転職

登録販売者が年収を上げるための5つの方法を分かりやすく解説!

登録販売者の資格を持っているけど、年収が上がらない。そう悩んでいる人は多いですよね。パートなら時給に不満がある。でも大丈夫。

悩んでいる人は多いけど、「行動しない人」が多いのでチャンスはたくさん眠っています。年収の不満は言うけど、何もしない人が多いですからね。

登録販売者の資格取得者も年々増えていく中、いずれは飽和してしまう時代がくるかもしれません。その前にしっかり行動し、安心して働けるように実践していきましょう!

「年収」という切り口ですが、登録販売者のパート時給を上げる方法も同じです

ちなみに「いま待遇・働き方に大きな不満がある」なら、働きやすい職場探しを兼ね、登販エージェントチアジョブ登販などで、まずは求人探しをしてみるのがおすすめです。

正社員、パートに関わらず、今よりも大きく収入を上げる求人を紹介してくれますよ!

登録販売者の年収はどれくらい?上がらない可能性も

まずは客観的に、自分の年収が適正かどうか知る事は大切。いくら登録販売者の資格を持ってたって、すでに十分な年収な年収を得ているのであれば上がらないから。

まず、ドラッグストア店長などで年収で500万円以上得ている登録販売者であれば、これ以上上げるのはかなり厳しめ。(ただし、大型店などでスキルを積んできた人材であれば話は別)

もちろん、住んでいる地域によっても「相場」はかなり変わってきます。都市部ほど高めだし、地方だと下がります。(都道府県の最低賃金に左右される)

登録販売者の年収は300万円台が平均

登録販売者の実務経験がある、なしではもちろん変わってくるものの、資格手当として1万円程度ついている場合がほとんど。

そのため、登録販売者の資格の有る人、無い人で、年収換算で12万円ほどしか違わない場合が多くなります。ちょっと寂しいですね。

こういった資格の有利性を生かしきれていない場合、いくつかのケースがあるんです。例えば以下のような場合。

  • 働いている会社で資格取得し、手当分のみ上乗せされた
  • その職場で適正な評価が行われていない
  • 同じ職場に登販が数名いる

これは主に都心部の人が集中するようなドラッグストア、薬局で起こりやすいケースですね。特に登録販売者が数名勤務するようなドラッグストアであれば、お互いが「年収はこんなもんかな」という思いこみにも繋がります。

でも、登録販売者の資格を持たない調剤薬局の事務だって、東京都内であれば年収400万円程度得ている人も多くいるわけです。

少し、あなた自身の年収が、登録販売者として適正かどうかしっかり問題意識を持つという姿勢が非常に大切なのです。

できれば年収400万円というところは、目標に年収アップさせていきたいところですよね。

ここまで読んでもらって、「十分な年収を得ているかな」と実感できるのであれば、いまの職場で引き続きステップアップしていくのが最善ですね。

登録販売者が年収を上げる方法

さて本題。登録販売者の資格を生かして年収を上げる。やっぱり長く働いていく為には、とっても大切な事ですよね。

そこで登録販売者が年収を上げるための具体的な5つのステップを解説し、実践していってもらえればなと思います。

1.登録販売者として転職する

身もふたもない話ですが、いまの職場で登録販売者としてしっかりと評価されていないなら、転職を選択する事が、年収を上げる最も近道ですよね。

とは言え、例えば年収を50万円アップさせるためだけに転職するのはあまりお勧めしません。お金より、働きやすさが何よりも大切だからです。

「いやいや、お金は大事でしょ!」という考えも否定しません、私がそうだからです。お金は大事ですよね。

ただ、もし年収以外の不満、例えば人間関係に悩んでいたり、登録販売者なのにレジ打ち・品出ししかしてなかったり。

そういった仕事上の悩みがあれば一歩転職という選択を進めてみるのが吉です。まずは自分に合った求人があるかな?という温度感でいいんです。

転職検討する際の一番大切なポイントは、しっかりとした情報収集。これにつきます。ただ間違った方法で情報収集しても意味がないんです。

例えばです。自分の住んでる地域でいい求人ないかなーってスマホをいじるだけ。これは一番非効率かつ、たぶん時間の無駄なんですね。

つまり「登録販売者 求人 東京」とか、そんなキーワードで探すだけ。

ネットに公開されてる求人情報は、誰でも閲覧できますし、そもそも給与規程上の年収表記が一般的。「月収20万、年収300万円(年収例)」みたいなパターン。

これには理由があって、最低給与から記載しないとダメだから。

ある意味「保障されてる年収」ではあるんですが、実際登録販売者として転職した際に幾ら貰えるか?が分からないんです。

どんな仕事だって、新卒では無い限り、年収交渉が可能。これを理解できていないと、いつまで経っても、いい求人が無いな、で終わり。これを覚えておくだけでだいぶ違います。

とは言え、登録販売者として転職するから年収交渉する、これって個人では出来ないもの。しっかり、登録販売者専門の転職エージェントに相談し、年収を上げる事が出来るか相談するのがまず第一ですね。

【参考記事】
登録販売者の転職サイト比較|賢く利用する秘訣とは?

