薬剤師と就職・転職活動

薬剤師新卒1,2年目で辞めた体験談|転職していいのか悩む必要はない

新卒で入った会社。それなりに就職活動もした。まだ薬剤師新卒1年目。

でもいろんな事情でもうこの薬局・ドラッグストアで、薬剤師として働く事は正直厳しい、転職したい。そんな風に考えてしまう事は、みんなそれぞれ、色んな事情で起こりますよね。

私自身、新卒1年目で転職、2年目でも転職、3年目でも転職しています(笑)4回転職を繰り返し、そこからは転職していません。今は15年程度、同じ会社。

人間関係がよくない、しっかり教育してくれない、上司の怒り方がきつい、収入が悪すぎる。でもそれが普通の事かと思っていたけれど、最近はストレスで体調も良くない。

残念ながら、それはよく聞くはなしです。

そしてそれがおかしな状況であっても、特にあなた自身が社会人1年目、2年目では以下のような考えに偏りがちです。

「それが社会では当たり前の事なのかもしれないし、仕方無い事なのかもしれない。ただ、自分が弱いせいで、仕事が辛いのかもしれないな・・・。」

これは社会人経験が浅いと仕方ない事ではあるのですが、逃げ場が無くなってしまいます。少なくとも体調に支障が出る、精神的にキツイようであれば、普通の環境ではないと思って間違いありません。

そこで私の過去の体験談、今の薬剤師採用の立場から、そういった状況でどう対処すればいいか、お伝えしていきたいと思います。

なお結論から言うと、社内で相談しても薬剤師不足なので「なんとか理由をつけて引き留められるだけ」です。少し不信感みたいな事、感じませんか?

そのためすぐに転職なんかを考えていなくても、まずは外部の薬剤師エージェントに必ず「相談」すべきです。

関連記事:薬剤師転職サイトの闇(キャリア形成に失敗しないために、必読)

薬剤師以外の職種でも1年目で辞めてしまう人はいる?

特に医療系であると、人手不足も相まり、新卒1年目で退職してしまうという方は一般企業と比較してとても多いのが現状です。

例えば同じ医療職である看護師。医療職は就職してみないとその現場がどのような雰囲気か残念ながら分からない事も多く、辞めてしまう方は多いのです。


そして当然、あなたがストレスを感じるような、そんな職場で働き続けていては、あなた自身の成長が見込めないとも。もっともな話しなのです。

薬剤師も看護師も人材不足世界。心身を壊してまで無理してそんな職場で働き続ける必要はないのです。無理して働く事は注意もされているわけです。

医療職に限らず新卒1年目の退職者は多い

とはいえ医療職に限らず社会一般、やはりさまざまな事情で、新卒1年目で退職する人はかなり多いのです。

ちなみに、社会人1年目で退職して就職活動をあらたに行う人を「第二新卒」と呼びます。第二新卒専門で就職支援をしている会社もあるほど。一般的なんですね。

第二新卒者は、新卒と比べて決して価値が劣る人材という訳ではありません。採用する側としては全くの未経験ではなく、少しの研修期間を他社で行ってから入社してくれるので、人気の高い人材なのです。

ちなみに薬局・DS業界であっても、多くの学生は大手チェーンか病院に就職するという事もあり、比較的大手であっても「有名」でなければ薬剤師採用に苦しんでいるところが多い現状です。

そのため即戦力の経験者を高年収を提示して無理して採用するよりも、まだまだ未熟でも、やはり若手の薬剤師を採用し、長く安定して働いてもらいたいのです。

とは言え辞めるのは勇気がいるし、いろいろ不安だ。

よく3年は我慢して働いた方がいいと言われているし・・。そう考えているあなたに、1年目、2年目など、比較的早い段階で辞めるメリット、そしてデメリットをお伝えしていきます。

薬剤師新卒1年目、2年目で退職するデメリットは何?

