薬剤師と就職・転職活動

薬局が吸収合併(M&A)されてしまう!どうすればいい?薬剤師・事務が理解したい事

自分の働いている薬局が吸収合併(M&A)されてしまう!そんな状況に追い込まれている薬剤師・事務向けの記事です。

ちょっとこんな記事、果たして読まれるか分からないんですが。

でも私自身、薬剤師として働いている薬局が合併されてしまう事も経験しましたし、合併する事も経験してきています。
(私は10年ほど前、吸収合併される時に勤めていた薬局を辞めました!)

どちらの立場もそれなりには分かるので、そういう状況に陥ってしまった際、少しでもこの記事が参考になればなと思います。

この記事を書き始めた時、ちょうど2020年調剤報酬改定前の時期でした。

初めは「今後厳しくなるから絶対に転職しない方がいい」と思ったんですが、今回はかなり甘い改定になりそうです。

そういった視点を持ってこの記事を読んで貰えるといいかなと思います。2022年の改定では非常に厳しい未来になりそうです。

薬局が吸収合併されてしまう話は突然に

あなたの働いている薬局が吸収合併(M&A)されてしまう!そういう場合、基本は大手チェーンに統合されてしまう事になるんじゃないかなと思います。

結構こういった話って、急に従業員(薬剤師・事務)に降りかかってきます。

いきなり横道にそれますが、一番きついのは「本社勤務の人」です。本社の場所が変わるし、そんなに人員がいらないからです。

さて、たいていの場合、気になるのは給料。大手チェーンほど給料が安いし、どうなってしまうか不安ですよね。

基本的には薬剤師・事務とも収入減になる

薬剤師であれば年収700万円あったのに、合併したら大きく下がりそう。事務だって年収400万円近かったけど、300万円程度になりそうだ。

結論から言うと、まぁ当然の事です。会社が変われば給与規程が変わるんです。これは遅かれ早かれ、諦めるしかないこと。

本来であれば「年収が下がる」というのは、よほど赤字経営でない限りあり得ない話ですよね。でも会社が変わるとなれば話は別。

なぜなら同じ会社・同じ仕事をするのに、あまり給与に差が出てしまうのは支障が出ますからね。

本来、既得権益って労働者としては守られるべきもの。でも会社が変わればそうも行かない。そもそも、給料規定が変わってしまうんです。

私は聞いた事が無いんですが「吸収合併されて給料が上がった」っていうケースは無いかなと。もし収入が上がるという話が出ているのなら、そのまま働き続けた方がいいですね!

推測とは言え、給与が上がる事はあまり無いと思うんですが・・。大手チェーンの方が年収ベースは低いですからね。

逆の立場に立つと年収が高いのは納得出来ないかも

でも逆の立場になったら分かると思うんです。

例えばです。自分が大きなチェーン薬局で働いていた。そこに5店舗くらいの薬局を吸収合併する事になった。

自分の薬剤師年収は550万。でもその5店舗の会社の薬剤師は年収700万。大手チェーンで働いている側からすると納得できないですよね。

「大きな会社が小さな会社を吸収合併」したのに、小さな会社の従業員が相変わらず高年収で働いていたとしたら、相当不満が出てしまいます。

そうは言うものの、立場なんか関係なく、こいうのって自分の問題なんですよね。私自身、辞めた時は「そんなことは関係なく今の生活が大切」でしたから。

極論で言えば、M&Aされても、大きな会社だろうが小さな会社なんか関係なく、年収・仕事内容が変わらなければあまり気になりませんよね。

だからこそ、大きなチェーン薬局に今働いている薬局が吸収合併されてしまう・・・そういった状況になるのは、あまりいい状況だとは言えない部分があるんです。

お給料、まず下がりますからね。やっぱりそれが一番の問題なんです。

薬局吸収合併後しばらくして給料減に・・

私の経験上、そして聞いた話を含めると、薬局が合併したからって「初日から年収が下がる」ケースは割と低いです。半年後、1年後に下がるケースがほとんど。

なぜなら就業規則(給与規程)が変わって初めて、基本給・手当などが変動してしまうから。大手チェーンほどその辺の手続きが煩雑なので、少し時間が掛かるんです。

退職金も然りで、小さな薬局だと「中退共」っていう退職金制度のところがほぼ全て。いったん退職扱いになります。色々と就業規則の変更は手間が掛かるもの。

しばらく様子見後、転職する薬剤師が多い

つまり、半年、1年してから年収が下がり、大手チェーンとなってしまった会社を辞め、転職する。そういう薬剤師がほとんどでした。年齢が50代以上とかだと残る人が多いんですけどね。

