薬剤師と就職・転職活動

薬剤師と退職金問題

いまあなたが働いているところ、就活しているところは退職金制度はありますか?まず制度をきちんと確認してください!

「あまりよく知らない」という方が非常に多いのです。

これはライフデザイン、つまり就職から始まり、退職後の生活までを考えていない事と同じであり、後々困った事に陥る可能性が秘めていることなのです。

なかなか厳しい中小のチェーン薬局

おそらく中小のチェーン薬局では、退職金制度があるかもしれません。中退共(中小企業退職金共済)と呼ばれるものです。

これは会社が毎月いくらか中退共に積み立てるような形で、退職時に支払われるものです。
「いくらか」は会社の就業規則の中の、退職金規程に記載されています。

「いくらか」がもし月1万円であったとしましょう(1万円は一般的な金額ですが、5,000~30,000円の間で事業者が設定する事ができます)

大卒24歳で就職し、60歳の定年まで働き退職するといくらもらえるかというと、たったの約500万円です。

もちろん、もし3万円会社が拠出してくれていれば、1,500万円です。まぁそんな会社はほぼありません。

薬剤師は転職される方が多いので、経験したことがある方も多いかもしれません。

この中退共に加入している会社を辞めると退職金が支払われるのですが、5年働いた退職金が20万以下だった、なんて話はよく聞く話です。

ないよりはもちろんいいんですが、ちょっと、いやかなり心もとないですね。

そもそも全国にある中小企業のうち、この中退共に加入している会社は1/10にも満たないので、「500万かぁ、少ないなぁ」の前に、まずはしっかりと制度を確認しましょう。

いわゆる「退職金」があるところは大企業でも減っている

じゃぁ、大手の製薬企業であれば、それはもうたくさんの退職金が用意されているのでは!と思いますよね。
なんとなく、イメージだと、T薬品工業の退職金は4,000万、みたいな。
(※ただ、薬局の薬剤師は、定年後も一定の給与で働く事ができるのは大きな強みです。)

しかし、多くの大企業でも、むかしの「退職金」というようなものはどんどん無くなっています。製薬企業もそんな経営的によろしく無くなってしまったのです。

退職金額も減りつつあります。そして、それに替わる制度としてどんどん台頭してきているのが、確定拠出年金です。

確定拠出年金を取り入れている企業が多い

確定拠出年金には、個人型(iDeCo)と、企業型があります。

両社に大きな違いもありますが、そもそも制度全体をここで説明しようとするならば、まるまるホームページを新設しなくてはならなくなります。

この制度は、説明を受けても「よく分からないからひとまずやらない」という人が多いのが特徴なんですが、企業型の確定拠出年金制度がある会社であれば、絶対にやるべきです。

規模が大きい薬局やドラッグストアでも導入しているところが多いと思います。簡単にどんな制度かと言うと、

会社または自分の給与の中から一定金額を拠出し、運用していきます。
60歳まで受け取れないのがデメリットですが、拠出金額は所得控除される(給与とみなされない)ので、結果として月々の所得税、社会保険料、健康保険料等々、が減る事になります。

月5万円手取りでもらうと色々引かれて4万円前後になってしまいますが、その「色々引かれる」ことなく5万円を運用する事ができます。
もし手取りで3.5万円になってしまう方であれば、1.5万円の税金・社会保険料等の節約効果があり、その節約効果だけで、30年で、540万円になります。

5万円の積立金(運用なし)だけでも1800万ですから、60歳まで受け取れないのがデメリットであると同時に、引き出せないために老後の資産づくりには、もってこいの制度となります。
今後は退職金も年金も減るだろうから、自己責任で老後の資産は作ってね、という国の施策なのですが、非常にメリットの大きい制度です。

結構ざっくりな説明ですので、詳細「確定拠出年金」で調べてみてください

中小企業だけど確定拠出年金導入すればいいじゃん!と思う方も多いと思うのですが、手間がかなり掛かるので、導入している会社は少ないと見るべきでしょう。

個人型確定拠出年金もおすすめ

先ほど、確定拠出年金には、個人型と企業型があるとお伝えしました。個人でできるのが、通称iDeCo(イデコ)です。よくCMしてますよね。これを使えば中退共の方も安心です。

