薬剤師と就職・転職活動

薬剤師人材紹介会社からの求人で分かるヘッドハント会社の苦労

今日は他に書きたい事があったんですが、昨日記事を公開してから、ちょっとした出来事がありました。やむを得ず、ちょっと散文的な読みづらさはご勘弁頂ければと思います。

昨日の記事、「薬剤師がヘッドハンティングで転職する裏事情」は、読み切りであって別段、連載ものにする気は無かったんですが、もう1記事だけ書かざるを得なくなりました。

そしてその「ちょっとした出来事」は、前回のタイトルが「裏事情」ではちょっと大袈裟かなと思ったんですが、図らずしも、タイトルにそぐわず裏事情を知る事となってしまいました。

またヘッドハンティングされました

ヘッドハント会社から連絡が来ました・・。

まさか昨日の記事をご覧になった方の何かの罠なのではないか?というくらいピンポイント過ぎなんですが、個人情報が漏れているとは考えずらい状況でしたので偶然なんでしょうね。

そしてまた、前回の記事で私が推測した通り、ヘッドハンティングとはいいながらも、薬局も巻き込んだ、結構複雑な事情を実感する事となりました。

ヘッドハント会社からの連絡が、人材紹介会社を経由して届く。

ちょっと意味が分からないですよね。すみません。私も初めは意味が分かりませんでした。
さて、私は何年も前からリクナビNEXTに登録しているのですが、薬剤師不足という事もあり、しばしばメールが届きます。

私が言うリクナビNEXTのメールというのは「○○会社があるぱか様に興味を持ったとのことでオファー届きました」という形で求人案件を紹介してくれます。

連日ようにメールが来るようなシャワー式じゃなく程良い程度なので、メールを頂いたらいつも内容はしっかり確認しています。(メール頻度が少なめなのは、機会があれば転職検討したい、と低めに設定しているからかもしれません)

そんな中来た今回のメール、ヘッドハント会社がリクナビNEXTを通じ、私に求人案内をしてきました。
一読しただけでは、依頼元はヘッドハント会社です。

つまり初めは私がそのヘッドハントの会社に誘われたのかと思ったんですが、5回くらい読み直して、ようやく以下のように、意味が理解できました。(ホントはスクリーンショット載せたいんですけどね、すみません)

【流れ】恐らくチェーン薬局→ヘッドハント会社→リクナビNEXT→私

はじめは「おぉ、またヘッドハントされたか!」と思わせるところが正直ずるいなと思いつつも、“ヘッドハント”という言葉が人の心を揺るがすこともまた事実。

また3分くらい揺り動かされてしまいました。3分じゃぁ、前回のように妄想期間はありませんでしたけどね。

またですねぇ、ヘッドハント会社が紹介するチェーン薬局名は、前回記事でも触れたように現時点では当然明かされていないんですが、一見するとなんかすごい会社だな!と思ってしまいます。

【国内最大手投資ファンド傘下の医療事業運営プラットフォーム会社】です、と。

これ何だかなぁ・・なんかすごい会社と思ってしまいますよねぇ。

いや・・、まぁ・・、その表現からなんとなく、事情が分かっていれば、どのチェーン薬局か想像できてしまうんですが、確証は持てませんしね、そこは読者さんの想像にお任せします。

その会社紹介文の最後方に[依頼業務内容:薬局の店舗薬剤師]って、そんなん普通に薬剤師募集してるだけやん!

ヘッドハント会社がそのように薬剤師募集する理由

どうしてこんなまどろっこしい事をするんでしょうか。そこには2つの理由が存在すると推測できます。

  1. ヘッドハント会社側の事情
  2. チェーン薬局側の事情

1)ヘッドハント会社側としたら、薬剤師の転職市場の活性状況、つまり人数の多さを考えると、個別対応は現実的ではないのかと思います。

前回の記事は数年前の事ですが、これまでの間、担当者が直接やりとりしても結果に結び付かなかったのかもしれず、直接のスカウティングは今はもう殆どしてないのかも知れませんね。

2)チェーン薬局側の事情
むしろこちらの事情の方が大きそうです。

上記では成約年収の約25%と記載しましたが、これは直接人材紹介会社に依頼した場合のものです。
今回の場合のように、ヘッドハント会社に依頼、しかも2社人材紹介会社を介しているので、おそらく紹介料はずっと跳ね上がります。40%以上になるかもしれません。

なんでそんな事をするのか?手掛かりは、そのチェーン薬局を「国内最大手投資ファンド傘下の医療事業運営プラットフォーム会社」と表現している事なんでしょうね。
うーん、考え過ぎ?

