管理薬剤師の仕事

新人なのに管理薬剤師!?いくら何でもきつい環境だという話

まだ薬剤師1年目、2年目なのに管理薬剤師・一人薬剤師を任される状況になってしまった。これは運が悪く、きついです。

あるいは今、管理薬剤師を打診されている、引き受けざるを得なく断りづらい、そんなケースでもあるかもしれません。

これって必ずしも新卒じゃなくて、調剤未経験で転職したケースでもまれに聞く話。特に一部の調剤併設ドラッグストアや小規模薬局で多く、大手チェーン薬局ではほとんどありません。

20代そこそこで管理薬剤師なんてなぜ?その理由は単純で、薬剤師不足。いや、不足というか辞めてしまう人が多いからそうなってしまうんです。環境が悪いという事ですよね。

こういった「まだ1年目,2年目なのに管薬として働かせられる」このリスクについて、リスクとあまり分かって無いのが、若手薬剤師だからこその怖さ。

あなたが同じような状況で働いていて疑問に感じているなら、将来を考えるにあたって深く考えて欲しい問題です。

結論としては「早くから管理薬剤師として経験を積み、早く昇進していきたい!」のなら頑張って働く。そうで無いなら、早めに転職活動した方が身のためです。あなたが20代~30歳前後なら、より良い職場はいくらでもあります。

十分な知識無く管理薬剤師をする事のリスクについて、少しの解説とアドバイスです(説明するまでもなく、つらいと思ってる人がほとんどかもしれませんが)。

調剤経験が浅い若手なのに管理薬剤師のリスクを把握してますか?

管理薬剤師は言うまでもなく、その薬局において調剤の責任者として、最も責任が重い立場です。

薬局運営上支障や問題がある、そうした場合には「開設者」に意見をし改善提案をする立場でもありますが、そもそも経験の浅い薬剤師だと何が問題あるかすら全体像を把握していません

保健所や厚生局の立ち入りが入った場合、完璧にではなくてもしっかり質問に対して受け答え出来ますか?まず出来ない可能性が高いです。

私(チェーン薬局勤務)が新入社員の薬剤師を育てる場合、だいたい3年程度を目安に教え込んで「管理薬剤師として問題なく働いてもらえるかな?」という判断をしていきます。

3年経験を積ませ、能力的に問題なさそうなら管理薬剤師を任せるという事です。

管理薬剤師で「知らない」とは言い訳出来ない

保険薬局は2年に1回、調剤報酬改定でいろんな状況が変わってきます。それはいくら若手だって理解してると思います。でもそういった事を経験せずに管理薬剤師として責務を全うするなんて、どだい無理な話なんです。

基礎の基礎、管理薬剤師として以下の事は義務として行わなければならないんですが、それを「当たり前」の事として理解できているでしょうか。

  • 薬局での年間研修計画を策定していますか?
  • 薬局の掲示物として必須なものを理解してますか?
  • 保健所や厚生局への届出を適宜行っていますか?
  • レセプト請求については頭に入っていますか?
  • 向精神薬を始めとする多くの管理帳簿に問題ありませんか?

これは一部で他にも挙げればキリが無いんですが、その他にも管理薬剤師には多くの「必ず行わないと重大な責任を負う」事が山ほどあります。

調剤過誤とは違うリスク、それを抱えつつ対処出来ないと、業務遂行など行えるはずがありません。

クレーム対応も新人管理薬剤師はきつい

患者さんからのクレーム、これはベテランだろうと対応に苦慮するもの。ましてや若手なら言うまでもありませんよね。

「若いからなめられる」という側面も多少はありますが、やっぱりどう対応すればよりよい解決策となるのか、経験から蓄積されたノウハウがありません。

これは書籍などではなかなか学べない部分で、言い方は古いですが先輩薬剤師の背中を見て(対応法を見て)、身について行きます。

単純ですが、「薬が1錠足りない」というクレームに対してどう対応するか?それ一つとってもまさか「上司に電話するのでお待ち下さい」なんてノンキな事をやっていては身も心も持ちませんし、患者さんの怒りは増幅するだけです。

あなたが管理薬剤師になったばかりなら、そういった経験もまだ少ないかもしれませんが、こうした状況は突然やってくるもの。管理薬剤師であれば、自分を守るのは自分なのです。

若手に管理薬剤師をさせる会社の特徴

あくまで「特徴」なので必ずしも当てはまるとは限りませんが、1年目や2年目で管理薬剤師を担うことになる薬局(会社)は結構以下のような職場です。

  1. 研修がかなり手薄
  2. 割と給与が良い
  3. 管理薬剤師手当が少ない

研修が多ければ良いというものではありません。また、管理薬剤師業務は本や研修では理解しきれません。でも最低限、あなた自身が「基礎は身についたかな」というレベルは欲しいところ。

やはり先輩薬剤師のもと、OJTという形で身につけたいものです。やっぱり最低2年、それくらいは経ないと、保険薬局・保険調剤の仕組みって分からないんです。

また、早くから管理薬剤師・一人薬剤師を担わせるような会社は、初任給が比較的高めです。

新卒でも給料をはずむ良い会社というより、早くから責任を負わせているため年収を高く出来る仕組み

確かに、奨学金を抱えて社会にでる薬剤師が多い中、少しでも給料の良い会社で働きたいと思うのは当然の事です。それは私だってそう思います。

でもドラッグストアじゃなくても、新卒で年収500,600万出す中小規模の薬局だって数多くあります。休みだってとれるし、夜中まで働く事も無いですよね。

就職活動の罠

ただあなた自身「新卒薬剤師の大多数が大手チェーンDgs・薬局に就職」する中、友達などに流されずにしっかりと就職活動時点で情報収集していましたか?転職であっても未経験で安心して働けるかどうかリサーチをしましたか?

