管理薬剤師の仕事

医薬品の発注どうしていますか?

当たり前のように存在し、当たり前のように使っている、オンラインで薬を発注するというシステム。

いつからここまで普及したのでしょうか。




私が薬局で働きはじめたのは2000年代前半ですが、その時(勤めていた薬局では)オンライン発注システムは無く、とてもアナログな方法で発注していました。

福神御中

A 100錠×1箱

B 100錠×2箱

・・・・・・  以上

などと、A4のコピー用紙にずらずらと手書きで書いてゆき、毎日、各医薬品卸に数枚FAXをしていました。かなり大変な作業です。調剤併設ドラッグストアでしたので、OTCの方はオンライン発注していましたが、そうは言ってもも1日100枚以上の処方箋を応需していた薬局でさえこれです。

今ではちょっと考えられないですが、オンライン発注システムも毎月利用料を支払わなければなりませんから、まだこういった発注をしている薬局もあるかもしれませんね。

電子薬歴であっても当たり前のように使っている若手薬剤師には信じられないかもしれませんが、薬歴を手書きしている薬局はまだまだ、いくらでもあります。

大手チェーンであっても、M&Aを進めている過程ですから、全部が全部、電子薬歴となっている訳でもないのです。

オンライン発注に関しては、もちろんご承知の通り、特定の医薬品については今でもFAXで発注するものがありますが、これはお互い紙面で残すという意味合いが一番のところになります。

もちろんPCでも発注履歴を閲覧したり印刷したりすることは出来ますが、ソフトが不具合を起こしたらそれでお仕舞いです。

医薬品卸の顧客サービス

分かりやすいように「オンライン発注システム」としてしまいましたが、「在庫管理システム」と言ったほうが正確かもしれません。

これは医薬品卸だけに特化したサービスという訳ではないのですが、利用率という所を考えるともっとも利用されているサービスの一つであり、発注・在庫管理・情報などをレセコンと連動した形で利用する事ができます。

  • メディパルHD・・・PRESUS
  • アルフレッサHD・・・alf-web
  • スズケン・・・PSトップ
  • 東邦HD・・・ENIF

名称に関しては、使用するサービスにおいて少しずつ異なりますが、おおむね上記サービス名で展開しています。

このようなサービスを利用してもらう事により、薬局・病院を中心とする顧客との取引を強化してゆく事になります。

まぁこんな事を知っていても大して損得にもならないですが、あえて記事にしたのは、今日(2018年7月24日)スズケンからのニュースリリースで、ちょっと気になる発表があったからです。

(株)スズケンニュースリリース:リンク「顧客支援システム等の共同利用に関する基本合意書」締結のお知らせ(リンク切れ)

「顧客支援システム等の共同利用」とは

ざっくりこのニュースをまとめると、<医療用医薬品を取り巻く環境において、医薬品卸売業の環境は厳しく、より効果的・効率的なモデルが求められている。そのような中、スズケンで独自の顧客支援システムを提供する事から、東邦HDのシステムを導入する事へとシフトし、今後は両社共同で研究・開発を進める>という事です。

横文字が多かったので、いまいちニュアンスが異なる部分があるかと思いますので、リンクをご参照願います。

具体的な事は発表されていないものの、要するに医薬品卸独自にそれぞれ行っていたサービスを、スズケンと東邦HDは今後1つにまとめようという事が、両社で合意なされたという事です。

こういったシステムの開発や維持にどれくらいの費用が掛かっているか分かりませんし、顧客(薬局・病院など)からの利用料との兼ね合いは分かりませんが、少なくとも「効率的」という文言が添えられているという事は、このようなシステムでは決して儲けのために開発されてきた訳でもないという事が分かります。



小さな発表かもしれないけれど

医薬品在庫管理システムにまつわるこのようなニュースはそれほど大きなニュースでは無いのかもしれません。しかしながら、その背景を想像するにあたり、苦しい製薬企業と薬局の間に立たされた、医薬品卸売業のさらなる苦境というものがその肩越しに見えてしまうのです。

そして流通改善ガイドラインの実効性というものがまだまだ出ていないのだなとも感じてしまいます。医薬品産業全体のものとして考えなければいけない問題なのかもしれません。

転職するか悩んだら

「今の仕事に不満が多い」「将来を考えると転職した方がいいかも」そう感じても、実際どう行動すればいいか悩む薬剤師はとても多い。

・つらい環境を変えたい
・収入を大きく増やしたい
・パートで働き方を変えたい
・働きやすい所で落ち着きたい
・将来性がある会社で成長したい

そんな悩みを解決するには、自分に合った転職サイトに登録し「相談」する事。それが将来に備えるはじめの一歩です。

働きやすさ重視なら

転職に不安があっても、あなたの希望を元に働きやすい職場探しをしてくれます。もちろん年収・時給がアップする求人が多いのが特徴。

職場環境や設備、ワークライフバランス、職場の雰囲気。長く安定して働ける事は大切。転職に不安があるなら、マイナビ薬剤師をまず利用したい所。

総合評価
求人「会員限定」の求人で自分に合った働き方探しに
サイトhttps://pharma.mynavi.jp/
強み正社員からパートまで多くの働きやすい求人
弱み派遣薬剤師求人の取り扱いが無い

マイナビを見てみる

 

条件重視なら

年収など「自分の希望条件で転職したい」という薬剤師なら、CME薬剤師がおすすめ。手厚いサポートで、20~40代の調剤経験がある薬剤師向けです。

特に薬局・Dgsが比較的多い地域の求人探しで迷ってしまいそうな場合、しっかりコンサルタントに任せる事で自分に合った求人紹介をしてくれます。

総合評価
求人薬局・調剤併設Dgsが中心
サイトhttps://www.cme-pharmacist.jp
強み転職後のサポートも手厚い
弱み企業系の求人は期待出来ない

CMEを見てみる

 

キャリアアップしたい

これから先、正社員として自分がキャリアアップ出来る環境に身を置きたいならファルマスタッフを利用したいところ。転職エージェントが親身に相談に乗ってくれます。

「出来れば早めに転職したいな」と思っている場合などでも、すばやい対応してくれるので安心して求人探しが可能です。

総合評価
求人求人数が多く、チェーンを中心に幅広く探せる
サイトhttps://www.38-8931.com
強み正社員求人に強く、キャリア志向の薬剤師向け
弱み企業の求人には弱い傾向があり

ファルマスタッフを見てみる

転職で一番大切なのは、早めの行動。「もう限界」と思ってから求人探しをすると、判断が鈍ってしまうから。

「転職で失敗する事」なんか無いように、ゆとりをもって行動するのが大切ですね。

マイナビ薬剤師
(働きやすい職場探し)

CME薬剤師
(年収・時給重視)

ファルマスタッフ
(キャリアアップ求人)

リクナビ薬剤師
(人材紹介大手リクルート)

上記:ファルマスタッフ