薬剤師と就職・転職活動

薬局の店舗異動したくない場合どうすればいいの!?

調剤薬局で何年か働いていれば、薬剤師に必ず訪れるのが店舗異動の打診です。

人によっては「今の薬局で働くのは嫌だから異動はうれしい!」と感じるかもしれませんが、そうではないケースもかなり多いはず。

今の薬局で不満なく働いていれば、誰だって異動なんて嫌に決まってますよね。そもそも少しの不満があったって、環境が変わるのは大きなストレスです。

さて、薬局店舗異動がネガティブな要因としては、以下の例が挙げられます。

  • 薬剤師が足りていない店舗に異動するので、仕事がむちゃくちゃ忙しくなる
  • 通勤時間が大幅に伸びて、日常生活に影響が出る
  • 転居・引っ越しを伴う異動で、そもそもあり得ない(地方とか、結婚しているとかetc…)
  • 異動先の薬局の人間関係が悪いかもしれない
  • 仕事内容が変わる対応(処方箋科目や在宅中心など)

細かな事を挙げればキリがないのですが、大きなところだと上記の様な感じでしょう。

「異動と言われたって『嫌です』と断れば良い」という環境の薬剤師なら、何も問題無いんですが、そう言い続けられなかったり、断れない事情がどうしたって出てもきます。

そこでまず異動に関して、大前提となるのは、以下です。

異動を拒否すると、会社としては懲戒処分を行える

もちろんこれは就業規則に「異動がある」旨の記載がある場合ですが、普通はあるはずです。つまり異動拒否は、就業規則に反してしまうわけです。

解雇される事はあまりないでしょうけども、異動拒否をすると減給とか処分されても何も言えないのが雇用されている薬剤師なのです。

そのため、社会通念上、異動を拒否するという事はあり得ない事です。あなたが薬局異動を拒否したいなら、会社を変え、他の薬局で働くというのが筋なのです。

※懲戒解雇された場合は訴えれば勝てる可能性も高いです。ただ訴訟するのは現実的に非常に大変ですから、そんな状況に陥らないに越したことはありません

繰り返しですが、異動を嫌というわがままが通る職場ならそのまま通しましょう。誰か他の薬剤師があなたの代わりに異動してくれるかもしれませんからね。

ただもうそういう状況・環境ではないなら、どれほど嫌でも異動を受け入れるか、転職するという選択肢をとるしかありません。

異動を拒否するとか、普通に考えて社会人失格ですからね。

あなたの働く条件にフィットした求人があるか、まずは「マイナビ薬剤師」に問い合わせてみましょう。求人が多いため、意外と働きやすい求人は多くあるものなんです。

上記が結論となってしまいますが、以下私の経験談とか思う事などをちょっと記載してみようと思います。

薬局の異動は嫌という気持ちはよく分かる

私もずっと薬剤師として働いてきて、薬局の店舗異動も何度と経験しました。嬉しい・良かったなと思う異動もあったし、逆に嫌だという異動ももちろんありました。

だから、嫌っていう気持ちもよく分かるんですよね。なんでせっかく落ち着いて働いているのに、異動しないと行けないのかと。しかもたいてい異動って、他の薬剤師が退職したとか産休に入ったとか、自分とは直接関係の無いケースしかありません。

新店舗ができるからそこのスタッフとしてとかならまだ気持ちも新たに出来ますけど、なかなかそういうケースじゃない事がほとんどですからね。

まぁそれでも自分の場合はなんとか折り合いつけて仕事出来ましたが、むしろ「異動が嫌だ」という他の薬剤師の話はよく聞きました。

  • 異動先の管理薬剤師(店長)の評判が悪い
  • 事務スタッフでキツい人がいる
  • 精神科メイン(嫌がる人が多い)
  • 休みがとりづらくなる店舗になる
  • 今のところが気に入ってるから嫌

まあ、いろいろ理由はありますよね。

他人から見たら大した事無いとか思われる理由であっても、やっぱり自分自身にとっては大きいことです。数日だけヘルプ要員として働くのとはワケが違いますからね。

ただなんとなく傾向としてあるのは、店舗異動を嫌がる傾向にある人は、結局は働いている会社(薬局)が合っていない感じなのか、長く勤める人は少ないケースが多いという事です。

これは薬局店舗異動が嫌で退職してしまう薬剤師が良くないという意味では無く、単に働いている会社と相性がよくない問題かなと感じています。

薬局の異動が嫌でごねる作戦は有効か?

