薬剤師と就職・転職活動

引っ越しで転職を考える薬剤師が注意しておきたいポイント

引っ越しする事になっているので、今働いている職場を少ししたら辞める予定だ。

そうした薬剤師の場合、転職先をどうするのかは悩ましい問題ですよね。

まず引越し前にある程度求人を探しておくべきなのか、あるいは引っ越してからゆっくり探せばいいのかという問題が1つ目。

2つ目は、引越し前だと見学も出来ないので、実際働きやすい職場なのかが分からない。事前にそうした求人情報を手に入れるのが難しいという問題です。

引っ越すのがそれほど遠い地域じゃなくても、上手に転職活動しないと変な所に就職しかねないですよね。

この記事では、薬剤師が引っ越しを機に転職する場合、どのようにするのが最善かという事について解説してきます。

この記事のまとめ

基本的に、引越し前から情報収集しておく事が大切。

なぜなら引っ越してからでは、落ち着くまでに意外と時間が掛かり、通勤時間・年収面などで希望の転職先が見つからない事が多いから。

正社員なら「マイナビ薬剤師」「ファルマスタッフ」、パートならば「薬キャリ」を利用して、早めに求人情報をピックアップしてもらう事が大切です。

薬剤師は避けるべき!?引っ越してからの転職先探し

薬剤師が引っ越し・転職する場合、誰でも当てはまるようなケースはちょっと難しいのです。

つまり基本的な事なんですが、あなたが「正社員かパートか」「男か女か」「年齢」でも、結構変わってくる部分なのです。

女性薬剤師が結婚で引っ越すケース

例えば、結婚を機に引っ越し・転職する女性薬剤師がいたとして、もしかしたら将来はパート薬剤師として働きたい。そういう希望を持っているかもしれません。

そのケースであれば、出来れば引越し先の近くに調剤薬局があるという事がかなり重要なポイントになってきますよね。
(「自家用車で30分」などでも通勤圏内ですが、育児などが絡んでくると保育園の都合で難しくなってくる場合も多い)

そのため、引っ越してから「どこか働きやすい薬局は無いかな」と探しても、そもそも近所に薬局が無いかもしれません。

薬局はあっても、そこが薬剤師の募集をしていなければ、将来に渡り仕事を続けれられなくなるケースも考えられます。

ただし、引越し先の周囲にある程度の調剤薬局がある(市街地や駅周辺など)ならば、そこまで転職を不安に思わなくて問題ないケースがほとんどでしょう。

正社員として働くメリット(時短制度を利用出来る)などを考えれば、あまり目先の年収よりも、福利厚生の整った薬局・病院などに勤務するのが良いと言えるかもしれませんね。

注意点としては、いくら調剤薬局などの転職先が多くありそうだとしても、募集が掛かってるかは分からないという事。

また、通勤時間もどれぐらいまでなら許容出来るか、30分以内なのか60分以内なのかでも働ける求人数は大きく変わって来ます。

そうした「リサーチ」を代行してくれるのが、薬剤師の転職エージェントになるので、早めに情報収集はしておいた方がベター。

正社員で薬局・Dgsを中心に幅広く探したいなら「マイナビ薬剤師」、「ファルマスタッフ」いずれか利用すれば大丈夫です。

マイナビ薬剤師

ファルマスタッフ

上記の求人サイトは、単に求人紹介してくれるだけではなく「各職場の情報」を多く持っている事がメリット。引越し前でも情報を提供してくれるという事なんです。

正社員薬剤師として「引っ越しても働きやすい環境で仕事を続ける」事が可能になってきますよね。

※「引っ越したばかりで良く分からない、近所の薬局が薬剤師募集してるし、そこで試しに働いてみよう」とかは、もし合わなかったら近所という事もあり面倒です

パート薬剤師として働く前提で引っ越すケース

これまでパート薬剤師として働いてきた、あるいはこれからパートでと思ってる薬剤師の場合、引っ越しは結構難しい局面とも言えます。

大手チェーンなどは正社員を重視していますし、中小規模の薬局でも「9:00~16:00勤務」のような働きやすい求人が激減してるからです。

「パート薬剤師でも最低18時まで勤務」「土日も出勤」といった傾向になってきているという事ですね。結構厳しいです。

そのため、引越し後にパート薬剤師として働きたいのなら、可能な限り、引越し前に求人探しをしておく事がとても大切です。

そして求人探しのコツは、とにかく多くの薬局・病院などに「パート薬剤師の募集していませんか?」と営業を掛けてもらうと、あなたの希望に沿った求人が見つけやすくなります。