少し企業型に劣るのは、会社員の上限は、月2.3万円までで、銀行や証券会社等に手数料を払わなくてはいけません。(企業型は会社が証券会社に手数料を払ってくれています)
でも受け取った給与から拠出するものの、確定申告で、ばっちり所得税と住民税が還付されますよ!やらなきゃ損ですね。確定申告、面倒なんですけどね。

お金の事は、知らない事が一番怖い

かなりざっくりとどんな退職金制度があるのか見てきましたが、何より無知であるという事が一番怖いです。

まずはお勤めの会社、就職希望の会社、しっかりと確認しておきましょう。

この記事をきっかけに「なんだかよく分からないけど資料だけでも取り寄せてみようかな」と思って頂ければ幸いです。

長生きリスク、だなんて最近よく言われますが、長生きを決して〝リスク″になんかしないで、若いうちから少しずつでも準備しておき、幸せな老後を送りたいところですね。

薬剤師採用担当のおすすめ
【2020年3月27日追記】
以下、のんびりと「おすすめ求人サイト」なんて紹介していたんですが、この状況下、かなり薬剤師求人が減少してしまいました。

なぜなら、薬局の経営が患者数減によって一時的に極めて悪化しているため。

目安として9月末まで位に転職を考えている薬剤師なら、「おすすめ」なんて関係なく、複数の求人サイトに登録しておかないと「就職先が見つかりづらい」なんて事も。

損は無いので3~5社程度には登録し、会員にしか紹介されない非公開求人から、あなたに合った求人探しをしてもらいましょう。

https://pharma.mynavi.jp/
(マイナビ薬剤師)

https://www.38-8931.com/
(ファルマスタッフ)

https://rikunabi-yakuzaishi.jp/
(リクナビ薬剤師)

https://pharmacareer.jp/
(ファーマキャリア)

https://pcareer.m3.com/
(薬キャリ)

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師は、薬剤師が転職を考える上では切っても切れない会社。
調剤薬局や、調剤併設ドラッグストア求人に強く、働きやすい職場探しが出来ます。もちろん、担当者さんのサポートも抜群。
◆厳しい基準をクリア◆
人材紹介会社全国約2万社のうち、40数社しか認定されていない「厚生労働省委託事業 職業紹介優良事業者」に認定されています。
総合評価
どんな求人?薬局、調剤併設Dgsなら利用必須。正社員・パートとも厚待遇。
強みいつか転職を考えてる初心者にも対応◎
弱み病院の求人は少なく、派遣も取り扱いなし

公式ページ

ファルマスタッフ
ファルマスタッフは、親会社を日本調剤に持つ、薬局求人に非常に強い、薬剤師転職サイトです。
派遣薬剤師としても働けることから、全国的に薬局求人には大変強く、そして年収を上げるための転職にはぜひ利用したいんです。
◆厳しい基準をクリア◆
マイナビ薬剤師と同じく「職業紹介優良事業者」に認定されています。この認定を受けているのは、薬剤師転職サイトでは、この2社のみ!
総合評価
どんな求人?薬局への転職で年収を上げたい人に。
強み親身なサポートが親切。派遣で働くにも◎
弱み病院、企業の求人に弱い

公式ページ

リクナビ薬剤師
リクルート社が運営する、薬剤師の転職サイトで、薬局から企業まで幅広く探せるのが魅力。
比較的「自分でも求人情報を探しやすい」という事もあるので、マイナビ薬剤師かファルマスタッフ、いずれかと併用する形がベスト。
◆リクルートならではの求人◆
企業からの知名度は、リクルートはNo.1。つまり、リクナビ薬剤師にしか無い非公開求人を見つけられる可能性が高いんです。
総合評価
どんな求人薬局、Dgsはもちろん、企業まで幅広い
強みリクルートならではの転職ノウハウが◎
弱みサポートは弱いが、逆に30~40代向き

公式ページ

RELATED POST