それでは薬局の店舗異動を打診されたけど、嫌だ。そのため嫌だとごね続け逃げるのは得策なのでしょうか?

これはこの記事の冒頭でお伝えした懲戒処分もあり得るという事もありますが、あまりおすすめは出来ない方法です。

なぜなら、先ほど私も薬局店舗異動を経験して「嫌な思いをしたことがある」と書きましたが、これはあくまでいち従業員の立場としてです。

私も今はエリマネですし、もちろん部下が管理薬剤師から一般スタッフまでいます。

そんな今の立場で、例えば薬局長に異動を伝えて難色を示されたら、もうその薬剤師に対する信頼とかなんて一切なくなります。

一般薬剤師に対してだってそうで、異動嫌ですとか言われたら、めんどくさい薬剤師だなとしか思えません。

なるべく「異動を嫌だと感じる薬剤師に共感」するように記載してきましたが、実際は面倒くさいとしか思えません。

なんだかんだ、やっぱり社会人として失格。責任がない。そういう結論になってしまいます。

会社として薬剤師を労働力として雇い入れている訳ですからね。別に辞めても他の薬剤師を採用すれば良いだけです。

……でも、やっぱり異動が嫌って言う気持ちも分かるんですよね。

だってやっぱり「こんな所で働きたくない」っていう薬局が多いですもん。

人間関係悪いとか普通だし、仕事もメンタル削られるところも多いです。

自分でこの記事を書いてきて、色々矛盾が出ますね。会社の論理と、労働者の論理はほんとに矛盾してしまします。

異動が嫌なら、、、転職しましょう。

転職するか悩んだら

将来を考えると不安・環境を変えたい」そう感じていても、実際どうすればいいか分からない薬剤師は意外と多いもの。

仕事にやり甲斐を感じない・つまらない、そんな思いを抱えているなら危険信号。仕事が充実すれば人生全体も充実するのに、そんな生活では悲しいですよね。

◎今の職場はつらく逃げたい
◎年収など条件面を重視したい
◎成長できる環境に身を置きたい
◎つらい人間関係を早く解消したい
◎ワークライフバランスを重視したい

そんな悩みを解決するために必要なのは、相談して客観的なアドバイスを受ける事。そうすれば、新たな一歩を踏み出すことが出来ます。

今のまま5年、10年働けますか?漠然と不安を抱えたままの人生なんて嫌ですよね。

初めての転職なら

正社員としての転職に不安があっても、あなたの希望を元に働きやすい職場探しをしてくれます。「初めての転職で一番利用されてる」のがマイナビ。

職場環境や設備、ワークライフバランス、職場の雰囲気。長く安定して働ける事は大切。転職に不安があるなら、マイナビ薬剤師をまず利用したいですね。

総合評価
求人20~40代の正社員求人に強く、初めての転職で最も利用されている安心感が◎
サイトhttps://pharma.mynavi.jp/
強み利用者満足度No.1で、情報がタイムリーで新鮮
弱みパートだと求人が少ない場合も

マイナビを見てみる

 

薬剤師の登録者数No.1

「やっぱり最大手の転職サイトが安心」なら、薬キャリがおすすめ。みんなが使ってる薬キャリだからこそ、素早い求人紹介が可能な体制が整っています。

あなたの希望条件に合った求人をコンサルタントが探してくれるので、転職活動で少しでもいい条件を探したい薬剤師に向いていますね。

総合評価
求人正社員からパートまで多くの求人
サイトhttps://agent.m3career.com/
強みスムーズな転職先探しに◎
弱み面接サポートが弱い

薬キャリを見てみる

 

収入upを目指すなら

年収など待遇面を重視して多くの薬局・Dgs求人から探したいならファルマスタッフを利用したいところ。都市部から地方まで、全国対応してるのが強み。

「出来れば早めに転職したいな」と思っている場合などでも、条件の良い求人をすばやく対応してくれるので安心して求人探しが可能です。

総合評価
求人都心部から地方まで網羅
サイトhttps://www.38-8931.com
強み薬局・Dgs求人に強く、収入upにも
弱み企業の求人には弱い傾向があり

ファルマスタッフを見てみる

転職で一番大切なのは、早めの行動。「急いて転職先を探さないと……」と思ってから求人探しをすると、判断が鈍ってしまうからなんです。

「転職で失敗する事」が無いよう、少しゆとりをもって行動するのが大切ですね。

マイナビ薬剤師
(正社員転職の満足度No.1)

薬キャリ
(薬剤師登録者数がNo.1の安心感)

ファルマスタッフ
(保険薬局の求人取り扱いが多い)