薬剤師と就職・転職活動

企業で働く薬剤師の年収はどれくらい?仕事内容は何?

就職活動、転職活動をする上で、製薬企業の管理薬剤師にポイントを絞っている人は少ないものの、それでも一定の需要があるのがこの職種です。

薬剤師としての本分は、「患者さんの役にたつ」というところに集約されるわけですが、やはり対人関係が苦手な方ももちろんいます。

  • 患者さんの相手ができそうもない
  • 営業で頭下げるのがいやだ
  • バイトの接客業務で懲りた
  • 話すこと自体が苦手だ
  • そもそも対人関係が苦手だ

などなど、まぁ誰でも大なり小なり当てはまるとは思うものの、仕事として続けるのが難しいと思うようなことになれば問題が出てきます。

そこでこの事務的な業務に携わる薬剤師という職種が、選択肢の1つとしてあがってくることになります。

製薬企業の管理薬剤師はどのようなものか?

ざっくり言うと、製薬企業や化粧品会社、卸売り業等の「管理薬剤師」です。イメージ湧きますか?湧きませんよね。他に「倉庫内管理」の管理薬剤師業務などもあるのですが、求人数が少ないのでここでは割愛します。

薬剤師が働く職場は多い

製薬企業というと大企業をイメージしがちですが、日本だけで約300社の製薬企業が存在しますし、それに加え、医薬部外品や化粧品も薬事法の範囲内ですから、相当数の企業が存在することになります。決して遠い存在の話ではないのです。

例えば小さな製薬企業を例にとってみます。

Pという一般用医薬品を、T製薬が製造販売しているとします。製造するにあたり、P薬は3つの成分(原薬)からできていて、その3つは、それぞれ違う製薬企業から仕入れています。

そしてその1つの原薬を製造する製薬企業には、当然のことながらそれを管理する薬剤師が必要となります。主な仕事は、その原薬がGMPに適合していて製造されているかどうか。そういった管理業務を行う仕事です。

なかなかイメージできないですよね。なかなか仕事内容のイメージが出来ないのは、こうした管理薬剤師は1名いれば大丈夫である事が多いため、求人のための企業紹介・業務内容紹介などの必要性がないからです。

「1人でもいいの?それなら求人なんか無いんじゃん」と思うかもしれません。しかしながら、「1名いれば大丈夫」が“あだ”となり、後継者不足に悩まされている会社が多いことも事実なのです。60歳以上で新規雇用される事も可です。

ちなみに「経験者優遇」と求人にはたいてい記載があります。が、求人が来ないので未経験でも割と採用してくれます。私も知識ゼロから働き始めました

GMP・GDP・GQPとバリテーション

GMPなんて国家試験だけの話かと思うかもしれませんが、薬をつくる現場では、これに尽きます。まぁもっぱらデスクワークも多いんですが、工場内の検査をしたり、成分検査をしたりするわけです。

工場内の温度や湿度を測ったり(大学でやったと思いますが、湿球温度計を使います)、風の流れを調査したり(よりきれいな部屋→きれいな部屋へと風が流れるようにする)、ゴミ(微細なチリ)が無いか調査したり、製造機器のチェックをしたり、薬の品質管理をしたり(高速クロマトグラフィー)、微生物の検査をしたりとまぁそんな感じです。

そういうのが面白そうだと思う人にはいい仕事だと思います。あと工場萌えする方(見るのとやるのは違いますが)。

基本的には個人業務です。1日ほぼしゃべらず終わることもありました。ありました、というのは、私が携わっていたからです。もちろん社員として8時間戦って働いていましたが、主に眠気との戦いです。

製薬企業の管理薬剤師の年収は

年収には期待しない方が良く、はじめは手取り20万台中盤行けばよい方です。順調に出世し、独り立ちできたら、40台なかばから年収600~700万、そんなところです。

ただ、工場なので、ほぼ定時にあがれます。私がやっていたときは、残業は年間5時間でした。年間ですよ!超家庭重視の働き方をしたいのであれば、圧倒的におすすめです。

経験談なのでちょっと工場勤務について中心にお話ししてしまいましたが、他にも例えば医薬品卸売業での管理薬剤師もあります。こちらはほぼ完璧な事務仕事です。

一昔前までは「席に座っていればいい」ぐらいの感じでしたので、高齢の方がのんびりやってるケースも多々ありました。そんなわけで、やっぱりこちらも後継者不足っていうところがあり、もし募集があれば超のんびり仕事ライフを満喫です。

あなたが主たる生計者では無いとか、あるいはワークライフバランス重視(私は17時までの勤務でした)ならば、ほんとにとても働きやすいです。

でもそうでないなら、時間はあるけどお金もないという事になるので、そこだけ注意してください。

求人数は浅く広く出ており、特に都心部が意外に多く(都内は、化粧品や健康食品会社も多い)、逆に工場がある地方でも求人を出しています。

この手の企業は大手の薬剤師紹介会社に求人を出すので、マイナビ薬剤師に登録して求人探しの第一歩を踏み出してみましょう。

もし「もう少しのんびり働きたい」「安定した働き方をしたい」なら検討してみてください。

マイナビ薬剤師 登録サイト

 

働き方を変えるなら
働きやすい職場探しに

正社員・パート、男女問わず、働きやすい職場探しが出来ます。もちろん年収アップも可能。

職場環境や設備、ワークライフバランス、職場の雰囲気。長く安定して働ける事は大切。そういった観点で求人探しをしたいなら、マイナビ薬剤師が一番です。

総合評価
どんな求人?薬局、調剤併設Dgsなら、利用は必ずしたい求人数。
サイトhttps://pharma.mynavi.jp/
強み「どんな求人があるかな?」という相談からでOK
弱み派遣薬剤師の取り扱いが無い

≫マイナビ薬剤師

 

大手チェーンで働きたい
これから先、安定して働きたい、教育体制や福利厚生のいい大手チェーン薬局・Dgsに転職したいならファルマスタッフがおすすめ。
また「出来れば早めに転職したいな」と思っている場合などでも、丁寧に対応してくれるので安心して求人探しが出来ます。
総合評価
どんな求人?求人数が多く、チェーンを中心に幅広く探せる
サイトhttps://www.38-8931.com/
強み親身なサポートが親切。派遣で働くにも◎
弱み企業の求人には弱い

≫ファルマスタッフ

 

高年収を狙うなら
「年収を上げたい!」という正社員なら、ファーマキャリアがおすすめ。サイトを見ても、そういった求人に力を入れてる事が分かりますよね。
あなたが薬剤師としてどうった働き方がしたいか、その希望を元に年収の条件交渉をし、あなたに提案してくれます。
総合評価
どんな求人薬局・Dgsはもちろん、高年収を希望する薬剤師に
サイトhttps://pharmacareer.jp/
強み担当サポートが手厚く、交渉力が強い◎
弱み年収アップに絞るため、求人数はやや少なめ

≫ファーマキャリア

RELATED POST