転職

看護師が「早く辞めたい」と思った時はどう退職する?|コロナで環境悪化

看護師で、今の仕事を早く辞めたい場合、どう行動するのが良いでしょう?コロナ禍で、病院などではきついと感じる看護師も増えているハズ。

早く辞めるための方法、それは「上手に早く辞める方法」をキャリアアドバイザーにしっかりとレクチャーして貰うこと。

とは言え、看護師を辞めるわけじゃないので、あまり手荒らな行動も出来ないですよね。将来の事も少しは考えておく必要があります。

さて、結論から言うと、人材紹介会社に相談すれば大丈夫です。

  • 上手な退職方法を教えてくれる
  • あなたに合った次の働き方も提案してくれる

今すぐに看護師職を辞めたいという事情も考え、そして将来の仕事の不安は最小限にする事。それが大切なんです。

なお、多くの求人サイトがありますが相談対応の強い、看護のお仕事か、マイナビ看護師を利用すれば大丈夫です。

相談しながらまず早めに辞める事が最優先。そして、落ち着いたら求人探しをしていけば大丈夫ですね。

上記に登録し、キャリアアドバイザーに相談する事が、看護師としての働き方をすぐに見直し出来るためのコツと言えます。

この記事の結論は以上です!早く辞めたい看護師は、すぐに行動するのが心身ともに大切ですね。

仕事を早く辞めたいのに辞められなくて、メンタルを病むっていう事は無いようにしたいものですね。辞めたくても周囲に気遣って辞めない、そういう看護師はとっても多いんです。

自分の人生を考えれば、より良い選択というものは1つに絞られてくるはずですよね。

すぐに辞めたい看護師が増えてる

辞めたい理由は看護師によって人それぞれですよね。でも「すぐに辞めたい」となると少し事情が変わってきます。

つまり、看護師として働く環境がとても悪くなってきている事を意味しているんです。ストレスが辛い、メンタル病みそうとか、そういう事ですね。

普通の看護師転職と違う「すぐ辞めたい」という感情

一般的に看護師が転職する時だって、前の病院が嫌になった、人間関係がつらくなったなど、ネガティブな感情かもしれません。

若手看護師における退職の予測要因

退職・転職したい時って2パターンあります。1つは転職したほうがいいケース、もう1つは転職しないほうがいいケース。「もう少し年収欲しいな」とか軽い気持ちで転職してしまうと、結構失敗したりするケースがあるからです。

でも「すぐ辞めたい」となると、割と「本当に早く辞めたほうが良い」というケースが多いのです。

特に看護師の場合、そもそも業務で高いストレスを感じているケースが多いですから、そこに「仕事のつらさ」が感じてしまう場合、体調にも悪影響が出てしまうんです。

特にコロナ禍になってから、一層看護師で「すぐ辞めたい」っていうナースがとっても増えたんです。ストレスが強いですからね。

すぐに辞めたいのに辞めないと?看護師としてつらい状況に

一般的な感覚であれば、本当につらくて仕事を辞めたいのであれば、深く悩まずに辞めてしまえば良いと思うんです。

でも真面目な看護師ほど、「すぐ辞めたい」と思っても、ためらってしまう。責任感があるからなんですが、自分が疲れすぎてしまうんじゃないかな?と思うんです。

確かに患者さんも大切だし、一緒に働いているスタッフも大切です。献身性こそが、看護師として大切な事だと言うひともいるかもしれません。

でも……やっぱり一番大切なのは自分であって、自分の家族なんです。

そうやって割り切るのが難しい看護師ほど、転職・退職に悩んでしまうみたいですね。

看護師がすぐ辞めたい時に辞めるメリット

看護師の場合、転職によって仕事が無くなるリスクはとても少ないです。

そのため割と「嫌だからすぐに辞めたい」と衝動的に退職してしまっても、次の仕事以降もどうにかなります。それはやっぱり看護師不足だからですね。

メリット1:ストレスからの早い開放

看護師などの資格が無いとして、すぐ辞めたいと言って退職した場合どうなるでしょうか?

