薬剤師と就職・転職活動

ドラッグストアを辞めたい理由から転職先を上手に選ぶ方法とコツ

ドラッグストアで働いていると、様々な理由から「辞めたい」と感じてしまい、実際に転職してしまう、薬剤師や登録販売者がいますよね。

私も以前ドラッグストア(調剤併設、OTCのみの両方)で働いていましたが、今は普通の調剤薬局で働いています。

「もうドラッグストア勤務はつらくて辞めたいな」という人に向け、参考記事です。

なぜドラッグストアを辞めたいのか?多い理由は?

人間関係で辞めたいというのは、どんな仕事であれよくあるケースですが、ドラッグストアを辞めたい理由は少し特徴的な部分があります。

ドラッグストアの退職理由で多いのが「店舗異動が多い」「年間休日が少ない」です。もちろん、あくまで人それぞれですが調剤薬局では少ない理由。

薬剤師であれば休日の少なさに不満を感じる人が多いかもしれませんし、登録販売者や一般スタッフならば年収が不満というケースも。

私が肌身に感じているところとして、ドラッグストアって長く働く人は長く働くし、合わない人は比較的すぐに辞めてしまいますよね。

入社前は結構いいイメージがある職場なんですが、理想と現実のギャップ!

この先何年も今のドラッグストアにいる事は想像出来ないな、、、という場合は早めに求人探しをしておくことが大切。

「結果として転職しない」事も選択肢としてしっかり持っておき、働きながら転職活動を行う事。自分の今の不満を解消出来る職場探しに向け、一歩踏み出しましょう。

薬剤師のケース

薬剤師であるならば、他の福利厚生が手厚い・休日が充実しているドラッグストアに転職しても良いと感じます。年収面だと「調剤薬局」だと落ちるイメージですが、都心部ではない限り、案外高年収です。休みも多めですしね。

いずれにせよ、大切なのは今の不満を解消出来る職場探し。

薬剤師の求人探しについては大きな注意点があり、それは以下の記事にまとめてありますが、読むのが面倒だというならば、大手の「マイナビ薬剤師」「リクナビ薬剤師」で求人紹介をスタートしてもらえば問題ないでしょう。

関連記事
薬剤師転職サイトの仕組みと利用前に注意したい事

登録販売者のケース

登録販売者であれば、特にパートで働いている人も多く、今後どうやって働いていくかという部分についてよく考えておきたいところ。今のドラッグストアが日曜に休めないのが不満であれば、調剤薬局などを選択するのもあり。

年収・時給については都心部ほど高い傾向にあり、年収を下げる転職も可能であるならば働きやすい職場を色々選択する事が出来るはずです。

もちろん正社員なら年収を上げる求人探しも出来るので、多くの求人を比較しながら、今よりもよい職場探しをしたいところ。求人は「登販エージェント」や、パートならば「チアジョブ登販」で紹介してもらうとスムーズです。

関連記事
登録販売者がドラッグストア以外で働くメリットとデメリットって何があるの?

一般従事者のケース

転職に関しては資格なしであるならば、かなり厳しい環境となっているのが実情です。美容部員などもドラッグストア以外の売上が大きく落ちているからです。しかし、つらくて辞めたいならばしっかり求人は探したいところ。

他社のドラッグストアに移るのか、あるいは「リクルートエージェント」などを利用し違う業界で働く事を選択するのか、多くの選択肢から選ぶ事が出来ます。これは「資格」があると、かえって取りづらい選択なのです。

とは言え、20代、30代までならば転職という選択肢もとれますが、40代以降であるならば、雇用状況が良くなるまで様子を見たほうが良い可能性が高いかもしれません。

ドラッグストアを辞めて薬局に転職ってどうなの?

