薬剤師と就職・転職活動

薬剤師として英語をいかして転職・就職活動したい!

国家試験合格によって得られる「薬剤師」という資格。これだけでも十分、就職先はたくさんあります。

製薬企業、調剤薬局、ドラッグストア、病院、・・・ほとんどの薬剤師は卒業後、そういった分野に就職する事になります。

それでも「薬剤師は過剰になる!いつか余ってしまう!」という言葉を聞くたび、何かほかのスキルを身に着けた方がいいのかな・・と思ってしまいますよね。

それは就職活動でも転職活動でも同じ。

というわけで、今回の記事のテーマ。

英会話が得意なんだけど、それを生かして就職・転職先を探すにはどうしたらいいの?

というところに絞って解説していきます。

「英語のスキル」と言っても単純ではないので、少し分類分けして説明しますが、あくまで薬剤師の資格があるという前提での、仕事のお話し。

なお本記事は、転職活動を考えている薬剤師や、就職先を検討している薬学部6年生に向けての記事となります。

英語って生かせるのかな~?という疑問が、少しでも解消できればと思います。

日常英会話が出来る、薬剤師の就職・転職

突然英語しか話せない患者さんが、薬局・ドラッグストアなどにやってくる事はしばしばあるもの・・。そんな時に英語ができる人材がいたらとても心強いですよね。

日常英会話を生かした就職・転職活動では、高収入は見込みづらいものの、一定の需要があります。

ただここはそんな「年に1,2回あるかないか」のケースではなく、より頻繁に英会話を必要とされるシチュエーションでの就職先を検討しましょう。そうする事であたなの強みを生かす事ができます。

薬局・ドラッグストアに一定の需要あり

それは、主に外国人が多く住むような土地にある、薬局・ドラッグストア。そういったところに勤めスキルを生かしたい薬剤師です。

高収入を見込みづらいのは、日常英会話であれば出来る薬剤師が多すぎるため。他社と比較し悪くない待遇であれば、十分と言えます。

もちろん医療で用いる英会話まで十分マスターしていれば話は変わってきますが、細かいニュアンスを伝えるのは難しいものです。

ただ、「外国人が多く住むような土地にある薬局・ドラッグストア」の中には、そもそも勤務地としても人気のエリアが多いのも事実。

東京都内でいうと、広尾や六本木、丸の内あたりですね。英会話のスキルを生かしつつ、あこがれの人気のエリアで働く事が出来るのはありがたい事。

そんな希望がある方であれば、英会話は日常会話レベルであっても、希望の勤務地でスキルを生かしつつ働く事ができます。

つまり、英語力を生かしつつ、あこがれの勤務地で働ける、という割と羨ましがられる働き方です。

基本的には薬局・ドラッグストアへの就職・転職が中心となるので、以下2社の薬剤師人材紹介を利用し募集を探せばスムーズです。

マイナビ薬剤師 公式サイト

ファルマスタッフ 公式サイト

ネイティブに近いレベルの英会話力を持つ薬剤師の就職・転職

専門用語もしっかりと会話でやり取りできる力がある英会話力があれば、いっきに就職の幅が広がります。

薬局・ドラッグストアというところであれば高年収は望みづらいものの、製薬企業あるいは関連企業で通訳・翻訳といった仕事をこなす事ができます。

「でもネイティブレベルの会話が出来る人も今は多いんじゃ」とも感じるかもしれませんが、薬剤師としての知識(大学・社会人経験)を持つ人材はとても少ないもの。

この場合、海外勤務も視野に入れる事が可能であれば、社会人としてはかなりのステータスを得る事ができます。

必然的に企業への就職を目指す形になるので、そういった場合は大手の人材紹介会社を経由すると大企業の募集情報も集まってきます。

比較的高年収(1000万~)を目指せる可能性があるので、豊富な求人からじっくり選んでいく事がポイントです。以下は薬剤師利用者の多い3大、人材紹介会社です。

マイナビ薬剤師 公式サイト

ファルマスタッフ 公式サイト

リクナビ薬剤師 公式サイト

マイナビとファルマスタッフは、特に薬局、ドラッグストアの求人に強く、はずせないところ。

なお、リクナビ薬剤師は担当者さんのフォローは手薄(電話のみ)ですが、大手企業の登録する求人数が多く、利用価値が高い会社です。

話せないけど英語読解能力の高い薬剤師の就職・転職

英会話は出来ないけど、読解能力なら人一倍ある。そんな人材もまた、とても重宝されます。企業としてほしい人材は、海外文献の翻訳。

特に論文などは医療用語が多く、海外のものが翻訳しきれないのです。(※googleなどの翻訳機能もずいぶん発達しましたが、専門用語には対応しきれていない)

