仕事(diary)

薬剤師の副業の是非について思うこと

これは薬剤師に限らずだと思うんですが、副業って寛容な人もいれば、不寛容な人がいますよね。でも薬剤師に限って言えば「副業不寛容」の人が圧倒的に多い。

自分はたぶんやった事が無いのに否定する、視野が狭い人が多いって言うことです。

その「副業なんか」っていう理由は、みんなが散々言ってきたことだと思うけど、副業をするより本業を磨くべきであるという事。つまり以下のような論調。

薬剤師は目先の「小遣い稼ぎ」のための副業なんかするべきじゃない。

それよりも本業をしっかり磨き、勉強し、薬剤師としてのスキルを高める努力をすることで将来が保障されうるんだ。

そうじゃないと、この先生き残る事なんて出来ない。副業とか甘すぎ。

はい、言ってることはぐうの音も出ないほど、100%正論です。あまり間違ってる部分は無いかもです。

しかし、「薬の勉強でもしていれば将来生き残れる薬剤師になれる」かというと、これはサルでも分かる短絡思考。ある意味「勉強に逃げ」てます。

学生時代の頃から思い出してください、勉強だけが出来る人、社会人としてどうですか?それならまだコミュニケーション能力磨くほうが何倍も有用です。

そんな薬剤師としての狭い了見に捉われて、勉強バカになるくらいなら、別の世界を覗く方が何倍も人生豊かになります。勉強勉強は、自分の将来の可能性を潰すだけ。

そもそも薬剤師って多くの場合、プロフェッショナルである事より、日常ではジェネラリストで有ることが求められる。分からない事は調べれば良いだけ。古い知識が一番危ない。

とは言え、、、

ちなみに私だって、ブログを初めてなかったら、まず間違いなくそういった「副業なんか無意味!」っていう意見です。副業だなんて、そんなもんする時間があったら、勉強したりニュースみたりしなさいよと言います。

でもこれ、根本的に大きな間違いで、勉強をする時間を副業にあててるんじゃなく、ダラダラしてる時間を副業などに使ってるだけなんですよね。

「勉強は大切だ、副業なんて論外。でも漫画読んでます、ゲームしてます、メダカ養殖してます」大抵の人は、これ。いや、面白いからこういう事もいいんですよ、私も好きです。

でもそのスタンスで副業やブログ否定するのはね、、、

スマホ1日何時間見てますか?漫画アニメドラマに時間費やしてませんか?ツイ廃じゃないですか?その時間無駄じゃないですか?

【誤解】
1日1時間の勉強タイムを削って、その時間を副業に充てる?そんな薬剤師はダメ!

【実態】
1日2時間のゲーム・テレビ・スマホタイムを削り、その時間を副業に充ててるだけ

別に無駄な時間が必要無いって言ってるわけじゃないです。でも「暇でつまないから時間つぶししてる時間」は勿体ないな、と感じてるんです。

もちろん、色んな生活リズム・生活形態があるし、一概に当てはまらない薬剤師もいるでしょう。いろんなかたちがありますし、それはそれでいい。

自分の場合、ブログを始めたのは「副業として取り組むぞ!」という気持ちはほとんど無くって、はじめはコラムのような物をだらだら書き続けただけでした。

そして、そもそもブログを続ける事によって、文章能力を上達させる事が出来るかな~?という思いがあって始めたんです。

ちなみに2年以上ブログを続けてるんですが、絶望的に文章能力が上達しておらず、その点は諦めようかな、、、と思っています。

そして(さらに)絶望的な事に、一般的に普通こうしたブログ記事を書く場合、ある程度構成を決めた後に書き始めるわけです。例えば以下。

【薬剤師の副業について】
1、薬剤師の副業とは
2.薬剤師の副業の種類
3.薬剤師が副業を取り組むメリット
4、薬剤師が副業を取り組むデメリット
5、副業で目指すべき収益は?
6、まとめ

まずこういったような感じで、書くべきことを整理し、3,000~5,000文字程度で記事を書いていくんです本来。その方が圧倒的に整理された文章になるし、なにより読者もわかりやすいですからね。

でも自分の場合は、これが面倒でやってない。思いついた事を書くだけです。書き終えた後の読みづらさと言ったら、、、

でも「重要な結論」が必要な事とか、そんな大層なこと書いていないですからね。日々思ったこととか体験談だったり、まぁそんな緩い感じで書いてます。自由にやればいいかなと思っています。