もちろん今だって、しばらくは様子見、そういう人が結構多いかもしれません。しばらくは大手チェーン薬局に属し、機をみて転職すると。これは薬剤師も事務も同じ。

ただこれまでは「薬剤師不足で大手チェーンに合併する事になった」というケースが多かったものの、ここに来てかなり変化が見られました。

つまり、あまり儲けが少ない・不採算だから薬局を大手チェーンに売却してしまうというケースです。この場合、なおさら年収の維持は難しくなってきます。

ただそもそも薬剤師・事務の人件費が高いために採算が悪くなったというケースがほとんど。待遇が良くて働いていたはずなのに、それが逆に首を締めることになっていたという事なんです。

これは決して「あなた自身の人件費が高すぎた」訳では無く、少し経営手腕の問題ですよね。派遣薬剤師業界だって、相変わらず活発なんですから。

薬局がM&Aされるなら転職を視野にいれて働くという選択

薬局が吸収合併する事になって待遇が上がる、繰り返しますが、これは基本あまり無い事です。たいていは中小規模の薬局の方が、収入面だと待遇がいいですからね。

ただ、大手チェーンには大手チェーン薬局の良さがあり、福利厚生なんかは恵まれている事もあります。それは合併先の薬局次第ですよね。

合併後の福利厚生にあまり多くを求めない事

ただし、福利厚生にあまりお金を掛けてしまうのも、会社としては経費(福利厚生費)になってしまいます。だから大手とは言えども、しょぼい会社は残念ながらあり。

もっともこのご時世ですから、そこまで福利厚生にお金を掛ける企業も少なくなってるのが現状。お金よりも「連続有給休暇取得できます」など、働きやすさをアピールする薬局の方が多いですね。ドラッグストアも同じです。

私自身の体験からすると、薬局が吸収合併後しばらく働いてみて、嫌ならやめる。その方がいいと思っています。案外、継続して働く薬剤師・事務って多いですからね。

収入以外の部分でも吸収合併で辞める薬剤師は多い

ただ薬局の吸収合併を機に退職してしまう薬剤師が多いのは事実!結構やっぱ辞めちゃいます。年収の問題もあるし、働きやすさの部分もあるからです。

さすがに50代以降の人は残る人がほとんどですが、20代、30代だと4割近く(あくまで私の感覚です)は転職してしまいます。

それは中小薬局だと自由だったものが、大手だと「マニュアル」的な業務に偏りがちになり、また、かかりつけ薬剤師のノルマだとか、そういったものが出てくるからです。

「ノルマ」なんていう言い方はしませんけどね。あくまで「目標」という形ですが。でもノルマですよね。

こういった部分は、「年収が下がる」とは別の部分。中小規模の方が薬剤師・事務とも好きな仕事、楽しく仕事が出来ていたのに、自由度が下がって仕事がつまらなくなってしまうからなんです。

また、大手チェーンだと「転勤がある」という可能性も多いのが、働きやすさの面で退職者が多くなってしまう原因かもしれませんね。

注意!薬剤師の働く環境は変わっている!

ただ数年前までだったら「薬局が吸収合併か・・。まぁしばらく働いてから様子見て転職しようかな」っていうのでよかったんです。

2020年4月の調剤報酬改定を見てもまだ、「しばらく働いてから」でも大丈夫かなと思っています。

ただ今は不採算で大手チェーンに薬局を売却、という流れがとても強くなっています。1,2年働いてからだと、2022年の調剤報酬改定による影響が見えないんです。

数十店舗あるような規模であれば、会社としての体力があるんで問題ないんですが、数店舗規模の薬局だと厳しくなってきましたよね。

やっぱり働きやすいのは、中規模のチェーン薬局。収入がそこそこ良く、ある程度自由に働く事ができます。働いて楽しいのはこれぐらいの規模なのかなと。個人的な感覚なんですけどね。

やっぱり、10店舗以下の規模だとどうしても保険薬局業界、厳しい環境になってしまいました。薬局の吸収合併という話はこれからますます増えていくはずです。

・・・薬局がM&Aされても1年、2年働いて様子見ようかなと言うのが、結構厳しい時代に突入してきた。それは確実かもしれませんね。

2022年に近づけば近づくほど、時すでに遅しという保険薬局業界の環境と言えるかもしれません。

薬局が吸収合併されたら薬剤師・事務はどうするか?

