薬剤師と就職・転職活動

調剤薬局の仕事に飽きた。将来のキャリアをどう考えるべき?

調剤薬局の仕事も大手チェーン薬局・Dgsを中心にマニュアル化が進み、効率的になっています。

薬剤師としては業務上便利な反面、効率化によって出てくる問題が「調剤薬局の仕事に飽きた……」という思いが出てくること。これ結構苦痛ですよね。

病院の薬局だって、規模によってはルーチーンワークが中心となるケースは割と多いです。

・毎日同じ仕事の繰り返し。薬剤師としてのやり甲斐を感じられない

・つまらなくて、仕事に行くのが退屈・つらい

・薬局の仕事に飽きて、将来も続けていけそうも無いかも

そんな思いを抱いてしまうと、他のもっと楽しい仕事で、張り合いをもって働きたいと感じていきます。仕事って人生のかなりの時間を取られるし、時間の浪費感半端ないです。

これは調剤薬局だけに限らず、ルーチンワークばかりの仕事では起こってしまう現象です。例えば(かっこよさそうな)医療ライターの仕事だって、毎日校正業務ばかりしてたら飽きてしまいます。

人間の脳は、日々それなりに「新たな刺激」が無いと、いつか飽きてしまうからです。

でも転職するのが良いかというと、それも悩ましいもの。薬剤師なので仕事はいくらでもありますが、また同じような仕事だといつかまた、飽きてしまうからです。

しかし一方で、楽しく働ける事は仕事にやり甲斐を持て、結果として薬剤師としてのキャリア形成に役立ちます

要点を絞ってお伝えすると、仕事を変えるなら以下のようにするのがおすすめ。

  • 大手チェーン薬局→中小チェーン(おすすめ)
  • 薬局→企業(気長に探すこと)
  • 薬局→調剤併設ドラッグストア(おすすめ)

企業で働いて心機一転仕事を頑張ってみたいという薬剤師なら、リクナビ薬剤師で求人探しがベター。ただし求人自体が少ないので、数ヶ月単位で探すのが◯。

中小チェーン薬局や調剤併設ドラッグストアに就職希望なら、「マイナビ薬剤師」や「薬キャリ」で転職活動をしてみると人生少し楽しくなるかも。

中小チェーン薬局はマニュアル化・機器整備が進んでない反面、自分のやりたい事が出来るし、変な数字に縛られる事もありません。

また、ドラッグストアってお客として利用した事あると思うんですが、店舗も広いしスタッフも年齢様々で楽しいんですよね。

たとえ多少仕事に飽きたとしても、人間関係が面白ければ案外仕事って割り切れるんです。

でもあなたが「調剤併設ドラッグストアの仕事に飽きた」なら、企業求人の方がいいかもしれませんね。

どういう事がやりたいか、どんな環境がいいかをキャリアアドバイザーにしっかり伝えるのが良い求人探しのコツ。

企業の薬剤師募集探し
リクナビ薬剤師

Dgs・中小チェーン薬局求人探し
マイナビ薬剤師薬キャリ

仕事内容と、ある程度「自由な雰囲気のところ」が、飽きのこない職場探しに大切です。

調剤薬局の仕事に飽きた薬剤師はキャリアをどう考える?

薬局の仕事に飽きてしまうと、結構きついです。何より、時間が経つのが遅く感じませんか!?

それなりに働いたと思っても、「まだ2時間しか経ってない……」なんていう事は、私もかつて経験してきました。

その時私が働いていたのは、クリニックとのマンツーマン薬局で処方箋集中率も低く、同じような処方箋ばかり。指導内容も基本的には似通ってきます。

調剤薬局の仕事は比較的飽きやすい、もしかしたらそう言えるかもしれません。そうだとしたら、飽きたという理由だけで仕事を変えるというのはリスクもありますよね。

でも私は我慢できなくなって、違う仕事をしました。次に働いたのは、在宅専門の業務。これは毎日頭を捻りながら、臨機応変に対応するし、退屈はしなかったです。やり甲斐もありました。

でも在宅専門となると、やっぱり休みの日にも医師から電話が掛かってきて休日出勤が日常茶飯事だし、今度は身体が休まらないんですよね。

飽きはしなかったんですが、仕事と休みのバランスはしっかり考えないとダメです。そうした観点を持たずに「飽きたから転職しよう」っていっても失敗しますよね。

これまで働いてきた中で一番退屈しなかったのは、調剤併設ドラッグストアの仕事です。

一部大手チェーンだと「OTC業務はやる機会が少ない」なんて事もあるみたいですが、そんなんじゃ薬剤師として面白くないです。

バランスの良い仕事を選び、キャリアとしていきたいですよね。

私は20代の頃なんか「薬剤師としてのキャリア形成」なんて考えた事もなかったです。

あなたもまだ30歳前後なら、そこまで深刻にキャリアについて考える必要は無いと思っています。

なぜなら楽しく働けて、経験が積める職場なら問題ないからです。

「飽きる」→「転職する」というと、何か逃げのように感じる人もいるかもしれません。でも自分の人生、仕事だって少しは楽しくやりたいですよね。

そして上記がポイントなのですが、楽しく働く事は仕事にやり甲斐がでて、結果として薬剤師としてのキャリア形成に強く役立ちます

薬局の仕事に飽きた・モチベーションが保てない。そうした状況ならば、将来的に考えてもあまり良い状況とは言えない事は間違いありません。

仕事を変えてみたいなら、若いうちじゃないと厳しい。50代になって違う環境でゼロからって薬剤師に限らず難しいです。

キャリアアドバイザーの意見を聞きつつ新たな仕事探しをしてみる事、それはとても大事な事と言えますよね。

https://pharma.mynavi.jp/
(マイナビ薬剤師)

https://agent.m3career.com/
(薬キャリ)

調剤薬局の仕事に飽きる薬剤師は「飽きっぽい」のか?

