告などでは給与は「年収」で表記される事が一般的です。

<年収600万円以上可><年収450~600万円>みたいな感じです。分かりやすいですね。でもここで注意が必要です。

気を付けたい、年収の内訳

ここで例として、年収560万円求人案内の内訳を考えてみます。

【パターンA】月収31.1万円×12ヶ月+賞与31.1×6ヶ月=560万円

【パターンB】月収35万円×12ヶ月+賞与35万円×4か月=560万円

【パターンC】月収40万円×12ヶ月+賞与40万円×2か月=560万円

【パターンD】年俸制560万円(月収46.7万円×12ヶ月)

みなさんどれがお好み?でしょうか。年収560万円でも、いろいろなパターンが存在します。年収が同じでも、月々多く給与をもらえた方がいいか、賞与でたくさん貰えた方がいいか。

ぱっと見は変わらなくても、上記例だけでも月収は31.1万円~46.7万円と、大変大きな差があるのです。

どちらがいいかは、個人個人の考えがあるので一概に言えませんが、「どれも年収560万円だから同じだ」と安直に考えてしまう事は大きな間違いです。

年収だけで考えてしまうと所得は大きく変わる

ご存知の方も多いと思いますが、毎月のお給料から引かれる社会保険料。これは、4月から6月、3ヶ月間で支給された給与で決められる『標準月額報酬』で決まります。

「春に残業が多いと保険料が高くなる」というのは聞いた事がある方も多いと思います。

健康保険料は料率がそれぞれ異なるので単純な比較ができませんが、残業代が無い場合で、上記のパターンAとDとの社会保険料を比べてみます。

≪パターンA≫20等級=標準月額報酬:320,000 厚生年金:29,280円/月

≪パターンD≫26等級=標準月額報酬:470,000 厚生年金:43,005円/月

手取り給与でいうと、厚生年金の影響でなんと年間で164,700円もの差が生じます!
また、健康保険料はざっくりと10%として計算します。

≪パターンA≫23等級=標準月額報酬:320,000 健康保険料:32,000円/月

≪パターンD≫29等級=標準月額報酬:470,000 健康保険料:47,000円/月

健康保険料でも、手取り給料は年間で180,000円の差が生じます。

つまり、同じ年収560万円でも、実際うけとる事のできる手取り給料は、年間で35万円程の差が生じてくるのです。

厚生年金については、単純に“負担感”だけで片づけられることは出来ず、将来受け取る事のできる年金には差が生じますし、傷病手当金をはじめ、就業できなくなった際の手当ての基準ともなるので一概に損得勘定はできませんが、健康保険料については単純に負担が増える形となります。

こう考えると年俸制ではない方がいいように思えますが、賞与というのは業績によっては支払わなくも良い性質のものである事は注意しなくてはいけません。

医療業界も厳しい環境ですから、月々きちんと支払われるという事への安心感は生まれてくるはずです。

ただ月給制と違い、年俸制を敷くところは、みなし残業が含まれているパターンがあるのは注意が必要です。

年俸制で年収560万円だったけど、残業20時間込みで、実質は年収500万円+残業代60万円、なんてのはよくある話です。

※1)厚生年金の保険料率は段階的に引き上げられてきましたが、平成29年9月で引上げが終了し、厚生年金保険料率は18.3%で固定されています。それを会社と労働者で折半しているので、負担は9.15%となります)

※2)4~6月の給与で標準月額報酬が決まる事が多いですが、12ヶ月を標準化して定めている事業主もあります。

単に年収にとらわれずに転職活動を行う事は、手取り収入を上げる際には必ず考えなければならない事なのです。

ところで「うちの地域は住民税が高くて」なんていう年配の方がいまだに結構いますが、少し高い夕張市を除き、今は全国どこでも誤差レベルの差で、ほとんど住民税は同じですよ。

転職するか悩んだら

将来を考えると不安・環境を変えたい」そう感じていても、実際どうすればいいか分からない薬剤師は意外と多いもの。

仕事にやり甲斐を感じない・つまらない、そんな思いを抱えているなら危険信号。仕事が充実すれば人生全体も充実するのに、そんな生活では悲しいですよね。

◎今の職場はつらく逃げたい
◎年収など条件面を重視したい
◎成長できる環境に身を置きたい
◎つらい人間関係を早く解消したい
◎ワークライフバランスを重視したい

そんな悩みを解決するために必要なのは、相談して客観的なアドバイスを受ける事。そうすれば、新たな一歩を踏み出すことが出来ます。

今のまま5年、10年働けますか?漠然と不安を抱えたままの人生なんて嫌ですよね。

初めての転職なら

正社員としての転職に不安があっても、あなたの希望を元に働きやすい職場探しをしてくれます。「初めての転職で一番利用されてる」のがマイナビ。

職場環境や設備、ワークライフバランス、職場の雰囲気。長く安定して働ける事は大切。転職に不安があるなら、マイナビ薬剤師をまず利用したいですね。

総合評価
求人20~40代の正社員求人に強く、初めての転職で最も利用されている安心感が◎
サイトhttps://pharma.mynavi.jp/
強み利用者満足度No.1で、情報がタイムリーで新鮮
弱みパートだと求人が少ない場合も

マイナビを見てみる

 

薬剤師の登録者数No.1

やっぱり「大手の転職サイトが安心」なら、薬キャリがおすすめ。みんなが使ってる薬キャリだからこそ、素早い求人紹介が可能な体制が整っています。

あなたの希望条件に合った求人をコンサルタントが探してくれるので、転職活動で少しでもいい条件を探したい薬剤師に向いていますね。

総合評価
求人正社員からパートまで多くの求人
サイトhttps://agent.m3career.com/
強みスムーズな転職先探しに◎
弱み面接サポートが弱い

薬キャリを見てみる

 

調剤薬局への転職に

正社員・パートとして多くの薬局求人から探したいならファルマスタッフを利用したいところ。都市部から地方まで、全国対応してるのが強み。

「出来れば早めに転職したいな」と思っている場合などでも、すばやい対応してくれるので安心して求人探しが可能です。

総合評価
求人都心部から地方まで網羅
サイトhttps://www.38-8931.com
強み薬局・Dgs求人に強く、キャリアアップにも
弱み企業の求人には弱い傾向があり

ファルマスタッフを見てみる

転職で一番大切なのは、早めの行動。「急いて転職先を探さないと……」と思ってから求人探しをすると、判断が鈍ってしまうからなんです。

「転職で失敗する事」が無いよう、少しゆとりをもって行動するのが大切ですね。

マイナビ薬剤師
(正社員転職の満足度No.1)

薬キャリ
(薬剤師登録者数がNo.1の安心感)

ファルマスタッフ
(保険薬局の求人取り扱いが多い)