転職

薬剤師の婚活と女性にとっては資格のコスパがいい話

薬学部が6年制とになり、社会人となる時にはすでに女性であれば結婚適齢期に差しかかっている、という状況になりました。

しかし、そんなに悲観する事は無い、というのが今回の話しです。

そしてもしこの記事を読んで頂いているあなたが、「薬剤師と結婚したい」と思っている場合であっても、参考にして頂きたい記事です。

さて以下の論文は、10年近く前の論文で、価値観はこの10年弱で変化しているのが実感させられますが、少し興味深い指摘もあります。ご興味のある方はご一読ください。

一橋大学経済学部 学士論文:結婚とその満足度の決定要因の分析

女性薬剤師の婚活から考える、薬学部のコスパ

さて、薬学部が6年制になって、以前より2年間さらに大学に行く期間が増えました。今はまだ薬剤師不足ですが、それもいつかは充足するかもしれませんね。

そんなわけで、6年間の学費、これについては過去記事「国公立薬学部に入る意味を学費と偏差値から考えてみる」でも書きましけど、やっぱこれからの薬剤師は年収もさがるだろうし、あまりコスパが良い職業じゃないっていう風向きは変わってないと思うんです。

女性が薬剤師になるということ

以前より薬学部に進学する割合は、随分と男性が増えました。

「男・女」というくくりで記載すると嫌な気分になる方もいると思いますが、LGBTについては別の機会に記事にしたいと思ってます。厚労省のモデル就業規則も変わってますからね。

結婚するのがあたりまえ、という世の中でもなくなりました。

ただ、女性にとってこれまで薬剤師人気が高かったのは、やっぱり結婚・出産を経ても、様々な雇用形態で高時給で働く事が出来ていたことですよね。

それが最低でも6年間の学費、そして卒業時の年齢が高くなるという事、また保険薬局業界での雇用情勢を考えると、なかなかそういったメリットは少なくなってきたのたかなと思います。

ところがそうでもないのです。

薬剤師の婚活はかなり恵まれてる

さて、ここからなんですが、男性で婚活している男性薬剤師にとっては、少し残念な記事になるかもしれません。

先日、ふと広告が目に留まったわけです。みなさんも一度はどこかで目にしたことがあるかもしれません。

高年収の方との結婚サイトです。

「医師、弁護士など 選ばれた方のための結婚相談所・エクゼクティブ!」みたいなやつですね。

それをちらっと覗いたんですが、登録できるのは条件があるわけです。限られた職業だけ会員登録できる事になっています。

私は結婚していますが、独身だとしても登録できません。なにしろ、社会的身分の高い方との結婚相談所ですから雇われじゃぁダメです。

男性がダメで女性はよいのはどうして?

しかしです、そのサイトを見てみると、男性向け会員には“お相手候補”として、「女性薬剤師」があるわけです。

これはつまり、男性薬剤師は社会的ステータスがまぁまぁだけど、女性薬剤師は社会的ステータスが高いという事を示しています。

でもまぁ確かに、私の奥さんは薬剤師じゃないですが、薬剤師のような稼ぎがあるのは正直羨ましいと思います。

薬学部で学び、薬剤師として働いていると、薬剤師は当たり前の存在です。そりゃぁそうですよね。でも、「女性薬剤師と結婚したい」という需要がかなりあるという事、広告で気づきました。

女性薬剤師、コスパ悪くないどころか、結婚を考えている方にとっては、やっぱり相当にその職種メリットが十分に大きいかもしれないわけです。

補足として、薬剤師男性と結婚したい女性も非常に多いんです、自分じゃ気付かない事なんですけどね。理由としては、やはりそれなりに高年収ですし、医療職であるという信頼性が抜群だからです。

昔は職場でおせっかいを焼いてくれる人は多かったものですが、今は上司としても下手にそんな話題に触れようものなら、セクハラ扱いです。それは同僚にとってもです。

そして私は薬剤師(男)ですが、よく「誰か薬剤師女性紹介してくれませんか?」と良く言われます。でもやはりおいそれと、安易な紹介などできないのです。その後の責任まで、かぶれませんからね。

薬剤師の婚活に向けて

私は薬剤師ですが、

・薬剤師だけど出会いがない

・薬剤師でいい人誰か紹介して

両方言われます。マッチングが上手く行ってないんですね、、、。こればかりはどうしようもありません。

近頃はマッチングアプリなどもあるんですが、あまり楽しては難しい部分なので、しっかり会員制の婚活サイトを利用するようにしたいもの。

どこが良いかは「自分で判断」が大切なので、結婚相談所比較ネットで、いくつかの無料資料請求からのスタートが最善策ですね。

転職するか悩んだら

「今の仕事に不満が多い」「将来を考えると転職した方がいいかも」そう感じても、実際どう行動すればいいか悩む薬剤師はとても多い。

・つらい環境を変えたい
・収入を大きく増やしたい
・パートで働き方を変えたい
・働きやすい所で落ち着きたい
・将来性がある会社で成長したい

そんな悩みを解決するには、自分に合った転職サイトに登録し「相談」する事。それが将来に備えるはじめの一歩です。

働きやすさ重視なら

転職に不安があっても、あなたの希望を元に働きやすい職場探しをしてくれます。もちろん年収・時給がアップする求人が多いのが特徴。

職場環境や設備、ワークライフバランス、職場の雰囲気。長く安定して働ける事は大切。転職に不安があるなら、マイナビ薬剤師をまず利用したい所。

 

総合評価
求人「会員限定」の求人で自分に合った働き方探しに
サイトhttps://pharma.mynavi.jp/
強み正社員からパートまで多くの働きやすい求人
弱み派遣薬剤師求人の取り扱いが無い

マイナビを見てみる

 

条件重視なら

年収など「自分の希望条件で転職したい」という薬剤師なら、CME薬剤師がおすすめ。手厚いサポートで、20~40代の調剤経験がある薬剤師向けです。

特に薬局・Dgsが比較的多い地域の求人探しで迷ってしまいそうな場合、しっかりコンサルタントに任せる事で自分に合った求人紹介をしてくれます。

総合評価
求人薬局・調剤併設Dgsが中心
サイトhttps://www.cme-pharmacist.jp
強み転職後のサポートも手厚い
弱み企業系の求人は期待出来ない

CMEを見てみる

 

キャリアアップしたい

これから先、正社員として自分がキャリアアップ出来る環境に身を置きたいならファルマスタッフを利用したいところ。転職エージェントが親身に相談に乗ってくれます。

「出来れば早めに転職したいな」と思っている場合などでも、すばやい対応してくれるので安心して求人探しが可能です。

総合評価
求人求人数が多く、チェーンを中心に幅広く探せる
サイトhttps://www.38-8931.com
強み正社員求人に強く、キャリア志向の薬剤師向け
弱み企業の求人には弱い傾向があり

ファルマスタッフを見てみる

転職で一番大切なのは、早めの行動。「もう限界」と思ってから求人探しをすると、判断が鈍ってしまうから。

「転職で失敗する事」なんか無いように、ゆとりをもって行動するのが大切ですね。

マイナビ薬剤師
(働きやすい職場探し)

CME薬剤師
(年収・時給重視)

ファルマスタッフ
(キャリアアップ求人)

リクナビ薬剤師
(人材紹介大手リクルート)

上記:ファルマスタッフ