性格上の飽きっぽさは関係するかという部分。これは薬剤師の性格にもよるかもしれませんが、一番は「その薬局の業務内容次第」という表現が合ってるかなと感じます。

また、立場という事もかなり影響してくるはずです。同じような調剤薬局だとしても、自分で経営しているのでは張り合いも違いますよね。生活も掛かってますから。

確かに「飽きっぽい性格」の人はいます。私もたぶんそうかもしれません。ただそれを差し引いても、現実的に仕事内容に飽きがきてしまうような業務内容の薬局はあります。

  • 処方箋の内容がワンパターン
  • 忙しいけど同じ仕事の繰り返し
  • ピッキング・投薬だけ

もちろん感じ方は人それぞれ。傍からは「単純な仕事」に見えても、勉強が好きな薬剤師であれば飽きずに続けられる人だっています。

そもそもあなたが「自分は飽きっぽいな」と思ってたって、何か興味ある事は意外と長く続けられている事ってありませんか?趣味にしろ、習い事にしろ。

それと仕事はちょっと違うかもしれませんが、飽きっぽい=どんな仕事でも飽きる、ということには結びつかないのです。

「薬局で働いていて飽きてしまうなんてダメだな」なんて落ち込む必要は無いです。世の中には、楽しく精力的に仕事をしている薬剤師はたくさんいます。

私は調剤薬局での経験が長かったので、結局は転職でエリマネ職につくことによって、仕事内容がガラリと変わり、仕事に飽きることからは脱却出来ました。

でもマネージャー職って負担が多いし、大して年収も良くないし(悪くはない)、転職でなるのはおすすめしません。これも向き不向きですよね。結局は自分に合った仕事だったと言う事かもしれません。

ただまだ20代、30代なら、転職で年収が上がるチャンスが高い年齢。

薬局の仕事に飽きた、つまらないので苦痛を感じてるくらいなら、新たな環境で働く事はおすすめしたいです。

冒頭、調剤併設ドラッグストアをおすすめしましたが、嫌だという薬剤師もいるかもしれません。あなたに合った仕事を選び、退屈から脱却してください。

そうした求人探しには「マイナビ薬剤師」「薬キャリ」のキャリアアドバイザーに相談する、そんな所から始めれば簡単な事なんですから。

転職するか悩んだら

将来を考えると不安・環境を変えたい」そう感じていても、実際どうすればいいか分からない薬剤師は意外と多いもの。

仕事にやり甲斐を感じない・つまらない、そんな思いを抱えているなら危険信号。仕事が充実すれば人生全体も充実するのに、そんな生活では悲しいですよね。

◎今の職場はつらく逃げたい
◎年収など条件面を重視したい
◎成長できる環境に身を置きたい
◎つらい人間関係を早く解消したい
◎ワークライフバランスを重視したい

そんな悩みを解決するために必要なのは、相談して客観的なアドバイスを受ける事。そうすれば、新たな一歩を踏み出すことが出来ます。

今のまま5年、10年働けますか?漠然と不安を抱えたままの人生なんて嫌ですよね。

初めての転職なら

正社員としての転職に不安があっても、あなたの希望を元に働きやすい職場探しをしてくれます。「初めての転職で一番利用されてる」のがマイナビ。

職場環境や設備、ワークライフバランス、職場の雰囲気。長く安定して働ける事は大切。転職に不安があるなら、マイナビ薬剤師をまず利用したいですね。

総合評価
求人20~40代の正社員求人に強く、初めての転職で最も利用されている安心感が◎
サイトhttps://pharma.mynavi.jp/
強み利用者満足度No.1で、情報がタイムリーで新鮮
弱みパートだと求人が少ない場合も

マイナビを見てみる

 

薬剤師の登録者数No.1

やっぱり「大手の転職サイトが安心」なら、薬キャリがおすすめ。みんなが使ってる薬キャリだからこそ、素早い求人紹介が可能な体制が整っています。

あなたの希望条件に合った求人をコンサルタントが探してくれるので、転職活動で少しでもいい条件を探したい薬剤師に向いていますね。

総合評価
求人正社員からパートまで多くの求人
サイトhttps://agent.m3career.com/
強みスムーズな転職先探しに◎
弱み面接サポートが弱い

薬キャリを見てみる

 

調剤薬局への転職に

正社員・パートとして多くの薬局求人から探したいならファルマスタッフを利用したいところ。都市部から地方まで、全国対応してるのが強み。

「出来れば早めに転職したいな」と思っている場合などでも、すばやい対応してくれるので安心して求人探しが可能です。

総合評価
求人都心部から地方まで網羅
サイトhttps://www.38-8931.com
強み薬局・Dgs求人に強く、キャリアアップにも
弱み企業の求人には弱い傾向があり

ファルマスタッフを見てみる

転職で一番大切なのは、早めの行動。「急いて転職先を探さないと……」と思ってから求人探しをすると、判断が鈍ってしまうからなんです。

「転職で失敗する事」が無いよう、少しゆとりをもって行動するのが大切ですね。

マイナビ薬剤師
(正社員転職の満足度No.1)

薬キャリ
(薬剤師登録者数がNo.1の安心感)

ファルマスタッフ
(保険薬局の求人取り扱いが多い)