薬剤師と就職・転職活動

学校薬剤師になるための1つの方法

地域支援体制加算の要件である地域貢献、そのために学校薬剤師になりたいという薬剤師は多いですよね。でもなり方が分からない。

そもそも学校薬剤師ですが、まさか転職して「学校薬剤師で年収500万です」とかそういう生業とするものではありません。

わりとボランティアに近い場合がほとんどです。

それでも一度は学校薬剤師を経験してみたい、という方の為に、学校薬剤師になるための方法をお伝えしていきます。

学校薬剤師の対象となる学校とは?

まず対象となる「学校」ですが、幼稚園、小学校、中学校、高校、高専、盲学校、聾学校、養護学校に至るまで、国立・公立・私立の学校すべてを言います。

大学は学校薬剤師を設置必要はありません。

仕事内容は簡単に言うと『学校の健康診断をすること』

これはどういう事かというと、主な仕事内容を簡単に抜粋してお伝えします。

1.学校保健計画及び学校安全計画の立案に参与する。
2.飲料水、水泳プール、排水、給食、照明、空気、暖房、換気、騒音など学校・教室の環境衛生全般について検査を行う。
3.学校の環境衛生を維持及び改善するために必要な指導や助言をする。
4.健康相談、保健指導に従事する。
5.保健室の医薬品や理科室の毒物・劇物など、薬品・用具の管理について指導及び
助言を行う。
6.学校、地域社会において 「薬物乱用防止の活動」に協力する。
7.「薬の正しい使い方」について、指導・助言する。

参考:学校保健安全法施行規則(pdf.ファイルが開きます)

ちょっと難しそうな感じもしますが、薬剤師としての経験・知識のある方あれば、特別に何か資格が必要なわけではありません。

月1回活動の場合もあれば、夏場などはプールがありますから、季節によっても忙しさは変わってきます。

学校薬剤師になる方法は探しても分からない

学校薬剤師になりたい!と思い、ネットで「学校薬剤師になるには」などと検索すると、「薬剤師会に相談をしてみて下さい」という結論でたいてい終わります。

そもそも薬剤師会の会員でなければこの時点でおしまいな感じです。薬剤師会の会員には、自腹で入る事もできますが、結構な出費になってしまいます。

でも、もし薬剤師会の会員であれば大丈夫なのでしょうか?「薬剤師会に相談」とは?

学校薬剤師になるための結論と対策

上記、「薬剤師会に相談してみて下さい」を意訳すると、コネで探してねなのです。繰り返して言います。

コネで探してください

身も蓋もないのですが、割と事実なのでしっかりお伝えしておきます。

学校薬剤師は、知り合いの薬剤師から話が回ってくるというパターンがほとんどです。

ですから薬剤師会に加入していない、一部大手チェーン薬局などでは、個人が自腹で高い年会費を払ってまで薬剤師会に加入しないでしょうから、なかなか学校薬剤師になれるチャンスは少ないかもしれません。

特に、平成28年からの「かかりつけ薬剤師」の認定基準の中の、とりわけ何をすればよいか明確に判断できない『地域貢献活動』で、この学校薬剤師という活動はその『地域貢献活動』として明確に具体例として記載がなされています。

そのために、近年は一層と学校薬剤師になりづらく(空きが出づらく)なっています。ちょっと前までは、割と人づてで何とかなる事もあったんですけどね。

都市部など薬剤師数が多いところでは、日ごろから薬剤師会及びそこに関係する薬剤師とのネットワークを構築しておかないと厳しい、つまりなかなか話が回ってこないかなという所です。

結構年配の薬剤師先生で占められちゃってる印象は個人的に持ってます。排他的な感じなのは否めません。

学校数は多いので学校薬剤師になるチャンスはあり

確かに都市部ではなかなか難しいですし、一方で地方ではそもそも学校が少ない事もあるので、運次第の面があります。とは言え、学校の数を見てみましょう。案外と多いのです。

【学校の概数】

  • 幼稚園:約10,000
  • 小学校:約20,000
  • 中学校:約10,000
  • 高校:約5,000

どうでしょうか、全国に薬剤師は30万人、薬局数は55,000ですが、まわりで学校薬剤師をやってる方は多いですか?少ないですよね!というのも、やむを得ず掛け持ちしている方も多いのです。

学校薬剤師になる金銭的な報酬は決して高いものではない(かなり幅がありますが、おおむね月10,000円程度)ので、日頃から「学校薬剤師」やりたい!とアピールしておく事でいつしか話が回ってくるかもしれません。

広く募集をすることなどは勿論ありませんので、薬剤師会を中心とした「人」のネットワークをしっかり持っておくという事が必要です。

ちなみに私は都内で10年以上薬剤師会の仕事をしていますが、「学校薬剤師会の仕事をやってくれないか」といった話は、一回もありません。

アピールしてないからでしょうか・・・他の面倒な仕事の話はいくらでも回ってくるんですけれどね。

薬剤師会に入り、「学校薬剤師やりたい」と積極的にアピールしましょう!狭い薬剤師の世界では、コネは作る事ができます!

働き方を変えるなら
働きやすい職場探しに

正社員・パート、男女問わず、働きやすい職場探しをしたい薬剤師に。もちろん年収アップも可能。

職場環境や設備、ワークライフバランス、職場の雰囲気。長く安定して働ける事は大切。そういった観点で求人探しをしたいなら、マイナビ薬剤師が一番です。

総合評価
どんな求人?薬局、調剤併設Dgsなら、利用は必ずしたい求人数。
サイトhttps://pharma.mynavi.jp/
強み「どんな求人があるかな?」という相談からでOK
弱み派遣薬剤師求人の取り扱いが無い

≫マイナビ薬剤師

 

大手チェーンで働きたい
これから先、安定して働きたい、教育体制や福利厚生のいい大手チェーン薬局・Dgsに転職したいならファルマスタッフがおすすめ。
また「出来れば早めに転職したいな」と思っている場合などでも、丁寧に対応してくれるので安心して求人探しが出来ます。
総合評価
どんな求人?求人数が多く、チェーンを中心に幅広く探せる
サイトhttps://www.38-8931.com/
強み親身なサポートが親切。派遣で働くにも◎
弱み企業の求人には弱い

≫ファルマスタッフ

 

広く求人探しをしたい
「いろんな求人探しをしたい!」という薬剤師なら、リクルート運営のリクナビ薬剤師がおすすめ。自分でも探しやすいのが、特長ですね。
業界大手で、求人数という部分では利用をおすすめ出来る会社。広く人材サービスを手掛けるリクルートならではの求人が揃っています。
総合評価
どんな求人薬局・Dgsはもちろん、自分でも探したい人に
サイトhttps://rikunabi-yakuzaishi.jp
強みリクルートが運営する知名度による求人の幅広さ
弱み派遣薬剤師求人の取り扱いなし

≫リクナビ薬剤師

RELATED POST