薬剤師と就職・転職活動

病院薬剤師が仕事を辞めたい時に|働き方を見直すために必要な事

希望を持って病院で働き始めたものの、薬剤師としてあるいは自分の将来を考えた時、仕事を辞めたいと思ってしまう病院薬剤師は多いもの。

病院薬剤師を辞めたい理由は人それぞれ。年収が低い・人間関係が悪いなどを中心として、あなた自身が何らかの働きづらさを感じて感じているからですよね。

また一口に「病院薬剤師」と言っても、総合病院なのか療養型、急性期かでも仕事内容が大きく変わるため、あなたが思い描いていた仕事内容に携われないケースも多いのが現実。

病院薬剤師はもう辞めたい。そう感じた時に転職するべきか、我慢して働き続けるべきかの判断はやっぱり悩みますよね。

病院薬剤師を辞めて調剤薬局に転職を考えてるという人に向けて、少しお悩み相談になればなと思います。

私自身は調剤薬局のエリアマネージャーとして働いているので、そうした視点も入れてます。ぜひ参考にしてみてください。

病院薬剤師を辞めたい理由は大体同じ

私は調剤薬局で中途採用面接をしてますが、やっぱり病院を辞めて転職してくる薬剤師はかなり多いです。

もっとも私は病院薬剤師として働いたことが無いので、辞めたくなるようなその仕事内容まで深くは分かりません。

ただ「人それぞれ色んな理由がある」それも確かなんですが、面接で病院を退職した理由を聞くと、ほとんどが「人間関係・年収」です。

嫌な言い方をすると、私からすれば「そもそも病院薬剤師って年収低いイメージだし、それで納得して働いたのでは?」と思うことあります。

でもよく話を聞くと、ひどい病院だと手取りで15万円程度みたいな話も聞くので、それじゃぁ働き続けるのは無理だなと思います。

そこまでじゃないにしろ、薬学部の同期と久しぶりに再開したときなどに、「持ち物」「食事の場所」そうしたところで給与格差を否応にも感じてしまう人も多いようです。

やっぱり製薬・調剤薬局・ドラッグストアで働く薬剤師の方が、月に自由に使えるお金って数万円変わって来ますからね……。そしてその差はどんどん開くのが現実です。

どんどん昇給していけば良いものの、相当は言えないのが病院薬剤師のつらい所かなと感じています。

またこれは私の想像の部分もあるんですが、就職活動の際に「はじめは病院で働いた方がいい」と周囲に進められて、ある程度割り切って働いている薬剤師も少なくなさそうです。

ただ社会人として自立した生活を送っていくために、やっぱり20代・30代のうちにしっかり自分の働き方は考えた方がいいですね。

裕福とまでは言えなくても、ゆとりのある生活は大切です。

「病院薬剤師としてやりたい仕事が出来ない」というのも、たしかに辞めたくなる大きな理由の一つになり得ます。

多少はお給料に恵まれてないとしても、病院薬剤師としての志を持って働く事に意義があれば仕事を続けられる薬剤師もいます。

でも希望の職種(例えば急性期病棟で働きたいなど)が叶わないなら、だんだん病院薬剤師として働く意味を失ってしまいますよね。

病院薬剤師を辞めたい理由は人それぞれです。ただ将来を考えて今度どうしていくか、それはしっかりと考える必要は高いと言えます。

病院薬剤師を辞めて調剤薬局に転職するってどうなの?

