薬の勉強

薬歴の書き方の参考書「誰も教えてくれなかった実践薬歴」レビュー

ひっきりなしにいらっしゃる患者さん、調剤して投薬して、「薬歴」。いや、書く事はたくさんありますけどね、時間がない。

どうにも要所を捉えて、うまく書く方法はないもんかと、昔は日経DIをめくって勉強したものです。

どうやって薬歴を書けばいいのか、どう学べばいいのか、書籍を辿ってみます。

薬歴の書き方見本

今ではペラペラの日経DI(薬局配布無料版)ですが、昔はかなりそういった特集がありました。SOAPでどうやってうまく薬歴を掛けるか。

こんな薬歴かけるのかな?

そして、そういった薬歴特集には、“模範例”がしめされてるわけです。

そして毎回思うんです。誰がこんな模範例のような薬歴が書けるのか。うちの薬局以外はみんなこんなぎっしり書いているのだろうか?

どこぞの薬局薬歴紹介でなんか、もうA4用紙半分以上(紙薬歴の話しですね)ぎっしり書いてあるわけです。

こんなの無理でしょと思いつつも、書かない=書けない、のもホンネであり、そんな不満は口に出す事はできません。

そして以下のような場面にもよく遭遇します。(画像をクリックすると、リンク先に記事があります)

そんな中、日経DI巻末読者コメント欄に・・

手元にあるわけではないので正確な引用ではないんですが、日経DIの巻末読者コメントにこんなコメントが掲載されていました。

「いつも薬歴の書き方を参考にしたいと思い拝読しています。しかし、いつも紹介頂くようなあんなボリュームのある薬歴を書く時間なんかありません。いつも忙しく薬局で働く薬剤師向けに、もう少し的確なアドバイスが欲しいです」と。

良く言った。と思いました・・。まぁ掲載したという事は、うすうす紙面作成側でも気づいていたんでしょう。

薬歴に関しては、自分自身悩んでまして、やっぱり書く事がない患者さんがある程度の割合は必ずいらっしゃいます。そんな時に何を心がけるかです。

薬歴の書き方って教わったようで教わってない

思い返すと、先輩からダメだし、つまり「こういう書き方は良くないよ」と言われた事はあっても、「こういう風に書いた方がいいよ」と、具体的・的確なアドバイスをもらった記憶はほとんどありません

それは上司に恵まれなかった可能性もありますが、きっとそうではなく、たぶん周りも“ほんとはどう書いていいか分からない”っていうのが、おそらくあったんじゃないかと思います。

そしていま、自分も部下に対して教えるときに、そう思います。難しいなぁと。「とある薬局の参考薬歴」が、“立派過ぎて”参考にならなかったんです。

体系的に薬歴とはどういうものか、何を書けばよいか、そしてその薬歴をどう生かすか、そういった事が勘案されていないと、意味がないんです。

そして単に薬歴を書く、という事に重点を置いた指南書では意味が全くないです。

服薬指導全体から、ポイントを把握できるようになり、薬歴を構成できるようなスキルを身に着けるヒントが無いと、ほとんど意味がなかったです。

少なくとも私が以前読んだ、眠たくなるような解説書では(もうほとんど廃版ですが)

薬歴について学べる図書

全部を全部読んだわけではありませんから、書評レビューは、Amazonを参考にしてください。Amazonでも、書籍で「薬歴」を検索すると、案外と多くの書籍が出版されている事がわかります。

評価数が少し少ないですが、薬剤師向けという部分なので仕方ないところ。

個人的に一番のおすすめは「薬局で使える実践薬学」なんですが、ちょっと分厚すぎました。重いですね。薬局に設置という形ではおすすめです。


個人で持つなら、よりコンパクトにまとまっている「誰も教えてくれなかった実践薬歴」がいまは、一番のおすすめです。著者は日経DIでご活躍中でご存知の方も多いはずです。

誰も教えてくれなかった実践薬歴(じほう)

私自身、本にはお金を掛けます。小遣いの半分は本です(薬剤師向けの本は一部ですよ)趣味で読んでいる本と違って、こういった薬歴指南書、かつ自分でも理解できるものは、とっても大きなメリットがあるんです。

それは、部下(特に新入社員)に渡して、「私はこれで勉強したからこれで勉強しなさい」で終わらせられる事です。

だって本音として、私が直接指導するより、よっぽどいいもん。

でも残念なのは、この本は2018年9月に発売しているので「私は昔これで勉強したんだよ」というセリフがつかえない事なのです。

転職するか悩んだら

「今の仕事に不満が多い」「将来を考えると転職した方がいいかも」そう感じても、実際どう行動すればいいか悩む薬剤師はとても多い。

・つらい環境を変えたい
・収入を大きく増やしたい
・パートで働き方を変えたい
・働きやすい所で落ち着きたい
・将来性がある会社で成長したい

そんな悩みを解決するには、自分に合った転職サイトに登録し「相談」する事。それが将来に備えるはじめの一歩です。

働きやすさ重視なら

転職に不安があっても、あなたの希望を元に働きやすい職場探しをしてくれます。もちろん年収・時給がアップする求人が多いのが特徴。

職場環境や設備、ワークライフバランス、職場の雰囲気。長く安定して働ける事は大切。転職に不安があるなら、マイナビ薬剤師をまず利用したい所。

総合評価
求人「会員限定」の求人で自分に合った働き方探しに
サイトhttps://pharma.mynavi.jp/
強み正社員からパートまで多くの働きやすい求人
弱み派遣薬剤師求人の取り扱いが無い

マイナビを見てみる

 

条件重視なら

年収など「自分の希望条件で転職したい」という薬剤師なら、CME薬剤師がおすすめ。手厚いサポートで、20~40代の調剤経験がある薬剤師向けです。

特に薬局・Dgsが比較的多い地域の求人探しで迷ってしまいそうな場合、しっかりコンサルタントに任せる事で自分に合った求人紹介をしてくれます。

総合評価
求人薬局・調剤併設Dgsが中心
サイトhttps://www.cme-pharmacist.jp
強み転職後のサポートも手厚い
弱み企業系の求人は期待出来ない

CMEを見てみる

 

キャリアアップしたい

これから先、正社員として自分がキャリアアップ出来る環境に身を置きたいならファルマスタッフを利用したいところ。転職エージェントが親身に相談に乗ってくれます。

「出来れば早めに転職したいな」と思っている場合などでも、すばやい対応してくれるので安心して求人探しが可能です。

総合評価
求人求人数が多く、チェーンを中心に幅広く探せる
サイトhttps://www.38-8931.com
強み正社員求人に強く、キャリア志向の薬剤師向け
弱み企業の求人には弱い傾向があり

ファルマスタッフを見てみる

転職で一番大切なのは、早めの行動。「もう限界」と思ってから求人探しをすると、判断が鈍ってしまうから。

「転職で失敗する事」なんか無いように、ゆとりをもって行動するのが大切ですね。

マイナビ薬剤師
(働きやすい職場探し)

CME薬剤師
(年収・時給重視)

ファルマスタッフ
(キャリアアップ求人)

リクナビ薬剤師
(人材紹介大手リクルート)

上記:ファルマスタッフ