よく言えば随筆(良く言い過ぎ)、悪く言うとチラ裏日記(ほぼこれ)。

すでにお気づきの方もいるかもしれないけど、この記事のタイトルや書きたい事の一番は、

副業は本業に支障のあるものじゃない。

ダラダラ消費してる大して面白くも無い娯楽時間を、少し生産性のある事をしてみてはどうですか?っていう事を伝えたかったんです。

、、、でも途中から脱線してますよね。全然関係ない内容へと、、、まあそんな緩い感じだから続いてるのかもしれませんね。

でも案外、面白くなくも無いですよ?「ブログかぁ~。少しは興味があるけど」なら、ググりまくって調べて結局手つかずなのは辞め、勢いに任せて何でも始めてみませんか?

失敗したって続かなくたって、やって後悔するよりも、やらない後悔の方がずっと大きいのだから。まぁ殆どの人はやらないんですけどね、馬鹿にするだけで。

というわけで、この記事も「タイトル回収」を全く出来てない記事となってしまいました。そんなんでもいいじゃないですか、個人で勝手に書いてるんだし。
(※ただし医薬品の情報については、責任持って書くべきです)

他の「素敵な人のブログ」「読みやすいブログ」を参考に、ぜひ取り組んでみてください。「副業」として稼ごうなんて気持ち、なくていいと思うんです。

でも勉強はしようね(支離滅裂)

転職するか悩んだら

「今の仕事に不満が多い」「将来を考えると転職した方がいいかも」そう感じても、実際どう行動すればいいか悩む薬剤師はとても多い。

・つらい環境を変えたい
・収入を大きく増やしたい
・パートで働き方を変えたい
・働きやすい所で落ち着きたい
・将来性がある会社で成長したい

そんな悩みを解決するには、自分に合った転職サイトに登録し「相談」する事。それが将来に備えるはじめの一歩です。

働きやすさ重視なら

転職に不安があっても、あなたの希望を元に働きやすい職場探しをしてくれます。もちろん年収・時給がアップする求人が多いのが特徴。

職場環境や設備、ワークライフバランス、職場の雰囲気。長く安定して働ける事は大切。転職に不安があるなら、マイナビ薬剤師をまず利用したい所。

 

総合評価
求人「会員限定」の求人で自分に合った働き方探しに
サイトhttps://pharma.mynavi.jp/
強み正社員からパートまで多くの働きやすい求人
弱み派遣薬剤師求人の取り扱いが無い

マイナビを見てみる

 

条件重視なら

年収など「自分の希望条件で転職したい」という薬剤師なら、CME薬剤師がおすすめ。手厚いサポートで、20~40代の調剤経験がある薬剤師向けです。

特に薬局・Dgsが比較的多い地域の求人探しで迷ってしまいそうな場合、しっかりコンサルタントに任せる事で自分に合った求人紹介をしてくれます。

総合評価
求人薬局・調剤併設Dgsが中心
サイトhttps://www.cme-pharmacist.jp
強み転職後のサポートも手厚い
弱み企業系の求人は期待出来ない

CMEを見てみる

 

キャリアアップしたい

これから先、正社員として自分がキャリアアップ出来る環境に身を置きたいならファルマスタッフを利用したいところ。転職エージェントが親身に相談に乗ってくれます。

「出来れば早めに転職したいな」と思っている場合などでも、すばやい対応してくれるので安心して求人探しが可能です。

総合評価
求人求人数が多く、チェーンを中心に幅広く探せる
サイトhttps://www.38-8931.com
強み正社員求人に強く、キャリア志向の薬剤師向け
弱み企業の求人には弱い傾向があり

ファルマスタッフを見てみる

転職で一番大切なのは、早めの行動。「もう限界」と思ってから求人探しをすると、判断が鈍ってしまうから。

「転職で失敗する事」なんか無いように、ゆとりをもって行動するのが大切ですね。

マイナビ薬剤師
(働きやすい職場探し)

CME薬剤師
(年収・時給重視)

ファルマスタッフ
(キャリアアップ求人)

リクナビ薬剤師
(人材紹介大手リクルート)

上記:ファルマスタッフ