薬剤師と就職・転職活動

日経DIキャリアの評判は?薬剤師が転職で利用する際のメリット

日経DIキャリアは、日経HR社の転職支援サービスです。

薬剤師だったら誰でも知っている、日経DIオンラインや日経ドラッグインフォメーション(日経BP社)と同じ日経系列。「日経DI」と頭文字は同じですが、実は系列で別会社です。大きな会社ですね。

日経DIキャリアの転職支援システムについて解説していきます。

なお結論から言うと、日経DIキャリアは「複数社の転職サイトおまとめサービス」のような形で運営されているので、どこか1社選び、転職活動するのがおすすめです。

関連記事:薬剤師転職サイトの闇(ちょっと読んでもらいたい記事です)

日経DIキャリアの薬剤師転職支援サイトは?

評判はほとんど聞かれないものの、ホームページを見てみると、日経DIキャリアも一見すると普通の薬剤師転職サイトのような感じに思えます。求人情報がサイト冒頭に出ていますしね。

しかし、他の転職サイトと決定的に違うのは、独自での転職支援を行っていないという事です。日経DIキャリアを利用するメリットはここを理解しないと先にすすめません。どういう事でしょうか?

日経DIキャリアに登録すると?

日経DIキャリアは、例えるなら資料一括請求のような形で、他の薬剤師転職支援会社の求人を受け取る事ができるようなサービスです。

独自での転職支援は行っていません。2020年1月時点では、33社の薬剤師転職支援会社と提携しています。全国でおよそ150社程度もあるので、その約20%の会社が、日経DIキャリアと「提携」している形となります。

つまり他の薬剤師転職サイトのように、登録すると日経DIキャリアであなた専門の担当者さんがつき、転職支援をしてくれるというような形ではありません。

まどろっこしいので端的に言うと、薬剤師転職支援サイトの「仲介会社」ですね。日本語をうまく使うと「提携」です。

こういった一括登録サービスは好き嫌いがあるかと思いますが、一定のニーズがあるのも確か。

かなり転職とは性質が違いますが、料金比較で悩む車の保険なども「見積もり一括サービス」を使うと結構便利ですからね。私も利用してます。デメリットは毎年更新月近くなると、わんさかメールやダイレクトメールが来る事です。

ちなみにリクナビNEXTも登録していると、例えば他の薬剤師転職サイトの求人メールが届く事があるので、多少、近い形になります。(※ただし、薬剤師に特化していないので利用には注意が必要)

リクナビNEXTは薬剤師専用では無いものの、逆に自分の経歴を元に直接スカウトメールという形で依頼してくる形なので、案外厚待遇の良い求人が来る事があります。

ただ薬剤師専用ではないので、そもそもあまりメールも来ませんし、定期的にアクセスしないとメールすら月に1,2回程度しか来なくなってしまいます。

ですのでリクナビNEXTは、薬剤師ならなおさら転職には向いていません。どういった方に向いているかというと、良い求人が来たら今すぐ辞められる方か、なんとなくいつか転職したいけど少し待ちの姿勢で良いかな?という方向けです。

私は情報収集として、薬剤師の求人情報などの動向がよく分かるので、リクナビNEXTの登録をしています。ただいざ転職しようとする際の利用はやっぱりしづらいかな?というのが本音です。その時に欲しい情報がちょっと、得づらいですね。

▽リクナビNEXT:ほぼ完全に待ちでメールのみ(利用者が多過ぎて電話は掛かってこない)
▽日経DIキャリア:複数の会社を利用できる(薬剤師専用で登録フォームには電話番号などの入力が必要)

日経DIキャリアを他の薬剤師転職会社が利用している意味

なぜ自社で行わず、30社以上もの薬剤師転職支援会社が日経DIキャリアを利用しているかは簡単で、その圧倒的な知名度です。

薬剤師不足の中、薬剤師転職支援会社としても、自分の会社を利用してくれない事には仕事として成り立ちません。

薬局が薬剤師不足で廃業せざるを得ないほどの状況。その薬局を支援をするはずである、薬剤師の転職サイトですら薬剤師不足のせいでサービスを取りやめるところも結構多いのです。

そのため、日経DIキャリアやリクナビNEXTなどの大手を利用し、少しでも多くの薬剤師に利用してもらえるような体制をとっている形になります。

これはヘッドハンティング会社も同様で、薬剤師に関しては結構リクナビNEXT経由で求人がきます。もはやヘッドハンティングでは無いですね。

日経DIキャリアの評判まとめ

日経DIキャリアに関しては、自社で直接サービスをおこなっている訳では無く、評判も結論づけられません。口コミのようなサイトも無いですね。

つまり、自分の働く地域、またあなたがどういった形で働きたいかはっきりしている場合は、転職支援サービスを選んで登録するがベターです。

お住まいの地域によっておすすめできる薬剤師転職の支援会社は事なるので、注意して選択するようにしたいものの、「薬剤師 転職サイト」などで検索するとランキングサイト乱立のひどい状況です。

