管理薬剤師の仕事

調剤業務のあり方について|薬局事務は調剤業務を手伝うの?




平成31年4月3日更新 厚労省から通知が出ています

タイムリーな情報収集は、m3.comから得ましょう。

薬局でしばしば問題にあがる、この問題。薬局の事務スタッフによる調剤補助はセーフなのか、アウトなのか?

大手チェーン薬局を(外から)覗くと、薬剤師ではない方が調剤室に結構いるように感じます。

人件費や薬剤師不足を考えれば、経営者にとってはセーフとしたいところです。こういった事は、法に根拠をもとめないといけませんね。



調剤補助業務は薬剤師法に明記されている

この件については、薬剤師法に明記されています。以下、主要部分を引用します。

薬剤師法 第4章業務

(調剤)
第19条薬剤師でない者は、販売又は授与の目的で調剤してはならない。ただし、医師若しくは歯科医師が次に掲げる場合において自己の処方せんにより自ら調剤するとき、又は獣医師が自己の処方せんにより自ら調剤するときは、この限りでない。
1患者又は現にその看護に当たつている者が特にその医師又は歯科医師から薬剤の交付を受けることを希望する旨を申し出た場合
2医師法(昭和23年法律第201号)第22条各号の場合又は歯科医師法(昭和23年法律第202号)第21条各号の場合

これだけです。<薬剤師でない者は、販売又は授与の目的で調剤してはならない>調剤が何を差すか記載がありません。

上記のとおり、薬剤師法第19条において、薬剤師以外の事務スタッフ等が調剤することを禁じています。

しかしながら、「調剤の範囲」を明確に定義しているものではないので、無資格者による調剤行為もグレーゾーンのままなのです。

調剤の範囲が無いというのが泣かせどころです。

  • 処方箋を受け取るのは調剤なのか
  • 小児の体重を聞くことは調剤なのか
  • レセコンへの入力は調剤なのか
  • ヒートの取り揃えは調剤なのか
  • 軟膏の混合は調剤なのか
  • 事務員と患者の会話で、薬の話は調剤行為なのか

・・・法律はいつだってあいまいです。

この問題を解決するための根拠になりません。それゆえ、独自に判断をし、事務スタッフにピッキングをさせているチェーン薬局もあれば、そうでない薬局もあります。

もちろん原則ピッキングは本来薬剤師が行うべきですが、厚労省の見解としても必ずしもアウトにはしておらず、薬剤師の管理監督下であれば、一定の条件下で違法とは言えないものとなっているのです。

そして、ピッキングが必ずしも違法にならないという厚労省の見解も、文書で通達されているわけでもなく、はっきりしない、そのため混乱をきたしているのが現状です。

しかし、「無資格者調剤」として行政指導が下り、ニュースになる事もしばしばあります。その境目はどこにあるのでしょうか?

【重要】

平成31年4月2日、厚生労働省から通知が出ました。

まだ明記されていない部分もありますが、おおむねこれから読み取る事ができます。

https://www.mhlw.go.jp/content/000498352.pdf

アウトとセーフの分かれ目

※以下過去の記述ですが、すでに管轄の厚生局によって判断されていた部分が、今回上記通知により、明文化されました。


これも明文化されていませんし、明文化されるわけもないのですが、再現性の無い行為はダメというところが、暗黙のルールで採用されているところとなっています。

つまり“その時間違っても元に戻せる行為”であれば、容認されます。これを逸脱した行為であれば、「調剤行為」と100%みなされ、行政処分される事となります。

という訳で、ヒートや軟膏チューブなど、訂正できる取り揃えはOKという事になります。

軟膏、散剤、水剤の計量・混合は NGです

一包化は・・・バラして元に戻せるといえば戻せます。しかし、間違えたヒートをバラしてしまえば、それを元の状態に戻す事できません。かなり黒に近いグレーでしょう。

そして結局、こういった判断できない部分が出てきてしまうので、現場では混乱が生じてしまうのです。もっとも、一包化などはしっかりと薬剤師の手で行わなければならない事は自明です。

ちなみに薬学生の実習については、学生、そして受け入れ施設が資質(薬局であれば実務実習指導薬剤師であること)を満たしていれば、調剤行為を行うことは大丈夫です。

転職するか悩んだら

「今の仕事に不満が多い」「将来を考えると転職した方がいいかも」そう感じても、実際どう行動すればいいか悩む薬剤師はとても多い。

・つらい環境を変えたい
・収入を大きく増やしたい
・パートで働き方を変えたい
・働きやすい所で落ち着きたい
・将来性がある会社で成長したい

そんな悩みを解決するには、自分に合った転職サイトに登録し「相談」する事。それが将来に備えるはじめの一歩です。

働きやすさ重視なら

転職に不安があっても、あなたの希望を元に働きやすい職場探しをしてくれます。もちろん年収・時給がアップする求人が多いのが特徴。

職場環境や設備、ワークライフバランス、職場の雰囲気。長く安定して働ける事は大切。転職に不安があるなら、マイナビ薬剤師をまず利用したい所。

総合評価
どんな求人?「会員限定」の求人で自分に合った働き方探しに
サイトhttps://pharma.mynavi.jp/
強み正社員からパートまで多くの働きやすい求人
弱み派遣薬剤師求人の取り扱いが無い

マイナビを見てみる

 

キャリアアップしたい

これから先、正社員として研修を積み、キャリアアップ出来る環境に身を置きたいならファルマスタッフを利用したいところ。転職エージェントも親身に相談に乗ってくれます。

また「出来れば早めに転職したいな」と思っている場合などでも、丁寧に対応してくれるので安心して求人探しが可能です。

総合評価
どんな求人?求人数が多く、チェーンを中心に幅広く探せる
サイトhttps://www.38-8931.com/
強み正社員求人に強く、キャリア志向の薬剤師向け
弱み企業の求人には弱い傾向があり

ファルマスタッフを見てみる

 

年収重視で幅広く探したい

「年収重視でいろんな求人探しをしたい!」という薬剤師なら、リクルート運営のリクナビ薬剤師がおすすめ。自分でも探しやすいのが、特長です。

業界大手で、広く人材サービスを手掛けるリクルートならではの求人が揃っています。

総合評価
どんな求人求人数が多く、企業なども自分で探したい人に便利
サイトhttps://rikunabi-yakuzaishi.jp
強みリクルートという知名度による、求人の幅広さ
弱み担当者のサポートは控えめ

リクナビを見てみる

 

転職で一番大切なのは、早めの行動。「もう限界」と思ってから求人探しをすると、判断が鈍ってしまうから。

「転職で失敗する事」なんか無いように、ゆとりをもって行動するのが大切ですね。

マイナビ薬剤師
(働きやすい職場探し)

ファルマスタッフ
(キャリアアップ求人)

リクナビ薬剤師
(リクルート運営の情報力)

上記:ファルマスタッフ