薬剤師と就職・転職活動

薬局の人間関係がつらい!お局事務・パワハラ店長への対処法

薬局を辞めたくなるような人間関係、それはいつでも悩みの種ですよね。少しくらいお給料が安いなって感じたって、人間関係さえよければ仕事は続くもの。

どんな会社だって、退職してしまう原因の一番は人間関係。

お局事務、能力がいまいちな店長のせいで悪い環境が生み出されてしまいます。

そして、そうした人間関係の悩みが大きく出やすいのが調剤薬局です。特にパワハラですよね。客観的におかしな行為をしている人は、割と多いものです。

特にまだ社会人経験が浅い新入社員や、調剤薬局に就職したばかりの人など、それを「どこでも当たり前の事なのかも。自分が弱いのかな。」と思ってしまうのが、怖いところです。

一口に「パワハラ」と言っても、形は様々です。怒鳴られたりする事だけではありません。上司だけでなく、部下・同僚からでも同様の事が起こります。

薬剤師同士じゃなくても、かなり多いのが、何年も勤めているお局事務スタッフさんからだったりもします。

一例ですが、以下に該当するのであれば、一般的な「パワハラ」に該当します。

  • 厳しい叱責(精神的な圧迫)
  • 無視をする(あいさつをしない等)
  • 過剰な業務の押しつけ
  • 仕事を教えてくれない
  • プライベートの過度な詮索
  • 懇親会等の無理な強要
  • 業務時間外の研修の強制

参考:パワーハラスメントの定義について(厚生労働省)

いくら「人気のチェーン調剤薬局」「ホワイト企業」だって、一つの薬局で働く人は数人。多くても十数人ですよね。会社はあまり関係ないんです、その薬局それぞれで色々問題が生じます。

会社としては悪い会社とは全く言えなくても、ある薬局においては人間関係の中でブラック化が起きてしまう、それが調剤薬局の特徴です。狭い空間という事も影響しています。

あなたが「もう本当につらくて出勤したくない・・」という状況であるなら、しっかりと対処が必要。からだが壊れてからじゃ手遅れなのです。

まずあなたが取るべき対処法を、順を追ってお伝えしていきます。

まずは上司に相談し薬局人間関係の改善を

薬局での人間関係のつらさ、あなたに信頼できる上司と言える人がいるならば、まずは相談してみましょう。それが第一歩です。

上司というのはその薬局の管理者か、ブロック長、小さな会社なら部長や社長かもしれません。上司への相談、この場合なるべくメールで伝える事。

電話だとやり取りの記録が残りませんし、はぐらかされる事も。上司もあまり面倒事に関わりたくはありません。文章にすることであなた自身の考えも、きっとまとまります。

大手のチェーンであれば、相談窓口もあるはずで、そういうところに相談するのもベターです。ただできれば現場に近い人の方が、よく分かってくれます。

ちなみに言葉による叱責がつらい場合は、ボイスレコーダーで録音しておく事は、しっかり証拠として残すためには必要で、動かぬ証拠となります。

▼注意点

あなたが思っている以上に、パワハラ判定はされにくい事には注意が必要です。あなたが苦痛に思えばそうですし、何も感じなければ問題ない行為となるのです。

例えば「怒られた時の音源」を証拠として持っていたとしても、どこからが「度を越した」指導か、というのは判断しづらいもの。

本質的にパワハラは「受けて側の感覚」であるため、よほど度を越したケースでない限り、それを根拠に対応という所は難しいのが実情です。

もちろん「その証拠」を持って社外のしかるべき場所で裁判を起こす事は可能ですが、非常に体力・気力を使う行動ですね。

そんなあなたの相談も、しっかりと理解のある会社、上司であれば、この時点で配置転換(薬局異動)という形で対処してくれます。

お局事務とかって何年も同じ薬局に居座るケースが多いんですよね。

上司としての一番まずい対応が、あなたの働く薬局スタッフに注意して終わりというケースです。この場合、さらに人間関係が悪化してしまう可能性が非常に高いので、上司にも恵まれなかったと思い、もう諦めましょう。

また、会社として数店舗規模の小さい薬局であれば、なかなか人間関係の改善を見越した配置転換というのは望みづらい環境です。

まずはあなたの信頼できる上司に相談し、それで改善が見込めないなら退職も視野に入れてください。いまの職場はやめて、転職してもいいかな、そう思える事で、気の持ちようも変わってくる事が多いのです。