そのため「薬キャリ」(営業力が強い)を中心として、引越し前に求人紹介してもらう事がポイントになってくるはずです。

薬キャリ

男性薬剤師の引っ越しと転職

「男性薬剤師が引っ越しを機に転職」は割合として少ないケースかもしれませんが、注意するべき事は、やっぱり収入面です。

特に、都市部から地方に引っ越す場合は、転職で年収が大きく上がります。それを分かっていないと、不利な条件で働く事になってしまいますよね。

逆に、地方から都市に引っ越す場合は、ある程度年収面で下がる転職でも妥協しないといけない部分も出てくるでしょう。

さて「年収」が分かり安いので最初の例に出しましたが、他にも注意点は多くあります。

  • 休みはしっかりとれるか
  • 有給休暇の取得率はどうか
  • 社宅などの福利厚生はあるか
  • 他店へのヘルプ業務はするのか
  • 将来的な安定性がある職場か

引っ越して落ち着くまもなく、転職先の仕事が忙しくて残業も多くてしんどい……。なんて事になってしまっては悲しいもの。

やはりある程度の求人情報をピックアップしてもらう事がおすすめです。

例えば、引越し後の転職先候補として、調剤薬局ならば3社、ドラッグストアは1社、病院は雰囲気が良さそうなら1つなど。

そこに勤務する可能性がある職場を、いくつか選択して置くことです。つまり実際には、引越し後に見学して様子を伺い、働いてるスタッフが良さそうな人なら決める。などですね。

引越し後にやろうと思っても出来なくは無いんですが、【求人探し→自分で取捨選択→面接→内定】まで、意外と時間が掛かるものです。引越し後ドタバタしてますしね。

そうした事もあり、引越し前から「ここは良さそうだ」「年収面でも上がりそう」など、気になる求人にあたりを付けておくと、転職がスムーズにいきます。

結論としては女性の転職のケースと似てしまうんですが、事前に情報収集はしっかり行っておくこと、これにつきますね。

これも「マイナビ薬剤師」「ファルマスタッフ」どちらか利用すれば、しっかりと情報提供してくれるので心配はないはずです。

薬剤師転職活動・引越し後からの場合は?

これまで、引っ越す前に情報収集をして、あなた自身にあった求人からゆとりをもって転職活動していくメリットをお伝えしてきました。

ただ、「引っ越し作業も一段落した、さぁそろそろ求人探しをしないと」という段階に来ている薬剤師もいるかもしれませんね。

引越し先が田舎だと、かなり転職先も絞られるんですが、市街地・都市部だと、薬局などはとても多くて選びきれません。

薬剤師求人が豊富な所ほど、似たような求人ばかりでよく分からない

そうした場合、地理に明るくないこともあり、特に自分でコツコツ求人探しをしていても、かなり的外れな探し方をしているケースもあります。

例えば都心部の場合だと、電車の乗り継ぎなどが複雑なので、どこまでが通勤圏内かも把握しきれないですよね。

地方の場合であっても、車で少し通勤出来ればとびきり良い条件の求人があるかもしれないし、電車で一駅移動するだけでも随分違うものです。

また、引越し後の転職では、以下の点にも注意が必要です。

引っ越しに浮かれると転職失敗に注意!

