転職

薬剤師がケアマネ資格とるの流行ってたのはなんで?

一昔前、薬剤師資格をもっていても、ケアマネの資格をとるのって流行ってましたよね。2,000年代後半くらいだったかなぁ。

さて、介護保険制度は、1997年に制定された介護保険法に基づき、2000年4月1日から施行されました。

同法の施行に先立ち、1998年に第1回目の介護支援専門員(ケアマネジャー)の試験が行われたんです。

ちなみに第1回目の合格率は44.1%でしたが、現在は15%程の低い合格率となっています。受験者数も増えたので、合格者数が減った来たんですね。

ケアマネの試験資格変更について

ところでこのケアマネ試験ですが、近年少し受験制度が変わった事は知っていますか?以前に取得した薬剤師なら知らないかも。

かつて、薬剤師は試験科目の免除があったんですが、2015年からはそのような優遇措置はなくなっていて、全科目受験しなければならなくなったんです。

そもそも、受験資格についても2018年からかなり門が狭くなりました。

これまでは、例えば旧ヘルパー2級等で5年の実務経験があれば受験できたんですが、それでは受験資格を満たさなくなくなってしまいました。

介護という現場で長く働いていても実質的には、介護福祉士からケアマネジャーへとステップアップしてゆくことが求められる事になったんです。

そうした受験資格の敷居が低かったからこそ、昔は薬剤師がケアマネ取得するの、なぜか推奨されてたんですよね。

ケアマネジャーと仕事をする機会のある方であれば薄々感じてる人も多いと思うんですが、これまではまさに玉石混合という感じでした。今でもそうか・・。

新規で取得する人は、難しくなったって事ですね。

これはこれからの地域包括ケアシステムを進めていくにあたっては、より専門性を身に着けているケアマネがマネジメントを行うという趣旨からすると、歓迎すべき点ですよね。

でも昔に取得したケアマネがいる限り、近いうちには無理なのかもしれないですね。

ちなみに私もケアマネとったんですが、更新してないので今はケアマネじゃないです(笑)

参考に、以下2018年から変更された、ケアマネの受験資格です。

2018年からの受験資格(①②いずれかを満たすこと)

①国家資格等に基づく業務経験5年

※国家資格=医師,歯科医師,薬剤師,保健師,助産師,看護師,准看護師,理学療法士,作業療法士,社会福祉士,介護福祉士,視能訓練士,義肢装具士,歯科衛生士,言語聴覚士,あん摩マッサージ指圧師,はり師,きゅう師,柔道整復師,栄養士,管理栄養士,精神保健福祉士

②相談援助業務経験5年
生活相談員、支援相談員、相談支援専門員、主任相談支援員のいずれかの業務経験

薬剤師で薬局などで仕事をしていると、試験免除がないし、あまりケアマネをとるメリットは薄れていますよね。

むしろ、それぞれが、おのおの、専門性を発揮して働くことが求められてるんですね。

ケアマネの資格とっていた薬剤師が多かった理由

とまぁ、制度についてここ数年で様変わりしているという事を一番にお伝えしたかったわけなんです。

さて本題なんですが、このケアマネジャー、薬剤師で取得する方が結構いました。

特に制度ができたての頃、つまり2000年代というところ、薬剤師兼ケアマネジャーが半ば流行のような形なのか、制度理解のための学習の一環なのか。

それは人それぞれなのですが、なんとなく薬局に勤める者の風潮として意識が高かった方はおおむね受験&取得していた人が多かったんです。

しかし!ケアマネジャーは国家資格ではありませんし、受験費用も高いので、最近は新たに受験しようとする薬剤師もあまり耳にすることがありませんよね。

メリットもないわけなんですが。

またネックとなるのが更新制である事で、5年毎の研修と更新費もばかにならないのです。私は更新費がもったいなくて捨ててしまいました。

そのため当時ケアマネジャー資格を持ってた人でも、「薬剤師」として業務にあたられている方であれば、当然ケアマネの資格を生かした業務も行っていませんよね。

そうすると更新せず、資格喪失してしまう。そうした薬剤師が多くなってしまう事となりました。っていうかデータ無いんですが、ほとんどの薬剤師がそうなんじゃないかなぁ。

もっともケアマネジャーの年収が薬剤師を上回るものであれば違ったものとなったでしょう!確実に!

でも薬剤師として働く方がずっと実入りは良いので、今では「むかしケアマネだった」薬剤師がたくさんいるだけっていうような状況なんですね。

私もケアマネを持ってたので、過去の事情を知らない30代前半くらいの薬剤師からすると「えっ、すごいですね」なんて言われる事もありました。

でも、介護保険制度もどんどん変わっていく中で、なまじ「むかしケアマネ試験通った(※更新してない)」なんて言う事は、飛んで火にいる夏の虫。知識の無さを披露するだけ。

かえって身に火の粉がふりかかってしまうのでは無いかと言うほど、無知をさらけ出して恥をかいてしまう可能性があるので、あまり進んで「薬剤師だけど昔ケアマネだった」って言う人も少ないかもしれませんね。

ケアマネジャーの年収ってどれくらい?