お金より何より、長く安心して働ける環境に身を置く事が大切ですよね。

【最悪】人間関係のつらさを相談できる上司がいない

上司はいるけど、頼りにならない上司ばかり。あなたの薬局での人間関係のつらさについては実際見ているわけではないし、確かに限界はあります。

ただそもそもの話として、とても自分のつらさを分かってくれそうもない、以前相談したけど軽くあしらわれた、深刻に思ってくれない。

よくあるケースです。というか、残念ながらたいていは、そんな上司ばかりです。「面倒事」には関わりたくないのです・・。

そんな場合は、友達や親、あるいは大手チェーンであれば他の薬局に勤務する同期に相談してみる事もあるでしょう。

とても親身になってくれる、信頼できるとは言え、実際問題なかなか具体的な対応ができないのが、友達・親・同期です。

ただ、「話して相談するだけで心が楽になる」という事も多く、やっぱりあなたが信頼を寄せる人に相談するという事はとても大切な事なのです。

誰かに話して楽になる事はとても大事です。ただ具体的には何も解決されていない事はよく理解しておきましょう。時間が解決する問題ではないのです。

あなたが本当につらくてしんどい・・そう思うならば、自分にウソをついて我慢し続ける事は絶対にやめましょう。

繰り返しますが、心身を壊してはなかなか元に戻れないですし、なによりそこまで疲れ果てながら働き続ける必要性はあるでしょうか?

ただやはり信頼できる人がいる場合は、恵まれています。

働く環境はなかなか変えられないですが、働くという事以外でも相談できる人がいるという事は、あなたのとても大きな財産です。

薬局では今とてもつらいかもしれませんが、職場さえ変わって落ち着く環境になれば、安心して生活できますよね。そういう方はとても恵まれています。

20代、30代のうちは何も心配する必要はありません。かえって、40代、50代になるとあまり相談できる人がいなくなってくるもの。

また若くても、部下を抱える立場になったらなったで、上司と部下(そして家庭)との板挟みにあい、精神的にはきつい状況が生まれやすくなってきますね。

お局事務・パワハラ店長がきつくて職場を変える必要性は?

上司に相談してもなかなか有効な対策をしてくれない事が多いなか、職場を変えるという選択肢はしっかり持っておきましょう。

それだけでもつらさが紛れ、気が楽になりますよね。

小規模薬局での異動は難しいのは言うまでも無いものの、大手チェーン薬局でも「異動希望」を全員承認したらキリがないという事情もあり、簡単には異動させてくれないのです。

▼薬剤師であれば、他の調剤薬局に転職検討してもいいですし、働くスペースも人間関係をぎくしゃくさせる原因になっています。
そのため、企業や広い調剤併設ドラッグストアへの転職も検討したい所。

▼事務スタッフであれば、あなたが正社員かパートかで大きく変わりますが、どこも人手不足の状況。
他業種への転職もいいですし、調剤事務スタッフの採用が難しい環境なので、あなたの経験は大きく生かせます。

薬剤師の場合

まず注意が必要なのは、相変わらずの薬剤師不足です。そのためいくらあなたが「いまの薬局はつらい」と思っていても、引き留めにあう可能性が高いです。

たいていは「辞めようかな」と思い、それを上司に伝え、はじめて引き留められます。

ただその状況になってようやく対処してくれるような薬局は、間違いなく働く環境として非常に悪いです。結局は、薬剤師不足のために引き留めてるだけなのですから・・。

ちなみにあなたがつらい状況に置かれているのに「自分が辞めたらこの薬局は人手不足になるからやめづらいな」という考えは捨てましょう。本末転倒で、身体を壊します。

一番スムーズなのは、「辞めようかと思っている」ではなく、「次の就職先を決めました」です。実際は決まってなくても、薬剤師転職支援会社に登録しておくだけで大丈夫です。

注意点としては、電話対応1本で求人紹介してくる転職支援会社もあるので、そういったところは選ばない事。働きやすい環境を選ぶには、求人募集している会社の情報をしっかり持っている事が大切です。

薬剤師の転職サイトは100社以上ありますが、会社のスタッフの声や会社の雰囲気が分かる「職場カルテ」という自由に閲覧できる情報を公開している、マイナビ薬剤師が大手で安心です。

もちろんまず相談からというスタンスOK。いい求人があれば、職場を変えることで人間関係はあっという間に変えることが出来るんです。

マイナビ薬剤師(公式サイト)

マイナビ薬剤師の評判は?転職体験談と利用方法!

