薬剤師と就職・転職活動

コミュ障|コミュニケーション能力が無いと感じる薬剤師はどう働けば良い?

薬剤師の仕事は基本的に、患者さんとコミュニケーションをいかに上手にとれるか次第、といっても過言ではありません。

しかし働く中で、あなたが「薬剤師としてコミュニケーション能力が足りない」と指摘されたり「コミュ障かも」と自分自身で感じてしまったりした場合、長い将来、これからどう働いていけばよいか悩んでしまいますよね。

今の職場に留まることもストレスが掛かるし、周囲に迷惑をかけているという事も負担に感じてしまうはずです。

そしてこうした悩みはなかなか誰も共感してくれず、話す相手もいないのが実情。

自分でも「そうかも」と思っていたのならともかく、上司や同僚から指摘されてコミュニケーション能力が低い事を感じてしまうのはつらいですよね。

そこでこの記事では、コミュ力がいまいちと感じている薬剤師が、どのように自分に合った仕事探しをするか、そして転職活動を行っていけば良いのかを紹介していきます。

※業務上指摘・注意されるようであれば、残念ながらある程度「辞めて欲しい」と言われているのと同じです

ポイント

比較的コミュニケーション能力を必要としない職場も多くあります。例えば薬剤師の配置義務がある企業や、薬局であれば投薬以外の調剤メインなど。

長い薬剤師人生を考えたときに、自分自身に合う求人・働き方が無いか模索しておく事はとても大切です。

こうした柔軟な働き方に対応できる求人は、ほぼ大手求人サイトに掲載があり、いざ応募する際にも面接対策も含めて行ってくれるので安心して利用できます。

マイナビ薬剤師(※無料で利用可)

なるべく働きながら転職活動するのが大切です。退職してからだと焦ってしまいますからね。

コミュニケーション能力が無いと薬剤師として働けない職場がほとんど

まず前提として、コミュニケーション能力がないと、かなり仕事を選ばなければ薬剤師としてやっていくのは結構きついです。

薬剤師は薬という「物」を扱いますが、向かい合うのは薬ではなく、患者さんだからです。

ここ数年で調剤薬局における調剤報酬において対物から対人業務が重要視されるようになりました。要は仕事内容だけではなく、経営上の面でも患者さんとのコミュニケーションが重要視されるようになってきたという事です。そして、今後もますますその傾向は強くなっていくでしょう。

確かに一昔前ならば薬を揃えて出すだけ、みたいな薬局も多かったのですが、今はそんなことしてる薬局はほとんどありません。コミュ障薬剤師にとって、調剤薬局で働くことは、とても敷居が高くなったと言わざるをえません。病院は言わずもがなです。

結果として、薬剤師の働く人数が多い、調剤薬局・ドラッグストア・病院。そのあたりは基本的なスキルとしてコミュニケーション能力が必要なため、コミュ障の方にとっては薬剤師の資格を活かして働くと言うことは、とても難しいと感じてしまう傾向が強いのです。

薬剤師は昔から少しコミュニケーション能力が平均より劣る人が多い傾向にありましたが(そういう人が目立つからかもしれませんが……)、そうした人が働きにくい環境になってしまっているのは、薬剤師という資格を取得したのに厳しい環境と言えますね。

では、どういった職場であれば、コミュニケーション能力が無いと指摘されたり、自分でもコミュ障と感じている薬剤師でもストレスなく働く事ができるのでしょうか。

コミュ障と感じる薬剤師におすすめの職場

はっきり言うと、どんな仕事だって、コミュニケーションは大切です。人との関わりなくして、働きそしてお給料を得るなんていう事は甘いと言わざるを得ません。

しかしながら、薬局や病院は患者さんとのコミュニケーションが必須なのに対して、勤務するスタッフ同士の関わり合いが中心であれば、まだ顧客相手に迷惑を掛ける可能性は低くなります。

