薬剤師と就職・転職活動

「薬剤師の年収」情報を読み解く1つのコツ

はい、薬剤師の年収という部分は、一番気になるところかなと思います。
今回はそういった事を考えるにあたり、知らないと「こんなはずじゃなかった!」と思うような、いくつかの重要な注意点をお伝えしたいと思います。

「薬剤師 年収」で検索している人が多い

年収、やっぱ気になりますよね。自分のも、他人のも。なにしろ「薬剤師」でgoogle検索しようとすると、あとに続く検索候補の最上位に、「薬剤師 年収」とでますからね。

企業の口コミは、不満の持った人ほど投稿している

薬剤師は転職で年収が上がっていく側面が強いのでこれは仕方ない事かと思います。
しかし薬剤師の年収については残念ながら「正確なデータ」というものを提示する事がとても難しいのです。
ネット上に転がっている情報は、半分ウソで、半分ホントと思ってください。

年収についてもそうなんですが、「口コミ」みたいなものを見ると、情報が玉石混合、めちゃくちゃだなと思う事も多くあります。
その職場が嫌になって退職した方が投稿すれば、不満のかたまりのような情報となるでしょうし、そもそも満足して働いている方は「満足してます」投稿なんかしないでしょう。より注意が必要なところですね。
「調剤薬局は年収600万で頭打ち」みたいな記事も良くみますが、私が10年ほど前、30歳の時は

  • 東京都内の(都心の方が年収が低いと言われている)
  • 大手チェーン薬局(大手チェーンの方が年収が低いと言われている)

だったものの、年収700万前後で、そこからも今は相当上がっていますから、それだけで、ネットに転がっている情報の信頼性が低い事がわかるかと思います。
(いや、証拠を示せと言われたら給料明細を差し出すしかないんですが)

ただ私の実体験を抜きにしても、情報の信頼性が低いという理由は簡単で、薬剤師の働く職場おいてはいわゆる「上場企業」が少なく、四季報などで公表されている正式なデータが無いからです。

比較データが無い、薬剤師の年収。その理由

例えばあなたが銀行員であれば、おそらく上場企業である可能性が高いでしょうから、他社との比較が可能です。
しかし薬剤師が働く職場で上場企業といえば、製薬会社、大手調剤チェーン、大手ドラッグストア、これぐらいしかありません。

MRで転職を検討されている方には参考材料も多いのですが、薬局、病院に至っては、客観的な比較をしようにも、ほとんど手がかりが無いのです。
(ほとんど、と記載したのは、定期的に厚生労働省が行う調査によって薬剤師の賃金、年齢や所属規模ごとに、データが公表されていますが、15万人程もいる薬剤師の母数からすると抽出人数が少なく、あまり参考にならないのが現状です。)調剤チェーンの上場企業といっても、薬局数全体からすると2割程度しかなく、

大手10社の市場占有率 薬局数は約10%

大手10社の市場占有率 売上高は約15%

多くが中小薬局で占められている(これは極めて特殊な業界です!)ために、あまりアテになりません。
はっきりと分かるのは、公務員薬剤師くらいなのではないでしょうかね。そういう環境なのです。

上場企業は、利益を株主還元しなくてはいけない

さて、上場企業のお話しをしたので触れておきますが、上場企業では利益を株主に還元していかなくてはならないために全体としては給与水準は低い傾向となります。
(一般論ですが、会社の利益は、株主配当、従業員給与、設備投資の3つに振り分けられます)
調剤チェーンにおいてはこの株主配当の有り無しという差はかなり大きいかな、というところはあります。

ただ一般株主がいるという事は、しっかりと事業計画を練り、その会社を経営していなかくてはいけない、つまり継続的な企業運営が必要という部分では安心できるのかと思います。
そうじゃないと株主から見放されちゃいますからね。
まぁ市場からお金を調達している訳なので仕方ありません。株式会社であっても中小チェーンであれば、株主もその会社の役員などでしょうからあまり問題ないんですがね。

となると、じゃあやっぱり大手よりも中小の方がいいのかな?と思うかもしれません。これは一長一短あるかと思います。(退職金について触れた記事もご参照ください)
確かに入社時点では大手は低めの給与水準ですが、きちんと経験を積んでいけばいつまでも平社員、と言うことがありません(――もっとも今は昇進したくないという方が多いのも事実ですが)