「薬剤師として経験が浅いのに、管理薬剤師になる可能性がある」そこまでリサーチするのは確かにかなり難しい部分もあります。残念ながら、採用担当は綺麗事しか言いません。

理想と現実のギャップ。入社してから実態を知るのは仕方がありません。それはあなた自身のせいではなく、入社してから気づく「企業の姿勢」なのです。

もしあなたが「管理薬剤師になるには早すぎてもうつらい」なら、リスクとベネフィットを天秤にしっかり掛ける事が大切になってきます。

リスク:管理薬剤師としての経験の浅さ

ベネフィット:今得ている年収

ドラッグストアであれば確かに初任給から年収は高いんですが、休みも少なく夜間帯の勤務もあるなら決して「どこにも負けない恵まれた環境」かどうかは、相当疑わしいです。

またもし「管理薬剤師手当が少ない(無い)」のであれば、他の薬局では月5万つくとして、それほど年収には差が出ません。色んなカラクリがあって、初任給が高いケースとなっている事が多いのです。

まだ管理薬剤師が早くてつらい若手は

選択肢は2つ。まだ新卒に近くても、任せられたからには管理薬剤師として数年耐えて頑張って行くか。それとも今の会社の方針に合わないなら転職するか。

「根性論」で頑張れるのなら、リスクを負いつつでも仕事を続ける事も選択肢の一つとしてはいい経験になるはずです(客観的に、おかしいとは思いますが)。実際、新卒でも能力がある薬剤師はいるにはいますからね。

ただ収入面に関しては、休日や管理薬剤師手当と比べればそうでもないはずです。また、管理薬剤師のストレスがつらくても、スタッフに恵まれていれば乗り切れるかもしれません。

全国には6万軒弱の保険薬局があります。

転職活動をしてみて年収や休日、働きやすさなどを考慮して、あなたにあった求人があれば職場を変える事も長期的には良い選択でしょう。

最低限はOJT含め、研修で管理薬剤師業務を学んで行くという事は大切です。

新卒薬剤師で管理薬剤師、はっきり言って普通じゃないです。2年目は、ギリギリセーフかもしれませんが、私は早すぎると思っています。

私自身、薬局のエリマネとしても経験の浅い薬剤師に管理薬剤師なんてリスクでしか無いです。上司だってヒヤヒヤしてる、あなた自身も将来、そんな立場になります、

働きやすさや年収で探すならマイナビ薬剤師、研修体制やチェーン薬局に絞るならファルマスタッフなどで求人紹介してもらい、「職場見学を通じ」薬剤師として長く働ける環境を探してみる事が大切ですね。

転職するか悩んだら

「今の仕事に不満が多い」「将来を考えると転職した方がいいかも」そう感じても、実際どう行動すればいいか悩む薬剤師はとても多い。

・つらい環境を変えたい
・収入を大きく増やしたい
・パートで働き方を変えたい
・働きやすい所で落ち着きたい
・将来性がある会社で成長したい

そんな悩みを解決するには、自分に合った転職サイトに登録し「相談」する事。それが将来に備えるはじめの一歩です。

働きやすさ重視なら

転職に不安があっても、あなたの希望を元に働きやすい職場探しをしてくれます。もちろん年収・時給がアップする求人が多いのが特徴。

職場環境や設備、ワークライフバランス、職場の雰囲気。長く安定して働ける事は大切。転職に不安があるなら、マイナビ薬剤師をまず利用したい所。

総合評価
求人「会員限定」の求人で自分に合った働き方探しに
サイトhttps://pharma.mynavi.jp/
強み正社員からパートまで多くの働きやすい求人
弱み派遣薬剤師求人の取り扱いが無い

マイナビを見てみる

 

条件重視なら

年収など「自分の希望条件で転職したい」という薬剤師なら、CME薬剤師がおすすめ。手厚いサポートで、20~40代の調剤経験がある薬剤師向けです。

特に薬局・Dgsが比較的多い地域の求人探しで迷ってしまいそうな場合、しっかりコンサルタントに任せる事で自分に合った求人紹介をしてくれます。

総合評価
求人薬局・調剤併設Dgsが中心
サイトhttps://www.cme-pharmacist.jp
強み転職後のサポートも手厚い
弱み企業系の求人は期待出来ない

CMEを見てみる

 

キャリアアップしたい

これから先、正社員として自分がキャリアアップ出来る環境に身を置きたいならファルマスタッフを利用したいところ。転職エージェントが親身に相談に乗ってくれます。

「出来れば早めに転職したいな」と思っている場合などでも、すばやい対応してくれるので安心して求人探しが可能です。

総合評価
求人求人数が多く、チェーンを中心に幅広く探せる
サイトhttps://www.38-8931.com
強み正社員求人に強く、キャリア志向の薬剤師向け
弱み企業の求人には弱い傾向があり

ファルマスタッフを見てみる

転職で一番大切なのは、早めの行動。「もう限界」と思ってから求人探しをすると、判断が鈍ってしまうから。

「転職で失敗する事」なんか無いように、ゆとりをもって行動するのが大切ですね。

マイナビ薬剤師
(働きやすい職場探し)

CME薬剤師
(年収・時給重視)

ファルマスタッフ
(キャリアアップ求人)

リクナビ薬剤師
(人材紹介大手リクルート)

上記:ファルマスタッフ