薬剤師と就職・転職活動

薬剤師高時給・高年収の転職情報から見えてくるもの

さて、私は薬局の事や薬剤師の事をよく検索しているので、インターネットを閲覧していると、たくさん求人広告がでてきます。野球の結果を見ようとしても、横には求人が出てきたりします。

また、求人サイトにも登録しているので、メールでも高収入をうたった求人案内がよくきます。
するとここに、転職活動をする際のヒントと、業界の縮図が見え隠れしている事に気づきます。

高収入はどんな仕事か?パート編

高収入求人、具体的にどんな内容なのか見ていきましょう。
求人が多い薬局とドラッグストアに絞ってみてみます。

まず目に飛びこんできたのが、時給5,000円のパート。
これはおいしい!しかも住居付き!内容をみてみると、いたって普通。
茨城県のとある駅近く、処方箋一日80枚でフルタイムとのこと。これで時給5,000円?

私がやりたいくらいです!他にも見てみましょう。
次は時給4,000円。場所はいくつもある!これは、派遣ですね。
となると先ほどの5,000円の求人も、派遣かもしれませんね。
しかしなぁ、もし時給5,000円だとしたらですよ、1日8時間で月20日、1年間働いたとします。

5,000円×8時間×20日×12ヶ月=年収960万円

うーむ、薬局がつぶれますよ、これは。

だって派遣会社にも年収の半分近い金額を支払わなくてはならないことを考えると、約1,500万円程度を1年で支払わなくてはいけませんからね。
薬局のなかでも、かなり儲かっている部類の薬局の利益が丸ごと吹き飛ぶ感じになりますね。

まぁ一人でバリバリ3人分はこなせるような薬剤師であれば大丈夫でしょうけど。
求人を見ても、大手のチェーンに派遣されるというよりは、人手不足が顕著な中小の薬局がほとんどという様子です。
もっとも、派遣という性質からすると1年以内の短期に近い形でしょうから、人が来るまでのつなぎなのでしょう。

という事は、さすがに派遣という勤務形態ではなく時給5,000円パート案件はありません。
つまり、こういう人材が不足している薬局をあなたのお住まい近くで見つけて応募すると、正社員だろうがパートだろうが、高給で雇ってくれる可能性大です。

高収入はどんな仕事か?正社員編

次に正社員の求人で高給なものを見てみましょう。平均的には中途で経験者であれば、年収450~550万円というところが、首都圏の求人です。
(求人票には年収400~と書いてあればそれは未経験ないし新卒の求人です。ハローワーク等で探すとひとまずそのような安い年収で記載されていますが、そこは気にしないでいいでしょう。交渉できます。)

さて、求人サイトを見てみると、「年収700万」たくさんでてきました!

しかし、う~む、パートとは違って結局の所「700万円」という意味で、実際は「450~700万」という場合がほとんどですね。
いきなり700万円というのは、離島か、かなりのへき地ですね。
年収600万円で調べてみてもほぼ同様な傾向です。
先ほどのパート派遣と違って渋いですね。まぁ変な?薬剤師が来てそれに年収700万もだしたら経営的にもアウトですし、周囲との格差が問題になる事も多いですからね。

もっとも大手調剤チェーンも、M&Aで増えているところは、個人の年収は差がありまくりです。
同じ会社にいくつもの賃金規程があるようなものです。人事の方は頭が痛いのではないでしょうか。
私の勤めているチェーン薬局だって、ひどいものです。不平等。それにしてもこの求人を見る限り、パート派遣の方が稼げちゃいますね。

薬局業界がみえてくる

ここから推測されることは簡単です。
人材紹介会社が、転職者にも紹介先にも、より派遣パートを積極的に勧め、紹介手数料を得たいという構図です。
もちろん企業ですから、そちらの方が利益が生まれるのであれば当然の事です。

