薬剤師と就職・転職活動

薬剤師として年収が頭打ちで悩んでいるあなたに|上げる事が出来る

私が薬剤師として薬局やドラッグストア、企業で色々働いてきて思うことは、薬剤師は給料が低い低いと言い過ぎなのではないかと言うこと。

つまり、年収の頭打ちに悩んでいる、不満がある薬剤師が多いという事なんです。

「いや、そうはいっても年収あがらないな。30代で年収600万円台。薬局の先行きも厳しいし、もうこれ以上は無理なんじゃ」

と悩んでいるあなたに、私の経験談を交えて年収を上げる手段をお伝えしたいなと思います。体験に基づいているので、結構確実な方法だと思っています。

ちなみにこの記事の結論としては、薬剤師が年収を上げるために必要なのは転職しかない事で、あたり前と思うかもしれませんが、案外根深いその理由を解説していきます。

私自身、比較的薬剤師の給与水準が低い東京都内で働いていますが、30歳で年収600万。40代なかばで、今は年収900万円台です。

ただ、もちろん「管薬は嫌」とかだと、せいぜい年収は700万円程度で頭打ちかもしれませんね。そこは理解しておいてください。

新卒で同じ会社が最も年収頭打ちの理由

私自身、過去年収に対する不満というのは人一倍持っていたものの、他の薬剤師から「すぐ年収が頭打ちになる」そうセリフを聞くたび「それならとっとと転職すればいいのに」と感じます。

まじめな薬剤師が損するいびつな業界

年収が頭打ちになるのは当然のことで、新卒で薬局・ドラッグストアに就職すると「給与規定」に沿って、昇給していくからです。

転職しないと、この構図は一生変わる事はありません。

昇給といっても年5,000~10,000円。それは勿論大きいですが、年間にすると10万円程の年収増にしかならないですよね。

しかし、転職だと年収500万が650万に、などざらです。

ひとまず2022年調剤報酬改定までは人材不足

都内で未経験でも、年収500万は超える。それは2020年に入っても続いています。ただいつまで続くかは分からない事は注意が必要で、2022年の調剤報酬改定までには備えておきたい所。

まじめに新卒で入った会社で働き続ける、それは尊い事かもしれません。

ただ一方で、あなた自身の薬剤師という貴重な資格を生かし働く。その事に対する見返りの大部分がお金である事を無視する事は、あなた自身や家族のために、綺麗ごとで済ましてないかな?と思うのも事実です。

学費が高過ぎですよね。理想だけじゃ、生きていけません。

偉そうにいってますが、転職をする事によって得られるメリットも大きく、それは以下の記事を参考にしてください。割とSNS(Twitter)で共感を得て頂いた記事です。

収入に対する不平不満を言う方に限って転職せず、なんやかんや同じ職場でずっと働いています。

あなたも口には出さなくても、もし、そういう傾向に陥ってしまっているのなら、環境を変えたほうが、長い人生豊かになります。

チェーン調剤薬局であればあまり責任を負いたくがないために昇格、つまり管理薬剤師やエリアマネージャーのような事をしたいとも思わず敬遠している方多いのです。

まわりにそういう方、いませんか?きっとたくさんいるはずです。

ただそれをも一気に覆してしまうのが、転職での収入増です。

例えばですが、「マイナビ薬剤師」のような転職支援会社のホームページを一度確認してみてください。いつかは転職を検討しているなら、保険として登録だけして求人情報をチェックしておくのがベストです。

【関連記事】
薬剤師は働きながらor退職後に転職活動どっちがいいの?メリット・デメリットを解説

客観的に薬剤師は年収が低いのか

頭打ちになる傾向があるとはいえ、雇用の安定性からするととても恵まれています。

一般的に転職はリスクが伴いますが、雇用の安定を伴う転職は薬剤師や看護師といった分野のみしか出来ないのが特徴です。

薬剤師として年収の低さを自覚するのは、世間の声に多分に影響されているのですが、良く聞くことは以下の通りで、「そうじゃない」と否定したい部分です。

  • 身近な人から「高給取り」だと思われている。
  • 求人広告で時給2,500円などと出ているためになおさら高給取りと思われている。
  • 実際は年収550万円程度だ、安い。
  • 初任給は悪くないものの、すぐ年収が600万円程度で頭打ちになる。
  • 責任ばかり重くて給料が安い。
  • 先行きが暗いのでなおさら今後年収など上がらない。