ここからは薬剤師である私の経験談という部分ですが、ドラッグストアを辞め、調剤薬局に転職をして、実際どういうメリット・デメリットがあるかをお伝えしたいと思います。

※ドラッグストア、調剤薬局という表記をしていますが、あくまで便宜上ご容赦ください。実際、私が働いていたのは調剤併設もあったので、正確には保険薬局で同じです。まぁ細かい事は気にしないでください、言ってる意味分かりますよね(笑)

また、メリットデメリットとしましたが、人によっては「いやそれはメリットじゃないかな」と思う事もあるはず。その変は自分に置き換えるとどうかな?と考えて頂けるといいのかなと思っています。

ドラッグストアから薬局へ転職・デメリット

まずデメリットなんですが、裏を返すとドラッグストアで働くことのメリットということになりますよね。私が感じた、調剤薬局には無い、ドラッグストアの魅力は以下。

  • 色んな年代の人が働いている
  • 広いスペースで働く事が出来る

これぐらいですかね。あまりないのです。

色んな年代の人が働いている、のは薬局でも同じなんですが、ドラッグストアの場合は学生さんのバイトがいるのが大きな特徴です。学生と話すとなんかリフレッシュ!?出来るので私は「いいなぁ」と思っていましたが、衝突することもある。

また、薬局は基本ドラッグストアに比べると狭いです。調剤薬局の「大型店」と言われているところでも、ドラッグストアよりも狭いですよね。

広いスペースで働くっていうのは割と心に余裕が出来る要因かなと思っており、憧れです。でも自分は今は薬局で働いているので、隣の芝生は青い、、、といった所かもしれません。

ドラッグストアから薬局に転職・メリット

ドラッグストアを辞めて薬局で働き、感じているメリットは以下。

  • お休みがしっかりとれる
  • 案外年収も悪くない
  • 重いものを持つ機会が少ない
  • 客層が割と良い
  • 日曜は休み

少し「すべての薬局には当てはまらない」事もあるのですが、上記の通りです。

上記にはあえて書きませんでしたし私だけかもなんですが、ドラッグストアは結構「変な社員」が多いなと感じていて、、、よく怒鳴られました。薬局は割と落ち着いています。

お休みに関しては、私であれば年間休日が約123日+有給20日。日曜や年末年始はお休みです。年収に関しても、700~900万というところは30代のうちに目指せる部分なので、決して悪くなかなと思っています。地方に行けばもっと高いかもしれませんね。

あとは、客層の部分でいうと、どこでも変な客はいるものですが、薬局の場合は基本的に処方箋を持ってくる患者さんなので、比較的良いかなと思います。私はドラッスグストアでは、結構クレーマーとか客層悪いなと思っていたので、その点は安心しています。

あと重いティシュとか持つ機会が無いので、腰をやられるとかはほぼ無いですね(在宅やっていると、栄養剤は重いですが)。

ドラッグストア2社経験して、今薬局でそれなりに満足しているので、悪くないなと思っています。もちろん、ドラッグストアがいいなと思う事もあるんですけどね。

薬剤師なら色んな求人を見てみるのも良い

ドラッグストアを辞めたい薬剤師、登録販売者、いろんな事情があるかと思います。

ただ登録販売者の場合であると、調剤薬局の求人はまだ少ないのが現状。実質的には事務扱いとなるケースが多いですね(※ただし、手当が付く会社は比較的多い)

薬剤師の場合であれば、もしあなたがドラッグストアでしか働いた事がない場合、ぜひ薬局の求人を積極的に見てみる事をおすすめしたいです。これは将来を考えての事でもあります。

いま、ドラッグストアは出店攻勢も相変わらずの絶好調ですが、いつか曲がり角が来ます。間違いなく。インバウンド需要減でその弱さが一気に露呈したのも2020年でした。

ドラッグストアでも薬剤師需要は処方箋依存

いくら「ドラッグストアとして売上が立ってる」店舗であっても、処方箋を面で受けている、予想に反して伸びが悪いと不採算となってしまい、調剤は切られます。

ドラッグストア自体は残るけど、店内の薬局が閉鎖、、、という形になる。

そうすると実際もう登録販売者のみで運営した方が店舗経営的には良いわけで、そこで薬剤師が年収700万はとれません。まず間違いなく異動です。OTCだけ売る薬剤師ならば年収500万も難しいでしょう。

そういったわけで店舗異動が多いのが不満でドラッグストアを辞めたい薬剤師が多くなってくるわけですが、薬局であればいきなり閉鎖は非常に少ないです。もちろん無いわけじゃありませんが、それは処方箋を発行する医療機関の問題であるケースが大部分。

