転職

女性登録販売者の転職事情は?おすすめの正社員やパート求人の探し方

登録販売者資格を持ち働いている女性は、ほぼ男性と同じほどの人数がいると言われています。ただパートとなると女性の方が圧倒的に多い。

決して女性ばかりの職場で働いている登録販売者ばかりではないものの、将来を考えると「自分に合った働きやすい職場」に転職したいと考えるのは当然の事ですよね。

女性登録販売者として働いていて転職を考えたとき、どういった職場に転職するのがいいのでしょうか?

いい求人があれば転職も考えるけど、そもそも情報がない。だから今のところで我慢して働いているんだけど……

今の仕事がきついから転職を考えてるけど、女性が働きやすい職場ってどうやって探せば良いのか分からない。そう思っていませんか?

正社員やパートとして働く女性販売者が、よりよい職場探し・上手な転職活動をする注意点についてポイントを絞って解説します。

女性の登録販売者が転職を考えるとき

ドラッグストアで働く登録販売者が多くを占める中、やはり様々な事情から転職を考える女性がいますよね。

子育ても落ち着いたし、正社員で年収を上げたい。生活が大事だからなぁ。
今のドラッグストアは力仕事があってきつくなってきた。登販の資格を生かして転職したいな。
うーん、もう少し時給を上げたい。時給が100円上がれば、月に2万円収入が増えるのになぁ。

転職したい理由は人それぞれ。

人間関係を理由に転職する登録販売者も多いものの、働きやすさというものはとても大事ですよね。これは女性に限った事ではありません。

特に登録販売者の場合、時間が不規則で働いている人も多いのが現状。正社員であれば定時が19時まで、パートであっても働きやすい時間帯に勤務する事が出来ると理想となってきますね。

またいくら時給が良かったとしても、通勤時間があまりに長いのでは少し無駄にしている部分が大きいというのも事実ですね。

登録販売者の需要は増えている

近年の傾向として、スイッチOTCの拡充にともない、登録販売者の需要は少しづつ増えています。

ドラッグストアでは積極的な店舗展開をする会社が多い一方で、基本的な方針である調剤併設店においては、処方箋受付回数に伸び悩み、OTCのみの販売に切り替える店舗も増えています。

つまり「以前は薬剤師が担っていたドラッグストアの管理業務を、登録販売者が任せることになった」ケースが増えているという事です。

そのため、ドラッグストアでも24時間営業の店舗もあれば、21時までの営業もある中で、そうした「全時間帯」において、登録販売者が必要とされているんですね。

女性であれば、働きやすい時間、通勤しやすい職場、風通しの良い環境など、求める事は人それぞれ。

そのため転職を頭に入れていても

でも良い求人の探し方が分からない。自分に合った職場ってあるんだろうか?

といった疑問にぶつかってしまうのです。

女性登録販売者の転職先の探し方

これはもちろん女性か男性かは関係無いことですが、「キャリアを積む」事をあなた自身が望んでいるかが大きな分かれ目。転職ではそれがポイントになってきます。

登録販売者の資格を生かし、ドラッグストアで女性店長になるという希望を持ってる人もいるでしょう。

その一方で、パートの女性登録販売者であれば、キャリア形成というよりは、働きやすく、時給がよりよい職場で働きたいと思うはずです。

キャリアを積みたい女性登録販売者のケース

基本的には正社員で働くという形でキャリアを積んで行くことになりますが、もちろん女性であってもドラッグストアでしっかりとステップアップすることが可能。

そうした場合は求人選びの際、店長の後継者を探しているドラッグストアなどを探すのがベスト。転職先を探す際、単に「正社員募集」では、登録販売者の資格を生かしきれませんよね。

資格を生かした転職だからこそ、しっかりとそうした求人情報をキャッチする必要があるのです。

働きやすい職場探しをしたい女性登録販売者のケース

「働きやすい事=キャリアアップ出来ない」ではありませんが、過度に責任は負いたくないという女性登録販売者の人もいるはず。

私は、働きやすい方がいいかな……

ゆとりを持った転職と思っていたら「店長候補の登録販売者」として受け入れられたのでは、なかなかきついものもありますよね。

働きやすい職場、時給がいい環境、そうした転職をしたいのであれば「はっきりと自分の希望を明確にする」それがとても大切になってきます。

これはもう女性だからとかは関係なく、今働いている職場に不満があり転職を考えるわけです。そのため、その不満を解消出来る求人をしっかり選択すれば問題ないのです。

だから、そういった求人探しが難しいんだ……

女性登録販売者が転職を考えている場合、ついつい「年収や時給」「自宅からの距離」だけで見ていないでしょうか?

そうすると同じような求人ばかりが並び、選ぶ事が出来ませんよね。

実際、求人を募集する側(ドラッグストアなど)だって、あまり細かい条件などを載せるのは難しいものです。なぜなら店舗数が多く、こまかく対応出来ないため。

そうした場合「自分で登録販売者を募集している求人を探す」事は避けて、「探してもらう」事に重点を置くことが大切です。

登録販売者の実務経験から転職先を選ぶ事

そしてもう一点大切なのは、登録販売者として、また女性として、「どういった条件で働きたいか」をしっかりと伝える事です。

特に女性登録販売者の場合、実務経験をどれくらい積んでいるかというのは、転職の際に大きく有利に働くポイントです。

実務経験が2年あるので、年収◯◯ぐらいを希望したい。
パートだけれどもしっかり経験は積んでいるので、時給が上がる転職をしたい。

もちろん実務経験は浅くても転職は問題無く出来ます。ただ2年以上の実務経験があるなら、よりよい条件で転職する事が可能となってきます。

そのため「登録販売者専門の転職サイト」に登録し、自分の希望をしっかり伝えることがよりよい転職活動へとつながっていくんですね。

転職サイトのエージェント(担当者さん)も、あなたからのヒアリングを元に、希望に沿った求人を紹介してくれます。

登販エージェント
(実務経験2年以上で希望の求人を)

チアジョブ登販
(サポートが手厚い)

女性登録販売者として正社員であれ、パートであれ、しっかりと活躍出来る場所、働きやすい環境に転職出来るお手伝いをしてくれるのが、上記のような登録販売者専門の転職サイトなのです。