これは大きいようで小さいデメリットだけですが、周りの人から「1年目、2年目で辞めたのか」と思われてしまうことです。

多少は企業説明会などに足を運んで決めた会社。周囲や親にも伝えてきめた会社。すぐ辞めたのか、と思われるのは少し微妙ですよね。そう「微妙」なだけなんです。

ちなみに私ははじめの4年で4回転職しています。さすがにちょっと多すぎですね(笑)経験談は以下の記事に記載しています。

確かに回りから「3年は勤めた方がいいよ」というお決まりのセリフは良く言われ、そのたびにムッとしていましたが、それはその時、一時のもの。

あなたが今無理して我慢(心身を壊してまで)働くための理由としては、ほんとうに些細で小さな事なのです。

私自身、3年など無理して同じ職場で我慢して働くよりも、色々な職場で違った人と、違った仕事をするという、また様々な経験が出来たのは、今でも大きな財産となっています。

繰り返します。あなたの周りのごく一部の人はそういう古い価値観で物事を見る人もいるかもしれませんが、社会の中ではごくごく普通の事で、第二新卒として就職活動すること、それはごく一般的な事なのです。

確かに一流大学を卒業し、一流企業に就職したのであれば話は変わってくるでしょう。

ただ薬剤師として働いていくのであれば、デメリットは上記のように無いと考えて大丈夫です。もちろんその後の社会人生活での不利益(もし組織の中で昇進などを考えているのであればそういった点で不利な扱いを受けてしまう事)も全くないのです。

薬剤師新卒1年目、2年目で転職するメリットはあるの?

あなたが様々な事情で退職を考えている中、退職する事に大きなデメリットがないだけで十分だとは思いますが、考えられるメリットも挙げてみましょう。

「つらいからやめる」だけでも理由としては十分な事なのですが、やはりメリットがあった方がやはり次のステップに進みやすいのは事実ですからね。

ここでは以下に4つ、挙げてみたいと思います。

1.会社じゃなく、職場に就職できる

新入社員はほぼみな、株式会社〇〇や☓☓病院、という形で就職活動し入社してきます。そこで1ヶ月程度研修を受け、配属。つまり会社の指示で配属されます。

これはごく一般的な事ですよね。

ただ転職となると全く事情が異なります。あなたの勤務希望地から募集が掛かっている薬局を見学し、そこに就職する。これは規模の大きなチェーンであってもです。

実際に働く職場をあらかじめ、薬剤師就職支援会社を通じて見学する事ができる、これはとても大きなメリットです。

2.異なる仕事を経験する事ができる。

これについては大きな説明は不要かもしれませんが、調剤薬局から調剤薬局への転職でもずいぶんと仕事内容は異なるものです。

一番単純な面でいうと診療科が違う事です。内科・小児科・耳鼻科、それぞれ調剤業務は大きく異なります。

同じ会社内で異動希望を出してもなかなか通るものではありませんが、転職すれば必然的に違う診療を応需する薬局に勤める事ができます。

また大手チェーンと中規模チェーンでは、どちらに良し悪しがあるという訳ではありませんが、大手では相当マニュアル化された中で業務を行います。

一方中小規模では、ある程度創意工夫をしながら店舗運営を行っていく、そういった組織の「色」は大きく異なるので、面接同行などであなたに合った薬局選びと言うものが可能になってきます。

大きな組織、小さな組織、あなたに合った雰囲気の組織・社風、そういったものが見えてくるはずです。

病院から薬局などの転職では、仕事内容も異なってくるのは言うまでもないですよね。

3.つらい人間関係をリセットできる

人間関係が辛くて転職する人が最も多い、これは事実です。人間同士ですから、合う合わないはもちろんあります。もちろんきつい叱責などは論外です。

また、どんな人と一緒に働く事ができるか、これも意外と見逃せない部分です。

若い社員が多い店舗は活気があり、仲が良い関係が築けるかもしれませんがそれも人間関係に置き換えると、紙一重の部分ですよね。

あまり年が離れすぎない年上の先輩社員はあなたの成長にとって大事な存在です。

また今の職場が年配の人だらけというのも話が合わずつまらないもの。逆にもっと若い社員が多いところで働きたいと感じる人も当然いるでしょう。

どちらがいいかではなく、あなたにとってどちらが合っているかです。そういった部分も薬局見学などでしっかり確認する事ができますよね。

それぞれ自分に合った職場探しを「就職活動」という慌ただしい中ではなく、落ち着いてする事ができます。

学生時代にみんなと同じ時期に就職活動をするわけではないので、「どこに就職が決まった」など、人と比べる必要もまったく無いのです。

4.収入を上げる事ができることも

これは可能性の問題であって、必ずとは言えません。年収を上げる転職であれば、基本的には3年程度の経験が欲しいところ。

ただ大手チェーン薬局であれば、年収水準では一番低い(おおむね年収420万円前後)といってもよいですから、中規模・小規模薬局に勤務すれば、年収ベースで50万円程度の上積みは十分期待できます。