つまり、正社員での紹介であると、一時的な紹介手数料(年収に応じたもので、それでも高額です)を得る事ができるのに対し、パート派遣であれば、継続的に派遣紹介料を得ることができるわけです。
人材集めに苦慮している薬局にとってはきついものです。

しかし皮肉な事に、働く側にとっては、そんな事は関係が無い事もまた、事実です。
ただ、こういった側面がある事を利用し、長期的に働くのでなければ、パート派遣というところを検討する事はとても有利に働きそうです。

年収やお休みの取り方にしてもです。また正社員で長く勤めたい方にとっても、人材紹介会社経由での入社の方が結果として給与交渉でき、高給に設定される事は事実です。
(交渉によって年収があがれば、その分、紹介会社の利益となる訳です)

なんだか変わった業界だなぁと思います。
ただ、なかなかこの部分と言うのは、あまり語られる事が無いのです。だって、薬剤師の情報誌を見ても、広告主が人材紹介会社って多いですよね。
つまりは、そういう事なのです。
小さな薬局が人材集めに苦慮し、M&Aがさらに加速する要因となるのかなという思いで、求人を眺める今日この頃です。

転職するか悩んだら

将来を考えると転職した方がいいかな、そう感じていても、実際どう行動すればいいか悩む薬剤師がとても多い。

・人間関係がつらすぎる
・ボーナスが減らされ年収に不満
・働きやすい職場で落ち着いて働きたい
・将来性のある会社がいい
・パートで働き方を柔軟にしたい

そうした悩みを解決するには、自分に合った転職サイトに登録し相談する事。それが将来に備えるはじめの一歩となるのです。

働きやすさ重視なら

転職に不安があっても、あなたの希望を元に働きやすい職場探しをしてくれます。もちろん年収・時給がアップする求人も多いんです。

職場環境や設備、ワークライフバランス、職場の雰囲気。長く安定して働ける事は大切。転職に不安があるなら、マイナビ薬剤師をまず利用したい所。

総合評価
どんな求人?「会員限定」の求人で自分に合った働き方探しに
サイトhttps://pharma.mynavi.jp/
強み正社員からパートまで多くの働きやすい求人
弱み派遣薬剤師求人の取り扱いが無い

マイナビを見てみる

 

チェーン薬局で働きたい

これから先、正社員として将来の安定性や福利厚生のいいチェーン薬局・Dgsに転職したいならファルマスタッフを利用したいところ。

また「出来れば早めに転職したいな」と思っている場合などでも、丁寧に対応してくれるので安心して求人探しが出来ます。

総合評価
どんな求人?求人数が多く、チェーンを中心に幅広く探せる
サイトhttps://www.38-8931.com/
強み正社員求人に強く、年収を上げる事もできる
弱み企業の求人には弱い傾向があり

ファルマスタッフを見てみる

 

年収重視で幅広く探したい

「年収重視でいろんな求人探しをしたい!」という薬剤師なら、リクルート運営のリクナビ薬剤師がおすすめ。自分でも探しやすいのが、特長ですね。

業界大手で、広く人材サービスを手掛けるリクルートならではの求人が揃っています。

総合評価
どんな求人求人数が多く、企業なども自分で探したい人に便利
サイトhttps://rikunabi-yakuzaishi.jp
強みリクルートという知名度による、求人の幅広さ
弱み担当者のサポートは控えめ

リクナビを見てみる

 

転職で一番大切なのは、早めの行動。「もう限界」と思ってから求人探しをすると、判断が鈍ってしまうから。

「転職で失敗する事」なんか無いように、ゆとりをもって行動するのが大切ですね。

上記では紹介しませんでしたが、ファーマキャリアは、すでに転職活動してるけどいい求人が無い、特に年収重視で転職先を探したい場合にはおすすめです。

マイナビ薬剤師
(働きやすい職場探し)

ファルマスタッフ
(チェーン店で安定して働きたい)

リクナビ薬剤師
(業界大手の求人数で企業求人も)

上記:ファルマスタッフ