病院を辞めたい、そうしてどこに転職するかですが、多くの薬剤師が調剤薬局を選ぶケースが多いです。

その理由としては、仕事内容がかなり近いというのも有るし、求人数が多く、また収入面も悪くはないため。

もちろん調剤併設ドラッグストアも特に年収面で人気です。「接客が好き」「広い店内で働きたい」というのなら検討しても良いですよね。

このあたりは自分の好みによって別れてくるので、求人探しをする際に絞っていけば大丈夫です。

病院薬剤師経験は、かなり採用側としては助かる存在です。転職先があるか心配は無く、むしろしっかりと「転職活動の相談」を通じ、あなた自身の希望の職場探しが大切と言えますね。

病院と調剤薬局の仕事内容の違い

病院を辞めて調剤薬局に転職してくる薬剤師は、私が見てきた中では、ほとんどの場合何も問題なくスムーズに業務に慣れていきます。

もちろん初めの3ヶ月程度は戸惑う事もあります。病院の仕事と調剤薬局の一番の違いは、「保険調剤」である事ですね。

転職してきたばかりの元病院薬剤師の人は結構「保険の事とか分からないから不安」って言いますが、大して気にする事ではないです(みんな初めは分からない)。

それに6年制薬学部に通っていた人なら薬局実習も十分な期間してますし、全く心配する必要はありませんね。極端な話、40代調剤未経験とかでも少しすれば慣れます。

少し話がずれましたが、「病院と調剤薬局の仕事内容の違いに戸惑う薬剤師」は、ほとんどいません。これって、たぶん逆(調剤薬局→病院)だと厳しいかもですね。

病院を辞めて調剤薬局(調剤併設ドラッグストア含む)に転職。選択肢としては、かなりおすすめと言えます。

他には「企業などで働きたい」という薬剤師もいるかもしれません。その場合は求人探しに数ヶ月掛かる場合もあるので、その点は注意が必要ですね。

病院を辞めたい薬剤師が上手な転職活動するために

転職ってネガティブなイメージを持つ人がいます。そのため、病院薬剤師を辞めたいけど、そんなすぐに辞めて大丈夫かなって心配する人も(特に20代など)。

そう思うのは自由ですが、心配は無いです。少なくとも薬剤師を中途採用している側としては全くそんな事は気にならないからです。

病院薬剤師経験1,2年でも、退職して調剤薬局に転職してくる薬剤師は多いので、あまり気にする事はないでしょう。

病院薬剤師は転職に有利

調剤薬局には、色んな転職希望者が面接にきます。

他の調剤薬局から転職する人。メーカーからの転職者。そして、病院を辞めた薬剤師が多いです。

①他社調剤薬局からの転職者の場合、やっぱりどうして辞めたのかは気になります。仕事内容自体はそこまで大きく違わないですからね。

②メーカー(製薬や治験)からの転職者の場合は、調剤未経験なので年齢的な部分をはじめ、色んな要素を加味して採用するかどうか判断する必要があります。

③病院薬剤師を辞めて転職する場合は一番スムーズです。なぜなら「だいたい辞める理由が似てる」から。理由を聞かなくてもある程度察せますし、そのため面接して人柄がよければ即採用というケースがほとんどです。

そうした事もあるので、病院を辞めて転職活動する際の一番の注意点は、安易に求人に飛びつかない事だと言えると思います。

病院を辞めたい理由が人間関係なら無理しない

病院薬剤師を辞めたい理由の多くは人間関係や年収。調剤薬局で働いていても、分かるんです、病院薬剤師って大変そうだなと。

処方箋の疑義照会をして、病院薬剤部につながりピリピリしてるのを感じると、「よくこんな所で働けるな……」とこちらまで胃が痛くなるほど。

大きい病院だと薬剤師が多いだけでも大変なのに、他職種とも働いているとどうしてもそれが理由で嫌になる事は多いですよね。

私は調剤薬局勤務ですが、医師とのやり取り、施設の看護師など、たまにする会話だけでストレスを感じます。なんであんなに高圧的な人が多いんでしょうか、謎です(もちろん優しい人もいます)。

そして、上司からのパワハラやセクハラに悩んでる病院薬剤師なら、早く辞めて違う人生を歩んだ方が良いのは言うまでもありませんよね。自分の人生なんですから。

病院を辞めて、人間関係のストレスから開放されて、収入も上がる。悪くない選択ですし、自分に嘘つき無理して働く意味なんて全くありません。他人に左右されるなんて「人生の無駄」です。

