薬剤師と就職・転職活動

薬学生の就職活動は慎重に!

薬学部生のみなさん、就職活動は慎重に行いましょう。

「いやいや、そんなもの、慎重になるに決まっているではないか!」

と思っている方であれば何も問題ありません。ところがそうでない安易な学生が多い事もまた、実感されるところなのです。

特に、国試浪人し「無事合格しそうだ・・さてどこに就職しよう」そんな場合にこそ、気をつけて欲しいのです。

「とりあえず病院に就職して、しばらくしたら薬局に転職かな」なんていう甘い時代は終わっています。

なお本記事の結論は、しっかり情報収集しつつ多方面でリサーチを行い、就職活動を行っていこうという事です。

特に来年卒業する学生であったり、国試浪人した方であれば、マイナビ薬剤師に保険として登録し、活用していく事がベターです。

薬剤師として就活した私のあやまち

かくいう私も、その当時は慎重に就活しているつもりでしたが、振り返ると今では考えられないほど、適当でした。どういう思考で就職先を考えていったかと言うと思考回路は以下のようでした。

  1. みんながどこを就活しているかチェックしたところ、同性(男)はほぼMRであった
  2. しかし、都心を離れたり転勤したりするのは嫌なので、MRは却下した
  3. とはいえ名の知れた企業がいいと思い、某製薬企業の研究職を志望する(研究したこと無し)
  4. 併願は、ドラッグストアか薬局しかないのだろうと思い、年収の高めなドラッグストアを選択
  5. 某製薬企業の面接であっさり落とされ、ドラッグストア、一本に決める
  6. 給与水準と薬局併設ということもあり、1社のみ面接し、三顧の礼を持って迎えられる
  7. が、就職初日の研修で怒鳴られるなどいわゆるブラック企業であったため、1年で退社

以上です。申し訳ありません。

その当時の私は、薬剤師にはどんな就職先があるのかなんて、ほとんど調べもせず、薬剤師といったらMRかドラッグストアか薬局か、でしか行動していませんでした。(当時は病院の求人は極めて少なかった)

もっとも、今よりも就職情報が圧倒的に少ない事もありましたけども、友達が「公務員になった」と聞いた時には、「えっ、薬剤師で公務員なんてあるの?なんかのコネ?」という具合でしたので、まぁほんと、いい加減なものでした。

災い転じて福となった

ただ補足して言うと、特に調剤薬局を軸とすれば、薬剤師は転職で年収が上がっていく側面が強く、つまりなんて言うんでしょう、今わたしは某チェーンの調剤薬局で働いていますが、同じ年齢で新卒で入社した方よりもかなり年収が高いんです。

加えて言うと、MRになった友人達もだいたい35歳を境に、MRという立場からは退く人が多いんですけれど、30代では大手製薬のMRと遜色ない年収をもらっていたと思います。

ただこれは結果論的なところであり、何がどう作用するかを考えて行動していたわけではないので、くれぐれも就職活動は時間を掛け、自分でリサーチし、後悔のないようにしてください。

薬学生、就職活動に何をすればよいか

先ほど少し触れたように、今はネットでたくさんの情報を得る事ができます(このブログもそういうサイトを目指しています)

ただ一方、情報の海に溺れてしまうことも。無数にある、情報からいかに取捨選択できるかが、就活成功の鍵と言っても過言ではないでしょう。

とは言え、まずすべきことを過去を振り返って、お伝えしますね。

①就職したい業態をリサーチする(企業、薬局、病院、ドラッグストア、公務員、などなど)

②その業界について調べる(ネット、会社説明会、先輩に聞く、友達に聞く、などなど)

③納得できたならば、その業態の中での就職先候補を幾つか選定し、その会社のサイトをチェックし、会社説明会にも足を運ぶ。

④就職希望の企業にアタック!

⑤保険として必ず就職支援会社(最大手のマイナビ薬剤師)に登録しておく

です。いくつか落ちても仕方ありません。人気高のところは。

私の失敗談も記載しましたが、なんだかんだ言っても薬剤師は就職先が無いなんて事はありません。だから心配しないでください。

私は大学を2000年に卒業しましたが、当時、世間はいわゆる超就職氷河期でした。同じ大学を出ても、薬学部含む医療系学部を除き、正社員になれない人たちだらけでした。

まぁ、つまるところ、世の中運というか社会情勢が大きく左右します私みたいな馬鹿にならないように、学生のみなさんは頑張ってくださいね。

転職するか悩んだら

「今の仕事に不満が多い」「将来を考えると転職した方がいいかも」そう感じても、実際どう行動すればいいか悩む薬剤師はとても多い。

・つらい環境を変えたい
・収入を大きく増やしたい
・パートで働き方を変えたい
・働きやすい所で落ち着きたい
・将来性がある会社で成長したい

そんな悩みを解決するには、自分に合った転職サイトに登録し「相談」する事。それが将来に備えるはじめの一歩です。

働きやすさ重視なら

転職に不安があっても、あなたの希望を元に働きやすい職場探しをしてくれます。もちろん年収・時給がアップする求人が多いのが特徴。

職場環境や設備、ワークライフバランス、職場の雰囲気。長く安定して働ける事は大切。転職に不安があるなら、マイナビ薬剤師をまず利用したい所。

総合評価
どんな求人?「会員限定」の求人で自分に合った働き方探しに
サイトhttps://pharma.mynavi.jp/
強み正社員からパートまで多くの働きやすい求人
弱み派遣薬剤師求人の取り扱いが無い

マイナビを見てみる

 

キャリアアップしたい

これから先、正社員として研修を積み、キャリアアップ出来る環境に身を置きたいならファルマスタッフを利用したいところ。転職エージェントも親身に相談に乗ってくれます。

また「出来れば早めに転職したいな」と思っている場合などでも、丁寧に対応してくれるので安心して求人探しが可能です。

総合評価
どんな求人?求人数が多く、チェーンを中心に幅広く探せる
サイトhttps://www.38-8931.com/
強み正社員求人に強く、キャリア志向の薬剤師向け
弱み企業の求人には弱い傾向があり

ファルマスタッフを見てみる

 

年収重視で幅広く探したい

「年収重視でいろんな求人探しをしたい!」という薬剤師なら、リクルート運営のリクナビ薬剤師がおすすめ。自分でも探しやすいのが、特長です。

業界大手で、広く人材サービスを手掛けるリクルートならではの求人が揃っています。

総合評価
どんな求人求人数が多く、企業なども自分で探したい人に便利
サイトhttps://rikunabi-yakuzaishi.jp
強みリクルートという知名度による、求人の幅広さ
弱み担当者のサポートは控えめ

リクナビを見てみる

 

転職で一番大切なのは、早めの行動。「もう限界」と思ってから求人探しをすると、判断が鈍ってしまうから。

「転職で失敗する事」なんか無いように、ゆとりをもって行動するのが大切ですね。

マイナビ薬剤師
(働きやすい職場探し)

ファルマスタッフ
(キャリアアップ求人)

リクナビ薬剤師
(リクルート運営の情報力)

上記:ファルマスタッフ