そして翻訳ともにライティングスキルも求められるので、ライター業とも言えます。ライティングスキルは経験によって伸びる分野なので心配しなくても大丈夫。

もちろんこの場合はデスクワーク。

デスクワークは好き嫌いが分かれますが、翻訳し、ライター業をしてみたい薬剤師であれば、ぜひ検討してみたい職種です。響きもかっこいいですよね。

都心部では、翻訳・ライター業については割と求人がある職種ですが、求める能力に差がある事に注意が必要です。

しかし、そこで働く事による経験であなたのスキルが伸びる分野でもあるので、興味のある求人があったら積極的にアプローチしていく事は、割と大切な事です。

マイナビ薬剤師 公式サイト

ファルマスタッフ 公式サイト

英語を生かした薬剤師の就活・転職まとめ

英語のスキルと言っても人それぞれ。しかし、そのスキルに見合った仕事をそれぞれ見つける事ができます。それは薬学部で学び、薬剤師という資格を持っているからこそ。

いつかは始まる薬剤師が淘汰される時代に備え、あなたの持つそのスキルを生かした職場で働くという事は、数多くの職場選びの重要なポイントです。

そして何より多くの選択肢を持つことができる、その事自体があなたの大きな強みだという事、それをしっかり理解しておく事が大切なのかもしれませんね。

▼本記事は、英語を生かしてかなり真剣に就職・転職を考えている薬剤師・薬学生向けとしました。

▼そのため、それぞれに適したいくつかの人材紹介会社をご紹介しましたが、それは数社併用しつつの積極的な利用を推奨します。

▼とは言え「いつかは英語を生かして就職・転職も・・」とまだ悩んでいる段階であれば、定期的な情報を得るため、マイナビ薬剤師のみに登録しておけば大丈夫です。将来の選択を広げるためには必須です。

転職するか悩んだら

将来を考えると今のままでは不安・環境を変えたい」そう感じても、実際どうすればいいか分からない薬剤師はとても多いです。

◎今の職場はつらく逃げたい
◎年収など条件面を重視したい
◎将来性がある会社で成長したい
◎つらい人間関係を早く解消したい
◎ワークライフバランスを重視したい

そんな悩みを解決するために必要なのは、相談して客観的なアドバイスを受ける事。そうすれば一歩踏み出すことが出来ます。

今のまま5年、10年働けますか?漠然と不安を抱えたままの人生なんて嫌ですよね。

初めての転職なら

正社員としての転職に不安があっても、あなたの希望を元に働きやすい職場探しをしてくれます。「初めての転職で一番利用されてる」のがマイナビ。

職場環境や設備、ワークライフバランス、職場の雰囲気。長く安定して働ける事は大切。転職に不安があるなら、マイナビ薬剤師をまず利用したいですね。

総合評価
求人20~40代の正社員求人に強く、初めての転職で最も利用されている安心感が◎
サイトhttps://pharma.mynavi.jp/
強み利用者満足度No.1で、情報がタイムリーで新鮮
弱みパートだと求人が少ない場合も

マイナビを見てみる

 

薬剤師の登録者数No.1

やっぱり「大手の転職サイトが安心」なら、薬キャリがおすすめ。みんなが使ってる薬キャリだからこそ、素早い求人紹介が可能な体制が整っています。

あなたの希望条件に合った求人をコンサルタントが探してくれるので、転職活動で少しでもいい条件を探したい薬剤師に向いていますね。

総合評価
求人正社員からパートまで多くの求人
サイトhttps://agent.m3career.com/
強みスムーズな転職先探しに◎
弱み面接サポートが弱い

薬キャリを見てみる

 

調剤薬局への転職に

正社員・パートとして多くの薬局求人から探したいならファルマスタッフを利用したいところ。都市部から地方まで、全国対応してるのが強み。

「出来れば早めに転職したいな」と思っている場合などでも、すばやい対応してくれるので安心して求人探しが可能です。

総合評価
求人都心部から地方まで網羅
サイトhttps://www.38-8931.com
強み薬局・Dgs求人に強く、キャリアアップにも
弱み企業の求人には弱い傾向があり

ファルマスタッフを見てみる

転職で一番大切なのは、早めの行動。「急いて転職先を探さないと……」と思ってから求人探しをすると、判断が鈍ってしまうからなんです。

「転職で失敗する事」が無いよう、少しゆとりをもって行動するのが大切ですね。

マイナビ薬剤師
(正社員転職の満足度No.1)

薬キャリ
(薬剤師登録者数がNo.1の安心感)

ファルマスタッフ
(保険薬局の求人取り扱いが多い)