いくつかどんな仕事があるのか紹介していきます。

投薬なしの調剤薬局勤務

調剤薬局で働くからには、投薬0という事は難しいかもしれません。しかし、薬の調整業務をメインとする仕事も以外と多くあるものです。

その理由は、ただひたすら薬の調剤をするのは、嫌だと思う薬剤師がおおいため。「こもる」作業になってしまうため、患者さんと接したいという人の方が多いわけです。

在宅や施設を請け負う薬局が増えているのは薬剤師なら知ってると思いますが、なかなか薬剤師が集まらず、業務拡大できない薬局も存在します。

「在宅業務中心」と聞くと嫌に思ってしまう薬剤師も多いと思いますが、一包化や粉砕業務など時間が掛かる仕事に携わってくれる薬剤師のニーズは潜在的にかなり高いです。

企業の医薬品管理業務

製薬企業や化粧品メーカーで管理を行う薬剤師にとって大切なのは、物の管理です。

スタッフ同士でやり取りはもちろんありますが、商品を直接お客さんに届ける業務ではないため、無用なトラブルに巻き込まれる可能性は低いです。

俗にコミュ障と言われる薬剤師であっても、意外と自分一人でコツコツできるような、細かい仕事が得意であったりするものです。

こうした企業の求人の特徴としては、以下のような事が挙げられます。

  • 勤務時間が規則的(17時勤務、残業なしなど)
  • 正社員でも年収面は低め(労働時間も短いため)
  • 休みはしっかりとれ、土日休み

収入面で恵まれてない事が大きなデメリットですが、意外とワークライフバランスが良く、長く勤務する事が可能です。

仕事内容は各社それぞれ異なりますので、しっかり求人サイトのエージェントに確認してもらいミスマッチをなくす事が慣用です。

転職先を探す段階では、どこかに希望を絞る必要はありません。

色々と求人紹介を受ける中で、仕事内容・給与面含め、あなた自身が納得できる会社を選択していけば問題ありません。

マイナビ薬剤師

求人サイトには会員限定の非公開求人が多いため、早く利用すること、そして焦らずに求人探しをする事が大切です。

その他の仕事

あまり現実的ではありませんが、本当に収入は少しでよいならば、自宅でリモートワークの仕事を探すのも手です。

ただこの場合、どこかの会社に所属して働くと言うよりは個人で仕事を請け負って働くため、知識0からやろうとする事は難しいでしょう。

確かに自宅で仕事が出来れば楽には違いないのですが、顔を合わせて仕事ができないため、意外とコミュニケーションスキルが高い人じゃないと厳しいと感じてしまう面も。つまり、仕事を回してくれる会社からの信頼が得づらいという事ですね。

仕事は長く続けられる事が大切なので、安易に飛び込むのは避けた方がよいでしょう。

また公務員薬剤師を目指す手もありますが、これも仕事は案外厳しいです。薬剤師だからといって薬局を巡回してチェック業務していれば良いわけではなく、部署によっては飲食店をチェックして回るなどしんどいと感じる人も多いのです。

異動も定期的にありますから、やはりある程度はコミュ能がある薬剤師の方が働きやすいと言えます。もちろん仕事が出来ないからといってクビになる事がないのがメリットですが、コミュ障の人だとストレス度は高くなってしまいます。ただ年齢的に20代半ばならば目指してもいいかもしれませんね。

コミュ障薬剤師が将来安心して働くために

今の職場で大きなストレスを感じていたり、自信をなくしているのであれば、心を病む前に新たな職場にうつり、心機一転スタートするのは得策といえます。

どんな薬剤師だって、向いている仕事、向いていない仕事ありますよね。

面接ひとつとったって、コミュニケーション能力が低いと不安になってしまうものです。しかし、そうした悩みはしっかりサポートを受けて備えれば大丈夫です。

自分自身に嫌になる前に、新たな一歩を早めに踏み出し、少しでも働きがいのある仕事を見つけ薬剤師としてしっかり仕事をしていきたいものですね。

【要点】

・自分の仕事の適性を見て、ストレスのない仕事探しをする
・転職活動では面接がネックになるので、その対策は任せてしまう
・多くの求人を、働きながら探していく
・どんな仕事に就くにしても、なるべくコミュニケーション能力を磨く努力もしていく