もちろん面で処方箋を受け付けるタイプのドラッグストアは素晴らしいのですが、やはり「自分が働く場所」とした時に、安定性には欠ける部分が多いのが実情です。

もっとも、都市部であればそこまで影響は無いはずですし、あなたが「ドラッグストア辞めたい」という原因は、薬局への転職で解決出来るのか?他社ドラッグストアへの転職で解決出来るのか?それがひとつのポイントです。

人間関係などでずっと悩んでいるなら、早めに職場を変えた方が良いですね。精神衛生上、良くないですし、まだまだ将来は長いんです。

「今はまだドラッグストアを辞めたいと思ってるけど、どこに転職するのがいいか悩んでいる」ケースがほとんどだと思います。

だからこそ、求人を紹介してもらう過程を通し、自分の働き方を見直す事が大切になってくるんですね。結果として転職しない、そういった選択も、転職活動を通じて生まれてくるものなのです。

ドラッグストアを辞めたいなら、隣の青い芝生を見てみましょう!少しの行動で今の視点が広がり、人生をよりよく変革する事が出来るかもしれませんね。

この記事で紹介した、求人紹介サイト

【薬剤師向け】
「マイナビ薬剤師」「リクナビ薬剤師」

【登録販売者向け】
「登販エージェント」「チアジョブ登販」

転職するか悩んだら

「将来を考えると違う職場を」そう感じても、実際どう行動すればいいか悩む薬剤師はとても多い。

・いまの環境を変えたい
・年収を大きく増やしたい
・パートで働き方を変えたい
・働きやすい所で落ち着きたい
・将来性がある会社で成長したい

そんな悩みを解決するには、自分に合った転職サイトに登録し「相談」する事。それが将来に備えるはじめの一歩です。

「転職するかしないか」は、転職活動を始めた後に決めれば問題ないからです。

利用者満足度No.1

正社員としての転職に不安があっても、あなたの希望を元に働きやすい職場探しをしてくれます。もちろん年収がアップする求人が多いのが特徴。

職場環境や設備、ワークライフバランス、職場の雰囲気。長く安定して働ける事は大切。転職に不安があるなら、マイナビ薬剤師をまず利用したい所。

総合評価
求人「会員限定」の求人で自分に合った働き方探しに
サイトhttps://pharma.mynavi.jp/
強み20~40代の正社員転職に強く、利用者満足度が高い
弱みパートだと求人が少ない場合も

マイナビを見てみる

 

年収重視なら

収入面など「自分の希望条件で転職したい」という薬剤師なら、ファーマキャリアがおすすめ。手厚いサポートで、求人探しを手伝ってくれます。

すでに転職活動していて良い求人がなかなか見つからない場合でも、コンサルタントに任せる事であなたの条件に合う求人紹介をしてくれます。

総合評価
求人特に正社員で年収を上げたい場合に
サイトhttps://pharmacareer.jp/
強み転職後のサポートも手厚い
弱み企業系の求人は期待出来ない

ファーマキャリアを見てみる

 

大手チェーンで働きたい

正社員・パートとして大手チェーンで働きたいならファルマスタッフを利用したいところ。転職エージェントが親身に相談に乗ってくれます。

「出来れば早めに転職したいな」と思っている場合などでも、すばやい対応してくれるので安心して求人探しが可能です。

総合評価
求人正社員からパートまで多くの求人
サイトhttps://www.38-8931.com
強み薬局・Dgs求人に強く、キャリアアップにも
弱み企業の求人には弱い傾向があり

ファルマスタッフを見てみる

転職で一番大切なのは、早めの行動。「もう限界」と思ってから求人探しをすると、判断が鈍ってしまうから。

「転職で失敗する事」なんか無いように、ゆとりをもって行動するのが大切ですね。

マイナビ薬剤師
(正社員転職の満足度No.1)

ファーマキャリア
(特に年収重視の正社員向け)

ファルマスタッフ
(正社員からパートまで薬局求人多い)

リクナビ薬剤師
(人材紹介大手リクルートの安心感)

上記:ファルマスタッフ