転職

「もうこの薬局は来ない!」クレーマー患者さんまたくる法則

医療機関では、患者さんからのクレームというものはとても多い。

当然、健康や命に関わる仕事ですから、神経質になるもの分かります。自分の立場に置き換えれば、気持ちが分かる部分もあります。

少しの間違いであってもやれ「保健所に言ってやる」やら「訴える」などそれほど珍しい事でもありません。

ただそういったクレームとは別に、どうでもいい事でもなんかいちいちクレームをつける患者さん、なんとかならないのでしょうか。

医師の不満を薬局でぶつける

医師への不満のはけ口のケースは割と多い。

お薬について説明しようとすると、処方内容に不満をおっしゃる方が、しばしばいらっしゃいます。

「薬が変わるなんて聞いてない」「あの医者は効かない薬ばかり出す」「こんな薬はいらない」などなど。

薬剤師としては、もしかすると処方内容に間違いがあるかもしれない可能性を考えれば、(たいていは大した処方内容じゃなくとも)疑義紹介する義務があるわけです。

しかし「じゃぁ先生に確認してみますね」なんて言うと「そんな必要はない!」「あんな医者に言っても無駄だ!」と怒り始める始末です。こりゃどうしたものか。

結局何に怒っているのか分かりづらい

たいていこういう患者さんはかなり話が長かったり、あげく国の制度の悪さについて語りだしちゃったりするわけで、まぁそういった中でも症状を伺っていくと、処方されている薬はどうも問題なさそうなのです。

どういう心境なのか分からないのですが、病院やクリニックの不満を薬剤師へ対象をすり替えてクレームを述べてきます。

忙しい中、他にも患者さんお待ちなのに、服薬指導とは関係ないところで長話しをされるのはつらいもの。しかもやや医療についての話なので、こちらとしてはひとまず、うなずくしかない状況が続きます。

何に怒っているのかよく分からないまま、こちらも何となく「申し訳ありません」と謝ってしまったり、もうよく分からなくなってくるのですが、まぁ話が一方的なので、あんまり怒りが収まるようすもありません。

そして最後のセリフ「もうこんな薬局には二度と来ないからな!」

薬局に患者さんがいらっしゃるその理由

二度と来ない、事は無い。ほとんどそうです。

クレーマー患者さんからの「二度と来ない!」その言葉に少しの安堵を覚えつつも、そのしばしば聞くセリフに、次の瞬間ふと頭をよぎるわけです。

「またいらっしゃるのかな」と。そしてその予感はまず間違いなく的中する事となります。

毎回毎回、クレーム。いや、単なるクレーマーなのですが、そういった患者さんほど、次回も律儀にいらして頂くことになります。

そして毎度のようにお叱りを受けるわけです。

処方元も変わっていません(医師や医療機関のクレームを言う割には、得てして、医療機関を変える事もありません)。

きっと患者さんは薬局に満足している

薬局はたくさんあります。私の勤務する薬局だって、徒歩10分圏内に10薬局はあります。選択肢は非常に多いのです。

ですが、二度と来ないという決意表明をしてくださったとしても、またいらっしゃる。何故か。もうこれは結論としては1つしか無いのです。

その薬局が好きなのです。

その薬局の対応になんだかんだ患者さんは満足しているのです。

長話しを聞いて、薬剤師は頭を下げて、しかしそれでも服薬指導をして、お大事にと。きっと他の薬局では冷たくされてしまったのかもしれません。

先日もいらっしゃいました、二度と来ないと何回か言っていた、いつものクレーマー患者さんが。

今回もやっぱりひとしきり、対応の悪さなども指摘され、頭を下げたり謝っちゃったりする事となりました。なぜか厚労省の社会保障制度の方針についてさえ、誤ってしまいました。