あまり将来を悲観せず、新しい薬剤師人生を踏み出してみてください。

※本記事で紹介した、求人サイト
マイナビ薬剤師

転職するか悩んだら

将来を考えると不安・環境を変えたい」そう感じていても、実際どうすればいいか分からない薬剤師は意外と多いもの。

将来が見えず、仕事にやり甲斐を感じない・つまらない、そんな思いを抱えているなら危険信号。仕事が充実すれば人生全体も充実するのに、そんな生活では悲しいですよね。

◎今の職場はつらく逃げたい
◎年収など条件面を重視したい
◎成長できる環境に身を置きたい
◎つらい人間関係を早く解消したい
◎ワークライフバランスを重視したい

そんな悩みを解決するために必要なのは、相談して客観的なアドバイスを受ける事。そうすれば、新たな一歩を踏み出すことが出来ます。

今のまま5年、10年働けますか?漠然と不安を抱えたままの人生なんて嫌ですよね。

初めての転職なら

正社員としての転職に不安があっても、あなたの希望を元に働きやすい職場探しをしてくれます。「初めての転職で一番利用されてる」のがマイナビ。

職場環境や設備、ワークライフバランス、職場の雰囲気。長く安定して働ける事は大切。転職に不安があるなら、マイナビ薬剤師をまず利用したいですね。

総合評価
求人20~40代の正社員求人に強く、初めての転職で最も利用されている安心感が◎
サイトhttps://pharma.mynavi.jp/
強み利用者満足度No.1で、情報がタイムリーで新鮮
弱みパートだと求人が少ない場合も

マイナビを見てみる

 

薬剤師の登録者数No.1

「やっぱり最大手の転職サイトが安心」なら、薬キャリがおすすめ。みんなが使ってる薬キャリだからこそ、素早い求人紹介が可能な体制が整っています。

あなたの希望条件に合った求人をコンサルタントが探してくれるので、転職活動で少しでもいい条件を探したい薬剤師に向いていますね。

総合評価
求人正社員から派遣まで多くの求人
サイトhttps://agent.m3career.com/
強みスムーズな転職先探しに◎
弱み面接サポートが弱い

薬キャリを見てみる

 

収入upを目指すなら

年収など待遇面を重視して多くの薬局・Dgs求人から探したいならファルマスタッフを利用したいところ。都市部から地方まで、全国対応してるのが強み。

「出来れば早めに転職したいな」と思っている場合などでも、条件の良い求人をすばやく対応してくれるので安心して求人探しが可能です。

総合評価
求人都心部から地方まで網羅
サイトhttps://www.38-8931.com
強み薬局・Dgs求人に強く、収入upにも
弱みパート・企業の求人には弱い傾向があり

ファルマスタッフを見てみる

 

地域密着求人を探すなら

正社員・パート薬剤師が地域に密着した通勤しやすい求人から探したいならアポプラス薬剤師を利用したいところ。自分でも求人を探しやすいのが特徴です。

多くの求人が出ているので、気になる求人は早めに詳細を聞くために申し込んでおくこと。条件などはその後にやり取りをお任せ出来ます。

総合評価
求人通いやすい薬局求人など
サイトhttps://www.apo-mjob.com/
強みパート求人も探しやすい
弱み企業の求人には弱い

アポプラスを見てみる

転職で一番大切なのは、早めの行動。「急いて転職先を探さないと……」と思ってから求人探しをすると、判断が鈍ってしまうからなんです。

「まずは自分でも求人を探してみたいな」という薬剤師は、求人検索しやすいアポプラス薬剤師のサイトもおすすめ。

「転職で失敗する事」が無いよう、少しゆとりをもって行動するのが大切ですね。

マイナビ薬剤師
(正社員転職の満足度No.1)

薬キャリ
(薬剤師登録者数がNo.1の安心感)

ファルマスタッフ
(保険薬局の求人取り扱いが多い)

アポプラス薬剤師
(地域に根ざした薬局求人)