社会っていうのは、複雑ですね。ややこしいなぁ。

大丈夫?あなたのミライ

将来を考えると転職した方がいい、そう感じていても、実際どう行動していいか悩んでいませんか?

私が薬剤師の採用を通じて感じる事は「自分がどうやって働きたいか」を考えきれずに転職活動をしている薬剤師が多いということ。

転職しようかなと感じていているなら、はじめの一歩が大切。

まず「あなたの本音で相談する」という事が、将来を見据えた転職活動ではとても大事なんです。

以下に紹介する求人サイトは、いずれも無料で利用が出来るのがメリット。

まずはあなたに合った求人サイトに登録し、悩みを解決する一歩としてください。

求人探しに困ったなら

「少し求人探ししてみたけど、あまり希望の求人が見つからない」という薬剤師なら、ファーマキャリアを利用するのがベスト。

他のサイトの求人がいまいちだった、条件面を重視したい。特にそんな場合、コンサルタントの質に強みを持つメリットを生かせます。

総合評価
どんな求人あなたの希望に沿ったオーダーメイド求人
サイトhttps://pharmacareer.jp
強みいい求人に巡り会えない時に
弱み企業への転職は不向き

ファーマキャリアを見てみる

20代・30代の薬剤師に

転職に不安があっても、あなたの希望を元に働きやすい職場探しをしてくれます。もちろん収入アップも可能。

職場環境や設備、ワークライフバランス、職場の雰囲気。長く安定して働ける事は大切。転職に不安があるなら、マイナビ薬剤師が一番です。

総合評価
どんな求人?「会員限定」の求人で自分に合った働き方探しに
サイトhttps://pharma.mynavi.jp/
強み正社員からパートまで多くの求人を紹介してくれる
弱み派遣薬剤師求人の取り扱いが無い

マイナビを見てみる

 

チェーンで働きたい

これから先、年収を上げたい、将来の安定性や福利厚生のいいチェーン薬局・Dgsに転職したいならファルマスタッフを利用したいところ。

また「出来れば早めに転職したいな」と思っている場合などでも、丁寧に対応してくれるので安心して求人探しが出来ます。

総合評価
どんな求人?求人数が多く、チェーンを中心に幅広く探せる
サイトhttps://www.38-8931.com/
強み正社員求人に強く、年収を上げる事もできる
弱み企業の求人には弱い傾向があり

ファルマスタッフを見てみる

 

幅広く求人を探したい

「いろんな求人探しをしたい!」という薬剤師なら、リクルート運営のリクナビ薬剤師がおすすめ。自分でも探しやすいのが、特長ですね。

業界大手で、広く人材サービスを手掛けるリクルートならではの求人が揃っています。

総合評価
どんな求人求人数が多く、自分でも探したい人に便利
サイトhttps://rikunabi-yakuzaishi.jp
強みリクルートという知名度による、求人の幅広さ
弱み担当者さんのサポートは控えめ

リクナビを見てみる

 

転職で一番大切なのは、早めの行動。

それは「もう限界」と思ってから求人探しをすると、判断が鈍ってしまうから。

「転職で失敗する事」なんか無いように、ゆとりをもって行動するのが大切ですね。

ファーマキャリア
(いい求人に出会えないなら)

マイナビ薬剤師
(20代、30代の薬剤師に)

ファルマスタッフ
(チェーン店で安定して働きたい)

リクナビ薬剤師
(業界大手の求人数)

RELATED POST