結果として転職しないという選択もあり。

6ヶ月以内を目安に求人探しをして、いま働いている環境でいいのか自分自身納得できるか確かめる事が大切。

求人の多い、登販エージェントや、チアジョブ登販など無料の転職サイトを利用する事が不可欠になってきます。

2.働き方を見直す

働き方を見直すというのはどいう事かと言うと、仕事の効率化を目指す事。それと登販の年収アップとどういう関係があるの?と思われるかもしれません。

これは、出来るだけ効率的に働く事によって、実質的に時給を上げるという事。

おなじ月収25万円をもらっていたとしても、働く時間が短ければ短いほど、年収が上がったと同じなんです。時給がアップすると同じですね。

あいた時間でスキルアップ

そしてそれによって生まれた時間で遊ぶのではなく、1日30分でもいいから自己啓発を行う。これは精神論的な話じゃなく、スキルを身に着けるという事。

登録販売者としての収入は確保しつつ、例えば新たな資格を身に着けたり、語学学習をしたり、あるいは副業(後述します)をしたり。

登録販売者に限らず、どんな仕事だって5年後、10年後の雇用環境なんて分からないんです。だから、しっかりと多角的な知識を身に着ける。

そうしておけば心にも余裕が生まれるし、もしかしたら他業種に大幅年収アップで転職できる可能性だって生まれてくるんです。

登録販売者という資格も難しくなったのにさらに勉強??と思われる方もいるかもですが、少しのスキマ時間を利用してストレスなく取り組むのが継続できるコツですね。

とは言え、誰でも受かるような資格では意味が無いですよね。かなり難しい資格ですが、司法書士資料請求(無料)などで難関資格への挑戦も検討し、取り組んでみてください。

3.他業種に転職

登録販売者として年収を上げたい、そう思っていても、やはり年収500万円というところがある一定の「壁」になってきます。

それならいっそ、他業種に転職という事も考慮してもいいかもしれませんよね。世の中全体、人手不足すぎなんです。

そもそもパート登録販売者の時給にしたって、せっかく資格を持っていても「近所のスーパーの方が高かった」なんて状況じゃ、笑うに笑えないもの。

もちろん、40代以降になれば、他業種に未経験で転職は厳しいです。これは事実。

ただまだ20代~30代前半くらいまでであれば、いまの職場で働きつつ、他業種で求人があるかどうか探してみる事は結構大切なことなんです。

「資格にしばられて他の仕事にいけない」これはよくある話。年収に不満があるからこそ、登録販売者での上限に近い500万とは言わず、さらに高みを目指せる可能性も大。

特に都心部に住んでいるケース、登録販売者としてノルマに追われてつらいと思っている、そんな状況があるなら、一般職専門の、リクルートエージェントなどに一度相談してみる事を強くおすすめします。

年収を上げるために「転職」という選択肢を持っているのなら、登録販売者専門、一般職専門、両方のサービスを同時並行して探してみた方が、より効率よく求人探しをすることが出来ます。

4.副業をする

登録販売者として年収を上げる事が難しいと感じているのなら、副業という手もあり。ただし注意しないといけないのは、就業規則ですよね。

副業といっても、大きく2つに分かれます。それは「どこかでアルバイトして給与をもらう」か「ネット副業などで雑所得を得るか」ということ。

決定的な違い、前者のあいた時間に他の会社でアルバイトをしえ給与を得る、この場合はしっかりと会社の許可を得ないとダメ。就業規則に抵触してしまうから。

一方でネットで空いた時間に副業というケースであれば問題なし。スキマ時間や休みの日など、空いてる時間に行う事が出来ますよね。ポイントは頑張りすぎない事。

これも一例として大手の、クラウドワークスなどでコツコツ作業すれば、割と自由に使えるお金が入ってきます。お小遣い稼ぎ程度ですけどね。

登録販売者としての年収を上げる、という趣旨からはずれるものの、あくまで「年収を上げる」という視点で取り組んでみるのはあり。

今の職場環境が良すぎるので、転職だけは絶対にしたくない!っていう人にはお勧めの方法です。ただ将来を考えると、あまりこういったお小遣い稼ぎに終始するのは微妙である事、それは言うまでもありません。

副業に興味があるな、っていう登録販売者の方にはおすすめですね。

5.登録販売者としてのスキルをひたすら磨く

これは賛否両論あるかもしれませんが、今の職場で精いっぱい努力して結果を残す。そして、残し続ける。登録販売者としての知識の第一人者となるくらいに頑張る。

もちろんドラッグストアであれば、販促品をしっかり売る。ノルマ以上に売る。

結果と言うのは、数字で出ます。誰かが陰ながら見てくれるとかじゃなく、はっきりと見られます。そこで得られるスキルは登録販売者としてのもの以上の価値があるものです。

登録販売者としてのノルマがつらい、そう思う事もあるかもしれませんが、それを逆手にとってひたすら頑張る。

そうする事で、可能性としては小さいかもしれないものの、店長以上への道というものが自然と開けてきます。

いま働いている職場からは転職したくない、そう考えているのなら、3年ひたらすら頑張ってみるというのもありかなと思います。

実際はそこまでする人はいないと思いますが、やっぱり年収を上げるなら、今いる会社で大出世を狙うというのは、可能性としてあり得る話です

ただ努力は必ず報われるという訳ではないので、確実にすぐ年収を上げたいのなら、転職を検討してみる方がベターかもしれませんね。

まとめ

登録販売者が年収を上げるには、転職を検討してみるという所が、現実的にはもっとも近道。専門のアドバイザーにまずは「相談」という所から。

登販エージェント(年収・時給を上げたい)

チアジョブ登販(早めに転職したい)

ただ今の職場環境がとっても良い場合は、少し考えた方が良いかもしれませんね。

【関連記事】
登録販売者が転職で成功するための状況別アドバイス7選

働くという事を考えるのなら、やっぱりお金は大切です。中長期的に見て、しっかりと働ける職場で、年収を上げる選択肢を探してみてください。

RELATED POST