ドラッグストアであればそもそも調剤薬局よりも基本年収が高いので、そちらを選択する事もよいかもしれませんよね。

ただ、これはあくまで可能性の話しと捉えて下さい。ただし、病院から薬局・DSへの転職であれば、十分な収入アップを望める事が可能なのは間違いありませんね。

悩んでいる今の状態から次のステップを踏むために

1年目でやめてしまう薬剤師は実際とても多くいます。悲観する必要はゼロです。とは言え、自分の置かれた客観的な立場、そういったものを把握できるといいですよね。

今働いている職場環境はふつうなんだろうか、どういったところに第二新卒薬剤師として就職可能か、辞めるにはどういった手順を踏めばいいのか、いつごろをめどに退職を切り出せばいいのか。

そういった相談は、しっかりとしたキャリアアドバイザーのいる、薬剤師専門就職支援会社(マイナビ薬剤師など)に頼れば問題は全くありません。

相談は無料なので利用しないともったいないのです。

いくつも「薬剤師転職サイト」はありますが、電話1本だけで済ませてしまう会社もあるので、そういった会社には注意しつつ、新たな一歩、リスタートを切ってみてはいかがでしょうか。

これから長い社会人人生、選択肢の幅をしっかり持つため、求人確認するという所だけでも必ず行動しましょう!

【関連記事】
薬剤師としてやっていく自信がない・・・そんな場合どうしたらいいの?

人生先はとても長く、社会人1年目から消耗しながら働く必要など、まったくないですよ!

薬剤師採用担当のおすすめ
【2020年3月27日追記】
以下、のんびりと「おすすめ求人サイト」なんて紹介していたんですが、この状況下、かなり薬剤師求人が減少してしまいました。

なぜなら、薬局の経営が患者数減によって一時的に極めて悪化しているため。

目安として9月末まで位に転職を考えている薬剤師なら、「おすすめ」なんて関係なく、複数の求人サイトに登録しておかないと「就職先が見つかりづらい」なんて事も。

損は無いので3~5社程度には登録し、会員にしか紹介されない非公開求人から、あなたに合った求人探しをしてもらいましょう。

https://pharma.mynavi.jp/
(マイナビ薬剤師)

https://www.38-8931.com/
(ファルマスタッフ)

https://rikunabi-yakuzaishi.jp/
(リクナビ薬剤師)

https://pharmacareer.jp/
(ファーマキャリア)

https://pcareer.m3.com/
(薬キャリ)

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師は、薬剤師が転職を考える上では切っても切れない会社。
調剤薬局や、調剤併設ドラッグストア求人に強く、働きやすい職場探しが出来ます。もちろん、担当者さんのサポートも抜群。
◆厳しい基準をクリア◆
人材紹介会社全国約2万社のうち、40数社しか認定されていない「厚生労働省委託事業 職業紹介優良事業者」に認定されています。
総合評価
どんな求人?薬局、調剤併設Dgsなら利用必須。正社員・パートとも厚待遇。
強みいつか転職を考えてる初心者にも対応◎
弱み病院の求人は少なく、派遣も取り扱いなし

公式ページ

ファルマスタッフ
ファルマスタッフは、親会社を日本調剤に持つ、薬局求人に非常に強い、薬剤師転職サイトです。
派遣薬剤師としても働けることから、全国的に薬局求人には大変強く、そして年収を上げるための転職にはぜひ利用したいんです。
◆厳しい基準をクリア◆
マイナビ薬剤師と同じく「職業紹介優良事業者」に認定されています。この認定を受けているのは、薬剤師転職サイトでは、この2社のみ!
総合評価
どんな求人?薬局への転職で年収を上げたい人に。
強み親身なサポートが親切。派遣で働くにも◎
弱み病院、企業の求人に弱い

公式ページ

リクナビ薬剤師
リクルート社が運営する、薬剤師の転職サイトで、薬局から企業まで幅広く探せるのが魅力。
比較的「自分でも求人情報を探しやすい」という事もあるので、マイナビ薬剤師かファルマスタッフ、いずれかと併用する形がベスト。
◆リクルートならではの求人◆
企業からの知名度は、リクルートはNo.1。つまり、リクナビ薬剤師にしか無い非公開求人を見つけられる可能性が高いんです。
総合評価
どんな求人薬局、Dgsはもちろん、企業まで幅広い
強みリクルートならではの転職ノウハウが◎
弱みサポートは弱いが、逆に30~40代向き

公式ページ

RELATED POST