企業内でステップアップし、いずれはマネジメントしたいなというような方は、長い目でみると、そして企業の存続という観点からすると、安定的な働き方をする事ができます。

ちなみに私は25才の時に都内の中小調剤チェーンに人材紹介会社を介して入社しましたが、その時は年収450万円の契約でした。(人材紹介会社の方とのメールのやり取りが残っていました)

基本給:285,000円

賞与:年間1,100,000円

年収:約450万

人材紹介会社で年収交渉が出来る

これは「探していたら年収450万円の求人がたまたまあった」のではなく、「人材紹介会社に年収450万円の希望を伝えて交渉してもらった」結果です。
個人で転職活動していたら難しい金額だったかもしれませんね。会社面接はしましたけど、お金の交渉はやり辛いところなので、そこを任せていた事は気が楽でした。
薬剤師の求人紹介会社を選ぶ際も注意が必要なので気を付けてくださいね。

あくまで転職情報は参考程度に

ネットに転がっている、薬剤師の年収情報はあんまりアテにならないので、参考に留めておいた方がいいです。
ましてや、「薬剤師 年収」でひとくくりにする事なんか、労働条件が不明であってしっかりとは判断できません。
少し個別に細かく見ていく必要があります。そんな簡単な事ではないにしても、難しいですねぇ。

薬剤師採用担当のおすすめ
【2020年3月27日追記】
以下、のんびりと「おすすめ求人サイト」なんて紹介していたんですが、この状況下、かなり薬剤師求人が減少してしまいました。

なぜなら、薬局の経営が患者数減によって一時的に極めて悪化しているため。

目安として9月末まで位に転職を考えている薬剤師なら、「おすすめ」なんて関係なく、複数の求人サイトに登録しておかないと「就職先が見つかりづらい」なんて事も。

損は無いので3~5社程度には登録し、会員にしか紹介されない非公開求人から、あなたに合った求人探しをしてもらいましょう。

https://pharma.mynavi.jp/
(マイナビ薬剤師)

https://www.38-8931.com/
(ファルマスタッフ)

https://rikunabi-yakuzaishi.jp/
(リクナビ薬剤師)

https://pharmacareer.jp/
(ファーマキャリア)

https://pcareer.m3.com/
(薬キャリ)

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師は、薬剤師が転職を考える上では切っても切れない会社。
調剤薬局や、調剤併設ドラッグストア求人に強く、働きやすい職場探しが出来ます。もちろん、担当者さんのサポートも抜群。
◆厳しい基準をクリア◆
人材紹介会社全国約2万社のうち、40数社しか認定されていない「厚生労働省委託事業 職業紹介優良事業者」に認定されています。
総合評価
どんな求人?薬局、調剤併設Dgsなら利用必須。正社員・パートとも厚待遇。
強みいつか転職を考えてる初心者にも対応◎
弱み病院の求人は少なく、派遣も取り扱いなし

公式ページ

ファルマスタッフ
ファルマスタッフは、親会社を日本調剤に持つ、薬局求人に非常に強い、薬剤師転職サイトです。
派遣薬剤師としても働けることから、全国的に薬局求人には大変強く、そして年収を上げるための転職にはぜひ利用したいんです。
◆厳しい基準をクリア◆
マイナビ薬剤師と同じく「職業紹介優良事業者」に認定されています。この認定を受けているのは、薬剤師転職サイトでは、この2社のみ!
総合評価
どんな求人?薬局への転職で年収を上げたい人に。
強み親身なサポートが親切。派遣で働くにも◎
弱み病院、企業の求人に弱い

公式ページ

リクナビ薬剤師
リクルート社が運営する、薬剤師の転職サイトで、薬局から企業まで幅広く探せるのが魅力。
比較的「自分でも求人情報を探しやすい」という事もあるので、マイナビ薬剤師かファルマスタッフ、いずれかと併用する形がベスト。
◆リクルートならではの求人◆
企業からの知名度は、リクルートはNo.1。つまり、リクナビ薬剤師にしか無い非公開求人を見つけられる可能性が高いんです。
総合評価
どんな求人薬局、Dgsはもちろん、企業まで幅広い
強みリクルートならではの転職ノウハウが◎
弱みサポートは弱いが、逆に30~40代向き

公式ページ

RELATED POST