その乱立状況の問題について、薬局とドラッグストア就職希望の方向けに解説した記事は以下ですが、文字数がこの記事の10倍近くあります。すみません・・。

薬剤師の転職サイトおすすめランキングの【多過ぎ問題の傾向と対策】

そんな記事を読むのは面倒だという大多数の方や、病院・企業への転職希望の方は、上記記事での結論をざっくり下にまとめています。参考にしてみてください。

▽1~3社登録がおすすめで、理由としては担当者がいまいちだと先に進めないからですが、何社も登録すると連絡が面倒となり注意が必要です。

▽転職希望時期は求人が流動的なため、早いに越した事はありません。例えば、3ヶ月以内だと年収・時給交渉も格段に良くなります。

いつかは転職を検討している、いい求人があったら転職検討くらいでいいかなという場合であれば、マイナビ薬剤師1社のみの登録だけで大丈夫です。

登録者にしか紹介されない、非公開求人情報が多いのが特長です。

マイナビ薬剤師 登録サイト

薬局かドラッグストアに転職したい薬剤師

対応が大手では一番マイナビ薬剤師
薬局に強みが大きいファルマスタッフ
求人数に強みがある薬キャリ 登録サイト

基本的に上記3社の登録が担当者も付きベターなのですが、少しフォローが薄くなったとしても、誰でも知っている大手のサービスを利用したいなら、マイナビ薬剤師プラス、以下です。

医療業界特化の大手薬キャリ 登録サイト
おなじみリクルートリクナビ薬剤師

病院への転職を検討している薬剤師

病院の求人は2018年を振り返ると減少傾向でした。育児休暇などの一時的な欠員は派遣で埋めてしまう場合も多いので、少しじっくり探した方がベターです。
なお大手ですが、マイナビ薬剤師は病院就職にはあまりおすすめしません。

病院就職に強みありファーマキャリア
医療業界特化の大手薬キャリ 登録サイト
おなじみリクルートリクナビ薬剤師

製薬企業等への転職を検討している薬剤師

「製薬企業等」とざっくり書いていますが、職種によって特に違いはなく、大手企業は基本的に大手のサービスを利用するので、それに合わせて大手を利用すれば大丈夫です。

対応が大手では一番マイナビ薬剤師
医療業界特化の大手薬キャリ 登録サイト
おなじみリクルートリクナビ薬剤師
CRC経験者ならここCRCJOB

いちいち登録するのが面倒な方は

そんな職種ごとの薬剤師転職の支援会社選びはちょっと面倒だな、という方は、日経DIキャリアの一括登録をおすすめします。

日経DIキャリア 登録サイト

転職はあなた自身の本音と向き合うのが一番大切です。慎重になりなりつつも、大胆に行動する事で希望の仕事選びをする事ができます。前向きに進んでいきましょう。

薬剤師採用担当のおすすめ
【2020年3月27日追記】
以下、のんびりと「おすすめ求人サイト」なんて紹介していたんですが、この状況下、かなり薬剤師求人が減少してしまいました。

なぜなら、薬局の経営が患者数減によって一時的に極めて悪化しているため。

目安として9月末まで位に転職を考えている薬剤師なら、「おすすめ」なんて関係なく、複数の求人サイトに登録しておかないと「就職先が見つかりづらい」なんて事も。

損は無いので3~5社程度には登録し、会員にしか紹介されない非公開求人から、あなたに合った求人探しをしてもらいましょう。

https://pharma.mynavi.jp/
(マイナビ薬剤師)

https://www.38-8931.com/
(ファルマスタッフ)

https://rikunabi-yakuzaishi.jp/
(リクナビ薬剤師)

https://pharmacareer.jp/
(ファーマキャリア)

https://pcareer.m3.com/
(薬キャリ)

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師は、薬剤師が転職を考える上では切っても切れない会社。
調剤薬局や、調剤併設ドラッグストア求人に強く、働きやすい職場探しが出来ます。もちろん、担当者さんのサポートも抜群。
◆厳しい基準をクリア◆
人材紹介会社全国約2万社のうち、40数社しか認定されていない「厚生労働省委託事業 職業紹介優良事業者」に認定されています。
総合評価
どんな求人?薬局、調剤併設Dgsなら利用必須。正社員・パートとも厚待遇。
強みいつか転職を考えてる初心者にも対応◎
弱み病院の求人は少なく、派遣も取り扱いなし

公式ページ

ファルマスタッフ
ファルマスタッフは、親会社を日本調剤に持つ、薬局求人に非常に強い、薬剤師転職サイトです。
派遣薬剤師としても働けることから、全国的に薬局求人には大変強く、そして年収を上げるための転職にはぜひ利用したいんです。
◆厳しい基準をクリア◆
マイナビ薬剤師と同じく「職業紹介優良事業者」に認定されています。この認定を受けているのは、薬剤師転職サイトでは、この2社のみ!
総合評価
どんな求人?薬局への転職で年収を上げたい人に。
強み親身なサポートが親切。派遣で働くにも◎
弱み病院、企業の求人に弱い

公式ページ

リクナビ薬剤師
リクルート社が運営する、薬剤師の転職サイトで、薬局から企業まで幅広く探せるのが魅力。
比較的「自分でも求人情報を探しやすい」という事もあるので、マイナビ薬剤師かファルマスタッフ、いずれかと併用する形がベスト。
◆リクルートならではの求人◆
企業からの知名度は、リクルートはNo.1。つまり、リクナビ薬剤師にしか無い非公開求人を見つけられる可能性が高いんです。
総合評価
どんな求人薬局、Dgsはもちろん、企業まで幅広い
強みリクルートならではの転職ノウハウが◎
弱みサポートは弱いが、逆に30~40代向き

公式ページ

RELATED POST