せっかくなので、触れておきますが、ケアマネジャーの年収は350~450万円前後といったところです。都内でこんな感じなので、結構厳しめです。

これはケアマネジャーの上級資格である、主任ケアマネジャーを含めての年収なので、収入あっぷのためにケアマネをとるのは限定的。

ただ、介護職ということからすると、ケアマネは希少なデスクワークな事もあり人気がある職種です(でも送迎なんかも兼ねてる人が多いんですが)

ケアマネの年収が結構厳しめである理由は、勤める事業所や経験によっても左右される事にはなるんですが、担当する件数が39件を超えると、事業所として大きなデメリットが生じてしまうからなんです。

ざっくり言うと、介護報酬上、稼ぐ事のできる限界があるんです。薬剤師も(いまのところ)処方箋40枚制限がありますが、でも、なかなかこれに引っ掛かるような事態に陥る事はありませんよね。

薬剤師2人で80枚の処方箋をさばくとか、科目にもよるけど結構つらい環境。

また、受験資格にも記載した通り、基本的に入り口が広くとられているという事、それが年収を押し下げる大きな要因となります。

これは登録販売者で触れた記事の内容(過去記事)とも同じ傾向ですが、高度な知識が求められる試験や経験が必要にも関わらず、社会的な評価が十分になされていないと感じています。

ケアマネジャーという地域包括ケアの中で中心的な役割を行う必要がある職種であればなおさらです。

もっとも薬局薬剤師だって、介護保険とは違うけど保険財源の中でやりくりしてるから同じかもしれませんけどね。

ケアマネジャーの役割というものが今後ますます重要になっていく中で、その待遇のあり方という部分も大切です。でも厳しいのかなぁ。

もちろん優先すべきは介護職全般だとは思いますが、地域包括システム存続のためには、将来に対する不安要素となるのではないのだろうか?そう憂慮しています。

ケアマネジャー転職サイトおすすめはここ!【しっかり特徴を比較して解説】

薬剤師採用担当のおすすめ
【2020年3月27日追記】
以下、のんびりと「おすすめ求人サイト」なんて紹介していたんですが、この状況下、かなり薬剤師求人が減少してしまいました。

なぜなら、薬局の経営が患者数減によって一時的に極めて悪化しているため。

目安として9月末まで位に転職を考えている薬剤師なら、「おすすめ」なんて関係なく、複数の求人サイトに登録しておかないと「就職先が見つかりづらい」なんて事も。

損は無いので3~5社程度には登録し、会員にしか紹介されない非公開求人から、あなたに合った求人探しをしてもらいましょう。

https://pharma.mynavi.jp/
(マイナビ薬剤師)

https://www.38-8931.com/
(ファルマスタッフ)

https://rikunabi-yakuzaishi.jp/
(リクナビ薬剤師)

https://pharmacareer.jp/
(ファーマキャリア)

https://pcareer.m3.com/
(薬キャリ)

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師は、薬剤師が転職を考える上では切っても切れない会社。
調剤薬局や、調剤併設ドラッグストア求人に強く、働きやすい職場探しが出来ます。もちろん、担当者さんのサポートも抜群。
◆厳しい基準をクリア◆
人材紹介会社全国約2万社のうち、40数社しか認定されていない「厚生労働省委託事業 職業紹介優良事業者」に認定されています。
総合評価
どんな求人?薬局、調剤併設Dgsなら利用必須。正社員・パートとも厚待遇。
強みいつか転職を考えてる初心者にも対応◎
弱み病院の求人は少なく、派遣も取り扱いなし

公式ページ

ファルマスタッフ
ファルマスタッフは、親会社を日本調剤に持つ、薬局求人に非常に強い、薬剤師転職サイトです。
派遣薬剤師としても働けることから、全国的に薬局求人には大変強く、そして年収を上げるための転職にはぜひ利用したいんです。
◆厳しい基準をクリア◆
マイナビ薬剤師と同じく「職業紹介優良事業者」に認定されています。この認定を受けているのは、薬剤師転職サイトでは、この2社のみ!
総合評価
どんな求人?薬局への転職で年収を上げたい人に。
強み親身なサポートが親切。派遣で働くにも◎
弱み病院、企業の求人に弱い

公式ページ

リクナビ薬剤師
リクルート社が運営する、薬剤師の転職サイトで、薬局から企業まで幅広く探せるのが魅力。
比較的「自分でも求人情報を探しやすい」という事もあるので、マイナビ薬剤師かファルマスタッフ、いずれかと併用する形がベスト。
◆リクルートならではの求人◆
企業からの知名度は、リクルートはNo.1。つまり、リクナビ薬剤師にしか無い非公開求人を見つけられる可能性が高いんです。
総合評価
どんな求人薬局、Dgsはもちろん、企業まで幅広い
強みリクルートならではの転職ノウハウが◎
弱みサポートは弱いが、逆に30~40代向き

公式ページ

RELATED POST