特にコロナによって業績が悪くなっている会社も増えている中、とても簡単に仕事が見つかる筈もないですよね。

確かに病院の業績も良いものとは言えないです。それでも看護師は不足してるし、看護師が働く場所は数え切れないほどあるんですね。

一般の会社員だったら、考えられない事なんです。だから、あまり将来の事は深く考えずに「ストレスがつらいから退職」と選択出来るのは、看護師ならではのメリットですね。

すぐ転職で年収アップが可

慢性的な看護師不足で悩む医療機関が多い中ですから、転職の際に年収交渉する事が可能ですよね。

でももちろん、業績の悪い病院などでは厳しいです。多くの求人の中から、あなったに合った求人探しをしてもらえれば大丈夫です。

ちなみに、「すぐ辞めたい」=「すぐ転職可」という事で、この場合だと積極的な年収交渉が可能なんです!

「半年後から働けます」っていうナースより、やっぱり1,2ヶ月以内など早く来てくれる看護師はとっても貴重ですからね。

「すぐ辞めたい」っていうとネガティブな感じがしますが、逆に言うと「すぐ転職可」なんです。前向きに転職活動していけば、あなたに合った求人を多く紹介してもらえるし、ほとんど心配ないんですね。

看護師がすぐ辞めるデメリット

早く辞めたいって看護師が思った時、それを行動にうつすとどういったデメリットがあるでしょうか?まぁ、無いんです。

ついつい気を遣い過ぎるナースほど、「辞めたら迷惑が」「残った人の負担が」などと考えてしまうものなんです。

でも求人紹介会社のアドバイザーとも話してみれば分かるんですが、そもそも「看護師を大切にしない職場」でなんか無理して働く必要は無いんです。

多くの求人サイトがありますが、看護のお仕事か、マイナビ看護師などのキャリアアドバイザーなら経験も豊富なので、そうった事情も理解してくれます。

辞めたいのに辞められない状況に陥らない事

仕事って辞めたいと思いながら働き続けるのって、とてもストレスが掛かります。

求人が多い看護師であれば、「早く辞めたい」と感じるような環境から転職するなど、特にデメリットは無さそうですよね。実際、ほとんど無いと言ってもいいでしょう。

でもそうこう悩んでいると、上司や同僚から「辞めないで」「退職は考え直して」といつしか引き留められるはずです。

そうなって来ると、とても辞めづらいものですよね。

もちろん仕事の事だから、しっかり考えるのは大切です。でも、もう仕事を続ける意志がほとんど無いのなら、早めに辞めるという決意をして、転職・退職活動をしてくのが大切なんですね。

ナースがすぐ辞めるデメリットは無い

確かに、周囲はあなたが辞めることによって「看護師不足」の状況になってしまいますよね。それは確かです。

そして、それを必要以上に心配してしまうと、あなたは辞められません!

そうした悩みは、全てキャリアアドバイザーにぶつければ大丈夫です。そんな風に悩んでいる看護師ってとっても多いんです。

看護師が早く辞めるメリット

看護師が早く今の職場を辞めるメリット、それはもう、精神的な事が一番です。退職出来ずに病んでしまっては絶対にダメ。

もし今我慢して働き続けたとして、5年後、10年後も今の職場で働いている可能性ありますか?ほとんどありえないはずですよね。

自分の健康を犠牲にしてまで働き続ける事が尊い仕事なんか、絶対にあるはずが無いんです。自分の生活の安全や幸せがなければ、仕事で幸せを与える事なんか出来ない。

綺麗事ではやっぱり仕事も生活も送って行くことなんか出来ないのです。

「辞めたい」理由はそれぞれの看護師によって異なるでしょう。でも、自分自信でつらいと思っているなら、そこにためらいなんか感じなくていいんです。