長い話も終わり、はぁ、ようやく帰りそうかな、と思った時、突然の「余っていたからやるよ」と出てきた菓子折り。

どう見ても、余るような感じのものでも無い、少し高めのお菓子です。あぁ、もうなんだか良くわかりません。ツンデレにも程があります。好きか嫌いかはっきりしてよと。

ここまでその患者さん像、特に老若男女を記載していません。でもおそらく、70歳前後の男性、そうイメージしていたみなさん、多いのではないでしょうか。

仕事一筋、会社でそれなりの役職に就き部下からはペコペコされていても、定年したらただの人です。何十通来ていた年賀状も来なくなるでしょう。

家庭に帰っても、話す相手も今更いないのではないのかな・・。

・・なんていう一抹の寂しさを勝手な想像でめぐらせるわけなんですが、薬局スタッフからいつも言われるのです。

「あなたも将来必ずああいう患者さんになるね!」と。

そりゃあんまりだ、ひどいなぁ!と思いつつ感じるわけです「・・う~ん、そうかもなぁ。」

と思いつつ、「もう来ない!」とおっしゃった患者さんが来局されるのをなんとなく待っています。

だってもし本当に来なくなったら、「お身体大丈夫かな?」なんてちょっと心配になってしまうんですから。

薬剤師採用担当のおすすめ
【2020年3月27日追記】
以下、のんびりと「おすすめ求人サイト」なんて紹介していたんですが、この状況下、かなり薬剤師求人が減少してしまいました。

なぜなら、薬局の経営が患者数減によって一時的に極めて悪化しているため。

目安として9月末まで位に転職を考えている薬剤師なら、「おすすめ」なんて関係なく、複数の求人サイトに登録しておかないと「就職先が見つかりづらい」なんて事も。

損は無いので3~5社程度には登録し、会員にしか紹介されない非公開求人から、あなたに合った求人探しをしてもらいましょう。

https://pharma.mynavi.jp/
(マイナビ薬剤師)

https://www.38-8931.com/
(ファルマスタッフ)

https://rikunabi-yakuzaishi.jp/
(リクナビ薬剤師)

https://pharmacareer.jp/
(ファーマキャリア)

https://pcareer.m3.com/
(薬キャリ)

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師は、薬剤師が転職を考える上では切っても切れない会社。
調剤薬局や、調剤併設ドラッグストア求人に強く、働きやすい職場探しが出来ます。もちろん、担当者さんのサポートも抜群。
◆厳しい基準をクリア◆
人材紹介会社全国約2万社のうち、40数社しか認定されていない「厚生労働省委託事業 職業紹介優良事業者」に認定されています。
総合評価
どんな求人?薬局、調剤併設Dgsなら利用必須。正社員・パートとも厚待遇。
強みいつか転職を考えてる初心者にも対応◎
弱み病院の求人は少なく、派遣も取り扱いなし

公式ページ

ファルマスタッフ
ファルマスタッフは、親会社を日本調剤に持つ、薬局求人に非常に強い、薬剤師転職サイトです。
派遣薬剤師としても働けることから、全国的に薬局求人には大変強く、そして年収を上げるための転職にはぜひ利用したいんです。
◆厳しい基準をクリア◆
マイナビ薬剤師と同じく「職業紹介優良事業者」に認定されています。この認定を受けているのは、薬剤師転職サイトでは、この2社のみ!
総合評価
どんな求人?薬局への転職で年収を上げたい人に。
強み親身なサポートが親切。派遣で働くにも◎
弱み病院、企業の求人に弱い

公式ページ

リクナビ薬剤師
リクルート社が運営する、薬剤師の転職サイトで、薬局から企業まで幅広く探せるのが魅力。
比較的「自分でも求人情報を探しやすい」という事もあるので、マイナビ薬剤師かファルマスタッフ、いずれかと併用する形がベスト。
◆リクルートならではの求人◆
企業からの知名度は、リクルートはNo.1。つまり、リクナビ薬剤師にしか無い非公開求人を見つけられる可能性が高いんです。
総合評価
どんな求人薬局、Dgsはもちろん、企業まで幅広い
強みリクルートならではの転職ノウハウが◎
弱みサポートは弱いが、逆に30~40代向き

公式ページ

RELATED POST