などなど、毎日のように聞かれます。

確かに、新聞の折り込み広告に時給2,500円などという、他の求人と比べて2倍以上もの給料を得る事のできる仕事は他にはないですよね。

薬剤師などより人手不足がことさら深刻な、運送・介護の求人広告だらけの中に、ポンとある薬剤師の高給求人募集。それでも常に募集が掛かっている。

それを見た世間の方が「薬剤師は高給取りだ」と考えるのは早計どころか、そう考えるのが普通でしょうし、こればかりは仕方ないのです。

でも実際は同じところにとどまる限り、年収は頭打ち。

上にも書いたように、年収が頭打ちになるというのはそれは薬局薬剤師に限った事では無く、年功序列という制度が崩壊している現代においては、どんな業界でも、高給イメージが強い製薬企業でも同じです。

転職しなければ、或いはステップアップしていかなければ、またはMRであれば営業成績を上げなければ、つまり一定の責任という部分に留めている限り、年収が増えるはずもありません。

よく分からない海外との薬剤師年収比較

しばしば持ちだされる“アメリカの薬剤師は年収1,500万円だ”という年収比較を持ち出す方もいますが、少し理解が必要です。いかに日本の薬剤師が恵まれているか。

アメリカで薬剤師になるためには一般的には4年制大学を卒業後にさらに4年日本でいう薬学部のようなところ(Pharm.D.[Doctor of Pharmacyの略])で学ばなくてはなりません。

そもそものシステムが異なりますし、そうではない薬剤師をサポートするテクニシャンはおおむね1年間の職業訓練が必要ですが、年収は300万円程なのです。

テクニシャンという言葉も、事務スタッフにピッキング調剤を行わせる口実のような使われ方をされていますが、アメリカにおけるテクニシャンは、おおむね投薬以外はなんでも行います

それで年収300万であることは少し考えさせられますよね。(しばしば見掛ける、投薬嫌いで調剤しかしない薬剤師のようなものです)

転職すれば薬剤師としての年収は確実に上がる

薬剤師という資格を使わずに転職できるでしょうか。

薬学部新卒であれば違う業界に飛び込む事も可能ですが、そうでなければ年収は大きく落ちるのはほぼ間違いありません。

私が思う事は、薬剤師という職業である事は、かなり簡単に年収を上げる事ができる環境である事に気づいていない人が多いという事です。

もちろん、転職だけが全てではありません。近道ではないものの、社内でのステップアップでもいいでしょう。ただ大きな会社ほど、険しい道である事も事実

近道に転職によって環境を変えてステップアップする事もいいでしょう。文句ばかり言っていないで、年収を上げる努力をすれば、年収600万円で頭打ちなんて事はありません。

確かにそれでも高給(年収1,000万としましょう)まで得る事は難しいかもしれませんが、雇用が大きく守られている中で簡単に年収アップを図れる仕事など殆どありません。

営業成績を残さなければリストラされるような心配もありませんし、「頑張れば頑張った分だけ年収アップ!みんな笑顔が素敵な職場です!」などというブラック要素満点の業界で働いているわけではないのです。

でもやっぱり「これ以上責任負いたくないな。転職も冒険だから怖いな。」という薬剤師は多く、それでは年収600万円で頭打ちになるのも当然の事と言えます。

コンビニで働くアルバイトの方がよっぽど大きな変化に対応する必要のある業務を行っているとすら思えます。

かなしいかな、薬剤師不足の中で、『会社』にとって一番貴重な社員は、年収が低くとも長くはたらいてくれるそのよう社員であることも事実です。

ただ一つ言えるのは、やはり年収600万円頭打ち説、というのは大きな誤りだという事なんです。

東京都内という比較的薬剤師の給与水準が低い場所でありながら、大手チェーン薬局の雇われ会社員薬剤師であっても年収800万~1,000万円近くを稼いでいる薬剤師は、表に出て来ないだけでかなり多いのです。

