管理薬剤師の仕事

薬局で突然聞かれる「こんど海外に行くんだけどこれ持ち込みって大丈夫ですか?」

ドキッとする患者さんの一言。ふと患者さんから尋ねられます。

「今度海外旅行に行くんですが、この薬は持っていっていいですか?」

薬剤師、特に調剤薬局勤務の方であれば、何度か経験した事があるであろう、あるこのセリフ。突然聞かれるだけに戸惑ってしまいますよね。

さらっとネットで調べて回答は避けるべき

「この薬」がちょっとしたPPIなどであれば、そもそもこのような質問が来ることは稀かと思います。困るのが、ベンゾです。

ネットで検索(そもそも不確か!)で調べても分からない事が多いのも実情ですよね。薬剤師として仕事をしている中でも身につくものでもない。

アメリカなどであればともかく、日本政府承認国家数だけでも196か国あります。どれが持ち込みOKとか、そんな細かい情報、どこにも載っている訳がありません。

アメリカでは医薬品として承認すらされたことも無い薬でも医師の証明書があれば可能であったり、オーストラリアなどでは規制区分が日本では所持でアウトレベルと、さまざまに規制されている国があります。

「北海道に持っていっていいですか?」という話とはわけが違うのです(あたりまえ)。

このように国によって大きく「法規制」が異なる中で、中途半端に調べて「大丈夫だと思います」なんて答えを患者さんにしてしまっては、非常に危機的な結末を迎えてしまう事もあり得ます。

薬剤師としての仕事をまっとうしているつもりであっても、これに関してだけは、間違いが許されないものなのです。

患者さんには各国の大使館に相談するように伝える

患者さんには、その訪問先の国の大使館に相談するように伝えたいところ。薬剤師の仕事としては、その大使館の電話番号やメールアドレス等を伝えるところに留めるところが、現実的な方法です。

不親切と思われるかもしれないけど、それが双方にとって一番安全なのです。

もちろん、薬剤師が大使館に連絡をし確認したうえ、「答え」を患者さんに伝える事ができれば一番ですが、その大使館での返答が100%あっているという保証はありません。

「もしもの場合」があった場合、薬剤師一個人として責任を取る事はできるでしょうか。難しいですよね。

患者さんにはしっかりと事情を説明し、渡航する方みずからが、大使館に連絡をし、調べて頂く事を伝えた方がいいかなと思っています。

責任感の強い薬剤師からは、「それでは職務放棄ではないか!けしからん!」と思われてしまうかもしれません。

しかし大使館に訪ねて返ってくる答えは同じです。患者さんとしては、誰に聞いていいか分からず薬剤師に相談してきてくれたわけです。

医師に聞いたけど「薬局で聞いて」と言われました、なんて場合もしばしばですね。

もちろん、「分かりません」では職務放棄だと思います。

ただそこで、しっかりと「それは大使館に訪ねてみてください」と、どこに聞けば正確な情報を得る事が出来るのか、相談窓口を紹介する事、それは十分に薬剤師としての役割を果たした事になるのではないでしょうか。

転職するか悩んだら

将来を考えると転職した方がいい、そう感じても、実際どう行動すればいいか悩む薬剤師はとても多い。

・つらい環境を変えたい
・収入を大きく増やしたい
・パートで働き方を変えたい
・働きやすい所で落ち着きたい
・将来性がある会社で成長したい

そんな悩みを解決するには、自分に合った転職サイトに登録し相談する事。それが将来に備えるはじめの一歩です。

働きやすさ重視なら

転職に不安があっても、あなたの希望を元に働きやすい職場探しをしてくれます。もちろん年収・時給がアップする求人が多いのが特徴。

職場環境や設備、ワークライフバランス、職場の雰囲気。長く安定して働ける事は大切。転職に不安があるなら、マイナビ薬剤師をまず利用したい所。

総合評価
どんな求人?「会員限定」の求人で自分に合った働き方探しに
サイトhttps://pharma.mynavi.jp/
強み正社員からパートまで多くの働きやすい求人
弱み派遣薬剤師求人の取り扱いが無い

マイナビを見てみる

 

キャリアアップしたい

これから先、正社員としてキャリアアップ出来る環境に身を置きたいならファルマスタッフを利用したいところ。転職エージェントも親身に相談に乗ってくれます。

また「出来れば早めに転職したいな」と思っている場合などでも、丁寧に対応してくれるので安心して求人探しが可能です。

総合評価
どんな求人?求人数が多く、チェーンを中心に幅広く探せる
サイトhttps://www.38-8931.com/
強み正社員求人に強く、キャリア志向の薬剤師向け
弱み企業の求人には弱い傾向があり

ファルマスタッフを見てみる

 

年収重視で幅広く探したい

「年収重視でいろんな求人探しをしたい!」という薬剤師なら、リクルート運営のリクナビ薬剤師がおすすめ。自分でも探しやすいのが、特長です。

業界大手で、広く人材サービスを手掛けるリクルートならではの求人が揃っています。

総合評価
どんな求人求人数が多く、企業なども自分で探したい人に便利
サイトhttps://rikunabi-yakuzaishi.jp
強みリクルートという知名度による、求人の幅広さ
弱み担当者のサポートは控えめ

リクナビを見てみる

 

転職で一番大切なのは、早めの行動。「もう限界」と思ってから求人探しをすると、判断が鈍ってしまうから。

「転職で失敗する事」なんか無いように、ゆとりをもって行動するのが大切ですね。

上記では紹介しませんでしたが、ファーマキャリアは、すでに転職活動してるけどいい求人が無い、特に年収重視で転職先を探したい場合にはおすすめです。

マイナビ薬剤師
(働きやすい職場探し)

ファルマスタッフ
(チェーン店で安定して働きたい)

リクナビ薬剤師
(業界大手の求人数で企業求人も)

上記:ファルマスタッフ