もちろん人それぞれ違うかもしれませんが、引っ越すとかなり気分が変わります。新しい自分にでもなったような。

町並みも違う、買い物するお店も違う、休みの過ごし方も違う。引っ越すと日常ががらりと変化します。きっと、楽しいはずです。

そんな中で、薬剤師として転職活動すると、地元の人なら働かないような薬局でも良く見えてしまい、そこに転職してしまうなんていう事も起こりえます。

気のいい経営者の話は楽しいものですし、あまり条件を確認しないまま契約してしまうという事ですね。たいてい、それなりに年収は良かったりもします。

もちろん転職には思い切りも必要ですが、やはりそこは「自分を客観視」しながら転職活動をすすめる事が大事。キャリア・アドバイザーに意見を求める事も大切です。

マイナビ薬剤師」などのサイトでは、過去の求人情報からブラック企業を排除しているという側面もあります。

「転職したのに初めと条件が違った」などトラブルを起こした薬局には、今後は薬剤師に紹介しないようにするという事なんです。

それでも、多くの薬局がある市街地などでは、確かに転職先探しは難しいです。数が多いですからね。

  • 年収面の希望
  • 休日の確認
  • 働きがいのある職場か

最低限これぐらいは確認しつつ、あとは「職場見学」を通して、自分に合った職場を探せば問題はありません。

まずは相談というスタンスで、転職活動していく事が大事です。

マイナビ薬剤師

引っ越してから転職先を探す薬剤師は、まずは自分を客観的にみてもらい、働きがいのある職場探しをしていく事が大切ですね。

転職するか悩んだら

将来を考えると今のままではつらい・不安」そう感じても、実際どうすればいいか分からない薬剤師がとても多い。

◎今の職場はつらく逃げたい
◎年収など条件面を重視したい
◎将来性がある会社で成長したい
◎つらい人間関係を早く解消したい
◎ワークライフバランスを重視したい

そんな悩みを解決するために必要なのは、相談して客観的なアドバイスを受ける事。

もちろん無料ですし「転職するかしないか」は、転職活動を始めた後に決めれば問題ないからです。

初めての転職なら

正社員としての転職に不安があっても、あなたの希望を元に働きやすい職場探しをしてくれます。「初めての転職で一番利用されてる」のがマイナビ。

職場環境や設備、ワークライフバランス、職場の雰囲気。長く安定して働ける事は大切。転職に不安があるなら、マイナビ薬剤師をまず利用したいですね。

総合評価
求人20~40代の正社員求人に強く、初めての転職で最も利用されている安心感が◎
サイトhttps://pharma.mynavi.jp/
強み利用者満足度No.1で、情報がタイムリーで新鮮
弱みパートだと求人が少ない場合も

マイナビを見てみる

 

薬剤師の登録者数No.1

やっぱり「大手の転職サイトが安心」なら、薬キャリがおすすめ。みんなが使ってる薬キャリだからこそ、素早い求人紹介が可能な体制が整っています。

あなたの希望条件に合った求人をコンサルタントが探してくれるので、転職活動で少しでもいい条件を探したい薬剤師に向いていますね。

総合評価
求人正社員からパートまで多くの求人
サイトhttps://agent.m3career.com/
強みスムーズな転職先探しに◎
弱み面接サポートが弱い

薬キャリを見てみる

 

調剤薬局への転職に

正社員・パートとして多くの薬局求人から探したいならファルマスタッフを利用したいところ。都市部から地方まで、全国対応してるのが強み。

「出来れば早めに転職したいな」と思っている場合などでも、すばやい対応してくれるので安心して求人探しが可能です。

総合評価
求人都心部から地方まで網羅
サイトhttps://www.38-8931.com
強み薬局・Dgs求人に強く、キャリアアップにも
弱み企業の求人には弱い傾向があり

ファルマスタッフを見てみる

転職で一番大切なのは、早めの行動。「急いて転職先を探さないと……」と思ってから求人探しをすると、判断が鈍ってしまうからなんです。

「転職で失敗する事」が無いよう、少しゆとりをもって行動するのが大切ですね。

マイナビ薬剤師
(正社員転職の満足度No.1)

薬キャリ
(薬剤師登録者数がNo.1の安心感)

ファルマスタッフ
(保険薬局の求人取り扱いが多い)