それはまじめに働いて昇給した薬剤師ではなく、転職や会社合併で働いている薬剤師です。

まとめ

本音をいうと、薬剤師の年収が頭打ちと感じさせる会社(弊社もそうですが)、その事が問題です。しっかり評価をしてくれればよいですが、全社員の年収を上げるのは難しい。

転職でしか年収を上げられない事、さびしい問題だとは思いますが、それが現状です。

ただそれも、2022年の調剤報酬改定までと考えて置いた方が良くなってしまいました。割と厳しい環境に突入しつつあります。

ちなみに薬剤師が転職するには転職支援会社は必須ですが、検索すると「薬剤師転職サイトランキング」が乱立していて異様な状況です。全国約150社もあります

結論からいうと、「いずれは転職しようかな」というぐらいであれば、マイナビ薬剤師だけ保険で登録しておけば大丈夫です。

企業に転職したいとかですと少し利用方法が変わるものの、そもそも「転職には落とし穴」があるので要注意。

【参考記事】
薬剤師転職サイトの仕組みと利用前に注意したい事

嘆いてばかりではなく、アンテナを張り巡らせておくという事も必要。

逆に会社としては長く働いてくれる優秀な社員を賞与ではなく、昇給という形でしっかり評価できるシステムの構築が今後ますます求められてきますが、土台無理な話なのです。

転職するか悩んだら

「今の仕事に不満が多い」「将来を考えると転職した方がいいかも」そう感じても、実際どう行動すればいいか悩む薬剤師はとても多い。

・つらい環境を変えたい
・収入を大きく増やしたい
・パートで働き方を変えたい
・働きやすい所で落ち着きたい
・将来性がある会社で成長したい

そんな悩みを解決するには、自分に合った転職サイトに登録し「相談」する事。それが将来に備えるはじめの一歩です。

働きやすさ重視なら

転職に不安があっても、あなたの希望を元に働きやすい職場探しをしてくれます。もちろん年収・時給がアップする求人が多いのが特徴。

職場環境や設備、ワークライフバランス、職場の雰囲気。長く安定して働ける事は大切。転職に不安があるなら、マイナビ薬剤師をまず利用したい所。

総合評価
どんな求人?「会員限定」の求人で自分に合った働き方探しに
サイトhttps://pharma.mynavi.jp/
強み正社員からパートまで多くの働きやすい求人
弱み派遣薬剤師求人の取り扱いが無い

マイナビを見てみる

 

キャリアアップしたい

これから先、正社員として研修を積み、キャリアアップ出来る環境に身を置きたいならファルマスタッフを利用したいところ。転職エージェントも親身に相談に乗ってくれます。

また「出来れば早めに転職したいな」と思っている場合などでも、丁寧に対応してくれるので安心して求人探しが可能です。

総合評価
どんな求人?求人数が多く、チェーンを中心に幅広く探せる
サイトhttps://www.38-8931.com/
強み正社員求人に強く、キャリア志向の薬剤師向け
弱み企業の求人には弱い傾向があり

ファルマスタッフを見てみる

 

年収重視で幅広く探したい

「年収重視でいろんな求人探しをしたい!」という薬剤師なら、リクルート運営のリクナビ薬剤師がおすすめ。自分でも探しやすいのが、特長です。

業界大手で、広く人材サービスを手掛けるリクルートならではの求人が揃っています。

総合評価
どんな求人求人数が多く、企業なども自分で探したい人に便利
サイトhttps://rikunabi-yakuzaishi.jp
強みリクルートという知名度による、求人の幅広さ
弱み担当者のサポートは控えめ

リクナビを見てみる

 

転職で一番大切なのは、早めの行動。「もう限界」と思ってから求人探しをすると、判断が鈍ってしまうから。

「転職で失敗する事」なんか無いように、ゆとりをもって行動するのが大切ですね。

マイナビ薬剤師
(働きやすい職場探し)

ファルマスタッフ
(キャリアアップ求人)

リクナビ薬剤師
(リクルート運営の情報力)

上記:ファルマスタッフ