やっぱり仕事をしなくちゃいけないからには、少しでも「楽しいな」「やり甲斐あるな」っていう思いで働いて欲しいです。

休みの日にだって、少し増えた収入で少し良い食事が出来ますし、趣味や服にも使えるお金が増えるんです。それこそが、ワークライフバランスですよね。

病院で働こうが、調剤薬局で働こうが、薬剤師として職能を活かせる事には違いありません。前向きに進んで行くことが大事ですね。

まとめ

病院薬剤師を辞めたいと思っているなら、無理をして働き続けない事。長い人生なんです。

病院で働いた期間が短くても、貴重な経験だという事は胸を張っていい部分。次へのステップにすれば大丈夫です。

収入面を重視するかは人それぞれですが、働きやすいと感じられる求人探しから始めてみましょう。

マイナビ薬剤師」「ファルマスタッフ」など、調剤薬局求人に強い求人サイトで相談から始めてみるのが安心。

病院を辞めたいって悩むくらいなら、薬剤師の資格を取得したメリットを最大限生かしたいですね。

転職するか悩んだら

将来を考えると今のままではつらい・不安」そう感じても、実際どうすればいいか分からない薬剤師がとても多い。

◎今の職場はつらく逃げたい
◎年収など条件面を重視したい
◎将来性がある会社で成長したい
◎つらい人間関係を早く解消したい
◎ワークライフバランスを重視したい

そんな悩みを解決するために必要なのは、相談して客観的なアドバイスを受ける事。

もちろん無料ですし「転職するかしないか」は、転職活動を始めた後に決めれば問題ないからです。

初めての転職なら

正社員としての転職に不安があっても、あなたの希望を元に働きやすい職場探しをしてくれます。「初めての転職で一番利用されてる」のがマイナビ。

職場環境や設備、ワークライフバランス、職場の雰囲気。長く安定して働ける事は大切。転職に不安があるなら、マイナビ薬剤師をまず利用したいですね。

総合評価
求人20~40代の正社員求人に強く、初めての転職で最も利用されている安心感が◎
サイトhttps://pharma.mynavi.jp/
強み利用者満足度No.1で、情報がタイムリーで新鮮
弱みパートだと求人が少ない場合も

マイナビを見てみる

 

薬剤師の登録者数No.1

やっぱり「大手の転職サイトが安心」なら、薬キャリがおすすめ。みんなが使ってる薬キャリだからこそ、素早い求人紹介が可能な体制が整っています。

あなたの希望条件に合った求人をコンサルタントが探してくれるので、転職活動で少しでもいい条件を探したい薬剤師に向いていますね。

総合評価
求人正社員からパートまで多くの求人
サイトhttps://agent.m3career.com/
強みスムーズな転職先探しに◎
弱み面接サポートが弱い

薬キャリを見てみる

 

調剤薬局への転職に

正社員・パートとして多くの薬局求人から探したいならファルマスタッフを利用したいところ。都市部から地方まで、全国対応してるのが強み。

「出来れば早めに転職したいな」と思っている場合などでも、すばやい対応してくれるので安心して求人探しが可能です。

総合評価
求人都心部から地方まで網羅
サイトhttps://www.38-8931.com
強み薬局・Dgs求人に強く、キャリアアップにも
弱み企業の求人には弱い傾向があり

ファルマスタッフを見てみる

転職で一番大切なのは、早めの行動。「急いて転職先を探さないと……」と思ってから求人探しをすると、判断が鈍ってしまうからなんです。

「転職で失敗する事」が無いよう、少しゆとりをもって行動するのが大切ですね。

マイナビ薬剤師
(正社員転職の満足度No.1)

薬キャリ
(薬剤師登録者数がNo.1の安心感)

ファルマスタッフ
(保険薬局の求人取り扱いが多い)