転職

基準薬局とは何だったのか~健康サポート薬局への大変な道のり

2年前に受講してなんとか得た「健康サポート薬局研修修了証」
ずーっと、薬局に飾ってあるだけです。

健康サポート薬局とらなきゃダメだぞ!

当時、都内では第1回目の研修に行っても、会場に入りきらない薬剤師が有楽町駅前にあふれかえり、怒号すら響いていました。私は早く行ったので無事受講できましたが、認定証は使用する事のないまま、もうすぐ2年が経とうとしています。

あとOTCだけ揃えればよいという、一番簡単な条件で健康サポート薬局の認定を受ける事ができるんですが、2年間ほったらかしです。

何故かと言うと、かなり初期に健康サポート薬局の、OTC以外のすべての要件を満たしてしまい、まだ届出件数が全国で10薬局くらいだったので躊躇してしまったのです。目を付けられそう?だったので。
いや、やる事はやってますよ、たぶん。

都内という事もあり、OTCは近くに安いドラッグストアが幾つもあるので、商品説明して安いそちらで買ってもらってます。正直狭い薬局のOTCの品ぞろえは限界です。100や200商品揃えたってドラッグストアに敵いませんから。

もともとは「もしかしたら2018年度の調剤報酬改定の要件で健康サポート薬局が入るかも!」という一心で準備していたのですが、うーん、どうもそんな雰囲気には今の所なりそうもなさそうです。

そう、つまり、基準薬局みたいな感じになっちゃうんじゃなかろうかと、感じているのです。
いや、結構多くの人がうすうすと、そう感じているのではないかと思うのですが・・・。もっともそれが、浅はかな考えであってほしいのは、結構大変な研修を受講した身としての思いでもあります。

いまだに掲げてる薬局がある「基準薬局」

まぁ、看板撤去とか、シールはがすのが面倒だからなのか分かりませんが、いまだにマークを掲げているところがありますね。

引用:医療法人和風会中島病院HPより

この十字のマークですね。スイスの国旗みたいなのです。(どうでもいいですが、トップ画像はスイス高山です)
もしかすると、若い薬剤師は「基準薬局」が何なのか、知らないかもしれません。
2012年に“発展的解消”という事で、制度自体終了してしまったからです。でもマークは見たことありますよね。

発展的解消だなんて、なんかね、いい言葉に無理やり置き換えてる感じがして。
別れるのに「今度生まれ変わっても一緒になろうね」みたいな。

ところで何でこの十字マークの引用を、とある病院のHPから引っ張ってきたかと言うと、「基準薬局」で検索されるような公式のサイトがおおむねリンク切れを起こしていて、・・まぁ消滅してるから当然なんですが、ほとんど調べようも無くなっているからなのです。

東京都薬剤師会のHPではありがたい事にメンテナンスが行き届いていないのか、アクセスできます。

基準薬局とは(東京都薬剤会のHPより)

基準薬局とは、地域に密着した健康情報の拠点として、医薬品等の適切な使用、健康に関する相談、情報提供を行う等、セルフメディケーションの推進のために公益社団法人東京都薬剤師会会長が認定した保険薬局をいいます。
一定の基準(26項目の基準)を満たした薬局について、東京都薬剤師会が指定した研修会・講習会を受講し、所属地区薬剤師会会長が推薦し、東京都薬剤師会が認定いたします。

基準薬局も毎年講習を受ける必要がありましたし、まぁそこまで更新が大変だったわけじゃないものの、今となっちゃぁ“発展的解消”だなんて、いったいなんだったの?ってのが率直な想いです。

まさかねぇ、基準薬局にしても、健康サポート薬局にしても、その裏で誰かが甘い汁を吸っているなんていう事は、ないんでしょうかね。

って、こういうのを下衆の勘繰りというのです。自分自身が健康サポート薬局に対応できていない言い訳を探してみたという、しょうもない記事です。

転職するか悩んだら

将来を考えると不安・環境を変えたい」そう感じていても、実際どうすればいいか分からない薬剤師は意外と多いもの。

仕事にやり甲斐を感じない・つまらない、そんな思いを抱えているなら危険信号。仕事が充実すれば人生全体も充実するのに、そんな生活では悲しいですよね。

◎今の職場はつらく逃げたい
◎年収など条件面を重視したい
◎成長できる環境に身を置きたい
◎つらい人間関係を早く解消したい
◎ワークライフバランスを重視したい

そんな悩みを解決するために必要なのは、相談して客観的なアドバイスを受ける事。そうすれば、新たな一歩を踏み出すことが出来ます。

今のまま5年、10年働けますか?漠然と不安を抱えたままの人生なんて嫌ですよね。

初めての転職なら

正社員としての転職に不安があっても、あなたの希望を元に働きやすい職場探しをしてくれます。「初めての転職で一番利用されてる」のがマイナビ。

職場環境や設備、ワークライフバランス、職場の雰囲気。長く安定して働ける事は大切。転職に不安があるなら、マイナビ薬剤師をまず利用したいですね。

総合評価
求人20~40代の正社員求人に強く、初めての転職で最も利用されている安心感が◎
サイトhttps://pharma.mynavi.jp/
強み利用者満足度No.1で、情報がタイムリーで新鮮
弱みパートだと求人が少ない場合も

マイナビを見てみる

 

薬剤師の登録者数No.1

やっぱり「大手の転職サイトが安心」なら、薬キャリがおすすめ。みんなが使ってる薬キャリだからこそ、素早い求人紹介が可能な体制が整っています。

あなたの希望条件に合った求人をコンサルタントが探してくれるので、転職活動で少しでもいい条件を探したい薬剤師に向いていますね。

総合評価
求人正社員からパートまで多くの求人
サイトhttps://agent.m3career.com/
強みスムーズな転職先探しに◎
弱み面接サポートが弱い

薬キャリを見てみる

 

収入upを目指すなら

条件を重視して多くの薬局・Dgs求人から探したいならファルマスタッフを利用したいところ。都市部から地方まで、全国対応してるのが強み。

「出来れば早めに転職したいな」と思っている場合などでも、条件の良い求人をすばやく対応してくれるので安心して求人探しが可能です。

総合評価
求人都心部から地方まで網羅
サイトhttps://www.38-8931.com
強み薬局・Dgs求人に強く、収入upにも
弱み企業の求人には弱い傾向があり

ファルマスタッフを見てみる

転職で一番大切なのは、早めの行動。「急いて転職先を探さないと……」と思ってから求人探しをすると、判断が鈍ってしまうからなんです。

「転職で失敗する事」が無いよう、少しゆとりをもって行動するのが大切ですね。

マイナビ薬剤師
(正社員転職の満足度No.1)

薬キャリ
(薬剤師登録者数がNo.1の安心感)

ファルマスタッフ
(保険薬局の求人取り扱いが多い)