簡単にですが、保険薬局の置かれた環境、吸収合併の人の流れ、大手と中小規模薬局の違いなどを説明してきました。

そこで「さてどうする」っというのが、一番の難題なんですよね。この記事の結論の部分になってきます。

少し薬局合併に関する薬剤師・事務のポイントをおさらいです。

  • 薬剤師・事務とも待遇はほぼ確実に下がる
  • 年収以外の部分でも働きづらくなる
  • 福利厚生は良くなるケース有り
  • 一定の割合で退職者が出る
  • 2022年には厳しい保険薬局の環境
  • 大手チェーンは経営が安定

もし薬剤師として転職しても、あまり小さい規模の薬局だと、また「吸収合併される」っていうケースは割とあります。これはもう、運が悪いとしか言えません。

もし薬局がM&Aされてしまい年収(待遇)が下がるのが厳しい、というのであれば、これはもう転職を検討した方がベターです。

「転職活動」というと、いきなり退職してから求人探しをする人がいるんですが、それは避けた方が無難です。

なぜなら「いい求人」が出るのは、結構運次第なんです。働きながら、半年以内くらいを目安に転職活動をするというのがベスト。

私自身、いまは薬剤師採用をしてる立場なんですが、「1年後から働けます」とかだとちょっと採用は無理です。だいたい3ヶ月ぐらいを目途というイメージ。

1年後とかだと、新卒採用に力を入れてしまいますからね。

薬剤師であれば、人材紹介会社の約1%しか認定されていない「職業紹介優良事業者」を選び相談してみる事。

つまり、マイナビ薬剤師ファルマスタッフの2社に会員登録し、まずは相談してみる。薬剤師不足は相変わらずなんで、求人も多いんです。

薬局事務、本社勤務であれば、リクルートエージェントを利用し、いい求人を少し探してみるのがまずは対策かなと言うところです。

半年以内に転職しようと思ってたけど、やっぱりいい求人無かったから大手チェーンで働き続ける、それもそれであり。

ただ、「様子見」もほどほどにして、早いうちから行動しておくのが備えとして一番とかなと感じています。

【関連記事】
薬剤師転職サイトの仕組みと利用前に注意したい事

大した私の体験談では無かったかもしれませんが、少し参考になればと思います!

働き方を変えるなら
働きやすい職場探しに

正社員・パート、男女問わず、働きやすい職場探しが出来ます。もちろん年収アップも可能。

職場環境や設備、ワークライフバランス、職場の雰囲気。長く安定して働ける事は大切。そういった観点で求人探しをしたいなら、マイナビ薬剤師が一番です。

総合評価
どんな求人?薬局、調剤併設Dgsなら、利用は必ずしたい求人数。
サイトhttps://pharma.mynavi.jp/
強み「どんな求人があるかな?」という相談からでOK
弱み派遣薬剤師の取り扱いが無い

≫マイナビ薬剤師

 

大手チェーンで働きたい
これから先、安定して働きたい、教育体制や福利厚生のいい大手チェーン薬局・Dgsに転職したいならファルマスタッフがおすすめ。
また「出来れば早めに転職したいな」と思っている場合などでも、丁寧に対応してくれるので安心して求人探しが出来ます。
総合評価
どんな求人?求人数が多く、チェーンを中心に幅広く探せる
サイトhttps://www.38-8931.com/
強み親身なサポートが親切。派遣で働くにも◎
弱み企業の求人には弱い

≫ファルマスタッフ

 

高年収を狙うなら
「年収を上げたい!」という正社員なら、ファーマキャリアがおすすめ。サイトを見ても、そういった求人に力を入れてる事が分かりますよね。
あなたが薬剤師としてどうった働き方がしたいか、その希望を元に年収の条件交渉をし、あなたに提案してくれます。
総合評価
どんな求人薬局・Dgsはもちろん、高年収を希望する薬剤師に
サイトhttps://pharmacareer.jp/
強み担当サポートが手厚く、交渉力が強い◎
弱み年収アップに絞るため、求人数はやや少なめ

≫ファーマキャリア

RELATED POST