事務スタッフの場合

事務スタッフとして、他社の薬局に勤めたい場合、残念ながら薬剤師のように転職サイトはありません。主に採用情報はハローワークに出されています。

ハローワークを利用した事のない方も多いかもしれませんが、今はネット検索が可能です。実際足を運ぶ必要がありますが、「やはり薬局事務として働きたい」という場合、積極的に利用していきましょう。

ハローワークインターネットサービス

「いや、もう薬局とは違う業界で働きたいな」という場合、今は多くの人材紹介会社が存在します。どの職種も人手不足なのはご存知ですよね。

そういったケースで利用したいのは、リクルートエージェント。良く聞くリクナビNEXTと同じ会社が運営していますが、メールだけの対応とは違い、担当者がしっかり対応してくれます。

リクルートエージェント 公式サイト

私もそうですが、薬剤師はどうしても「薬剤師」に縛られてしまいます。ただ、違う世界に飛び込んでみる事、それを選択肢にしてみる事はメリットの大きい手段ですね。

まとめ

誰しもこの薬局辞めたいな、つらいなと思う事はあるもの。・・ではありません。みんながみんな、我慢しながら働いている訳ではないのです。

お局事務、パワハラ店長と一緒に働くことになっている環境は悲劇!でも対処する事は出来るんです。

大変だな、忙しい時期でしんどいな、そういった事はよくありますが、人間関係のつらさはいつ終わるか分からない事が一番のしんどいところで、本当に厳しいものですよね。

まずは一歩行動してみる事。働き方は大きく変わり、便利で自由なツールは今に働く人の特権です。

一度外の世界を少しでも見てみる・聞いてみる、そうするだけで大きく視界が晴れてくる事は間違いありません。いつまでもつらい思いをしないでくださいね。

今の仕事に悩んだら

「将来を考えると違う職場を」そう感じても、実際どう行動すればいいか悩む薬剤師はとても多い。

・いまの環境を変えたい
・年収を大きく増やしたい
・パートで働き方を変えたい
・働きやすい所で落ち着きたい
・将来性がある会社で成長したい

そんな悩みを解決するには、自分に合った転職サイトに登録し「相談」する事。それが将来に備えるはじめの一歩です。

「転職するかしないか」は、転職活動を始めた後に決めれば問題ないからです。

利用者満足度No.1

正社員としての転職に不安があっても、あなたの希望を元に働きやすい職場探しをしてくれます。もちろん年収がアップする求人が多いのが特徴。

職場環境や設備、ワークライフバランス、職場の雰囲気。長く安定して働ける事は大切。転職に不安があるなら、マイナビ薬剤師をまず利用したい所。

総合評価
求人「会員限定」の求人で自分に合った働き方探しに
サイトhttps://pharma.mynavi.jp/
強み20~40代の正社員転職に強く、利用者満足度が高い
弱みパートだと求人が少ない場合も

マイナビを見てみる

 

年収重視なら

収入面など「自分の希望条件で転職したい」という薬剤師なら、ファーマキャリアがおすすめ。手厚いサポートで、求人探しを手伝ってくれます。

すでに転職活動していて良い求人がなかなか見つからない場合でも、コンサルタントに任せる事であなたの条件に合う求人紹介をしてくれます。

総合評価
求人特に正社員で年収を上げたい場合に
サイトhttps://pharmacareer.jp/
強み転職後のサポートも手厚い
弱み企業系の求人は期待出来ない

ファーマキャリアを見てみる

 

大手チェーンで働きたい

正社員・パートとして大手チェーンで働きたいならファルマスタッフを利用したいところ。転職エージェントが親身に相談に乗ってくれます。

「出来れば早めに転職したいな」と思っている場合などでも、すばやい対応してくれるので安心して求人探しが可能です。

総合評価
求人正社員からパートまで多くの求人
サイトhttps://www.38-8931.com
強み薬局・Dgs求人に強く、キャリアアップにも
弱み企業の求人には弱い傾向があり

ファルマスタッフを見てみる

転職で一番大切なのは、早めの行動。「もう限界」と思ってから求人探しをすると、判断が鈍ってしまうから。

「転職で失敗する事」なんか無いように、ゆとりをもって行動するのが大切ですね。

マイナビ薬剤師
(正社員転職の満足度No.1)

ファーマキャリア
(特に年収重視の正社員向け)

ファルマスタッフ
(正社員からパートまで薬局求人多い)

リクナビ薬剤師
(人材紹介大手リクルートの安心感)

上記:ファルマスタッフ